【14年連続 定点観測】バンコクのクリスマスツリー2019 

2006年からはじまった「バンコクのクリスマスツリーの定点観測」14回目です。

その間には、クーデターもあったり、爆弾騒ぎもあり、赤シャツ、黃シャツの対抗戦もあり、
バンコクが無条件に平和だったわけではないのですが、バンコクのクリスマスは続いています。


今年は正直バンコクのクリスマスツリー、大異変です。


過去13回の定点観測はこちらから

1.フォーシーズンホテル前が大変化

基本的にはずっと変わらないここのツリー
20061223225138.jpg
これは2006年のフォーシーズン前です。
ずっとこのパターン


ところが2009年に一度だけ大変化しました。

IMG_8969_R.jpg
2009年のフォーシーズンズ前、なんとツリーの周りに家の装飾が、、、、なんか普通っぽい。

ところが、その後2010年からまたいつものツリーに戻りました。

その後変化があったのが、去年2018年。

IMG_9333_R.jpg

それまであった国王の写真がなくなりました。
それが何を意味しているのか?


そして、、、、
20191203_194129 (1)
今年のツリー、、、、 今までずっと白一色、単色のツリーに飾りがつきました。
華やかになったのですが、フォーシーズンらしくない!


ちなみに、昼の風景、、、

20191202_153213.jpg
こちらは昼と変わらないのですが。


2.さて、そのフォーシーズンホテルのパリチャートガーデン。
こちらも若手デザイナーのツリーが今年も健在です。
過去には一回途切れたのですが、、、廃止の危機は去ったのか。

20191202_153548.jpg

20191202_153538.jpg

20191202_153519.jpg

20191202_153702.jpg

20191202_153600.jpg



3.かってはバンコクのクリスマスを代表するペニンシュラプラザ、、、、
最近はどんどん地味になる一方で心配していたのですが、若干とりもどしたか?
まだまだ余談をゆるしません。

20191203_154648 (1)

20191202_221153 (1)
去年よりはマシになった程度ですかね。



一方で、一時期低迷していましたが、ここ数年で往年の栄華を思い出してきたのがアマリンプラザ。

20191202_155100.jpg

20191202_215227 (1)
ラップラソンのランドマークの座を取り戻しつつある気がします。




4.サイアムパラゴン。
ここは毎年テーマがかわります。前衛的なツリーが楽しめるポイントですね。

20191202_183507 (1)
というか、これをクリスマスツリーと呼べるか、というとこまで来ましたねえ。


サイアムパラゴン前の日中、、
20191202_161835 (1)

20191202_162134 (1)

と、夜。
20191202_183818 (1)

20191202_183632 (1)



5.今年はインターコンチネンタルホテルが大変なことになりました。

20191203_135114.jpg

20191202_215527 (1)

そう、ツリーがなくなったあ!!!
インターコンチネンタルホテルのツリーは微妙に場所が変化します。
最近では2016年にツリーがなくなっているのですが、
いったい何なんでしょうね?


IMG_9330_R.jpg
これは去年2018年です。 以前は左側にツリーがありましたが、




6.セントラルワールド

バンコク最強のツリーの名所ですね。
ここも毎年テーマが変わります。


20191202_155925.jpg

20191202_220240 (1)

毎年コンセプトが変わるので特にコメントはなしですが、実は今年大きな変化がセントラル・ワールドに。


IMG_2795.jpg

吹き抜けにツリーがあったのですが、ここ数年はありませんでした。
久々の吹き抜けのツリーの復活です。


7.エンカルチエ

20191204_092703 (1)

20191203_200209 (1)

なんというか、安定としいうか微妙なツリーですね。



ちなみに、向かいのエンポリアム、エンカルティアができるまでは、天使の装飾で有名でしたが、こちらもいまいち冴えませんね。


20191204_092528 (1)
20191203_200736 (1)







「表現の不自由展・その後」 平和の少女像(慰安婦像)について 

5d43c5803b00004d00dae1c0.jpeg


「男性であることを恥じなさい」
と、とあるフェミニズムの専門家から攻撃されたことがある。
「『女性を抑圧し権利を奪ってきた側』である男性であることに恥じなさい」との意味だ。
多分私はジェンダイシューに関して敏感な方だと思うし、私の関わるすべての活動ではジェンダ(それに障害も社会的弱者も)を意識して行っているつもり。
が、もちろん理想どおりにはできない。
それをもって、「男性であることを恥じなさい」と攻撃されても辛い。
というか正直人として反感を感じてします。
(ここでは詳細は書きませんがその言動からは「ハラスメント」を受けたと私は感じています)

「表現の不自由展」での慰安婦をテーマにした少女像の展示に抗議が殺到して中止になったそうだ。残念としか言いようがない。
すごく単純化すると、「日本人であることを恥じなさい」と韓国から言われ続けていると感じ、少なからず日本人がそれに対して反感を感じてることが背景にあるのではないかと思います。

政治的になやりとりであれば、閣僚がカメラの前で笑顔で握手する、厳しい表情をする、それすら政治の世界であり、表面的なやりとりのうらで様々な駆け引きが行われているはずです。(私のような小さな小さな現場ですら、相手の政府のダイレクターとニコニコ握手しながら机の下で蹴り合いなどいつものことでした。必要があれば協働をアピールし、必要があれば交渉決裂をアピールするなどのハードな交渉でした。今だからいえば、さすが政府のダイレクターになる人はそのあたりの交渉に慣れており、交渉で負けたと思うことも多数です。といいつつ、当時机の下で蹴り合いをしていた人たちの多くと今もお付き合いしているのは、蹴り合いも「仕事・立場」でやっていることであり、お互い相手を否定していたわけではないことをお互い知っているからでしょう。

いまの日韓関係が残念ではあるが、一つ一つの表にでてくる施策について「良い悪い」との意見は言いたくありません。

少女が自ら慰安婦になったのか、軍に強制的に慰安婦にされたのかは、それは国と国の外交の世界では重要なことでしょうが、一人の人間としてみたら、「自ら慰安婦になった」であったとしても、社会的な環境(貧困や無言の圧力など)が強制したことには違いはありません。裏でどのような交渉が行われているか知りませんし、それは表にはすぐには出ない話です。

「慰安婦の責任をお前がもて」「日本人であることは恥じなさい」といわれると、反感も持つけど、不幸な過去があり、それを様々な形で後世に伝える努力はしたい。

表現の自由問題とは別の意味でも残念です。
[ 2019/08/05 10:56 ] その他:その他 | TB(-) | CM(2)

【定点観測】バンコクのクリスマスツリー 2018 (夜景編)

【定点観測】バンコクのクリスマスツリー 2018 (日中編:どうみてもア〇パンマン)
につづいて、夜景編です。

過去12年のバンコクのクリスマスツリーの定点観測はこちら
カテゴリー [【定点観測】バンコクのクリスマスツリー ]

IMG_9333_R.jpg
まずは、ずっと変わらないフォーシーズン前のツリー。実は去年から重大な変更があるのですが。


※実は2009年に一度だけ大きな変化があったのですが、、、、もうすでに誰も忘れている。
バンコクのクリスマスツリー2009(夜景編)  を参照


IMG_9396_R.jpg
こちらはエンポリウム前。エンポティアができてからはこちらは「穴場」的雰囲気ですね。



IMG_9389_R.jpg
エンポティア、、、綺麗んだけどね。 ちょっと大雑把感も。


IMG_9361_R.jpg
セントラルワールド前。ツリーが1本になった影響もあってか、例年より地味目かな。


IMG_9338_R.jpg
ペニンシュラホテルに関しては電飾すらない。。。。(行ったのは12月12日)
かっての栄華はどこに?


IMG_9348_R.jpg
インターコンチネンタルホテル前は、このパターンですっかり定着してきました。


IMG_9326_R.jpg
アマリンプラザ前は一時期やばかったのですが、最近は徐々に復活してきましたねえ。


過去12年のバンコクのクリスマスツリーの定点観測はこちら
カテゴリー [【定点観測】バンコクのクリスマスツリー ]





【定点観測】バンコクのクリスマスツリー 2018 (日中編:どうみてもア〇パンマン)

このブログの定番、2006年からはじまった「バンコクのクリスマスツリーの定点観測」がついに13回目になりました。

その間には、クーデターありいの、赤シャツ黄シャツ騒動による戒厳令ありいの、爆弾騒ぎありいのいろんなことが起きましたね。

その間にも毎年クリスマスツリーでバンコクの街が彩られてきました。

クリスマスツリーも、基本的には変わらない伝統のツリーや、毎年新たなパターンを見せてくれるツリー、
伝統が復活したツリーなどいろいろあります。

今年の主なチェックポイントは、
・セントラルワールドの2本ツリーが変わった
・(去年からですが)フォーシーズンホテル前
でしょうか?

過去12年のクリスマスツリーはこちらから
バンコクのクリスマスツリー



IMG_9224_R_2018121218493824b.jpg
先ずは天使のツリーで一世を風靡したエンポリアム(Emporium)前。
エンポティア (Emquartier) がオープンしてからは「サブ」になってしまいました。
それでも、あまり混んでいない穴場としてはずせませんね。


IMG_9235_R.jpg
こちらはそのエンポティア (Emquartier) 。広い空間で大人数をさばこうとする感じでイマイチ感も。


IMG_9242_R.jpg
パラゴン前毎年ツリーが変わるので有名← 誰に?
今年はなんかニューヨークスタイル? 

IMG_9247_R.jpg
ツリーの中が抜けている。


IMG_9255_R.jpg

安心のフォーシーズンホテル前ですね。何十年も変わらぬツリーです。
ところが、実は去年から大きな変化が、、、、

気になる人は あのツリーがついに変わった:【定点観測】バンコクのクリスマスツリー2017 をどうぞ、


IMG_9263_R.jpg
こちらはフォーシーズンホテルの中のツリー。こちらも伝統です。


IMG_9259_R.jpg
ペニンシュラプラザ、、、、かっての超高級ショッピングセンターですが、今や見る影もありませんねえ。
毎年確実に予算が少なくなっていく感が、、、、、


IMG_9276_R.jpg
フォーシーズンホテルのパリチャートガーデン。ここでは、若手デザイナーのツリーが展示されています。
一旦途切れたのですがここのところ復活しています。
ここはゆっくりできる屋内ガーデンでもあり、毎年行くのが楽しみです。

IMG_9270_R.jpg

IMG_9276_R.jpg
このような様々なメッセージや趣向、デザインのツリーが並んでいます。


IMG_9297_R.jpg
バンコクのクリスマスツリーといえば、、、、ここセントラルワールド。
毎年2本の巨大なツリーで有名なのですが、今年は一本に。
敷地で工事をしている影響なのか、それとも今後1本で行くのが目が離せません。
(そう思っているのは私だけ?)


IMG_9303_R.jpg
そして気になったのがこれ。 多分トナカイかと思うが、どうみてもア〇パンマン。 いいのか?


IMG_9307_R.jpg
そして、ツリーが無くなって久しいセントラルワールドの吹き抜け。
毎年「今年こそは復活か?」とチェックするのですが、今年も復活せず。



IMG_9330_R.jpg
インターコンチネンタルホテル。 ツリーの位置が何年か前に移動してから、ずっとこの場所です。
いつ再度変化するのかと毎年定点観測を続けています。


IMG_9326_R.jpg
伝統のアマリんプラザ。 このショッピングセンター、そごうが撤退してからさびれていましたが、最近は徐々に復活。
それにあわせてか、クリスマスのデコレーション徐々に存在感が戻ってきました。



過去12年のクリスマスツリーはこちら
【定点観測】バンコクのクリスマスツリー




タイの麺対決、汁なし編

18日間で24杯! タイの麺 Vs ミャンマーの麺
 
を書いたところ、

バッミーヘン(汁なし麺は)どうなんだ?

とか、

パッタイ(タイ焼きそば)を忘れるな!

パッシーユ(タイ風焼きうどん)はどこへ行った!

はてさて、

ラードナー(あんかけ麺)なしでタイの麺を語れない!

とか、いろいろコメントをいただきました。
(一部、作っています)

そんなわけで、今回の出張で食べた、その他麺を一挙公開します。



20180723_131919_R.jpg
典型的パッタイ(タイ焼きそば)ですね。日本でも有名かな。
でも、美味しいパッタイと、美味しくないパッタイの差は激しいですね。
やはり、専門店で食べるべきです、パッタイは。


20180722_102127_R.jpg
こちらもパッタイ。このナマのモヤシを麺とからめる食感がいいのですよね。


20180721_213005_R.jpg
こちらもパッタイ。オオーキッドを添えた邪道です。本当はもちろんバナナの花を添えるのが正しい。


20180725_135310_R.jpg
バーミーヘン(汁なし麺)です。一番正統な汁なし麺ですかね。


20180725_140420_R.jpg
これも汁なし麺。

20180730_204030_R.jpg
これも汁なし麺です。こうやって写真にすると汁あり麺にくらべてバラエティが少ないかな。


20180723_112119_R.jpg
これは、ナムトック(濃いスープ系)の汁なし麺。厳密にいえば汁少ない麺ですが。

20180724_200547_R.jpg
こちらはイカ入りの汁なし麺です。
しかし、タイ人はイカ好きですね。以前タイの内陸部の田舎に住んでいたときには、海の魚は手に入らないから、ナマズやら雷魚やらばっかり食べていたけど、なぜかイカは手にはいったのですよね。


20180804_125426_R.jpg
これはパッシーユ(タイ風焼きそば)。以前は、パッシーユ屋がポチポチあったのですが、最近はあまり見かけませんねえ。
私は好きなのですが。


20180804_101747_R.jpg
これは、ラッドナー(あんかけ麺)です。ラッドナーも専門店で売っています。
日本で、ラーメンを食べるならラーメン屋、そばを食べるなら蕎麦屋というのと同じかんじかな。


20180726_084920_R.jpg
あっ、これを忘れることだった。厳密にはこれはタイ人にとっては「麺」ではありません。
カノムチーンという別ジャンルの食べ物ですね。
でも、日本人的にはやはり麺か。
ちなみに、これは東北タイのナムヤーパー。強烈に辛いが、それが良いのです。



参考:
18日間で24杯! タイの麺 Vs ミャンマーの麺
美味しい屋台がいっぱい;ある紳士の言い訳
【閲覧注意】シャンヌードル