私のスマートフォンのピンチ

私はスマートフォンオタクです。

自慢に聞こえるかもしれませんが、(自慢しているのですが)
ここ2,3年くらい前にiPhoneを使いはじめた人とは、、、

年季が違います。 ← 嫌な年寄りが言いそうな言葉です!


最初に使い始めたスマートフォンは、
2002年に買ったTreo270



Treo270_2_R.jpg
これは、ハンドスプリング社の名機Treo270です。

いやあ、自分好みのソフトを入れたり、時には自分でプログラムを組んだりしました。
すばらしいスマートフォンでした。


スマートフォンの活用シンガポール旅行 
など、「スマートフォンを使って海外でインターネット」は今では当たり前なのですが、
当時は、「パワーユーザーはここまでできる」ようなスマートフォンライフでした。


その後、何台もスマートフォンを買い替えて、今使っているスマートフォンは、

新スマートフォンC5-00を買いに行ったら、、、

で紹介したNOKIA C5です。
(このC5に行きつくまで何台もスマートフォンの変遷をしてきましたが、この名機のあまりのすばらしさにずっと使い続けています)


#その後 iPhoneより良いスマートフォン買いました  で書いたようにC5新型に買い替え
携帯復活 で書いたようにケースを交換しています。



ところが、そのスマートフォンNOKIA C5の調子がおかしくなった。
仕方ないので設定をすべてリセットしてソフトを入れなおした。

日本語表示ソフトを組み込んで、
WEBブラウザを組み込んで、、
スケジューラー(SBSH社のCalender;旧Papyrus)を組み込んで
入力補助検索システムT9 Navをインストールする。

いちおうここまで問題なくいった。



このT9 Navは極めて優れもの。
10キーを使って携帯電話内のすべてのデーターを高速検索してくれる。

アドレスブックも音楽も文書ファイル名もすべて一元的に「簡単に高速に」検索してアクセス可能なのです。


私はパソコンのなかの重要なファイルは自動的に無線で携帯電話に送信するように設定しているのだが、

そういったファイルを、

パソコンで検索するより、携帯電話で検索する方がはるかに便利。

iPhoneやAndoroidでは真似のできない芸当です。



ところが、このT9 Navのアクティベートんがうまくいかない。

T9Nav発売元のNuance社のWEBサイト(http://www.nuance.com/)を見ると、

「T9 NavはOEM販売のみ行っています。一般ユーザー向けのサポートは行ていません」


とのこと。


うわあ、困った!

なんとかならないか? 

T9 Navがないと私は生きていけません。

と一週間ほど前にNuance社にメールを送ってみたが、、、、何の返事もありません。



T9 NavがなければNOKIA C5を使う意味は半減。

買い替えるしかないのか? 
しかし、T9 Navのような機能はiPhoneにもAndroidにもない(と思う)


困ったあ。







ちなみに、最近パソコンを買い替えました。

今まで使っていたのが、SONYのVAIOだったのが、今度は東芝Dynabook

DSC09423_R.jpg

う~ん、やっぱりWindows8は使いにくい。
そして意外な盲点が、、、、BlueToothがないことに買ってから気づいた。

C5はWifiが無いので、パソコンからBlueTooth経由で連携していたのだが、
一昔まえの、有線に逆戻りです。



-------------

今回はいつもにまして、オタク内容でした。
自分の健忘録を兼ねて、今までの私のパソコン履歴を控えます。

ちなみに、今までで一番好きなコンピューターはNextComputer社のNext(http://ja.wikipedia.org/wiki/NeXT)です。
(OSの名称がNEXT STEP)
スティーブ・ジョブスがアップルを追い出されて作った会社なのですが、理想を追求した徹底したオブジェクト指向は美しかった。 Next三昧の日々を一時期過ごしました。

上記Wikipediaに
>先進的で洗練された仕様には熱狂的なヘビーユーザを生み出した。

と書かれていますが、私もそういう一人だったと思います。


ところで、Appleオタクもあまり知らないようなのですが、実は現在のMacの原型はこのNextです。
ジョブスがアップルに復帰したときにNextCpmputer社がアップルに吸収された、新Macに変わったのです。


当時何度も何度も何度も見たビデオです。
今では当たり前のことばかりですが(これがベースになって今があるので、「当たり前」なのは当たり前ですが、当時のMacやWindowsとは全く次元が違っていました。また、後半の「部品(=オブジェクト)を組み合わせて簡単にデーターベースができる」デモもまさに驚きでした。
当時のMs-Windows用にシコシシコプログラミングをしていた私には目からウロコが落ちたできごとでした。

#しかし、今改めて見ると、いまや「当たり前」のことばかりですね。
 昔のMacやWindowsを知っている人は、このすごさがわかるのですが、、、、昔話なのでしょうね。

ジョブスのプレゼン方法も新鮮でした。



メーカー 名称 主な仕様 コメント
日立 H68/TR ワンボードコンピュータ 始めて買ったマイコンです
自作   M6800を使った自作 CPUからOSまで完全自作しました。半端なオタクぶりではありません。
自作   M6809を使った自作 上記の反省のもと、高機能版を効率的に作りました。
自作   M6802を使った自作 学園祭での展示物のコントロール用に作りました。
NEC PC9801 16ビットパソコンです 8インチFD、メモリボードは自作でした
NEC PC9801E 上記の高速版 一世を風靡した名機でした
エプソン PC286L PC98互換のラップトップ 重さが7kgあったものの「持ち運び可」でした。
エプソン PC-286C PC98互換の安価パソコン お金がなく、安いパソコンでごまかした時代です
Apple Macintosh LC630 安価版マッキントッシュ Appleは仕事ではいろいろ使っていたが、初めて自分で買ったMacです
東芝 Portege T3600 当時の最高級ノートパソコンを型落ち購入 英語版しか販売しておらず、自分で日本語を設定
自作   各ボードを買っての自作 結局トラブルが多く、その後自作はやめました
東芝 Libretto 20 フルスペック超小型パソコン 重さが1kg以下で、いつでも持ち歩いていました。
東芝 Libretto 70 フルスペック超小型パソコン改良型 素晴らしいパソコンで、手放せませんでした。
東芝 Libretto ss1000 フルスペック超小型パソコン薄型 エンターティメントの方に流れて、時代の先を行き過ぎたんだね。
東芝 Dynabook SS3380 フルスペック小型ノートパソコン このころから仕事/プライベート両用で使うパソコンを買い始めた
東芝 Dynabook Satelite J11 フルスペック小型ノートパソコン 当時は東芝しか考えられませんでしたね。
NEC LavieLJ750 フルスペック小型ノートパソコン 久しぶりのNEC。でも、中途半端なパソコン。(でも今でもたまに使っている)
Acer AS5810TG-D45 フルスペック小型ノートパソコン 仕事・プライベート両用です
Sony VaioS  VPCSB28FJ/B フルスペック小型ノートパソコン 始めてのソニーですが、意外によかったです
東芝 Dynabook?R732 R732/37 フルスペック小型ノートパソコン 値段が安いのでしょうがないのですが、勝手の高級感はないですね

日本でNOKIA対抗スマートフォン

昨年11月に日本への本帰国をしました。

ところが、


12月には約1か月のタイ出張



さらに、


1月からは約3か月のタイ出張



と、タイとの縁は続きます、




そして、再度(再再度)日本に戻ってきて、2週間がたちました。



そうなると、日本の生活で必要なものが携帯電話!





ところで、このブログを書き始めた2006年当時のタイトルは、実は、


「タイとモバイル、、、、、」


でした。
『スマートフォン』がこのブログの主なテーマなのでした。 ←私もすっかり忘れていた


当時私の愛用していたスマートフォンの紹介
愛用の携帯電話(スマートフォン) )をしたりしていました。


このスマートフォンは当時の最高スペックを誇っていたスマートフォンです。


iPhoneも期待と落胆を込めての紹介(ついに iPhone )をしたりしていました。





ところが、その後スマートフォンが爆発的に普及するにしたがって、
スマートフォンへの私の興味が消えてきました。


WindowsMobileスマートフォンで 「着うた」設定方法
のようなオタク的興味でいろいろ遊ぶよりも、どちらかといえば、

サクサクと動いて、キーボードが少なくて、安定して動く、、、、


そんな『実用的な』スマートフォンに流れていったのでした。


そして、現在大のお気に入りが、

iPhoneより良いスマートフォン買いました

で紹介したNOKIA C5-00 5MPです。
実用度でいえば、これ以上のスマートフォンは無いと思います。


・安定して動く
・快適に動く
・電池が長持ち
・10キー


「カメラがいまいち」なのを除けば最高傑作です。




ところが、今回日本でスマートフォンを買おうと思ったら、
そんな素晴らしいスマートフォンが無いのです。


そもそも、

・電池が長持ち
・サクサク動く

という「携帯電話」としての最低限の必須条件を満たすものすらない。 ← いいのか? 言い切って!

(「電池が長持ち」「サクサク動く」日本でのスマートフォンを知っていたら誰か教えて!)





で、妥協に妥協を重ねた結果、この機種を買いました。




DSC02382_R.jpg
シャープのAQUOS PHONE THE HYBRID 007SHです。 
「スマートフォンなのに二つ折りケータイ」がセールストーク。
テンキーで携帯電話感覚に使えるスマートフォンです。


DSC02383_R.jpg
画面はちゃんとスマートフォン(アンドロイド)



結構気に入っています。
でも、電池の持ちがあまりないのと、サクサクの動作感が無いのはやっぱりいまいち。
やっぱりNOKIA C5-00 5MPの方が遥かにいいなあ。


DSC02386_R.jpg
今気に入っているアプリは「歩数計」  ← 生活習慣病が気になる年頃です

(この機能はNOKIA C5-00にない)


今は新宿でこのブログを書いています。
書き終わったら、

歩いて渋谷まで行き、東横線に乗るぞ! ← 歩数をだいぶ稼げる!

横浜についたら、日ノ出町までやっぱり歩くぞ! ← さらに歩数を稼げる!



で、この携帯の価格は、0円!
キャンペーンではなく、買取価格が0円なので途中解約もOK。


それが、この携帯を買った一番大きな理由かもしれない。

黒のデジカメ、電子辞書、ノート、名刺入れ

どうも私の友人は、私を『ITおもちゃ』(注1)が大好きな人間と思っているふしがあります。


注1;パソコン、スマートフォン、デジタルオーディオなどのことを私は、『ITおもちゃ』とよんでいます。
   、、、ITオタクは『ガジェット』などと呼ぶようです。


ところが、実は私はおもちゃではなく、実用性で物を選んで買っているのです。




確かに、以前スマートフォンがまだ実用的でないころは、スマートフォンに凝ったりしたのですが、
最近は実用的なものが出てきたりすると興味がだんだんなくなってきました。

#パソコンも実用的ない時代はとっても凝りましたが、今は無難なパソコンしか買いません。




実は、このブログをはじめた当初のメインテーマは「スマートフォン」だったのです!


カテゴリー [ 携帯電話・スマートフォン:製品レビュー ]

カテゴリー [ 携帯電話・スマートフォン:使い方 ]



1年足らずで次々に携帯電話を買い換えていたのが、Nokia 5700とスマートフォン  で現 N5700 MusicExpressに買い換えて、、、、

昨年には、新しい携帯電話  でケースを入れ替えて、ソフトも追加して、、、、

もういい加減買い換えたいのだが、、、、、

サムスンのAndroid携帯Galaxyなどスペック的には極めて興味があるのだが、ここでGalaxyを買えばミーハーそのもので、私の美的感覚としては許せない。iPhoneやBlackBerryも私的にはミーハーと感じてしまう。

実はそれ以上に、NOKIAのSymbianが巣晴らしすぎて、なかなか新しい環境にいけないのでした。
(新しいものにチャレンジしないって、これを、老化現象というのだろうか?)


ただ、NOKIAでも、魅力的な携帯がないのでした。NOKIAのタッチパネル携帯を買うくらいならSumsungのGalaxyの方が良いし、E75など、10キー+フルキーで面白いと思うのだが、1年以上まえに発売したものでスペック的にはちょっと、、、

nokia_e75_4.jpg E75  http://www.siamphone.com より



2010年からはNAOKIAがシリーズのネーミングを刷新して、ローコストのCxシリーズ、ビジネスのExエンターティメントのXxシリーズ、iPhoneやAndoroid対抗のNxシリーズに整理してきたが(xは一桁の数字)、、、、 う~~ん、物欲を刺激されるものはあまりないなあ。
あえていえば、デザインでC5だが、それなら機能的にあえてN5700から買い換える強い理由はないような気がする。




今、気づいたが、、、、


「私は、携帯電話やITおもちゃにこだわっていない」




と書こうとしているのだが、、、、、、


どんどん、逆の印象を与えてるのではとの危惧がありますが、、、、






気を取り直して、


デジカメなのですが、

物欲に負け、、、IXY900ISを買いました。

を買ってから3年半。いやあ、このキヤノンのIXY900ISって良いカメラです。
満足度は引き続き200%、、、、でも、3年半たつと物欲が沸々と、、

#ちなみにこのカメラは、広角レンズデジカメのすすめ  で書いたように、広角コンパクトデジカメのはしりだったとも思いますが、最近は広角があたりまえにもなりました。


で、新しいデジカメを買おうと、

候補は、

Canon PowerShot S95 (http://cweb.canon.jp/camera/powershot/s95/ )



Richo GR Digital 3 (http://www.ricoh.co.jp/dc/gr/digital3/)


いずれもコンパクトながら高画質のデジカメ。

インターネットでの情報収集では甲乙つけがたかったのですが、


FaceBookで悩んでいることを書くと、

Yさん(国連職員);そりゃRicho GR Digital 3でしょ! GR D2 持ってますが、大のお気に入りです。
Fさん(ジャーナリスト);リコー以外はあり得ないでしょう! 


などとコメントをもらい、大きくリコーにGR Digital3に傾いた!
(「国連職員やジャーナリストが使っているカメラ」を使ってみたいというミーハー心かもしれない。 ← ミーハーなiPhoneは嫌じゃなかったのか? ←都合により意見が変わる複雑な中年ごころです)



で、先日、日本に帰って店頭で写真を撮り比べてみました。




結果;キヤノン PowerShot S95 も  リコー GR Digital 3 も素晴らしい画質!

店頭で取り比べたので、店内近景、店内遠景、店員のお姉さん、店の外を歩く人たちを撮り比べたが、いずれも他のデジカメとは頭2つくらい抜け出た高画質。というか、一眼レフに比べても私の目では遜色がない。オートフォーカスもばっちり。 キヤノンが少し小さいので常に携行するには便利だが、国連職員&ジャーナリストのお勧めのリコーも捨てがたい!




結論;ソニー CyberShot WX5 を買いました! ←オイオイ!!

第二世代超高感度高速センサー(裏面照射型CMOSセンター)を採用し、超高速デジタル処理で、すごく面白い!
(注2)

おまかせ設定で高速画像処理で瞬時に状況判断し、高速センサーを使って1回のシャッターで2種類から6種類の画像を撮影、かつ超高速画像処理で合成する。


超高感度で、暗いところでの画質には驚愕! 逆に明るいところでは苦手といわれる裏面照射型CMOSセンターだが、十分なレベルを達成している。

こんなに小さなカメラで、ここまでの画質とは! いつもポケットに入れておけるカメラです。

多分、「事実の写真を撮らねばならない」国連職員やジャーナリストにはPowerShot S95やGRDなのでしょうが、私のように「失敗少なく綺麗な写真が撮れればよい」私にはSony CyberShot WX5は最適なデジカメだと思います。

ちなみに、ソニーのサイバーショットは、「メモリースティックを使わねばならない」ことが理由で今まで検討対象外でしたが、今年からはSDメモリが使えるので、はじめてまじめに検討してみました。 


注2;実は昔々私の卒研は画像処理でした。モノクロCCDセンサーの激しいノイズに悩まされながら、遅い6809CPU2台で画像処理を行っていました。その経験からすると、『ありえない』超高速・超高感度センター、『ありえない』超高速画像処理を行うサーバーショットWX5に感慨深いものがあります。


IMG_3022_R.jpg  
買ったソニー SyberShot DSC-WX5 なぜかブラックでした。


IMG_3023_R.jpg 
ちなみに私のパソコン(Acer)もブラックです。


IMG_3027_R.jpg 
ちなみに、私のITオモチャはブラックばかり。 
 右奥;カシオ電子辞書 右手前;今回買ったサイバーショット
 左奥;無印良品のノート(←それがITオモチャか?) 左手前;カレン族の名刺入れ(←それがITオモチャか?;しつこい)


IMG_3028_R.jpg
去年パッチモンのケースを入れ替えたN5700. 再度ボロボロになってきています。 
こうなったら、新しい携帯はブラックにしようかなぁ!!!  




タイのカーナビ事情

P1060921_R.jpg
知り合いのタイ人の車に取り付けられたカーナビ。

P1060920_R.jpg
GARMIN社のnuvi805wです。


「地図が読めない女と話を聞かない男」という本が流行ったと思いますが、
(読んでませんが、タイトルを聞いただけで、中身は想像できてしまいます)


タイ人の地図読めない度は半端じゃない!

一般タイ人だけではない。
一流大学を卒業してバリバリ仕事をしているタイ人が、


地図が読めない! そもそも、北がどっちやねん?

って、全く理解していない。


日本人は、多かれ少なかれ地図を読む訓練をしている。

特に私は昔、自転車でツーリングをしていた時期があった。

自転車で旅行をすると、ちょっとした坂道でも「ぐっ」と身体に直接伝わってくる。

でも、不思議なもので、坂道のない平坦な道を行くのはイマイチ楽しくないのです。

峠越えをして苦しむことが爽快なのです。

でも、道を間違って無駄な苦しみがしたくない。(峠越えは「無駄」ではないのです。)

地図を必死で読んんで行くのでした。


が、最近はもうカーナビに頼りっぱなし。

地図を読めない日本人ばかりになる日は近い?



で、タイのカーナビ事情です。

私の個人的事情では、バンコクでは長年運転してきているので、だいたいの道はわかっている。
精度のすごく高いカーナビがあるなら欲しいが、それなりのカーナビなら必要性を感じない。

でも、地方に行くと地図がアテにならないこともあり、「カーナビが欲しい」と思うのでした。


下記の情報は、「カーナビ欲しい!」との思いで調べた情報です。

結論としてまだ買っていません。
(地方に行くことが、最近ほとんどないことが「買わない」理由かも)


間違いあるいは追加情報があれば教えてください。



Garmin 社(イスラエルの会社)
 http://www.garmin.com/
代表機種;Garmin 205wで1万バーツ程度

Garminは世界で最も売れているカーナビで、
世界仕様なので、メモリカードで世界の地図をいれればそのまま世界中どこでも使える。
日本では、価格ドットコムによれば2万円代で売られている。(日本の地図付き)

タイ版地図はGISで有名なESRI Thailand社製とのことであるが、同社ホームページ(http://www.esrith.com)にはGarmin用地図の表記なし。

Garmi社のホームページではタイ地図が掲載されているが地図単体での販売は中止のようです。(Garminの機械をタイで購入すると、当然ながらタイの地図がついていくる)


ABLE-ITS社(タイの会社)
http://www.powermap.in.th/
AAPICO社なるタイ資本の自動車部品メーカのカーナビを作っている小会社の地図のようです。PowerMapで販売していますが、ホームページでは地図のみで215ドル(約2万円)  あのお、中国製のカーナビの機械にこの地図データがはいって、機械・データ込で4000バーツ(12000円)で売られているんですけど、、、、、

タイで初めて3次元データーに対応したというのがウリのようです。

MIO Technology社(台湾の会社
http://www.mio.com/
PDA(PocketPC)MIOで一世を風靡したMiTAC社のカーナビ部門の会社です。。PDAで培った技術で、デザインや高品質・高性能やTVなど付加価値をウリにしている気がします。
地図はMio Mapと呼びオリジナルの地図とのこと。見栄えが美しく感じます。


Nav N Go社 (ハンガリーの会社)
http://www.navngo.com/
iGOという名でソフトを販売しています。ヨーロッパでメジャーなカーナビ会社のようです、、、、がカーナビというよりはPDAやスマートフォン、ゲーム機での利用が多いようです。ヨーロッパの地図のサンプルを見る限り綺麗なのですが、タイの地図はあまりかわり映えはしません。
タイでは、「安い」というのが今のところ唯一のウリではないかと思います。
これからに期待。






ちなみに、日本ではカーナビと言われますが、タイではPND(Personal Navigation Devices )と呼ぶのが一般的です。(必ずしも車に取り付けるわけではない。一般的に「徒歩モード」が充実している)

新しい携帯電話

(待ち望んだ)携帯の壊れる日

で、書いたように携帯電話の買い換えを狙っていました。
その最大の難関が嫁さんの許可を得ること。


私;携帯電話を買い換えたいなぁ。
嫁さん;まだ使えるんでしょ。なぜ買い換える必要があるのか?
私;2年前の古い携帯電話なので、速度も遅いし。
嫁さん;携帯電話になぜ速度が関係あるのか?
私;使い勝手も悪いし、インターネットのアクセスも遅いし。
嫁さん;インターネットなど使わなければいいじゃないではないか。
私;カメラの性能も悪いし。
嫁さん;デジカメはもう持っているでしょ。携帯電話のカメラを使わなくてよろしい!


交渉が行き詰まってきた。
どうも、うちの嫁さんは携帯電話が生活必需品であることを理解していないようだ。
(世の中の女の大多数も理解していない模様)


だが、日頃の私の行いが良いせいか、
幸運の星のもと生まれてきたせいか、
そのうち光明がさしてきた。

私のN5700 XpressMusicが、とうとう末期症状となってきた。


P1040487_R.jpg


コネクタのフタは無くなり、画面にはヒビがはいってきた。

これは、使えない!! 嬉しい! これで買い換えの大義名分ができた!


いそいそと、嫁さんに報告。


私;携帯はもう使えないよ。買い換えるしかない。
嫁さん;修理してもらえばいいでしょ。
私;修理をするとかえって高くなるし買い換えた方が安いよ。
嫁さん;高くなるかどうか調べないとわからないでしょ。


どうも女というものは解っていない。
携帯電話のような大量生産品は修理するより買い換えた方が安いということを理解していないようだ。


私は、嫁さんに解りやすく伝えようと、携帯電話の修理屋さんに行く。



P1040536_R.jpg
こんな感じで携帯電話の部品が沢山売っている。




P1040537_R.jpg
携帯電話のカバーはこちら。



この店で、調べるとなんと携帯電話(N5700XpressMusicのケース全交換に250バーツもすることが判明。


私;修理代は250バーツもするよ。修理するくらいなら買い換えた方がいいんじゃない?
嫁さん;あなたの欲しい携帯はいくらするの?
私;修理代は250バーツするのに、新しく買えばN86で、たったの18000バーツだよ。買い換えた方がお得だよね。
嫁さん;却下!




どうも世の中の女というのは、経済感覚がないようです。



そんなわけで、しかたないので、修理してもらいました。



P1040513_R.jpg
250バーツで購入した交換用のケース。「NOKIA」と書いているがもちろんパッチもん。
気分を変えて、色はブルーにしてみました。


P1040514_R.jpg
おにいさんが交換してくれます。


P1040529_R.jpg
部品をひっぱがすのが結構大変です。
このまま壊れてしまうのも悪くないかなと、ふと思う。
(そうすれば、新しいN86を買う理由ができる)
でも、私の気持ちを知らずに、このおにいさんはテキパキと作業をすすめてしまうのでした。

P1040584_R.jpg
完成!!



みかけはすっかり新品になりました。


でも中身は古い!

もうこうなったら、ヤケだ!

外側だけではなく、
中身も交換だ!


といっても、交換するのはソフトウェアのこと。

今までつかっていたスケジューラの『Papurus』は引き続き使います。このスケジューラは最強のスケジューラーで不満点はなし。
ただし、スケジュールの検索機能がちょっと不満。

また、アドレス帳はSymbianS60標準の『Cntacts』を使っているのですが、やっぱり電話番号や電子メールアドレスの検索が面倒くさい。

そこで、

『T9 Nav』(高速検索補助システム)


の導入です。


このT9 Navは携帯電話内の様々な情報を簡易な入力で探すことができる。
いままでアドレス帳からSATOさんを探そうと思えば、
7(4回)、2(1回)、8(1回)、6(3回)

の計9回キーを押さねばなりませんでした。

それが、このT9 Navを使えば、

7、2、8、6の4回ですみます。
半分以下の入力ですむのです。
それで、「SATO」さんの他にも「SAVO」も表示されますが、それはたいしたことはない。

しかも、電話番号や電子メールも検索できる。スケジュールも検索できる。

それに、反応速度はびっくりするくらい速いのです。

この『T9 Nav』の導入で、劇的に使い勝手があがったのでした。

Sysmbian携帯を使っている人には絶対にオススメです。


もうひとつの強化点は、インターネットブラウザをNOKIAの標準ブラウザからOpera Mobileに変更しました。
このOperaで速度はやはり劇的にあがったし、使い勝手も随分よくなりました。
FacbebookもGmailもストレスなく楽々で使えるようになりました。


外側を新品にして、
新しいソフトを導入したら、
全く、新しい携帯の気分です。


Papyrus for Symbian (高速高機能スケジューラー;現在は「SBSH Calender」と名称変更)
http://www.sbsh.net/products/symbian_s60/calendar

Opera Mobile 9.7 beta for Symbian (高速&使い勝手のよいインターネットブラウザ)
http://www.opera.com/


T9Nav (高速検索補助システム)
http://www.t9nav.co.uk/