知識は、ない方が良い

青年海外協力隊員のあり方

に関して、

京王線さんからのメッセージです。

当たり前のことですが、理論だけではダメだし、実行力だけでもダメ。でも、協力隊は担当地域や担当人口が少ないので、どっちがより求められるかと言ったら、実行力でしょうね。私は開発学を協力隊の後に学びましたが、もし協力隊の前に開発学を学んでいたら、もっと良い活動ができただろうな、と思いました。
しばらくぶりにブログを見て、コメントしようと思ったのですが、コメントしたかった記事がどれだったか忘れてしまったのでここに。
私のいる国はとても弱者に優しい国です。なので、どんなに結果が最悪でも「成功だった」と肩を叩き合い、満足します。お互い批判をしません。なので発展が全く望めません。うまくいえないのですが、弱者に「優しい」ことは大事ですが、「甘やかし」との境界線が難しい気がします。


確かに、「理論だけはダメ、実行力だけでもダメ」ですね。
ただし、京王線さんの書いているように、協力隊員は基本的には「コミュニティでの開発モデル(地域活性化モデル)」を作るのが仕事だと思います。それであれば、理論は「人間としての基本的素養」でほぼ十分ではないかと思います。

もし協力隊の前に開発学を学んでいたら、もっと良い活動ができただろうな、と思いました。

は、京王線さんはそうなのでしょうが、果たしてほかの人もそうなのだろうか?と思うことがよくあります。
つまり、知識がじゃまをするというか。

「知識はないよりあった方がよい」というのは、必ずしも当てはまらないのではないかと思います。

知識があるがゆえに、本質が見えなくなるんだと思います。かといって、たとえば医者が手術をするのに、「理論はなくても、とにかく切ってみる」などと言われたら恐ろしい限りです。
ただし、人間が生きていく範囲で経験してきていること、、、にコミュニティの開発などでは、「知識」より「実行力」がはるかに重要なのではないかと思います。

(実は、開発において、もっと積極的に「知識はない方が良い」というケースも多くあると思っています。が、それは今度書きます)

私のいる国はとても弱者に優しい国です。なので、どんなに結果が最悪でも「成功だった」と肩を叩き合い、満足します。お互い批判をしません。なので発展が全く望めません。うまくいえないのですが、弱者に「優しい」ことは大事ですが、「甘やかし」との境界線が難しい気がします。

確かに多かれ少なかれ、開発途上国共通ではないでしょうか?
タイでも、業務の評価をしようとすると、(決して個人を避難しようとしているわけではないのですが)、大きく抵抗をされることが多いと感じています。「終わったことを蒸し返してもしょうがない」と言われたりします。「今度やるときはもっとうまくやるから」って。
組織的な知識経験の蓄積を考えると、組織としてきちんと評価すべきだと思うのですが。
まさに、京王線の感覚とおなじです、いわば「なれ合い社会」「仲良しクラブ」です。

ただ、日本のように、人間能力をギリギリ活用し、効率やミスをギリギリ詰める、、、そんな国が「良い社会か?」と問われれば、そうは思えません。

うまくいえないのですが、弱者に「優しい」ことは大事ですが、「甘やかし」との境界線が難しい気がします。

自分もうまくいえませんが、とっても同意見です。

青年海外協力隊員のあり方


筆者は青年海外協力隊のOBであると共に、ファンでもあります。

筆者の青年海外協力隊員への思いはこのブログでも書いてきました。

古いOBなので、今の協力隊員の実情や考え方とは大きくずれている危惧は常にあるのですが。


青年海外協力隊JOCV:協力隊員への手紙
青年海外協力隊JOCV:協力隊の課題

まだまだ書き足りない部分もあるのですが、ボチボチ書き足していくつもりです。

最近ある人から下記のようなメールをもらいました。

まさに筆者の感じている部分と200%一致します。
あまりにはまったので、参考までに紹介させてもらいます。(書いた個人を特定しないためにある程度手を入れています。)

以前、隊員のあり方として、どんな技術が必要かと関係者で議論しました。結局、いわゆる農業、保健等の技術ではなく、コミュニケーション力、忍耐力、柔軟性など資質にかかる部分が物をいうという結論に達しました。
私も多くの協力隊員の隊員報告書を読みました。感想は、いい活動をしている隊員(それなりに成果が現れ、村落開発に影響を与えている、村人のやる気を引き出している、自身が満足しているなど)は、農業等の技術がなく、また開発学も習得していない人たちでした。いい活動をしている人たちは、技術的な深さは足りなくても、好奇心・発想力(創意工夫)+自己研鑽(努力)の強い人という傾向があります。本当に2年間なのに素晴らしい活動をする人たちは必ずいて、こういう人間が周囲の隊員に影響が及ぼすといいのですが。

ちなみに開発系の人は、頭でっかちで社会調査(PRA/RRA)、ワークショップがお好き。社会調査、ジェンダー、環境、リプロ等のワークショップをやって、活動が終わったりします。その先の具体的な活動に繋がらないのですね。学術的な資料が集まり、本人は満足するようですが、このような社会調査の結果は、後任隊員にも、JICAにも有効活用されないようです(^_^;)。私も、開発学を学んだあと村落隊員を受け、落ちましたが、仮に受かっていたら、習いたての参加型ワークショップや調査の手法を現場で試したことでしょう。どうなっていたことか。落ちて、実行力のあるNGOに行ったので、理論だけじゃだめだということを学べてよかったです。


「開発系」という部分を「技術的専門」と置き換えてもかなり近いのではないかと思います、、、、

「協力隊(JOCV)の要請背景調査がおかしい?」ことへの対策

青年海外協力隊の要請背景調査票がおかしい? で、
「『要請背景調査票がおかしい』であっても、
『青年海外協力隊の仕事ができない』理由には、あまりならない」
と書きました。

しかし、青年海外協力隊の仕事が、

「要請内容がどうであれ、頑張ればできる」

程度の生易しいものでもないことは、同記事に書いたとおりです。

私の考えは、青年海外協力隊員の「仕事がうまくいかない」理由が、

「要請背景調査票がおかしい」

からなのか?ということです。

「協力隊員の仕事がうまくいかない」本当の理由と対策を考える必要があるのではないか?
要請調査票のせいなのか?

というのが協力隊OBとしていつも考えるところです。

いずれにしても、要請背景調査がおかしくても、仕事がうまくいくようにする、
自分の考えるとりあえずの対応案ですが、次の2点です。

1.派遣前研修の充実
 海外での活動には「協力活動」に関する、そうとう高度なある種の能力が必要です。
この能力はたとえば「作業療法士の能力」や「コンピューター技術の能力」・「農業の知識」といったものとは別の能力です。「コンピューター技術を持っているから青年海外協力隊員で現地で活動ができる」ことにはなりません。いやむしろ、(誤解を恐れずにいえば)タイでは「ほとんど関係ない」といえるでしょう。なぜなら、タイでは、タイ国内にコンピューター技術者はすでに存在するのです。そのコンピューター技術者をどう管理、活用するというタイの組織の問題があるのです。そのためコンピューター指導の協力隊員が直面するのは、コンピューター技術ではなく、組織の問題なのです。

たとえば、
能力のあまりないタイ人管理職(上司)の下で、硬直的で矛盾のある組織を前提に、立て直しながら、しかも海外で仕事をする能力です。そのような能力が青年海外協力隊員に求められることになります。

ところで、帰国後の協力隊員のOBに、

「もし、もう一度同じ職場で活動をしたら、もっと良い活動ができると思うか?」
と尋ねれば、殆どの隊員OBが「できる」と答えるのではないかと思います。

これは、2年間協力活動を実践し悩み考えてきたたため、組織体制が十分でないなかで、どのように働くのかのノウハウが相当たまってきたためです。

また、派遣中の協力隊員の多くは「要請背景調査票は重要」といいますが、帰国後しばらくたった協力隊員OBのほとんどは、「そんなに重要ではない」と答えると思います。それも同様の理由ではないかと思います。

そのような能力が、派遣したての新協力隊員にあれば、ずっと協力隊活動がうまくいくのではないでしょうか。

でも、そのような能力を特別な訓練無しの普通の日本人の若い協力隊員に求めるのは無理というものです。

であれば、派遣前の研修が重要になってくるのではないかと思います。

「活動先では、組織体制の問題がある。
しかも頼れるのは自分だけです。

支援してくれる人は自分で探さなければなりません。」
そのようなことをシュミレーション、考える訓練が必要と思います。

青年海外協力隊員の募集時には、
「現地ではJICAが支援してくれます」
などと宣伝する人もあるそうですが、そんなものをあてにするから、

「JICAの嘘つき!」と思ってしまうのです。

「誰だって募集時には良いことを言う」程度に思っておくほうが無難です。


派遣前研修だけで、2年間活動した人と同等のノウハウを持つところまでは無理ですが、
「体制が整っていない配属先でどのように協力活動を行っていくのか」の訓練を充実することは非常に重要なのではないかと思います。


2.JICA事務所の青年協力隊員活動へのきめ細かなサポート 上記と相反するのですが、1人で、自分の力で現状を分析し、計画を立案し、協力活動を実行するのは、普通の若い人には無理です。とくに、配属先のサポートがあまりないところでは絶対無理です。そんな能力があるような人がそうそういるわけはありません。
 しかし、「協力隊活動の主体は協力隊個人」「協力隊員の主体性の尊重」のもとに活動の具体的内容についての支援が少ないように思えます。「協力隊員は2年間苦しんで、成長してください」であればそれでよいのかも知れませんが、「2年間の活動を相手先に意味のあるものにする」のであれば、きめ細かな相当の支援が必須です。

国際協力の能力のある人がコーディネータ(必ずしも現状でJICA事務所にいるボランティア調整員とは限らない)として、現状分析・企画立案・実行のかなりつっこんだきめ細かい支援をおこなうのが必要だと思います。

ここで、いうコーディネーターとは、現地事情と協力活動に通じた人間で、協力隊員の持つ専門能力をどのように生かしていく具体的方法を立案し、実行能力のある人間です。また、その人は日本人である必要はないと思います。

つまり、

要請背景調査を行う(『経験・能力のある隊員が派遣されれば』協力隊が働くに相応しい配属先と判断される) 
→ 配属先の支援を得ながら、協力隊員が活動する
→ 協力隊員の経験・能力に照らし合わせて必要な配属先の支援体制が不足している
→ 良い活動につながらない
→ 「協力隊が働くに相応しい配属先と判断したことが間違い」と判断される

から、次のようになるのです。

要請背景調査を行う(『JICAが支援を行えば』協力隊が働くに相応しい配属先と判断される) 
→ 配属先および『JICA』の支援を得ながら協力隊員が活動を行う
→ 協力隊員の経験・能力に照らし合わせて必要な配属先の支援体制が不足している
→ JICAが活動の詳細にいたるまで支援を行う
→ 多少当初の調査と変更・乖離があっても調整される。
 
このように書くと「隊員の自立性を阻害し依存心を醸成する」というような」意見もあるかと思いますが、特にタイにおける配属先(=技術力のみが問題でなく、管理体制も含めて課題がある配属先)で協力隊が良い活動をするには、相当つっこんだ活動支援が必要だと思います。


注;
以上の意見は、作者の協力隊員、およびOBとしての経験を元に書いていますので、現時点の「青年海外協力隊の派遣前研修の内容」や「現地でのJICAの支援内容」と照らし合わせて、実情に合わない可能性もあります。あくまで、JICAの青年海外協力隊事業とは関係ない作者の個人的意見です。念のため。

青年海外協力隊の課題と対策(ほんね編)

先ほど
青年海外協力隊の課題と対応(たてまえ編)
で、書いたことは、それが理想ではあっても、「現実的に本当に可能なのか?」との疑問がずっと私にも付きまとっています。 

まあ、JICA事務所が協力隊員活動の到達点設定とその正当な評価はきちんと組織的にやって欲しいとは思いますが、あまり非現実的な多大な期待はリアリティがないでしょう。

まあ、100歩譲って日本が(JICAが)組織的な対応をできたとしても、(一匹オオカミの多い?)協力隊員が組織的な対応をしてくれるでしょうか? さらに、その国の受け入れ先が組織的な対応をしてくれるでしょうか?

青年海外協力隊の課題と対応(たてまえ編)

私がOBだから言うのではありませんが、青年海外協力隊って素晴らしい事業だと思います。
酒を飲みながら古いOBといっしょに、「最近の協力隊員は、、、、」とクダを巻いたりすることはありますが、「最近の若いものは、、、、」との小言は3000年前から言われ続けていたそうだし。

ぶつくさ言いつつ、結局は協力隊が好きなのではないかと自分で思っています。

でも、青年海外協力隊にもシステムとして弱点があります。

まず、任期が2年しかないこと、そして後任の隊員とスムーズな引き継ぎができるシステムが確立していないこと。
(あとの弱点は「(原則)政府機関への配属」という点、「要請主義」という点、そして「ボランティアベース(ボランティアであること自体が問題であるわけではないが、ボランティアであることによりリクルートの問題や、隊員の業務内容決定に課題が生じやすい)」である点などでしょうか)