深い深い! タイ映画! I FINE..THANK YOU..LOVE YOU


その昔、タイ北部のスコタイに住んでいたころの話です。

スコタイからとなり町のピサヌロークへの最終バスは夜7時。
仕事が終わって最終バスでピッサヌロークに着くのが夜8時ころ。

チェンマイからからバンコク行きの列車が深夜1時ころにピサヌロークを通るから、
それまでピサヌロークで時間を潰さなくてはならない。

そんなわけで、ピサヌロークで映画を見て時間を潰すのはいつものことでした。

そのころのタイ映画、一言でいえば、

「つまらない」


しょうむないギャグと迫力のないアクション、、、、


#すいません、ショウムないギャグかどうかを判断するタイ能力は私にはありませんでした。


それが、タイのアクション映画のレベルはすごいことになっています。

ジージャー
タイのアクションスターといえば、この人!  ジージャ。 幼さの残るかわしい顔と、アクションの凄さのギャップがすごかった。


#でも、先日テレビで、「タイ映画といえばアクションというイメージが強いと思いますが、実は様々な質の高い映画が作られています」などと言っていた。 
「タイ映画といえばアクションというイメージ」を持っている人って????
「タイ映画はアクション『も』レベル高い」とイメージは私だけでしょうか?

その後、タイ映画も本当に急速に様変わり。
タイ映画から学ぶタイ社会  

で書いた名作カンランパープ(絵の裏側)など、セットはチープだが素晴らしい映画、だったのが、最近はセットも内容も素晴らしい映画が増えてきています。

#でも、ショウムない映画も多いけどね。

このブログでも、
カテゴリー [タイの映画 ]
シリーズで、タイ映画の紹介をすることは多くなってきました。



今日紹介するのは、



ifine-680x382.jpg

「I FINE THANK YOU ...LOVE YOU」


タイ映画だ!          というどたばたテースト!
タイ映画でここまで来た!  テーマの面白さ!

の融合の不思議な面白い映画でした。


わたし的にはオススメだけど、万人受けする普通のタイラブコメではないですね。
強烈なメッセージ入りの映画です。
 
でも、最初の30分は退屈、イライラした!
ショウムない面白くもないシモネタ連発。
相手役の男性は、粗忽で乱暴で下品な教養の低いどうしようもない男。


本当に途中で出ようかと思った、、、、ら、途中から俄然面白くなってくる。
基本的には「粗忽で乱暴で下品な教養の低い」男の良さがだんだんわかって恋していくストーリーなのだけど、「金持ちで教養のがあるけど嫌なやつ、貧乏で教養がないけどいいやつ」てな、ありがちなステレオタイプのストーリーではない。

ドタバタに見えながらじっくり味わい深いところが、この映画の凄さです。

#でも、本当にタイ映画は奥が深い。 日本の映画が「わかり易さ」を追求して浅い映画になっているのに対して、タイ映画の深いメッセージ性は光ります。


タイで急速に広がっている「上流階級のフリ」への強烈な警告と私はみました。


ストーリー展開に多少無理があるのはお愛嬌です(笑)


主演女優はアイス、前作の「ATMエラー(わたし的には「ATMエラーック」と訳したい)」で、「ムチャクチャ気の強い、でもかわいい」強烈な女性を演じ気になる女優です。
今回はそのキャラは封印して「教育のある中の上の女性」という普通のキャラ。 そういえば、この監督は「リトルコメディアン」でも、個性的なポーラーを「普通の美人女医」として描いていたし。メート監督の本質はこっちの方かも。
わたし的には相当オススメの映画です。

ちなみに、不粋を承知でこの映画のタイトルを説明すると、
I FINE .... THANK YOU .. LOVE YOU
のI FINE はもちろん"I'm"FINE"をかけています。
・「正しい英語でない」というのが1つの意味
そしてもうひとつは、「ไอ้ควาย(アイファイ)」とかけて「お前は水牛」との意味ですね。 水牛は愚か者だけど実は、、、、の意味!
(ちなみに、これをタイ人に言ったら喧嘩になるので注意してね!)

言葉遊びだけでなく、メッセージも加える、、、、
いいなあこのタイのセンス、
というかメート監督が好きなジョークの気がします。

55万アクセス:子供の正義感

今日喧嘩に巻き込まれました。

変に正義感の強い子供っていますよね。

大人は「大人の対応」ができるのですが。

実は私の子供の頃はそうでした。

というか今でも「変な」正義感があると思ってしまいます。

いつまでたっても大人になれそうにありません。



今日、高田馬場で軽く一杯飲んでの帰宅途中。
駅の階段をのぼってホームにあがると、ちょうど酔っぱらい2人の喧嘩の最中。

一人はサラリーマン風、もう一人は見るからに怪しい浮浪者風。
サラリーマン風が一方的に浮浪者風を蹴っている。

仲介しようとタイミングを見計らっていると、駅人がかけつけてきた。

汚い言葉使いで文句を言っているのは浮浪者風。
駅員は完全に「浮浪者風の方が悪い」かのようにな態度をとっている。

やがて警察官が数人かけつけてきた。

結局目撃者として証言することになってしまいました。

浮浪者風の人が悪者扱いされるのが許せなくて、夜に帰路を急ぐ中30分間のロスでした。



そういえば、以前、別の駅近くを歩いていると、酔った二人連れの一人がおばさんにちょっとぶつかった。

「クソババア、気をつけろ!」

と叫んだので、私はむっときて、

とっさに、

「にいちゃん、何ゆうたんや?」

と酔っぱらいに抗議。(怒ると大阪弁になります)

「クソババア」と叫んだ方が、

「なにぃ!!」と絡んできたが、

もうひとりが、必死で止めて、

「すいません。すいません。」

結局、この「すいません、すいません」と言ってくれた人のお陰でたすかりました、
喧嘩になったら、お腹の出た中年男の私は、確実にボコボコになってしまいます。


別のときですが、深夜に道を歩いていると、突然に、

「私にかまわないで」

という女性の叫び声。
振り向くと女性が走って逃げており、
それを追いかける男。

女性が車に乗り込んでドアをしめようとするが、
男がドアを掴んで離さない。

単なる痴話げんかなのか、本当に助けが必要なのか見分けがつかず、
じわじわと二人に近づいた。

やがて、女性は私に気づいたので、

「何かお手伝いすることがありますか?」

と尋ねたら、

しばらく間をおいた後、

「ありません、ありがとうございます」

とのこと。

単なる痴話げんかで大丈夫と判断してその場を離れたが、
、、、、ああ、怖かった!


で、本題です。

2014年6月14日にこのブログ通算で55万アクセスになりました。

2013年7月20日に50万アクセスに達してから約330日かけての55万です。

1日あたり150アクセスと、それまでの1日200アクセスから、アクセス数に急ブレーキがかかりました。

減った理由はgoogle検索エンジンで上位にはいらなくなってきたためと思われます。
それでも1日コンスタとに150アクセスは感謝です。

今後ともよろしくお願いします。
これからも、子供のような正義感と好奇心で頑張りたいと思っています。



やっと待望のクーデターです

タイのクーデターシリーズとして、
カテゴリー [ タイ政治・経済:クーデター ]
を書いてきましたが、また書くことになってしまいました。


タイのクーデター;とりあえずの総括
が前回の2006年クーデターのときに書いた文章。

全然変わっていないやんけ!!!



Xデーが近づきました! (15日から17日あたり)

とクーデターを予告したのが、1月9日。 

今回はめちゃくちゃはずしました。
実際におきたのが5月22日でした。

軍はクーデターには最後までネガティブだったようです。

クーデターを起こしても軍は特にならない。独裁政権を作って美味しい汁を吸うなんでできないし。
タクシン派、反タクシン派の両派からの批判の矢面にさらされる。
さらに、国際的な批判にもさらされるわけで。
軍としては、少し距離をおいて美味しい汁をすっているのがうれしかった。

もう1月からタイの政治はにっちもさっちもいっていないのだから、
少なくとも2月の選挙が実施できなかったときには完全に空転して解決の見込みはなかったので、
誰がみても、クーデターしか解決する手段はなかったのですね、

やっとクーデターがおきた感じです。


しかし、
ステープの大ばか者にはついていけないし!
かといって、タクシンは支持できても(それに美人のインラックちゃんも支持できても)タクシン派はあやしすぎて支持できない。

じゃあ、軍しかない! 気もちになっているのがタイの多くの人の気持ではないでしょうか。


言論の自由は保障されるべき。

でも、相手が「子供」なら、
「言ってよいこと、いけないこと」を「教育」する必要がある
(≒「何でも自由に話して良い」わけではない)

タイの経済は発展した、でもタイの民主主義は学習途中!

と知人のタイ人の先生が言っていた。

タイ人は、教育すべき「子供」なのか???と思ってしまうこの頃です。


で、教育をする先生って誰????

やはり、弊害はあっても、言論のの自由はタイでも必要だ!!!
と思うのですがねえ、、、、、疲れてきます。


結論!

先生の役割は「軍」が担うのでしたね、タイでは。(笑)



IMG_3680_R.jpg

静止したテレビ画面です。いつ何のアナウンスがあるかもしれないので、ずっとつけっぱなしです。

巨大マグロ養殖場か? バンコクの謎のサークル

私の子供のころ大阪府南部の田舎で育ちました。

尾根沿いに10戸ほどの家がある集落で、谷となっている両側がため池でした。


その尾根から舗装されていない道路を約15分歩くとバス道路でした。
さらに、そのバス道路を4kmほど行くとやっと最寄駅でした。


一番近くの本屋は、その最寄駅前にあるのでした・。


そのバス道路の4kmを子供がバスに乗るなどあり得ません。
バス代があれば、バスに乗らずに、仮面ライダースナックを買うにきまっています。 ← 本当か?


当然チャリンコで駅前に行くのですが、、、


そこで問題が、、、、



学校の規則で、

『バス通りでは自転車を降りて押さねばならぬ』

ことになっていたのです。


交通事故防止のためだったのだと思います。


でも、「4kmの距離を自転車を押して行く」というのはいかにも大変です。


で、私は考えました。


できるだけ、バス通りを通らなくても良い道を、長い長い試行錯誤の結果、、、
(当時はGoogle MapsもYahoo地図もありませんでした。いやそれ以前にインターネットがなかった)


ついに、バス通りを通らなくても行ける迂回路を発見したのです。 ←倍の8km位の距離だったと思う



(後日談ですが、このルートは後日市役所に正式に認定され『バス迂回道』との名で市の地図に掲載されることはありませんでした)



で、ある日、ある同級生と一緒に駅前に行くことになった。


私は、「バス通りを通らない新ルートを発見したこと。」を伝え、
「そのルートを教えてあげること」を提案した。



その友人は、D君という名であったが、チョイ悪の同級生であった。
身体も大きく、力もあり、すごむと怖いところがあった。


でも、私が新ルートを惜しげもなく教えてあげたものだから、
これをきっかけに、私の子分になる、ことはなく、


「バス通りを自転車で走っていけばエエヤンケ」


私は、この同級生の規則を知らない無知さ加減に少し驚いたが、
でも、親切に優しく教えてあげた。


「バス通りを自転車で走ったらアカンのやで」


友人は、感謝を込めてこう答えた。


「そんな規則なんか無視したらエエンヤ!」


私は、「規則を守らない」という方法が世の中に存在することを、その同級生から学びました。







で、駅前の書店に行って何をしたかというと、

「週刊誌の立ち読み」



です。



週刊誌の立ち読みをするのが、
大人っぽくてカッコよいと思ったのです。

(ちょうど、「好きな女の子をイジメル」年頃が終わり、
 「好きな女の子を無視する」のがクールでカッコ良いと思い始めた年頃に差し掛かったころです)


ちなみに、その後、「私が無視している」つもりが、実は女性から無視され続けて今にいたります。
さらに、男性からも無視され続けています。 
以前飼っていた犬だけが、私を必要としてくれていました。 ←餌の時だけですが、、、





で、立ち読みですが、

週刊ポストを立ち読みするほど大人になっていませんでした。
朝日ジャーナルを立ち読みするのも、もうしばらく先です。


立ち読みするのは、
少年チャンピオン、マガジン、サンデー、そしてジャンプでした。


その中でも、少年チャンピオンが、「ガキデカ」をはじめ最もお気に入りでした。
(少年チャンピオンが、一番子供向きだった)

でも、実は必ず読んでいたのが、





少年ジャンプの『こちら葛飾区亀有公園前派出所』です。


オタクの王道の漫画のギャグに子供の頃から釘づけだったのです。




ちなみに、「オタク学入門」(http://www.shinchosha.co.jp/book/134451/)によれば、

一つの分野に深い興味や知識を持つ人は、単なる「マニア」であり、
「オタク」とは、「『マルチな』分野で細部にいたる深い知識を持つすばらしい人」とのことです。

(ちなみに、この「オタク学入門」、、、とっても素晴らしい本です。)


この定義に従っても『こちら葛飾区亀有公園前派出所』は素晴らしい「オタク」です。


で、



DSC02368_R.jpg
主人公の両さんが、マグロの養殖を始めた話です。


DSC02367_R.jpg 
マグロは泳ぎ続けなければならないため、こんな巨大なドーナツのような水槽を作ってマグロを養殖しました。
「マグロ養殖陸上循環式生け簀」とのことです。




いやあ、ワクワクする発想ですよね。  ← 私だけか?






今回もやはり脱線に脱線を重ね、ここから、今回の本題です。
(ここまで、読んでる人がいるのだろうか?)




先日GoogleMapsを見ていると不思議なサークルが目につきました。



謎のサークル全体図_R
直径500mほどの巨大なサークルです。
マグロの養殖場か?



早速、行ってきました。



DSC01911_R_R.jpg
何かの廃墟のようです。
何か巨大な建造物があって、取り壊したように思えます。



DSC01913_R_R.jpg
守衛所だけが残っています。



謎のサークル周辺図新_R
周辺の地図です。
①がこのサークル
②は、Microchip Technologyという会社のようです。
③はNECTEC(国家電子技術研究庁)のMicro Electronics研究所があります。
(GoogleMapsではまだ建設途中ですが、現在は完成済です)



DSC01909_R_R.jpg
②のMicrochip Technology




DSC01915_R_R.jpg
③のNECTEC(国家電子技術研究庁)のMicro Electronics研究所







どうも、この付近は電子系ハイテク関係の会社や研究所が集積している場所のようです。

マグロの養殖場ではないのか? ←しつこい!

素粒子の加速器があったのだろうか? ←大きさ的には符合する!


でも、インターネットで検索しても、それらしき情報は見当たらない。




謎のサークル地図新_R
場所です。バンコクのミンブリから304号をチャチュンサオ方面に行く途中です。











この謎のサークル、、、、いったい何があったのだろうか?




探偵ナイトスクープの探偵さんに聞いてみたい!

サタヒップ漁港

タイといえば、


「シーフード」

海沿いのレストランで、シーフードを頬張るのは、

幸せ気分満喫です。


国内消費だけではなく、海産物の輸出や加工品もすごく多いのです。

「オデンのちくわ」はタイで生産されているというのは有名な話。

「ファミレスの白身魚」の骨は1本づつピンセットでとっていくのも、タイの水産物加工工場です。


そういった工場って興味がある!

#私は「工場」と聞くと入っていきたくなる性格なのですが、

注;工場については下記のようなことを紹介してきました。
絶景工場!!
巨大木造精米工場(100年市場)
バンコク工業地帯 萌えクルーズ



でも、実は海産物加工工場には、今まで行ったことがありません。

正確には何度か行っているのですが、ガードが固く、中に入れてもらえません。

多分その理由の一つは、働いているのが外国人だからだと思います。

外国人が大勢働いているのは公然の秘密なのですが、
なぜか、それはあまり公けにはしたくないようです。



サムットサーコン(マハチャイ)には水産加工会社が多くあるのだが、
そこで働いている人の多くはミャンマー人という話です。(実態はよくわからない)

サムットソンクラムやペッブリーの海沿いにエビや貝、魚の養殖場が沢山ありますが、
養殖場で働いているのもミャンマー人ばかり。

注;過去記事を探しましたが、サムットソンクラムなどの養殖場などについては今までに書いていなかったのですね。近日中に書きます。


遠洋漁船に乗っているのもミャンマー人がほとんどと聞きます。


タイの水産業は外国人で支えられているようです。


で、脈絡もなく、漁港の話です。

----------

サタヒップ(Sattahip;สัตหีบ;)


サタヒップは、私的にはあまりにも有名すぎて、マイナー志向のこのブログ対象外だったのですが、
意外に日本人には「ドンホイロート」あたりの方が知られていて、サタヒーップの方がマイナーであることに最近気づきました。

参考;シーフードと潮干狩りのドン ホイ ロート



#バンコクからホアヒンやチャームなどのリゾートへ行く際に、ドイホイロートはその途中にあります。
 一方で、サタヒップはパタヤからみて先だし、ラヨン方面に行く場合はサタヒップの方を通らずに
 行くから、、、、、だと今思いました。




DSC01883_R.jpg
近くのカオラーン海産物マーケット
こういう海沿いの市場でも、遠くから買って来て売っているものもあるので要注意です。

#どこでも、海沿いに行くとこういうシーフードマーケットがありますが、必ずしも新鮮なものではありません。
 なぜか、タイ人は人が良いせいか、あっさりと騙されます。注意しましょう。
 そういえば、以前チュンポーンのタオ島に行ったとき、シーフードを食べようと思ったら、
 「シーフードはない」とのこと。国立公園で漁ができないかとだそうです。
 今は、さすがにシーフードレストランがあると思うが、「遠くから持ってきた」シーフードのはずです。
 「海に行ったら新鮮なシーフード」と思いこまない方がいいですね。



DSC01890_R.jpg
マーケットの裏の海に並ぶ小舟の漁船。
新鮮な近海物のサカナです。


DSC01887_R.jpg
アジやイカはここで水揚げされて新鮮。アワビもあります。
でも、エビやスズキは他の場所から持ってきたものです。



DSC01884_R.jpg
イカをその場で焼いて売ってくれます。うまい!




DSC01876_R.jpg
漁港(サメサン港)に移動します。
この写真は漁港の全景です。半島の脇に桟橋が何本も伸びる巨大漁港です。



DSC01835_R.jpg
作業が終わって休憩中。 っていうか、自分たちで食べる魚を釣っています。
ちなみに、このお兄さんはカンボジア人です。


DSC01834_R.jpg
網の手入れをしているのもカンボジア人。


DSC01837_R.jpg
近くに作業員の家があります。
家賃は1200バーツだそうです。


DSC01841_R.jpg
みんなカンボジアから来ました。
ちなみに左端の女の子は15歳、左から3人目の女の子は14歳。
大人の月給は2500バーツ、子供は2000バーツです。
(ちなみに、政府の定める最低賃金は日給196バーツです。『なぜか』最低賃金を下回っている!)

この14歳の女の子11歳から働いています。
学校には行っていません。

オトコは船に乗って沖に行っています。


DSC01843_R.jpg
この赤ちゃんが大きくなったら学校に行けるのかな?


DSC01840_R.jpg
釣った魚は干して食事のおかずにします。食生活は豪勢!! でも、野菜が無い!






ちなみに、サタヒップ近郊は主な海岸の殆どは海軍の基地または海軍の管理になっており、「原則的には」外国人は立ち入りが認められていません。
(「原則」が結構守られないものもタイです。)

ちなみに、この
漁港を見下ろす高台の基地の一画に、Thai Island and Sea Natural History Museumがあります。
http://www.tis-museum.org
海軍の管理ですが、こちらは外国人でも自由にはいることができます。

注;ちなみに海軍に限らずですが、タイの軍基地や施設は市民に公開されています。
以前紹介した下記施設も軍の施設です。
チャオプラヤー川河口の公園
カモメのレストラン

また、この桟橋から向かいにサメサン島(Samaesan Island;เกาะแสมสาร)に行く船も軍によって運行されています。
往復250バーツ、シュノーケリング無料です。私は行ったことがないのですが、タイ人曰く「สวย;きれい」とのことです。

2012年8月追記;
その後 サメサン島に行ってきました。
バンコク近郊で一番きれいなビーチ!;サメサン島  参照


船釣りをしたい人は、サメサン漁港までいかなくても、パタヤの南のバンサレー漁港に行った方が釣り船もチャーターしやすいし、船宿も沢山あります。(以前ここで漁船をチャーターしてイカ釣りに行ったことがあります)




サタヒップ広域地図_R


サタヒップ拡大図_R