スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

効率的な海外援助活動のためには、

自分のルーツは、実はメーカでのエンジニアです。
そのため、現在国際協力をメーカでの経験とダブらせてしまいます。

自分がかって在籍した会社では、「事業責任は技術にあり」と言われ、技術者は製品設計のみならず事業全体について責任を負うべきと教育されました。
(営業部門では、「事業責任は営業にあり」と言われていたかも知れません。笑)

製品は、ほとんどはディーラ経由で販売店でエンドユーザに販売します。量販店(ヨドバシカメラなど)には、直接商品卸しますが。
いずれにしろ、メーカはディーラ経由あるいは販売店経由でエンドユーザと向き合っています。つまり、メーカの営業・販促活動は主にディーラと向き合っているのです。
スポンサーサイト

政府開発援助(ODA)の評価の基準

先ほどの記事について、誤解を招きそうなので補足しています。

政府開発援助(ODA)に関する不正や汚職、失敗を認めている発言ではまったくありません。むしろ、それらは決して許されないと思います。

しかし、ODAの評価をするうえで、「悪いこと・失敗がなされているかどうか」がその判断基準であれば、関係者が「悪いことさえをしなければよい」「失敗をしないよう無難に行なう」となり、よいODAにならない風潮がでてくるのでははないかとの危惧を感じるということです。

民間会社のどのような事業であれ「絶対に失敗はありえない」なんてことはありません。必要なのは、「失敗を次に生かす」ことです。

また、「失敗をしないことを目指す」ということは常識的には「ローリスク、ローリタン」ということです(ローリスク、ハイリターンが理想ですが、そうは普通いかないでしょう)。場合によっては、戦略的にハイリスク、ハイリターンを狙う政府開発援助プロジェクトがあってもいいのではないでしょうか? でも、「失敗をなくする」という発想では無理ですよね。

政府開発援助への評価は、「失敗はしていないか」ではなく、「どれだけ効率的に被援助者に裨益したのか」で行なって欲しいと、願います。


↑ ブログランキングに参加中。今日も一押しお願いします。


日本の政府開発援助(ODA)批判について

日本の政府開発援助(ODA)は、日本政府が開発途上国を対象に開発援助を行なう仕組みです。
それがゆえに、「税金の無駄使い」的論調で批判されることが多くあります。
今朝の読売新聞でも、ラオス造林センターで「甘い需要予測を元にセンターが建設され利用率が低い上に運営に支障が生じている」的な論考でODA非難をしていました。
私も、公金を1円たりとも無駄使いしてもらっては嫌ですし、開発途上国の住民、ひいてはすべての人類への利益の一助になって欲しいと思います。

この新聞記事の内容についてコメントする十分な情報を持ちませんが、全体の論調を見ると、結構悪意に満ちた論調に思えます。「悪」を悪意に満ちて書くならまだしも(「悪」であっても、新聞は冷静に書いてほしいとは思いますが)、何が「悪」なのか明確な説明責任を果たしていない新聞記事のように思えます。

「悪」をあばくのは人間の本能に照らし合わせても楽しいことですし、そもそも一般の国民にとって「お上」のやることにけちをつけることで無意識のうちに自分が偉くなった痛快さがありますよね。小泉元首相の外交政策にビールを飲みながら非難するのはできても、実際にわれわれが外交をできる能力がわけではありませんし。

問題と感じるのは、そういった国民の痛感さ、受けを求めて、新聞が悪探しのみを一生懸命することです。

本当にわれわれが求めているのは、正しい情報です。

ODAが過去多くの成果をあげてきたのは事実だと思います。
でも、多くの課題もあったのは事実です。課題があった(ある)ことが問題だというわけではありません。
むしろ、文化・習慣・社会経済状況の異なるなかで、かつ対象国内の思惑の不一致があるなかで、大変ことも事実です。

ようは、政府開発援助が、どのような方針で対処されようとしている、その方針・実施ののどこに課題があり、どのようにすればいいのか。

そのような視点にたったODA批判が建設的なのになあ。


↑ ブログランキングに参加中。今日も一押しお願いします。


















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。