Xデーが近づきました! (15日から17日あたり)

2013年反政府デモ:とりあえずのまとめ


を書いてから、だらだらと年越をして2014年になりました。

#まだ、反政府運動やっていますね。


タイの政治状況はもう収集がつかなくなってきましたね。


やぶれかぶれのステープの人民民主改革委員会("People's Democratic Reform Committee" (PDRC))が、バンコクを13日から封鎖します。


といっても、7か所で道路を占拠するとのことなので、、、、、
今までも道路を占拠してデモを行っているので、あんまり違いがないといえば違わないのですが。

#それにしても迷惑です。


当初の「恩赦法反対!」 であれば、目標も明確なのですが、「選挙反対」であれば大義名分がなく、ステープも苦しくなってきています。
バンコクでも一般市民は厭戦気分も強まっており、ステープもあせりから、どんどん過激になっているのでしょう。経済界からの反発も強く、市民の支持を得ない「バンコク封鎖」はステープにとっても両刃の剣ですね。

一方で、呉越同舟じゃないけど、様々な勢力が混乱に乗じて反政府側に参加してきており、ステープにも管理不可能状態です。 何かをきっかけに暴走する可能性も現実味を帯びてきました。


一方で政権側もバンコク封鎖、まして長期化は避けたいのは当然です。


そんなわけで、Xデーが近づいてきました!


#私が状況を元に推測しているだけで、証拠はありません。


「Xデー」とはもちろん、クーデターです。


最後のクーデターは2006年のタクシン政権への軍のクーデターですが、
その際に誕生したスラユット政権も返り血でスキャンダルに見舞われ、
結局その後の選挙でタクシン系政権が成立。

結局「クーデターは何だったの?」との批判にさらされてしまった軍としては、
今回は「とっても慎重」といわれています。 

実際「軍は中立」との立場をとりつづけています。

#「軍は中立」って何? 
 「軍は政府によるコントロールが為されるべきでないの?」とタイでは考えてはいけません(笑)



ステープそのものが、クリーンとは程遠いしね。 軍としてはステープには乗りにくいでしょう。



しかし、「バンコク封鎖」でステープ、インラック政権両者への不満が高まると、

軍によるクーデター待望論

がでてきます。

そうなると、いよいよ満を持しての軍によるクーデター発生となるでしょう。


クーデター政権は当然、ステープ、インラック両者から距離をとるでしょうね。


Xデーは来週後半と私はみました!

15日、16日、17日あたりが山場です。


#個人の意見です。
[ 2014/01/09 22:18 ] タイ政治・経済:政治 | TB(0) | CM(0)

タイの新常識

とてもオープンでフレンドリーですし、親日家も多いです。

ところがそれに安心していると、しっぺ返しがあります。


タイにはタイタイ独自の常識があるのです。

タイに長くいても、いまだに
「新たな常識」に気づくこともあります。


最近知ったタイの常識は、、、、




タイの常識 その1

タイの美人はたいがい、レディボーイ!


292439_473860139293349_393631739_n.jpg

人気のレディボーイのPoy Treechadaです。


https://www.facebook.com/pages/Nong-Poy-Treechada/144581908887842
 ↑ PoyのFacebookページです


これだけきれいな女性はまずいない!

ちなみに、美人コンテストにはたいがいレディボーイ(おかまさん)が紛れ込んでいるとのもっぱらの噂です!





タイの常識 その2!

食事をするときに、

日本人なら、

「いただきます」

と言ってから、食べ始めますが、

タイ人は、

DSC09886 (1)_R


タイ人は、写真をとってから食べ始めます。
(同僚のタイ人がしっかりと写真を撮っています)


写真を撮る前に箸をつけようとすると、

うう

と怒られてしまいます。


#ちなみに、最近の若いタイ人は新タイ語をしゃべります。

うう:そりゃだめだ!
うっ:それはいやだ!
うー:そうだ!

#皆さん正しいタイ語をしゃべりましょう! → タイ人へ!





タイの常識 その3!


【研究調査報告】Facebookにみる日泰露出度比較分析

で、日タイの国民性の比較をフェースブックを例にして研究しましたが、

私のフェースブックを見ると、


ものすごく美人の友達がいる

あれっ? こんな美人の知り合いいたっけ?


と名前をみると、、、、、


全然実物と違うやんけ!


#たいがい、カラーコンタクトをして小首を傾げてたりします。
#ソフトフィルターをかけてできあがり!


と文句を言ったら!

実物よりきれいな写真を使うのはタイの常識!


と怒られました。


#ちなみに、タイでは証明写真もきれいにシミをとったりしてくれます。
#就職の写真もTシャツで大丈夫です。 Photo Shopで上着ネクタイを着させてくれます。



ちなみにフェイスブックネタでは、
タイのFacebook;性格のキツイ女子大生
でも書きました。










その他にも、タイには様々な独自ルールがあります。


事実は、力関係で決まる

で書いたように、タイでは「書かれたものよりも実態を大切にする」という常識もあります。



例えば、

「ルールは守るもの」


というのは日本人にとって常識ですが、


タイ人は、


「ルールは守るもの、、、、でもそのルールが妥当であれば」

となります。


ステープ元副首相が、

インラック首相にタイ人を求めているのも、

選挙の不実施を要求しているのも、

「憲法が、、、法律が、、、よくない。 だから そんな憲法や法律は、無視して構わない」

と理路整然としているのです。


で、


何か良くて何がよくないか!

が決まるかといえば、


公式には、

人格者の良識によって決まる!

実際には、

その時の力関係で決まる!


のが正しいのです。タイでは!






と、茶化しましたが、

タイに長くいると、

「ルールに固執する日本人」を変に思うことがあります。


もっといえば、海外に長くいると「ルールの弊害」をすごく感じることがあります。
(タイでは、必要があればルールは、破って構わないもの」です)


ルールを無視することは言語道断だけど、

「(必要があれば)ルールを破る決断」が必要なときもArutoと思います。



大阪府議会:維新造反4人 第三セクター売却案否決
毎日新聞 2013年12月16日 16時05分


 大阪府南部の泉北高速鉄道を運営する府の第三セクター「府都市開発」(OTK)の株式を米投資ファンド「ローンスター」に売却する議案について、府議会は16日、本会議で反対多数で否決した。会派として賛成を決めた与党・大阪維新の会から4人が反対したため。本会議での造反は維新にとって2010年4月の結成以来初めてで、強い結束を誇ってきた維新の求心力は大きく揺らいでいる。
<中略>
 OTK株売却は、橋下徹大阪市長が知事時代に「民間に委ねるものは民間に」との方針で決めた。売却先を決める公募では、ロ社が781億円を提示し、次点だった南海電鉄の720億円を上回った。しかし乗り継ぎ運賃の値下げでは、南海が80円だったのに対し、ロ社は10円だったため、沿線の堺、和泉両市議会が反発していた。
<後略>

http://mainichi.jp/select/news/20131216k0000e040216000c.html



私の実家近くの鉄道(大阪府が大株主の泉北高速鉄道)が、民営化で売却されることになり、入札の結果、

A社781億円(運賃10円値下げをあわせて提案)
B社720億円(運賃80円値下げをあわせて提案)

【ルールに従って】金額の高いA社に決まりました。

どうもしっくりこない。

ルールがおかしかったのではないでしょうか。


なぜ民営化するのかと言えば、一義的には、

「民営化により効率的な経営やサービスの向上をめざす」


ことなんでしょう。そうであれば、住民感覚ではB社ではないでしょうか?

ルールがおかしかった! のですよね。


それを、役所がルールをたてに杓子定規に対応しようとする。

「ルールを守るのが良いのだ!」


横浜の林市長が、


「ガイドラインや法律を守ろう、間違いのないようにしようとするあまり、一番大切なことが何かを見失う公務員が多いと感じます。そのような公務員に気づきの機会を作っていくことが市長にとって重要だと思います」

というような意味の発言をしたと何かで読みましたが、

まさに、ルールに縛られて変な方向にいきそうなことを正すのが指導者に求められていると思うのですがねえ。


日本維新の会の松井知事の汚点になってしまった気がします。


しかも、この鉄道の路線が、堺市を走ることから、「堺のことは堺で決める」と維新の会に反旗を翻して当選した竹山市長との遺恨も見え見えで、さらに住民視線がみえません。


結局、否決されましたが、

造反議員を出して維新も傷ついたんですね。


政治決断をしなかった松井知事の落ち度だと思いました。


とこrで、今後に関しては、再入札も含めて未定とのことですが、

きっと「堺市憎し」で報復が始まるんだろうなあ。

→ 政治には期待しなくなります。





で、タイの政治ですが、、、、


ある意味、
ここまで、強引に自分の主張を繰りかえすステープには、

すがすがしささえを感じます!

(もちろん皮肉です)


参考:2014年反政府デモ:とりあえずのまとめ





[ 2013/12/16 22:04 ] タイ政治・経済:政治 | TB(0) | CM(1)

2013年反政府デモ:とりあえずのまとめ

このブログに連動してFacebookページを作りました。
上にある「いいね」をクリックすると、そのページが購読できるようになっています。

フェースブックアカウントを持っている人はぜひどうそ!


本日、「いいね」が100になりました。


------------

閑話休題!


今回のデモを、「テーサカンプラジャムビーモップ(毎年恒例『デモ祭り』)」と皮肉るタイ人がいます。
いやあ、面白いなあと個人的にうけていました。



2006年にタイでクーデターが発生してから、2007年のタイラックタイ党解党命令、2008年の空港占拠、2010年のバンコク騒乱と、このブログでは現場での視線からレポートしてきました。


カテゴリー [ タイ政治・経済:クーデター ]
↑今まで書いたのはこちら


ただ、今回の騒動は、レベルが低すぎ!


あまりに馬鹿らしくて、レポートする気もおきません。


今回の図式は過去の、赤シャツ Vs 黄シャツ の対立の図式と全く違う雰囲気を感じています。



まあ、しいて言うなら、


タクシン元首相への怨念で動いているのがデモ隊で、


それ以外の人はシラケている。





そんな感じです。 

マスコミをみていると、反政府デモが盛り上がっているかのマスコミの報道ですが、

"font-size:large;">全然盛り上がっていません。
(恩赦法案反対のときは盛り上がっていましたが)

以前の対立の時の方が、ずっと盛り上がっていました。

タクシン支持の人たちは余裕をかましている感じです。
どうせ選挙で勝つから大丈夫だと。



もちろん熱狂的なタクシン憎しの人たちと、
ある程度ののデモ参加者たちはいますが。

盛り上がっているのは一部の人たちだけで、
どちらかに肩入れする熱狂的な人は明らかに激減し、

タイの多くの人は、ええ加減にせえ!

という感じですね。


下院の解散で、今回のタイの騒動は、なんとなく一息ですね。

別に和解があったわけでもなんでもないので全く予断をゆるしません。
私などこれからの行方がまったく読めません。


といいつつ選挙をするとプアタイが勝つ可能性が高いので、

ステープは、「(選挙を経ずに)有識者からなる国民議会(サパープラチャーチョン)の設立を呼び掛けています。
が、そもそも民主党の支持基盤である大学教員などからも「そりゃないだろう」異論がだされて、いまいち押し切れませんね。




さすがに「民主党はステープに悪乗りしてやりすぎた」感が否めませんね。

(でも、タクシン支持の人が余裕をかまし過ぎて、選挙では以外に苦戦するかもという予感もしていますが)



歴史を紐解くと、国王の庇護のもと(という建前のもと)、有識者による統治が、タイの継続的発展をもたらしてひいてはタイの庶民の利益にもなった時代がありますが、そもそもそれは、、、、、

・タイが発展途上国であった時代の話です。
・民衆がまだまだ無知だった時代の話です。
・共産ゲリラの恐怖が目の前の恐怖だった時代の話です。



ちなみに、タイ式民主主義の考え方や、選挙を経ない正当性に関する考え方は、
東京大学の末廣昭先生「タイ 開発と民主主義」「中進国の模索」で、するどく論じられています。タイを語るなら必読書です。


また、タクシン元首相のの大衆迎合(ばらまき)政策の代表例といわれる「30バーツ医療制度」は、
大阪大学の河森正人先生の「タイの医療福祉制度改革」を読めば概要はわかりますね。
(バラマキ医療を行ったのは、実は民主党だったのも理解できると思います)



今回の騒動で印象的なことを二つだけ書きたいと思います。


日ごろコミュニケーションをしている人たち(タクシードライバー、ガードマン、お手伝いさん、屋台のおばちゃんなどの庶民)が結構勉強していると感じています。 

「ステープが言っているのは人民議会ではなく『ステープ議会だ』」
「ステープの言動はファシズムへ突っ走っている」
「ステープは情報の曲解が多すぎる」

的な、ことで盛り上がったりします。付け焼刃的な議論だとしても、結構高度な議論です。




それに対して、若い人の無関心が本当に目立ちます。

若い人に、今回の政治の話をしかけても、知識がなさ過ぎて話ができません。

無関心であったり、

無関心でなくても、

「タクシンは仕事ができるが汚職がある。民主党はなにもできない」


的なうすっぺらな話程度です。 

「タイの為にデモに参加する!」

って、どうやってタイのためになるのか? 話せない!


「大丈夫か!? バンコクの若者!」

という感じです。



以前は、東北部や北部の村に行って、直接村の人たちと話すことが多く、

(バンコクの有識者は、金で買収される愚かな村人と言うが、)

村の人は愚か者ではない!


というのを身にもって知っていましたが、最近はあまり村に行っておらず、直接の声は聴いていません。


村の人は、フェースブックで発信もしないので、何を考えているのか直接には知れないのです。


バンコクの中だけでの、日ごろのコミュニケーションからの印象ですが、、、、


(でも、推測はできますが、、、、)
[ 2013/12/12 22:40 ] タイ政治・経済:政治 | TB(0) | CM(1)

これが選挙の票の操作の証拠です!!

昨日、うちのチビ(5歳)をつれてサイアムのLIDOシアターで『借りぐらしのアリエッティ(The Borrower Arrietty)』を見ようとしていたら、

プアタイ党(タクシン派)圧勝! 出口調査で313議席獲得の予想!

とのニュースが、


タクシン派圧勝? 【投票所から】
で、

「最近の特に地方の圧倒的な盛り上がりをみると、「インラック圧勝」とみましたが、」


と書きはしましたが、313議席ほどの圧勝までは思いもしなかった!!


バンコク選挙区でも、33議席中23議席をプアタイが抑えたとのこと!
(本来はバンコクは民主党の地盤です)



うわあっ、、、!!


との興奮状態のまま、アリエッティを見ました。


教訓臭さが多少鼻についたが、でも純粋に、

うわあ、なんて良い映画なんだ!

と興奮!!


その後、久しぶりにサイアムで食事! 

うわあ、サイアムで食事! なんて俺は都会的な暮らしなんだ!

と興奮!!



龍(RYU)なる しゃぶしゃぶ の食べ放題の店にはいると、一人299バーツ(子供は半額)
だが、店のお姉さんが、子供は無料でいいよ! って!

うわあ、なんて得をしたんだ!!

と興奮!!!



そして家に帰り、テレビをつけると



、、、様子がおかしい。



プアタイが300議席以上とっているはずなのに、、、、


ほとんど開票が終わっているはずなのに、250議席代!


えっ、、、いや、 確かに単独過半数を制しての勝利なのだけど、、、、


「300議席超の地滑り的圧勝!」

とはちょっと違うような気もする。


だって、バンコクなんか、33議席中23議席のはずが、、、

民主党の方が得票数が多いって、どういうこと??


投票数_R



スワンドゥジット大やABAC大の出口調査に比べて、プアタイ(タクシン派)の実際の獲得はかなり少ない。

これは、

出口調査時に、
プアタイ支持者(赤シャツ)は支持を表明しがち
民主は支持を表明しない傾向にある


との説がある。
なるほど、と思う。



また、投票用紙でプアタイの投票欄が、
棄権票(タイでは選挙で棄権欄がある)と混同しやすく印刷されていた


との説もある。
なるほど、と思う。


しかし、

バンコクにおいて、
出口調査と実際の獲得議席が特に大きく違っているのは、

バンコク都知事は、民主党のスクパン知事
つまり、バンコク都庁の選挙票操作!


との噂もあります。


上の表をよく見ると

プミチャイ党やチャートタイパッタナ党が出口調査より、実際の獲得数が大幅に伸びています。

プミチャイはブリラムのネウィンが党首。
チャートタイパッタナは、スパンブリのバンハーン元首相が最高顧問です。

つまり、、、地元密着利益誘導型の古いタイプの政党です。
だから、やはり各地元で票の操作!!




との噂が、まことしめやかにされています。


真実は?




単に、出口調査の精度も問題だったりして、、、、
[ 2011/07/04 22:16 ] タイ政治・経済:政治 | TB(0) | CM(0)

タクシン派圧勝? 【投票所から】

タイの下院選挙がいよいよ今日7月3日の投票日になりました。


いやあ、盛り上がったなあ! どう盛り上がったかといえば、

民主党 VS プアタイ(タクシン派)
の第一党争い!

動物 VS 既存政党
のケダモノ争い!

チュウイット vs 既存政党
の建前と本音の争い!


詳細は;
次期タイ首相は日系人か?


で、今日の午後3時には投票を締め切り、今日夜半には大勢がが判明する予定です。


ですが、結論を言ってしまうと(今はお昼です)

プアタイ(タクシン派)の地滑り的完全勝利!!



以前は「プアタイ支持」と公言する人は減っていたような気がします。

、でも、最近の特に地方の圧倒的な盛り上がりをみると、「インラック圧勝」とみましたが、、、、   

プアタイには、暴力的とか粗暴とかのイメージが(事実かどうかは別として)ついていたのですが、インラックでそのイメージが消え去ったことが大きいのでしょう!

逆に、狂信的なタクシン支持を叫ぶ人も殆ど聞かなかったのが、今回の選挙です。


(もし、プアタイが負けたら、どうしようか?  この記事は今日の夜には消さねばならないかも?)



DSC07721_R.jpg
選挙会場です。 各投票所には警官が配置されています。
「選挙の監視」ではなく、「治安の維持」が目的です。
「選挙の監視」は住民から選ばれた委員により行われます。



DSC07716_R.jpg
このように投票します。
ピンクが比例代表、水色が選挙区の投票です。(あれっつ、逆だったかな?)




DSC07739_R.jpg
投票所で選挙を管理しているのは、住民から選ばれた人達です。




DSC07742_R.jpg
このように投票を行います。





DSC07736_R.jpg
テレビ局も取材をしていました。
(但し、出口調査はしていませんでした)




DSC07720_R.jpg
プアタイ党(タクシン派)の党員が投票者数をチェックしていました。
選挙結果発表で投票数を管理するのでしょう!
このあたりもタクシン派の自信のあらわれでしょう!
[ 2011/07/03 12:14 ] タイ政治・経済:政治 | TB(0) | CM(4)