スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【定点観測】バンコクのクリスマスツリー 2018 (夜景編)

【定点観測】バンコクのクリスマスツリー 2018 (日中編:どうみてもア〇パンマン)
につづいて、夜景編です。

過去12年のバンコクのクリスマスツリーの定点観測はこちら
カテゴリー [【定点観測】バンコクのクリスマスツリー ]

IMG_9333_R.jpg
まずは、ずっと変わらないフォーシーズン前のツリー。実は去年から重大な変更があるのですが。


※実は2009年に一度だけ大きな変化があったのですが、、、、もうすでに誰も忘れている。
バンコクのクリスマスツリー2009(夜景編)  を参照


IMG_9396_R.jpg
こちらはエンポリウム前。エンポティアができてからはこちらは「穴場」的雰囲気ですね。



IMG_9389_R.jpg
エンポティア、、、綺麗んだけどね。 ちょっと大雑把感も。


IMG_9361_R.jpg
セントラルワールド前。ツリーが1本になった影響もあってか、例年より地味目かな。


IMG_9338_R.jpg
ペニンシュラホテルに関しては電飾すらない。。。。(行ったのは12月12日)
かっての栄華はどこに?


IMG_9348_R.jpg
インターコンチネンタルホテル前は、このパターンですっかり定着してきました。


IMG_9326_R.jpg
アマリンプラザ前は一時期やばかったのですが、最近は徐々に復活してきましたねえ。


過去12年のバンコクのクリスマスツリーの定点観測はこちら
カテゴリー [【定点観測】バンコクのクリスマスツリー ]





スポンサーサイト

【定点観測】バンコクのクリスマスツリー 2018 (日中編:どうみてもア〇パンマン)

このブログの定番、2006年からはじまった「バンコクのクリスマスツリーの定点観測」がついに13回目になりました。

その間には、クーデターありいの、赤シャツ黄シャツ騒動による戒厳令ありいの、爆弾騒ぎありいのいろんなことが起きましたね。

その間にも毎年クリスマスツリーでバンコクの街が彩られてきました。

クリスマスツリーも、基本的には変わらない伝統のツリーや、毎年新たなパターンを見せてくれるツリー、
伝統が復活したツリーなどいろいろあります。

今年の主なチェックポイントは、
・セントラルワールドの2本ツリーが変わった
・(去年からですが)フォーシーズンホテル前
でしょうか?

過去12年のクリスマスツリーはこちらから
バンコクのクリスマスツリー



IMG_9224_R_2018121218493824b.jpg
先ずは天使のツリーで一世を風靡したエンポリアム(Emporium)前。
エンポティア (Emquartier) がオープンしてからは「サブ」になってしまいました。
それでも、あまり混んでいない穴場としてはずせませんね。


IMG_9235_R.jpg
こちらはそのエンポティア (Emquartier) 。広い空間で大人数をさばこうとする感じでイマイチ感も。


IMG_9242_R.jpg
パラゴン前毎年ツリーが変わるので有名← 誰に?
今年はなんかニューヨークスタイル? 

IMG_9247_R.jpg
ツリーの中が抜けている。


IMG_9255_R.jpg

安心のフォーシーズンホテル前ですね。何十年も変わらぬツリーです。
ところが、実は去年から大きな変化が、、、、

気になる人は あのツリーがついに変わった:【定点観測】バンコクのクリスマスツリー2017 をどうぞ、


IMG_9263_R.jpg
こちらはフォーシーズンホテルの中のツリー。こちらも伝統です。


IMG_9259_R.jpg
ペニンシュラプラザ、、、、かっての超高級ショッピングセンターですが、今や見る影もありませんねえ。
毎年確実に予算が少なくなっていく感が、、、、、


IMG_9276_R.jpg
フォーシーズンホテルのパリチャートガーデン。ここでは、若手デザイナーのツリーが展示されています。
一旦途切れたのですがここのところ復活しています。
ここはゆっくりできる屋内ガーデンでもあり、毎年行くのが楽しみです。

IMG_9270_R.jpg

IMG_9276_R.jpg
このような様々なメッセージや趣向、デザインのツリーが並んでいます。


IMG_9297_R.jpg
バンコクのクリスマスツリーといえば、、、、ここセントラルワールド。
毎年2本の巨大なツリーで有名なのですが、今年は一本に。
敷地で工事をしている影響なのか、それとも今後1本で行くのが目が離せません。
(そう思っているのは私だけ?)


IMG_9303_R.jpg
そして気になったのがこれ。 多分トナカイかと思うが、どうみてもア〇パンマン。 いいのか?


IMG_9307_R.jpg
そして、ツリーが無くなって久しいセントラルワールドの吹き抜け。
毎年「今年こそは復活か?」とチェックするのですが、今年も復活せず。



IMG_9330_R.jpg
インターコンチネンタルホテル。 ツリーの位置が何年か前に移動してから、ずっとこの場所です。
いつ再度変化するのかと毎年定点観測を続けています。


IMG_9326_R.jpg
伝統のアマリんプラザ。 このショッピングセンター、そごうが撤退してからさびれていましたが、最近は徐々に復活。
それにあわせてか、クリスマスのデコレーション徐々に存在感が戻ってきました。



過去12年のクリスマスツリーはこちら
【定点観測】バンコクのクリスマスツリー




タイの麺対決、汁なし編

18日間で24杯! タイの麺 Vs ミャンマーの麺
 
を書いたところ、

バッミーヘン(汁なし麺は)どうなんだ?

とか、

パッタイ(タイ焼きそば)を忘れるな!

パッシーユ(タイ風焼きうどん)はどこへ行った!

はてさて、

ラードナー(あんかけ麺)なしでタイの麺を語れない!

とか、いろいろコメントをいただきました。
(一部、作っています)

そんなわけで、今回の出張で食べた、その他麺を一挙公開します。



20180723_131919_R.jpg
典型的パッタイ(タイ焼きそば)ですね。日本でも有名かな。
でも、美味しいパッタイと、美味しくないパッタイの差は激しいですね。
やはり、専門店で食べるべきです、パッタイは。


20180722_102127_R.jpg
こちらもパッタイ。このナマのモヤシを麺とからめる食感がいいのですよね。


20180721_213005_R.jpg
こちらもパッタイ。オオーキッドを添えた邪道です。本当はもちろんバナナの花を添えるのが正しい。


20180725_135310_R.jpg
バーミーヘン(汁なし麺)です。一番正統な汁なし麺ですかね。


20180725_140420_R.jpg
これも汁なし麺。

20180730_204030_R.jpg
これも汁なし麺です。こうやって写真にすると汁あり麺にくらべてバラエティが少ないかな。


20180723_112119_R.jpg
これは、ナムトック(濃いスープ系)の汁なし麺。厳密にいえば汁少ない麺ですが。

20180724_200547_R.jpg
こちらはイカ入りの汁なし麺です。
しかし、タイ人はイカ好きですね。以前タイの内陸部の田舎に住んでいたときには、海の魚は手に入らないから、ナマズやら雷魚やらばっかり食べていたけど、なぜかイカは手にはいったのですよね。


20180804_125426_R.jpg
これはパッシーユ(タイ風焼きそば)。以前は、パッシーユ屋がポチポチあったのですが、最近はあまり見かけませんねえ。
私は好きなのですが。


20180804_101747_R.jpg
これは、ラッドナー(あんかけ麺)です。ラッドナーも専門店で売っています。
日本で、ラーメンを食べるならラーメン屋、そばを食べるなら蕎麦屋というのと同じかんじかな。


20180726_084920_R.jpg
あっ、これを忘れることだった。厳密にはこれはタイ人にとっては「麺」ではありません。
カノムチーンという別ジャンルの食べ物ですね。
でも、日本人的にはやはり麺か。
ちなみに、これは東北タイのナムヤーパー。強烈に辛いが、それが良いのです。



参考:
18日間で24杯! タイの麺 Vs ミャンマーの麺
美味しい屋台がいっぱい;ある紳士の言い訳
【閲覧注意】シャンヌードル


ノックスクートでバンコク

今年2018年から、ノックスクート(NokSCOOt)航空が日本(成田)、バンコク(ドンムアン)間で就航しました。

いま、日本バンコク間で定期運航しているLCCといえば、エアアジアX、ピーチ、スクートとあわせて4社目ですかね。

LCCといえば、「座席が狭い」という印象があり、日本バンコク間はちょっときついなあというい印象があったのですが、先日乗ったエアアジアXが悪くなく、今回はノックスクートに挑戦してみました。

「安かった」というのもあるのだけどね。
キャプチャ
日本、バンコク往復コミコミで26100円 

何度も書いているけど、私個人的には嫌いな航空会社は断トツでJAL。
JALさん、それはないでしょう! (ノックエアーはOK)

それに比べて、好きな航空会社は、エアアジア、ノックエアーなどなど。
LCCで嫌な思いをしたことは一度もない。

もしかしたら、「高い値段のJALに期待するものが大きいけど、LCCには何も期待していない」というのもあるのかもですが。



37424326_10217052035923241_7033573434751713280_o.jpg
これは私のSNSに投稿した写真。「エアーポート投稿オジサン」をやってみました。
空港での投稿は、オジサンがやりがちで、それを読んでイラッとくる人がいるそうです。
確かに「ビジネスクラスで世界を飛び回っています」的な投稿はイラッとくる人もいるかもしれないが、、、、
「LCCでお金を節約して東南アジアにギリギリの出張しています」的なものがイラッとくるものなんでしょうか?


座席は、とても広く快適なフライトでした。
食事が無いのがうれしい!
だって、JALやタイ航空など、エコノミーの食事はまずい!!!!
(じゃあ、「食べなきゃ良いじゃないか」と言われそうですが、貧乏性な私は食べてしまいます)

飲み物は70バーツ(約250円)と高いが、そう何倍も飲むものではないので、許せる範囲ですかね。
でも、ちょっとしたお菓子は持ち込んだ方が良いかも。


#ちなみに、LCCでは普通は空いている席に移動するのは認められませんが、なぜかノックスクートでは放置でした。


到着するのがLCC専用空港ドンムアン空港であることもうれしい。
ドンムアンの方が都心に出るのが便利なのですよね。
しかも、空港がコンパクトなのでなにかと便利。
(東京で言えば、成田空港が高い航空会社で、羽田空港がLCC専用的なイメージ、、、かな?)


37615317_10217053697204772_4907334266955759616_o.jpg
バスはスワンナプム空港と違い、頻繁にでています。30バーツ(約100円)です。

37606793_10217053797127270_47951415779262464_n.jpg

しかも立ち席ありなので、乗れないことはありません。 、、、、 って安全上いいのか?
(高速道路を走るのですが)


37658576_10217058035193219_6065289791061098496_o.jpg
BTSに乗り換えて、定宿に到着。

ちなみに、この定宿、プロンポン駅から歩け(実はMRT QSNCC駅からも歩け)、ジョギングできる公園も近く、洗濯屋が近くて(←これ重要)、コンビニが近い。

そして最重要なのはリーズナブルなこと。
(1泊朝食付きで800バーツ(約3000円))

部屋にも作業できる机はあるけれど、いつもこの快適なロビーで、外の街ゆく人を見ながら仕事をしています。コーヒーをここで買うと高い(40バーツ)なのですが、すぐ近くのセブンイレブンカフェで買えば25バーツ。

スタッフもとても親切。半アシスタント的に何でも手伝ってくれます。
[ 2018/07/22 10:54 ] その他:その他 | TB(-) | CM(0)

バンコクにもデブビル

エンポリアム2、ターミナル21、セントラルエンバシー、、、そして、、、で、バンコクの新開発プロジェクトを書いたのは、2011年!

あれから7年が経ちました! その後どうなったかの検証をシてみます!

(何故に突然? と思うかもしれませんが、理由はありません。 思いつきです)

①;セントラル ラマ9世
→完成
 タイの新CBD(Central Bangkok District)とすごいことになっているラマ9ですね。
②;セントラル ルンピニー
→未完成
③;セントラル エンバシー
→完成
  発表時のインパクトに比べればイマイチ感もなくはないのですが、イギリス大使館跡の一等地の存在感は大きいですね。
④;エンポリアム2
→完成
 エンカルチエとして新バンコクの顔になりました
⑤;ターミナル21
→完成
 アソークの顔になりました
⑥;そしてこれはなんでしょう?(MRT QSNCC前)
→未完成


そんなわけで、


②;セントラル ルンピニー
⑥;そしてこれはなんでしょう?(MRT QSNCC前)

が未完成ですね。でも、いよいよ2箇所とも動き始めていますね。
まずは、②;セントラル ルンピニーから、
One Bangkok としてTCCにより開発されます。
167,000平米の土地に183平米の総床面積、オフィス、ホテル、住居、ショッピングセンター、文化施設からなる超巨大な開発です。フェーズ1完成が2022年、フェーズ2が2025年完成予定です。

ちなみに、183平米がどんな大きさかといえば、横浜みなとみらいのランドマークタワー、クィーンズスクェア、東急ホテル、シェラトン、マークイズ、みなとみらいホール全部ひっくるめても90万平米です。 六本木ヒルズは70万平米。
もう信じられないくらいの巨大開発です。

news_resize_R.jpg
http://onebangkok.comから


次に、⑥;そしてこれはなんでしょう?(MRT QSNCC前)です。
THE PARQとして開発が発表されています。こちらはさすがに、38,400平米の土地に32万平米でオフィス、ホテル、ショッピングセンターのコンプレックスです。32万平米というとONE BANGKOKに比べると小規模ですが、、、、虎ノ門ヒルズの1.5倍ですから十分巨大ですね。 QSNCC駅に直結です。ちなみに、向かい側にはFYICenter(http://www.fyi-center.com/main.php)ができています。

3879615018bf2d0d4998296865aa8daea03706a7.jpeg
http://www.theparq.com/より
こちらは、高さは16階と低層、結構なデブビルです。
最近日本で建つビルはデブビルが多いけど、バンコクでもデブビルブームがおきるのか?





[ 2018/06/15 23:57 ] 番外編 ミャンマー  | TB(-) | CM(0)















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。