借金の返済

突然ですが、実は私は小心者なのです。

学生の時は、
「試験」
と聞いただけで、
不安で不安で、勉強も手につきませんでした。

今は、
「仕事」
と聞いただけで、
不安で不安で、仕事など全く手に付きません。




中学生のころステレオが欲しいと思いました。
テクニクスのステレオに憧れ、、、、、

実は憧れていただけで音楽など何もわからなかったのですが、

まず、友人がステレオを買うというので、
大阪の電気街、日本橋に一緒に買いに行きました。


電気屋のオヤジは、オーディオ専門用語を理解できない私たちに、

「ちゃんと勉強してから買いこい」

とタカビーに怒ったりしました。 (←あの電気屋、間違いなく潰れているだろうなぁ)



そんなわけで、ステレオを買うなんて、憧れと同時に恐ろしいことでした。


結局小心者の私は買うことなく終わりました。




高校1年のときに、マイコン(マイクロコンピュータ)に興味を持ちました。
でも、当時興味があるだけで技術的に何も知りません。

店のオヤジに怒られるのではないかと、

恐ろしく少しは勉強したりしました。

アイオー(I/O)とかアスキー(ASCII)とかで。


毎日毎日、学校の勉強もせずにマイコンの勉強ばかりしました。


結局、日立のH68/TRを買いました。約10万円でした。
小学生のときからのお年玉と新聞配達の貯金を全部つぎ込んでの買い物でした。

その後、毎日毎日、学校の勉強もせずに、
マイコンばっかりやる毎日が続くことになります。


何が言いたいかといえば、
買った直後の「買い物うつ」がすごかったのです。

欲しくて欲しくてしかたなかったのに、10万円という人生最大の買い物にびびってしまい、
買った後、買って良かったのだろうか? 10万円あればラーメンを毎日食べた方がよかったのではないだろうか?
などと、毎日真剣に悩んだものです。


その後も、生まれて初めてビデオデッキを買った時も、5000円の(私にとっては高価な)ジーンズを買った時も、30万円の中古車を買った時も、猛烈な「後悔」がありました。


そんなわけで、今でも私は買い物は大嫌いなのです。


ましてや、借金などとんでもない。
借金などしたら、心配で心配で「借金うつ」になりそうです。


今までに借金をしたのは、育英会の奨学金くらい。
(実は友人から借金をしているのを忘れているだけかもしれない!)


車を買ったときも、即金で買える超古い中古車だったし、
マンションを買った時も、即金で買える格安の急斜面にたつ極古極狭のマンション。


「あこがれの車」や「あこがれのマンション」を借金をして買うのは私のライフスタイルはありません。


借金をするプレッシャーを想像するだけで、小心者の私は眠れなくなります。
(特に今日のように、日曜に朝寝をした日中は眠れなくなります。)




ところが、タイに来て、

「タイ人の借金に対するアレルギーの無さ」には驚くことが多いのです。


バンコクの中流階級は、
借金をして車を買う、借金をして家を買う!


しかもその借金の額が半端じゃない。

月給3万バーツの人が、70万バーツの車を買ったり、300万バーツの家を買ったり。

ありえない!

と私は思うのだが、

お金に困ったた車は売ればよい! (←事故・故障のリスクは考えている?)

不動産は毎年確実に値上がりするから無理して借金してでも買った方がよい! (←本当か?)


で、特に不動産など精一杯借金して買うようです。

銀行から融資を受ける際に提出する収入証明も、
「多めに書いてもらう」
など普通のようだし、残業代や出張手当なども「収入」とするのが普通のようです。


個人間の貸し借りも活発で、
「お金を持つ人から、お金を借りる」
なんてのはごく普通のようです。

友人であれば金を借りれるとも思うようです。


あなたが、借金を申込まれたら、


・「友人」と思われている
・「人徳のある人」として尊敬されている
・「金づる」と思われている


のいずれかです。




以前、一緒に仕事をしていたあるタイ人が日系企業に転職をして、経理を任されていました。



ある日、そのタイ人から突然電話が。



タイ人;困った。本社から経理の監査が来る。

私;何が困るんだ?

タイ人;会社の金を友人に貸してあげた。その金が返ってこない。

私;アホか! おまえ、会社のカネはお前の金ではない。なんで会社の金を貸すんだ?

タイ人;絶対に返すっていうから、、、、、、 
    正直に上司の日本人に言えば許してもらえるかなあ?

私;アホ! 日系企業でそんなことが発覚したら、
  「悪くてクビ、よくても出世はない」
    


しょうがないので、そのお金を立て替えてあげましたが。

ちなみに、そのタイ人はタイ最難関のチュラロンコン大学を優秀な成績で卒業したエリートです。
責任感も非常に強いタイ人で、建て替えたお金はその後返してもらいました。



ちなみに、タイでは経理関係の仕事についたり、集金関係の仕事についたりするには、
「保証金」を労働者が会社に支払う必要があります。

ようは持ち逃げを防ぐためです。労働法上は禁止されていますが、ごく普通のようです。



農村にいけばさらに借金まみれ。

農家は、農業機械の借金に加え、肥料や種のお金など借金です。
そもそも、貧しい人は生活の日銭を借金で賄います。
子供が病気になった、出産する、バイクで事故った、、、、
なんていえばすぐ借金です。

まして、正規には誰貸してくれないものだから、
信じられない程の高金利で闇金融から借りている。

どうやって、返すねん? ていう感じ。

ちなみに、タイでは大学進学は一部の金持ちの師弟だけではなく、零細農家や日雇いの師弟も多く大学に進学します。
その為、授業料を支払う新学期は親も子も金策に大変です。特に私学は何万バーツものお金が必要になり、あらゆるところに借りにはしります。授業料を借りたいというのは借金の大きな理由です。 
授業料滞納=即退学となるので必死です。
(大学の新学期が近づくと、盗難や学生売春が増えるとも言われています)


バンコクにいても借金の申し込みが多いが、特に地方に住んでいたときは、
借金の申し入れが多数。



借金の理由によって貸すか貸さないか決めるのですが、


タイ人;お母さんが事故にあったので病院代がいる。
私;えっ、それは大変だ。入院しているのか?
タイ人;退院した。
私;じゃあ、何のお金がいるのか?
タイ人;病院に通院するための車代がいる。
私;事故にあったのはいつだ?
タイ人;3年前だ。
私;まだ治らないのか?
タイ人;治っているが、実は子供の学校のお金がいる。


って、追求すると矛盾だらけのことばかり。


怒るというよりは、

もう少し、うまく嘘をつけよ!


前の借金を返さないまま、また借金を申し込んできたり。


でも、本当に困って借金を申し込む人もおり、そんなときは、

「返ってこないことを覚悟で」

貸していました。

そして、帰国するときに、金を貸している人、ひとりひとりに返済計画を尋ねました。


たとえば、
5000バーツの残高がある人には、
月々300バーツずつ返してもらう。

そして、12ヶ月問題なく返済すれば(計3600バーツの返済)残りの返済は免除。
但し、途中で返済が滞れば、全額を返してもらう。


といっても、私が帰国するので、借金のとりたてはできません。

友人のタイ人に、
「お金をもってきたら受け取っておいてくれ」
(取り立てはしなくても良い)
とお願いしていただけ。


結果は、、、、、

10人ほどに金を貸していたのですが、
なんと全員がお金を返してくれました。


もともとお金を貸していた相手は、
「借金理由がはっきりしているしっかりしている人」

なのですが、それにしても驚きました。

殆ど返ってこないと思っていました。


タイ人に金を貸したら返ってこない


と思っているあなた。
そんなことはありませんよ。
[ 2010/01/31 15:18 ] タイ政治・経済:経済 | TB(0) | CM(1)

バンコクのブティック病院街

バンコクに住むと、
「金の切れ目が命の切れ目」
というと大げさに聞こえるかも知れないが、

少なくとも考えさせられることがある。

少なくともタイではUC(Universal Coverage)システムがあり、タイ国民は無料で医療を受けれることになっている。(タクシン元首相時代にはじまった、いわゆる「30バーツ ポリシー」というやつ。)

が、無料で受診するためには、決まった時間にコミュニティ病院に行き、
受診時間で長い待ち時間を経て、やっとそこの紹介をもって県病院(ジェネラル病院)を受診することが必要となる。

サラリーマンにはとても不可能だ。しかも、無料で受けられる治療や投薬には限りがある。
(医師が必要と判断すればMRIだって論理上受診可であるが、病院経営上「無料受診者にMRIを受けさせることはまずない」との話をタイ人医療関係者に聞いたことがある)



でも、サラリーマンには社会保険システム(Social Security)があって、長蛇の列かつ診療時間の限られた公立病院だけではなく、登録しておいた私立病院に行くこともできる。
が、社会保険でカバーできる範囲はこれまた限られてくる。

風邪くらいならともかく、入院でもしようものなら、ちょっとした私立病院でも「部屋代と基本的な治療代」で1日1万バーツ近くは覚悟を要する。


最低賃金がバンコクで200バーツの国で1日1万バーツの負担は大きい。
日本の最低賃金比でいえば、1日入院費が30万円かかるようなものだ。
(200:1万=6000:30万)

で、
「治療を受けさせない」
ことがおきうる。

特にお年寄りなどは、さっさと治療を中止する。

タイのお年寄りのお葬式に行くと家族がやけに明るい。
「このたびはご愁傷様、、、、」
と言おうとしたら、
「マイペンライ(気にしないで)、もう歳だからしかたない」
「直る見込みも殆どなかったから、治療を止めてもらったの」
などと、
明るく
言われる。
(どう反応したらええねん?)


ある事例では、交通事故被害にあい植物人間状態で入院中に、
「加害者は被害者に治療費込みで○○バーツ支払う」
との示談が成立したとたんに、被害者家族が退院させる。

治療費が確定していないのに、治療費込みの示談もひどいと思うが、ダメとなったらあっさりあきらめる家族もすごい気がする。でも、入院していたら毎日多大なお金がでていくし、示談が成立したら回復の見込みがないならすぐに死んでもらったほうが残った者のためになるという考えだろう。

また、ある事例では、
ガンにかかった人が、手術代治療代の見積もりをとって(私立病院では見積書を出すのが普通)なんとかそのお金をかき集めたが(信用に応じてデポジット(保証金)を病院に支払うのが普通)、予想以上に治療に時間がかかり、途中でお金がつき強制退院。そのうえ、デポジットもマイナスで退院する際に「間違いなく残金を支払います」と家族が保証書にサインまでさせられたりする。

この見積書が実はくせ者で、お客(患者)を集めるために、安めの見積もりを書いたりする。
どう順調にいっても見積もり金額にははいらない。クレームすると、丁寧に下の方に、
小さな字で、

「この見積もり書には、△△や□□にかかる費用は含みません」
などと書いてある。


で、どんどん脱線してくるので、このくらいで。
(実は、タイの医師に知り合いが多く、医療情報は断片的にではあるが結構見聞きします。そのうちちょっとまとめて書きたいと思います。)





で、本題です。 (← 前振り長すぎ!)


旅行保険に加入するなど医療費の心配なく滞在する人にとって、

バンコクの病院は憧れのまと

タイ滞在中に一度で良いから入院してみたいものだ、

と思う人多数。

御三家病院などは、
ソファーのある豪華なロビーでピアノの生演奏。病院内にはケーキ屋、スターバックス、日本食屋など完備。快適な入院生活をおくれるのです。

ちなみに御三家といえば、

バンコク病院http://www.bangkokhospital.com/
JMS(Japan Medical Service)があり、日本語の話せる医師が常駐。(現在は日本人の医師もいるそうです) 以前は、「とにかくバンコク病院」という雰囲気があったのですが、今は他の病院のレベルがあがり私的には行く頻度はかなり減っています。
ちなみに、フランチャイズで「Bangkok Phuket」とか各地に、病院を展開しています。
Bangkok Airを経営するBangkokグループです。

さくらぎちょう的ミシュラン
豪華な雰囲気 ◎
日本食レストラン◎
スターバックス ◎
コンビニ ◎

ちなみに、上記は「他の病院でもすべて◎」なので以下省略。



サミティベート病院 http://www.samitivej.co.th/
日本人にとって、「サミティベ」と呼ばれ最も馴染みが深い病院。
日本人の多いエリア(スクンビット ソイ49)にあるせいか、比較的小規模ながら最も高級そうです。
値段も一番高い気がする。以前は、いまいちパットしなかったのだが、上記Bangkokグループに買収されてからきれいに(豪華に)なった。日本語の新聞も読み放題なので、週末などは用がなくてもこの病院に行き、豪華なソファーで生演奏を聴きながら新聞を読んだりするのでした。


バムルングラード病院 http://www.bumrungrad.com/
以前この病院の裏手(スクンビット ソイ1)に住んでいたことがあります。その場所は今バムルングラートの駐車場になっています。
なんとなく日本人にとっては上記2カ所に比べれば馴染みは薄いかも。
それでも日本食レストランもあるのでした。レバノン料理レストランがあるのは、中東のお客(患者)が多いことをあらわしている。



と書いてきましたが、




こんなことを言いたいんじゃない!!!!




こんメジャーな私立病院のことは、このブログでなくてもちょっとインターネットでググれば山ほど情報はでてきます。

マイナーを標榜するこのブログではこんなメジャーな病院の情報は書かないのです。
(と、粋がっているのです)





で、やっと本題です。  (← いい加減にしろ! という声は聞こえない振り)



バンコクは雑踏の都市と思われています。
確かにごちゃごちゃしたMBKなどのショッピングセンターや屋台などを見れば混沌としているバンコクがみれます。

が、高級オフィスビルに行けば、オシャレなロビーにオシャレなコーヒーショップやサンドイッチ店という別世界があるのです。高級オフィスビルの走りは、「SBC Park Plaza」と思っていますが、(ホントか?) このブログでも「バンコクの六本木ヒルズ」として何度かチラチラ紹介している「All Season Place」が代表格。

250px-SCB_Park_Plaza.jpg
SCB Park Plaza;


allseason.jpg
All Season Place;
これらには、ちょっとしたシハイセンスなショッピングセンターが隣接して、歩くだけで楽しい。
但し、メチャ高なので、あくまで「歩くだけ」にするように!


そして、最近できたバンコクを代表するオフィスコンプレックスといえば、チュラロンコン大学がオーナーのCham Churi Squreか、それともQ House Lumpiniかといったところ。


chamchuri.jpg
Chamchuri Squre チュラロンコン大学がオーナーで、コンドミニアム棟にはチュラの先生が大勢購入したそうです。


thai-qhouse_R.jpg
Q House Lumpini
Q Houseはバンコク各地にあるが、ルンピニー公園に面した絶好の場所に建てられた最新、最高級のビルです。




もちろん世界経済危機はバンコクも直撃しています。
オフィス需要も激減しており、またオフィス賃貸価格も下がっていると言われています。

CBD(Central Business District)と言われている地域で(東京でいえば都心3区とかいうイメージ)での大規模オフィスビルで月額賃料平米単価600バーツから1000バーツ(2000円から3000円)程度。ちなみに東京都心部で2万円から3万円とのことなので約10分の1です。

ついでにコンドミニアム(マンション)を見れば、バンコク都心高級コンドミニアムの平米単価13から18万バーツ(40から50万円)に対して、東京都心では150から300万円となります。つまり、タイの高級マンションの価格は日本の高級マンションの5分の1程度の価格です。



※データはインターネットで適当に検索しただけなので、正確なものではありません。



ちなみに、庶民の住宅事情はこちらを参照; タイの庶民の住宅状況


高級マンションは、私のような貧乏人には縁がないが、
高級オフィスには自由に行くことができる。





すいません、またまた脱線しています。

やっと、本題です。 (←ホンマか?)





Q House Lumpiniに行ってきました。




このQ House Lumpiniにあるのが、超高級ホスピタル・クリニック街。

バンコク病院やサミティヴェート病院が「高級デパート」なら、こちらは「高級ブティック街」です。


クリニックといえば、町中の小病院を思い浮かべるかもしれませんが、そんなもんじゃない。
タイ最高医学部と言われるチュラロンコン大学医学部が近いので、そこの先生が非常勤で多く勤務しているそうです。それもブランドになっている。



20090819(003)_R.jpg
まずは、入り口です。Life Centerの看板が。


20090819(005)_R.jpg
中のちょっとしたショッピングセンター。Bootsなど当たり前の店もあるが、普通のなかにオシャレな雰囲気。




20090819(007)_R.jpg
スキンケア専門クリニック



20090819(006)_R.jpg
ダイエットのクリニック

20090819(011)_R.jpg
アンチ エージング(老化防止)専門クリニック



20090819(008)_R.jpg
美容歯科(Aesthetics Dental Clinic)


この他にも、普通の(高級)クリニック、普通の(高級)歯科、(高級)ペインクニック、(高級)産婦人科など多くのクリニックが集まっています。




ちなみに、こういう高級クリニック街はいくつかバンコクにできています。
が、ここほど高級な場所は他にはないでしょう。
[ 2009/08/20 19:06 ] タイ政治・経済:経済 | TB(0) | CM(3)

タイで走っているトヨタの電気自動車

GM車がタイで売れる理由=燃費

で、

タイではトヨタのハイブリッド車が不評。

タイで「環境適応車」・「高燃費車」といえばNGV(天然ガス車)



と書きました。


実はタイではすでにトヨタの電気自動車も実用化されて実際に走っているのです。


まあ、写真を見てください。


トヨタの電気自動車1_R
燦然と輝くトヨタのエンブレム....小型の自動車ですね








トヨタの電気自動車2_R
レトロなデザイン。ハンドルと思われるものが2つある理由は?






トヨタの電気自動車3_R
こんな風にバンコク市内某所で走っています。
乗車料1回30バーツです。



すいません。 また完全にはずしました!!!











[ 2008/08/17 18:42 ] タイ政治・経済:経済 | TB(0) | CM(0)

GM車がタイで売れる理由=燃費

最近、アメリカのゼネラル・モーターズ(GM)のシボレー(Chevrolet)をタイの町中でよく見かけます。 
世界的にはGMの売り上げは激減しているとのことなのですが、なぜタイでこんなにシボレーを見るのか? 
あっちもシボレー、こっちもシボレー。あっちもコロラド(Colorado;シボレーのピックアップ車)、こっちもオプトラ(Optra;シボレーの乗用車)状態です。

実際にニュースをチェックしてみると、タイではシボレーは前年比28%の伸びを示しているようです。オプトラに関しては前年比1000%の伸びで供給が追いつかない状態のようです。


で、なんでこんなに急速にシボレーがタイで売れているの?


答えは、

シボレーは「メーカー純正モデル」で天然ガス自動車(NGV;Natural Gas Vehicle)を販売しているから。

タイでは、プロパンガス(LPG;Liquefied petroleum gas)で動く車は以前から使われていました。ガソリンに比べて燃料が安価なので、特に走行距離の多いタクシーなどではほぼLPGです。(燃料タンクをトランクに格納するのでトランクスペースが小さくなるデメリットはあります)

ところが、最近は天然ガス(CNG;Compressed Natural Gas)を燃料とするNGVが大ブームなのです。


タイは、天然ガス産出国。 そのため、政府が政策的に天然ガス(CNG)の税金を低く抑えているため、圧倒的に燃料代が安いのです。 

街中には、ガソリン車を天然ガス車に改造する店が繁盛しています。 でも、「改造はちょっと不安」という人が、メーカーオプションでNGVを用意しているシボレーに飛びついているのです。


タイでもトヨタがハイブリッド車の販売をするそうですが、少なくとも周りのタイ人は「そんなもの誰が買うのか? がっかり!」という人ばかり。

「トヨタがNGV車を販売したら購入するが、ハイブリッド車なんて興味ない」という人ばかりです。


「低公害で燃費が良い」NGVがタイでは環境にも良い車なのです。



ちなみに、タイでの燃費の順は、

ガソリン > ガソホール(アルコールとガソリンの混合) > LPG > CNG

です。


シボレーオプトラ
街中で見かけたGMのオプトラ;メーカー純正NGV。NGVとCNGのエンブレムが読める。


トヨタVIOS
こちらはトヨタのVIOS。ガソリン車をNGVに改造したもの。


改造工場
街中の改造工場。LPG対応にもNGV(CNG)対応にもできる。CNGの方が安いが燃料補給はLPGの方が容易。


改造工場2
多くの車を改造して大繁盛!











[ 2008/08/16 00:54 ] タイ政治・経済:経済 | TB(0) | CM(1)

古家を買います

タイは古くから最高級材のチーク(Teak)が自生していました。
加工後の変形が少なく、虫がつきにくく、また適度な油分のため乾燥がしにくく、手入れも楽です。

タイの古い家のほとんどはチーク材で作られています。

ところが、過剰伐採によりその数はどんどん姿を消していきました。
昔にタイを訪れた人は、国道沿いのはげ山が続く様子を見たことでしょう。その結果、森林伐採禁止法が施行され、人工林以外の森林伐採を一切禁止しました。
もちろん、チークも例外でなく、植樹を行った木のみが合法的(注)に流通することになりました。が、チークの植樹実績は10年程度で、タイ産として流通しているチーク材は、いわゆる間伐材となります。いくら最高級材のチークといってもそんな若い間伐材では、価値は少ないようです。

やっぱり、最高級のチーク材は年齢を重ねたものを、伐採後さらに長く寝かせたもののようです。


(注)非合法的に盗伐は、森林伐採禁止法施行以降も広く行われ、取り締まりが厳しくなってからは、ミャンマー・ラオス・カンボジアでの盗伐がタイ国境から多く流入しました。作者も盗伐材を実際に何度も見ています。


実は、そういう最高級材が、タイで合法的にあるのです。

20061216104116.jpg

20061216104127.jpg



これが、伐採後長い時間寝かされた木材です。
寝かされるといっても、家屋の材木としてです。

つまり、古い家(高級チーク材がふんだんに使われている)を解体し、その材木を使って家を建てたり、あるいは家具を作ったりします。


20061216104027.jpg
「木造の古屋買います」の看板です。
[ 2006/12/16 13:00 ] タイ政治・経済:経済 | TB(0) | CM(0)