スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

う~む:男と女の会話その2

タイに住んで働くには、異文化理解が重要!


「民主主義の為に選挙を妨害しよう」というステープの主張も、

タイ式民主主義的考え方の中では、

ちゃんと、理論武装さてた理にかなった考え方なのです。

2013年反政府デモ:とりあえずのまとめ


すいません。皮肉がはいっていますが、、、、、


東京大学の末廣昭先生の「タイ 開発と民主主義」
タイ 開発と民主主義程度は読んでおかないと、反タクシン派のタイ人とタイ人と、民主主義議の議論になりません。

(逆に、この本の聞きかじり程度で、「よくタイを勉強していますね」とタイ人に一目おかれます)




私も異文化やタイ人の考えかたを学ぼうとタイ人の人生相談でタイ人のかんが方を学ぼうと思うのですが、、、、


理解不能:タイ人の人生相談!

やっぱり理解不能:タイ人の人生相談! 回答編


やっぱり、理解不能!!!





ところで、


男と女の会話 (バンコクの電車の中で)

で、「情けないタイ人男性」のことを書いたのが、6年前!

その後、タイ人男性の情けなさ! はますます拍車がかかっています。




先日BTSサイアム駅でカップルが一緒に電車に乗ってきた。


男性:会いたかったよぉ! 恋しかったよぉ!


このカップルサイアム駅で待ち合わせて一緒に帰るらしい。


女性:昨日会ったばかりだろう!


男性:でも、会いたくて会いたくて恋しかったんだよぉ!

女性:何で恋しいんだ? (คิดถึงทำไม)

男性:だって、会っていない間、ずっと恋しいんだもん。

女性:恋しがる必要なし! ( ไม่ต้องคิดถึง)

男性:....そうだ、昨日のデート楽しかったね。

女性:デートなどしていない!

男性:えっ? 昨日一緒に映画を見たよね!

女性:「一緒に映画を見た」だけであって、「デート」ではない!





一貫して、冷たくあしらう女性

単に冷たくあしらっているわけではなく、

この二人は付き合っている。
だって、待ち合わせして一緒に帰ったり、映画を一緒に見に行ったり、、、、


この二人の力関係は、将来は、ますますさらに激しくなるんだろうなぁ。



もう少ししっかりしろ!  → タイ人男性!




しかし、


男と女の会話 (バンコクの電車の中で)


この記事の中ででていたのが、O2社のXdaII
h517.jpg

当時一番おしゃれなスマートフォンでした。
また、普通の携帯電話では、NOKIAのN70が圧倒的な人気!

もう、そうなことは誰も覚えていませんね。


ちなみに、私はそのころ愛用していたのは、HTC社のDopodでした。
通好みのスマートフォンでした。
dopod_900.jpg
スポンサーサイト

小ネタ集:7人がかり

橋下発言が物議を醸しだしました。


というか、私的にはあまりにも次元の低い話で、真面目にニュースを読もうとも思いません。

インターネットのニュースのタイトルしか読んでいなかったのですが。


私の友人には、人身取引に関わっている人とか女性の人権に関わっている人も何人かおり、
この話題がいろいろでるので、ちょっとおさらいしてみました。





一番驚いたのは、、、、


朝日新聞の橋下市長バッッシングってすごいですね!


二流週刊誌並みの、「なりふり構わない橋下叩き」に思えます。
(橋下発言の内容を、朝日新聞は悪意に満ちて記事にしているように思えます)


橋下市長を徹底的に叩こうとして、返り討ちにあった週刊朝日事件もあったし、
「今迄の恨みつらみを一気に晴らしている」ように思えます。
「ペンの暴力」ではないかと思ってしまいます。


去年、プロ野球の裏金をめぐる読売・朝日の激突も、
怨念をお互い紙面を使って叩き合っていたけど。

新聞を読むときは、表面的な書きぶりに惑わされないようにしようと思うのでした。


#新聞って正しいか正しくないかの判断をするものなのでしょうか?
 判断は読者がすれば十分だと思うのですが。
 それより、言っていることとやっていることが違う政治家をするどく追求して欲しい。



池上彰の解説を読んで勉強しよう!


#この前、池上彰さんにお会いして、一緒に写真を取ってもらう機会がありました。

それで池上彰のファンになったミーハーな私です。



#ちなみに、
橋下発言についてどう思うのか? ですが、すべての発言を確認しているわけではありませんが、
少なくとも私が発言内容を読んだ範囲では、(「適切な発言ではないのは当然」なのですが
「思想の事由、表現の自由」の範囲内と私は思いました。

「発言と行動が異なる政治家」が多い中で、自分の考えをはっきりと発信する点に関してむしろ好感が持てます。
「選挙で判断する材料」を提供してくれているわけですから。

今回驚いたのは、建前の発言をする政治家や国が多いことです。 ← それが大人の対応
バンコクののペッブリ通りのおびただしい数のソープランドやパタヤの風俗施設。
(間接的にではあるが)アメリカ軍が作ったものだって「公然の事」を否定するのが大人の対応なのですね。

だとすると、橋下市長は子供だったわけです。(笑)





それよりも、今私が気になっているのは、「女性手帳」のこと。
結局ボツになったから良かったものの、そもそも
なんで、こんな考え方が出てくるのだろう? 



生物学的には、女性は10代、20代で子供を産むのが一番正しいそうです。

しかし、現代の社会環境の中で女性の地位を向上させるために、
女性の社会進出を図らねばならない。 
しかし、進出を図るべき社会が「女性抜きで作られた社会」だから、女性の生物学的な事情に合致していない。

結局「10代、20代で子供を産む」ということが(生物学的にはできても)社会的にはできない。
(経済的、社会的に不利になる、社会のサポートがない)

だから、
「社会のありかたを根本から変えなければならない(社会的・経済的に不利にならないようにする。社会で支えるようにする)」というのが、重要なのです。

女性手帳は、女性の保護・啓発の名の元に「責任を個人に押し付けている」発想だと思います。


#極論をいえば、学歴がないと社会的に不利益を生じる。
 つまり、大学に行かずに子供を生むと女性にとって非常に不利益なのです。
 また、離婚をした時も同様。
 10代で結婚して、子供を生んで、離婚しても、
 殆ど不利益にならない(子供を生んでから、託児所が充実して、その後に大学に行って、普通に就職できるような)社会が必要なのだと思います。





すいません。このブログは「中身のないブログ」です。

ついつい熱くなってしまいましたが、、、、、、




気を取り直して、


今回も思いっきりどうでも良い話題です。



久々の小ネタ集です。


1.7人がかりで、
DSC06549_R_20130602124353.jpg

街中の車洗浄店です。
なんと7人がかりで車を掃除しています。
いくら人件費が安いタイとはいえ、、、、、、、、、、



2.テールランプ
DSC07246_R.jpg

最近はあまり見かけなくなりましたが、出稼ぎ象です。
都会に来て通行人からエサのバナナなどを買ってもらいます。

夜に道路を歩くと危ないので、
シッポにランプをつけています。
テールランプ(Tail lamp;尻尾のランプ)の語源はこれですよね。きっと。

3.韓国食材
DSC07232_R.jpg

以前は、タイでは「韓国」はいまいち影が薄かった。
ところが、「韓国」といえばいまや流行の最先端。
旅行で行きたいのも、年寄りは日本好き、若者は韓国好きがトレンド。
映画、ドラマ、ポップス、家電製品、スマートフォンすべてで日本を圧倒しています。
日本が一生懸命売り出そうとしていた「カワイイ 文化」も韓国に圧倒的に先行されています。


唯一韓国が日本にかなわなかったのは食事。

調査報告;タイの日本食レストラン
で書いたように、日本食レストランが、韓国料理レストランを圧倒しています。

が、異変が、、、、、

最近ショッピングセンターにじわじわ韓国料理レストランが増えてきた。

韓国旅行して韓国料理を知った若い世代が、タイに戻っても韓国料理に親しみをもっているようです。


そんなわけか、

上の写真は、私の家の近くのスーパーマーケット。
日本人が多い地区なので、「日本食品コーナー」があるのだが、
良く見ると、「ほとんどが韓国食品」に置き換わっています。
(写真をクリックすると拡大)

『日本危うし(in Thailand)』



4.ATM
DSC05336_R.jpg

日本でも、最近はコンビニでATMがあるので便利になりましたが、
しばらく前までは、お金をおろすのがとても不便でした。

タイでは、24時間降ろせるし、都市ならATMを探すのに苦労はありません。


というか、上の写真のように、各銀行のATMがずら~とならんでいます。

#このATM、右から、
・サイアムコマーシャル銀行(SCB Bank)Siam Commercial Bank)
・バンコク銀行(Bangkok Bank)
・オムシン銀行(タイ貯蓄銀行)
・クルンシー銀行(Krunsri Bank:政府系銀行)
・クルンタイ銀行(Krunthai Bank:政府系銀行)
・Kバンク(K-Bank;元カシコン銀行)
・TMB 銀行(TMB Bank:軍系銀行)

経営事情などはわからないが、
庶民感覚でいえば、サイアムコマーシャル銀行とKバンク)が2大銀行。
そしてそれを追って、バンコク銀行でしょうか。
田舎にいけばオムシン銀行か。(日本でいえば郵便貯金のイメージ)



私の知っているかぎり、7つのATMが並ぶのが最高ですが、もっと並んでいるのを知っている人は教えてください。


それだけではなく、銀行支店も土日営業、夜まで営業などが増えてきました。
サービスは充実しています。 ←日本の銀行は、サービス業にも関わらず、なぜ土日に営業しないのだろうか?)

DSC07977_R.jpg
ずらっとならんだ銀行の支店です。
6つの銀行の支店がならび、その向かいには3つ並んで、合計9の銀行支店が一か所にあります。


いやあ、タイって、、、、

タイ・牛丼選手権;優勝はやはり、、

バンコクでは、牛丼が盛り上がっています。
古くからバンコクにある牛野屋に対して、すき家、吉野家と日本から真打参入。
さらに、タイローカルで かかし も牛丼に進出です。

そんななか、先日、バンコクでタイ牛丼愛好協会の主催で牛丼選手権が行われました。
(注:下記脚注)


牛丼バンコク ナンバーワンを選ぶ選手権です。



エントリーしたのは次の4カ所;


すき家:
DSC06831_R.jpgDSC06826_R.jpg

2011年に第一号店がシーコンスクエアに開店しました。
(参考:調査報告;タイの日本食レストラン
現在の支店は、
・シーコンスクェアー店(バンコクの巨大ショッピングセンター一覧の⑥ )
・エスプラネード店
・アソークMID TOWN店
・Asiantique RiverFront店
・エガマイGATEWAY店
・ファッションアイランド店(バンコクの巨大ショッピングセンター一覧の② )
http://www.zensho.co.jp/en/group/overseas/thailand.html

吉野屋:
DSC06859_R.jpgDSC06861_R.jpg


おなじく2011年にタイ進出。第一号店はセントラル ラプラオ店でした。
現在の支店は、
・セントラル ラプラオ店(バンコクの巨大ショッピングセンター一覧の⑬ )
・セントラル ラマ9世店(スクンビット百景;エンポリアム2(エム カルチェ))
・セントラル ピングラオ店(バンコクの巨大ショッピングセンター一覧の⑤ )
・セントラルワールド店(バンコクの巨大ショッピングセンター一覧の⑮ )
・セントラル ラマ3世店(バンコクの巨大ショッピングセンター一覧の⑫ )
・Terminal21店 (洪水の中の帰国
・メガバンナー店
・シーコンスクェアー店(バンコクの巨大ショッピングセンター一覧の⑥ )
・シーロムコンプレックス店
http://www.crg.co.th/yoshinoya/th/home/index.php

牛野屋:
DSC06835_R.jpgDSC06838_R.jpg


タイの牛丼界の老舗! 吉野家もどきの店舗スタイルでインチキ的雰囲気をかもしだしながらも、
実は結構なお味だと思います。
日本街店(スクンビット ソイ26)、タニヤ店があります。

http://www.wisebk.com/index.php/cms/index/8/view/4185

かかし:
DSC06848_R.jpgDSC06849_R.jpg


バンコクでラーメンがはやってると思うや、OISHI RAMENを展開。
バンコクのラーメン
そして、牛丼がはやっているとみるや、「かかし」なる牛丼屋をはじめたOISHIグループです。
・シーコンスクェア店(バンコクの巨大ショッピングセンター一覧の⑥ )
・フォーチュンタウン店(本日の物欲;タイの秋葉原
・ロータス バンナー店
・ロータスバンクラコップ店
・ロータス ラマ4世店
・セントラルラタナティベート(セントラルタウン)店(バンコクの巨大ショッピングセンター一覧の⑧ )
http://www.oishigroup.com/product_kakashi.php


しかし、支店の場所がすべてわかってしまう(地図無で全部行けてしまう)私ってなんなの? 
って、今思いました。 (そんなこと自慢にならん!!!)



さて、いよいよ評価です。

すき家:
DSC06829_R.jpg
肉は固め、タレの味付けは日本に近い。ご飯も美味しく、ショウガもよい。
値段は85バーツで標準的な値段。
肉:2 米:5 タレ:4 ショウガ:5 値段:3  合計19点


吉野屋:
DSC06868_R.jpg
肉は柔らかいが、ややパサパサ間も。ご飯・タレはやや落ちる。
(日によって味のバラつきが大きい気がする)
ショウガは完璧。値段は高め。
肉:4 米:4 タレ:3 ショウガ:5 値段:2  合計18点


牛野屋:
DSC06844_R.jpg
肉は柔らかく美味しい。ご飯は美味しいが、タレはやや甘すぎ。
値段は140バーツと高いが飲み物(お茶)無料。
日本の雑誌や新聞もおいているのはOK。
肉:5 米:4 タレ:3 ショウガ:4 値段:2  合計18点

かかし:
DSC06854_R.jpg
肉は固い。ご飯はべちゃべちゃ。タレは甘すぎ。ショウガはなく、なぜか福神漬けがついている。
値段は79バーツと最安値だが、、、、、
肉:3 米:2 タレ:2 ショウガ:1 値段:4  合計12点




結果発表!!

すき家:19点
吉野屋:18点
牛野屋:18点
かかし:12点

上位3チームの激しいデッドヒートでしたが、、、、

すき家の総合優勝でした。



こちらも:9バーツの牛丼、6バーツのハンバーガーセット、3バーツのうどん

注:タイ牛丼愛好協会とは、牛丼をこよなく愛するバンコク在住者による会です。
  牛丼の社会経済的議論から美味しい食べ方日米政治問題まで幅広いテーマにいどんいます。
  不定期に毎月が集まって牛丼談義に花を咲かせています。
  会員加入希望者は、代表幹事の「さくらぎちょう」まで連絡をください。
  なお、在バンコクの会員数は1名を誇ります。

タイでの修理シリーズ:デジカメの修理

私の愛用のデジカメ! ソニー CyberShot WX5 !(黒のデジカメ、電子辞書、ノート、名刺入れ

#ちなみにデジタル一眼レフも持っています。Canon EOSです。
 (一応見栄があるので、強調しておきます)
 そういえば以前、ランドクルーザーを持つ友人が、ランクルとは別に軽自動車を持っていたのですが、
 近所への買い物には当然軽自動車の方が便利なのですが、
 見栄でわざわざランドクルーザーに乗ったりしていました。
 


このソニーのコンデジ、小型だけど結構綺麗にとれる。結構気に入っています。


そのが調子が悪くなってきた。
一昨年のタイ大洪水の時に、
このデジカメを作業着に入れて現場を持ち歩いたのがいけなかったか。
なにせ、灼熱・土埃・汗まみれだったのです。

で、結果が、サタヒップ漁港  の写真。

海の部分に黒いムラが沢山見えるでしょう。

中に埃がはいったのだと思います。

ワイドだとあまり目立たないのですが、ズーム時は完全にアウトです。

日本で修理すると1万円ほどするそうです。
2万円ほどのデジカメの修理代が1万円というのは結構悩みます。

でも、タイで修理すれば格安!!!





今までにも、このブログで修理シリーズを書いてきました。

車の修理なら:タイでドイツの中古車が安い理由
家電製品の修理なら:電化製品が壊れたときは、、、、
お風呂の浴槽の修理なら:タイのお風呂






で、今回はデジカメの修理です。



私が今まで何度か使っている修理会社は、Fotune Townの4階にあります。
電化製品が壊れたときは、、、、  のすぐ近くです。

ここはIT関係が充実しており、かつ地下鉄ラマ9世通り駅前なのでとても便利。
パソコンや携帯電話などIT関係のオモチャを見に行くのは大体ここに来ます。

DSC06623_R.jpg
今回の修理は500バーツ 所要時間は1時間弱でした。


VIMOL CAMERA SERVICE(วิมล คาเมร่าเซอร์วิส)
FORTUNE TOWN 4階(地下鉄 ラマ9世通駅)
http://www.vimoncamera.com/
電話:0-2642-0620




ちなみに、プリンタ修理・改造(大容量インクへの改造含)専門点やパソコン修理専門点
も同じフロアにあります。


DSC06625_R.jpg

CYBER CARE(プリンター修理)
http://www.cybercare.co.th
電話:0-2642-0979

看板には「EPSON SERVICE」とありますが、キャノンをはじめ全メーカーのプリンターの修理OKです。



DSC06627_R.jpg

JI Computer Service
電話:081-6145729



より大きな地図で 【バンコク近郊 こだわり情報+α】地図編 を表示

終わりなき戦い

以前バンコクのバンコクからチャオプラヤーを渡ったピングラオ(Pinklao:ปิ่นเกล้า)に1年ほど住んでいました。

ナンルン市場とタイ最古の映画館

の近くで働いていた時に、


より大きな地図で 【バンコク近郊 こだわり情報+α】地図編 を表示

この場所で、アパートを借りていました。




それ以前に住んでいたのは、タイ中央平野部の洪水って  に書いた 高床式住居

当然ながら、天井や壁にはトッケーやチンチョがいっぱいいたし。

参考;
タイのヤモリ;チンチョックとトッケー
トッケーとチンチョのエピソード

床には(なぜか)カエルが沢山いて、家の中を歩くときは気をつけなければなりません。
(でも、たまに ぐにゅっ とふんでしまうことがあるのでした)

もちろん、蚊やハエはいっぱいいました。


そんな田舎度満点の場所から、
バンコクのピングラオのピンティップアパート(Pinthip Apartment)という高層アパートに引っ越したのでした。
12階建ての11階で当時家賃が2700バーツ(今は内装も綺麗に改装され4800バーツ程度に値上げです)でした。

PinthipApartment.jpg


バンコクの高層アパートに住むなんて、、、、
いきなり、ハイソ! になった気分でした。
俺も出世したもんだ! と感慨にふけったものです。
↑ 勘違い



ところが、こんな高層アパートでも信じられないことが、、、、、



床にはカエルがいない。蚊やハエも少ない!


でも、

蟻の大群が来るのです。




壁の隙間から這い出してくる!


米やパン、インスタントラーメンにはすぐ蟻がくる ← 全部冷蔵庫に入れる

それどころか、食器を置いておくと、その下に蟻が巣を作る! ← 食器は毎日動かす

パソコンの中から蟻がでてくる! ← あわてて、パソコンを分解して清掃!




バルサンもたいたし、蟻むけのいろんな殺虫剤も大量に使った!

でも、すぐに復活してくるのでした。






でも、その後、気が付くと今ではなぜか、バンコクでは蟻も蚊もハエも見かけることが少なくなってきました。


#ホテルの部屋に蟻がいないので、逆に、「どんだけ殺虫剤を使っているのだろう」と恐ろしくなります。




ハエもすっかり少なくなりました。

以前は、
ハエをおっぱらいながら食事があたりまえ


だったのに、なんだか、

食事中にハエがいないのが当たり前



になりました。





が、バンコクから少し離れると、昔ほどではないにしろ、

ハエがいます。


いえいえ、ハエがいて嬉しいわけではありません。

でも、なんかハエがいるのが普通なんだなと思って。




そして、今日も田舎では、ハエと人間との戦いがあちこちで繰り広げられています。



DSC05887 (1)_R
CDやDVDをつるす のは、日本でも猫除けやハト除けなど幅広く使われますが(本当に効果があるのでしょうか?)
タイでは、ハエやアブ除けに使われます。 (本当に効果があるのかはやはり不明)



DSC05936_R.jpg
虫よけロウソクを使うのもよく使われます。 レモングラス成分やオレンジ成分などがはいっているラシイ! のですが、詳細は不明です。


DSC05890 (2)_R
米糠で作った米油を燃やしてもハエよけになるそうです。



DSC05937_R.jpg
こちらは、ハイテクです。赤丸の部分がモーターでまわります。
(これは、昔は日本でもあったような気がする)


DSC05931_R.jpg
そして、王道! ハエ叩き!
赤丸のハエ叩きでハエをピッシッとたたきます。















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。