スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

裏バンセン:ウォンナパ ビーチ

春休みで、うちの嫁さんとチビがタイに来てくれました。


そうなると、休みの日には、どっかに連れて行かねばならない。


夏休みには、

バンコク近郊で一番きれいなビーチ!;サメサン島

に行った。チビはそれに味をしめて、

海に行きたい!


とのこと。



でも、年度末で疲れているお父さんとしては、近場で誤魔化してしまいたい。



そこで、今回は、近場なのだが、

最近ホットな裏バンセンに行ってきました。


バンセンと言えば、



庶民派タイ人向けのローカルビーチ!

ビーチでソムタムを食べる場所!


が以前は定番だったのですが。




実は、私事ですが、(っていうか、私事しか書いていなかった)
私が最初にタイに来た時に行ったのはバンセンでした。
ブラパー大学(当時はシーナカリンウィロート大学バンセン校でした)正門付近のアパートに泊まってタイ語を勉強したのでした。




最近は、


バンセンのリゾートレストラン その1


で書いたようにオシャレなレストランが増えて来たりしたのでした。



でも、

やはりバンセンといえば、ローカルビーチ!


いわば、表バンセン!



今回は、いわば裏バンセンともいえる場所です。
この、裏バンセン、バンセンビーチの東南側に広がるウォンナパビーチ(VON NAPA BEACH:หาดวอนนาภา)がすごいことになっているのです。 


タイ屈指のオシャレポイントです。



タイの最近の高原のオシャレポイントが、
ラチャブリ温泉・温泉・温泉...それだけじゃない、タイでホットな高原リゾートが;ラチャブリ )や
カオヤイ2011年賀状写真の撮影ポイント;カオヤイ )なら、
タイでホットなビーチリゾートは、ホワヒンかこの裏バンセンかという勢いです。 (ちょっと言い過ぎか?)

お金持ちの多いチョンブリ、しかもブラパー大学に近いので流行に敏感な大学生が多い! 
ってのが、オシャレスポットのできた理由なんでしょうね。



DSC06983_R.jpg
ウォンナパ ビーチです。
バンセンビーチの東南側に広がるオシャレビーチです。
バンセンは以前からタイ人向けビーチとして賑わっていましたが、ウォンナパは鄙びた単なる「海沿い」でした。
今のバンプラビーチ(バンセンからさらにシラチャー方面に10Kmくらい)の雰囲気に近かったかも。




DSC06957_R.jpg
こちらはバンセンビーチ! ローカル色満点のタイ人庶民派ビーチです。





DSC06928_R.jpg
ウォンナパビーチ沿いには、タイの若者をターゲットとしたオシャレなパブも沢山。



DSC06989_R.jpg
ブティックホテル、コンドミニアムも立ち並んでいます。
すいません、「立ち並んでいます」というか、「建設ラッシュ中です」が正しい。






DSC07005_R.jpg
今回の宿泊は、Laplaya Buotique Rresort
http://www.laplaya-boutiqueresort.com/
平日1500バーツ、週末1800バーツです。
(ブラパー大学に知り合いがおり、ブラパー大学割引で1600バーツでした)
安くはないが、ビーチフロントでこの価格は、まあまあの納得です。

バンコクに近い穴場のビーチリゾート で紹介したWhite Beach Resortが週末で1600バーツ程度なので同クラスです。同じく「バンコクに近いビーチ」カテゴリですが、「おしゃれなビーチ」「自然でのんびり」全然方向が違います。


DSC06991_R.jpgウォンナパビーチのさらに東南側には小型漁船のたまり場があります。


DSC06988_R.jpg
水揚げしたばかりの蟹や魚を買えます。ちなみに、ここからシラチャーにかけては、ワタリガニ(プーマ―:ปูม้า)のいちだい産地です。


somtum Puma
ワタリガニといえば、高級ソムタムの代表、ソムタムプーマ―(ส้มตำปูม้า)。


SomtumLao_R.jpgこちらは、普通のソムタムです。 こっちにはいっているのは田ガニです。



イカンイカン! 話がソムタムにずれてきた。

私はソムタムには目がありません。









DSC06950_R.jpg
オシャレなビーチといっても、タイ人ビーチのお約束! タイヤ浮き輪のレンタルもあります。




DSC07010 (1)_R
バンコク近郊で一番きれいなビーチ!;サメサン島 に続いて家族の写真公開!

タンデムレンタサイクルです。1時間100バーツでした。





より大きな地図で 【バンコク近郊 こだわり情報+α】地図編 を表示
スポンサーサイト

バンコクのきれいなビーチ:パレス ビーチ

たまに、バンコクに近いビーチ、しかも穴場を書いたりしていたのですが、、

バンコクに近い穴場のビーチリゾート

バンコク近郊で一番きれいなビーチ!;サメサン島

意外にこのブログの中では注目度が高いようで、問い合わせを受けたりします。


でも、問題は「行きにくい」ということ。

ホワヒンやパタヤであればバスなどで簡単に行けるのですが、
そういうメジャーなビーチはこのブログの対象外、、、


ということで、今回は「公共交通機関でいける」バンコクに近い綺麗なビーチです。


DSC05916_R.jpg
あんまり明確に名前がないのですが、、、
ターワンビーチ(Haad Thaa Wang)やパレス ビーチ(Palace Beach)などといわれいます。
かってタイ王室の離宮があった風光明媚な場所です。


DSC05909_R.jpg
近くの高台に点在する離宮です。誰でも自由にはいることができます。


DSC05902_R_20121215182249.jpg
高台からの海の風景です。

タイ最大の港、レムチャバン港に近く、多くの貨物船が停泊しています。
レムチャバン港が満杯状態とのことで、沖合でハシケ船への荷卸しをしています。





DSC05917_R.jpg
離宮の建物を復旧して喫茶店になっています。


DSC05919_R.jpg
ビーチサイドのこの喫茶店で飲み物が25バーツ程度の納得価格




DSC05895_R_20121215184429.jpg
付近の案内図です。




DSC05864_R.jpg
港のいいかんじの風景です。


場所:シーチャン島(Kho Si Chang)
行き方:
・バンコクからシラチャーにバスで1時間半から2時間
・シラチャーから船で約45分(50バーツ)



より大きな地図で 【バンコク近郊 こだわり情報+α】地図編 を表示

シーチャン島は以前は、イカの水揚げが多く、「イカ御殿」と呼ばれる中国人の豪邸が立ち並んでいました。
もちろん、漁民はタイ人、仲買人は中国人です。

古い中国風の町並みと多くの寺院がある町だったのですが、最近はイカの水揚げも減ったようで観光が中心の町になりつつあります。

ちなみに、ゴシーチャン島には他にも多くビーチがあります。
今回紹介したビーチは岩が多く泳ぐのにはあまりむかないと思いますが、のんびりするには一押しです。

バンコク近郊で一番きれいなビーチ!;サメサン島

夏休みで、うちの嫁さんとチビがタイに来てくれました。


そうなると、休みの日には、どっかに連れて行かねばならない。

このところ雨季で基本的には天気が曇っているだが、昨日の朝起きると、珍しく晴れている。

急遽行先を、動物園からビーチに変更して、ワンディトリップに行ってきました。


普通なら日帰りビーチといえば、
バンセンのリゾートレストラン その1
か、
バンコクに近い穴場のビーチリゾート
のペチャブリになる。
しかし、バンセンは「きれいな海」とはいいがたい。
海を見ながらソムタムやホイメンプー(ムール貝)蒸しを食べるために行くところ。
(うちのチビには当然ながら好まれない)

ペチャブリは、バンセンよりはきれいだが、
「南国のビーチリゾート」というには海のきれいさで、少し無理がある。

そこで、今回は少し足を延ばして、
サタヒップ漁港
で少し紹介したサタヒップのサメサン島(Samaesan Island;เกาะแสมสาร)に行ってきました。


DSC04088_R.jpg
バンコクから車で2時間半(200km)サタヒップ漁港の近く、海軍基地内にあるThai Island and Sea Natural History Museum(http://www.tis-museum.org)を目指していきます。


早速、大人1人250バーツ(往復船代・シュノーケル料金込み)を支払います。

DSC03982_R.jpg
海軍入口からは、軍用車で船着き場まで送ってくれます。
(混んでない時期は、このサービスはありません)


DSC03992_R.jpg
島にわたります。
長い桟橋の向こうに見えるのがサメサン島です。


DSC04016_R.jpg
20分ほどの船旅で、掛け値なし「南国の島」に到着です。

DSC04048_R.jpg
水が澄んでいます。

DSC04035_R.jpg
雨季にも関わらずこの透明度は結構すごい。
バンコク近郊では最高の気がします。
サメット島やチャン島よりずっといい。

(ちなみに、同じくサタヒップ沖にあるパイ島は一度だけ行ったことがあるが、
 抜群にビーチがきれいでした。ただし、定期航路がなく、自分で行こうと思えば船をチャーターしていくしかありません。)



DSC04021_R.jpg
島に着くと海軍のガイドからオリエンテーション。
環境保護の研究・教育サイトになっていて、カセサート大学、マヒドン大学、ブラパー大学などが担当エリアを持って、森林やサンゴの保護・復旧の実施研究を行っているそうです。



DSC04018_R.jpg

遊歩道が整備され、それ以外の場所への立ち入りは制限されています。



DSC04039_R.jpg
あらかじめ桟橋で昼食を頼んでおくと、弁当をとどけてもらえます。
焼き飯1人分30バーツです。美しいビーチで食べる焼き飯は美味しい!!
ちなみに、お菓子や水は島の海軍の生協で購入できます。
(観光地価格ではなく、普通価格です)

DSC04062_R.jpg
シュノーケリングも無料です。まず、講習会をしてくれます。
うちのチビ(6歳)も頑張って受講。
機材貸し出しも無料です。



DSC04022_R.jpg
ちなみに、シュノーケリングポイントに行くのも軍の船です。



DSC04075_R.jpg
シュノーケリングポイントで。



DSC04078_R.jpg
うちの嫁さんが、サンゴで足を少し切ってしまいました。
そこは、海軍! 医療の知識はばっちり。 手際よく消毒、治療をしてくれました。





大満足の1日でした。


問い合わせ先;038-432475/038-432471

地図は、サタヒップ漁港  を参照

バンコクに近い穴場のビーチリゾート

バンコクに住んでいて、
ビーチにリゾートに行こう! といえば、


一緒に行くのが、ハイソなタイ人であれば、

パタヤやホワヒン!


一緒に行くのが、庶民的なタイ人であれば

バンセン!

が定番でした。



ところが、最近はハイソなタイ人が増えてきて、

みんなみんな、パタヤ! ホワヒン! に行きます。

※特に若いタイ人にとってホワヒンの人気はすごい!
 カオヤイ、ラチャブリ、ホワヒン、パイが若いタイ人にとっての4大聖地、、、かも知れない。






私の周りのタイ人でも、

パタヤにコンドミニアムを持っている!
ホワヒンに別荘を持っている!

などという生意気なタイ人が多い!
(スイマセン、「金持ち」というだけで反感を感じてしまう私でした)


パタヤやホワヒンのコンドミニアムの値段も凄まじく高く、バンコクの一等地よりも高いそうです。
(日本も湘南のマンションの値段は高いそうだが、それでも東京都心のマンションよりは安い)


そんなわけで、パタヤやホワヒンのホテルは何千バーツもする「バカ高!」
あるいは、安いところは「立地が悪い」!

ペット宿泊可のリゾートホテル (パタヤ編)
などお気に入りだったのですが、最近は一泊2000バーツ以上するようです。




昔からチョンブリのバンセンは、庶民的タイ人のリゾート! というわけなのですが、
やっぱりバンセンは、ビーチでソムタムを食べに日帰りでいく場所であって、「リゾート」という感じではない。

#バンセンに関しては下記記事も参考
バンセンへのBBQのできるレストラン

バンセンのリゾートレストラン その1  (「その2」をまだ書いていませんでした)





折角リゾートに旅行に行くのだから一部屋1000バーツ代くらいはだしても構わないので、場所の良いこじゃれたホテルに泊まりたい! 

というようなニーズに合致するホテルはなかなかないのでした。

我が家的には、
オススメ! バンコクの格安リバーサイド リゾートホテル
くらいの1000バーツ強が旅行の時のホテルのターゲットです。


で、今回紹介するのが、ペッブリ県のチャオサムラン ビーチ(Chaosamran Beach;หาดเจ้าสำราญ )です。

地図WhiteBeachResortvsd_R


バンコク近辺のシャム湾は遠浅の泥の海岸なのです。


#ちなみに、下記の記事で紹介した場所も泥の海岸です。
シーフードと潮干狩りのドン ホイ ロート
中途半端な「バンコクの野生イルカ」


どんどん南下していって、泥の海岸から砂のビーチになるのが、このチャオサムラン ビーチです。
このビーチからさらに南下するとチャアムやホワヒンなどにいたります。


このチャオサムラン ビーチは、決して「美しいビーチ」とか「透明な水」というわけではないのですが、
そこそこきれいで、バンコクから近くて、ホテルやレストランのコストパーフォーマンスが良いのが売りです。

(チャアムやホワヒンも決してきれいなビーチではない。美しいビーチを求めるのなら、サムイ島やプーケットまで行かねばなりません、、、がそんな遠くには滅多に行けません)


DSC05140_R.jpg
ビーチの雰囲気です。基本的には何もないノンビリしたビーチです。



DSC05141_R.jpg
タイ人向けビーチのお約束! タイヤ浮き輪のレンタルです。



DSC07338_R.jpg
ヒルガオ系の花が綺麗に咲いていました。



DSC07353_R.jpg
この付近にいくつかリゾートホテルがありますが、、、、私が一押しのWhite Beach Resortです。季節にもよりますが、宿泊費一部屋1200バーツ程度です。(週末は1600バーツ程度)


DSC07235_R.jpg
コテージタイプの客室が並んでいます。



DSC07225_R.jpg
部屋も小ぎれいでOKです。


DSC07319_R.jpg
朝食は、部屋または、庭のベンチで食べます。



DSC07234_R.jpg
ビーチサイドの小ぎれいなブティックリゾートホテルで1200バーツは、私的には納得です。



DSC07348_R.jpg

ビーチにはレストラン(食堂?)が並びます。 シーフードもリーズナブルです。



DSC07309_R.jpg

夜はビールを飲みながらシーフードづくしで幸せな気分です。




より大きな地図で 【バンコク近郊 こだわり情報+α】地図編 を表示


White Beach Resort (バンコクから車で2時間)
97 moo 3 Chaosamran Beach Laempakbia Baanlaem Petchaburi 76100
(97 หมู่ 3 หาดเจ้าสำราญ ต.แหลมผักเบี้ย อ.บ้านแหลม จ.เพชรบุรี 76100)
Tel:032-478-192,032-441-401
Fax:032-478-192
http://www.whitebeachresort.com
平日1200バーツ程度、週末1600バーツ程度

さくらぎちょう的ミシュラン

ロケーション
★★★☆☆

コストパーフォーマンス
★★★☆☆

サービス
★★★☆☆

ユニーク度
★★☆☆☆


特に何が良い、というわけではないが、バンコクから気軽にいける距離でノンビリできる場所です。


なお、バンコクに近いビーチリゾートは、下記もオススメです。
バンコク近郊で一番きれいなビーチ!;サメサン島
バンコクのきれいなビーチ:パレス ビーチ


【2013年10月追記】
メンカームさんから、「White Beach Resortは リニューアル工事で閉鎖中」との情報いただきました。
(詳細はコメント参照)
リニューアルすると値段は高くなるのでしょうか? なお、メンカームさんはお隣のチョムタレイリゾートに泊まったようです。プールはなく値段は1700バーツと高め。でも、特に海沿いの部屋(1900バーツ)は景色もよく良かったそうです。
メンカームさんのブログ:バンコクとペッチャブリーの旅(ペッチャブリー編)

中途半端な「バンコクの野生イルカ」

私はいつも中途半端です。



子供のころにも、

プラモデルの自動車なんて作るのは中途半端!

と思い、

オリジナルの自動車を作るんだ!


って、自分で、モーターやら木材やら買ってきて作ったりしました。


構想はすばらしいのだが、、、、

なかなか完成しない。



完成しても、木材でできている「重い」車はトロトロ走る ← 当たり前!!


友達の、颯爽と走る車を横目に、やっぱりプラモデルの方がよかった! と思ったりするのでした。

↑ 発想が中途半端!



パソコンが出始めのころ、

「自作パソコン」

なるものが流行りました・

が、自作派といっても、

ボードや電源などを買ってきて組み立てる、、、、


なんているのは中途半端な自作!


と思った私は、


出来合いの部品など使わず、
マザーボードも含めて全部自分で設計して組み立てる。


何ヶ月もかかって出来上がったのは良いが、、、


動作が不安定、故障多発!


ああ、すんなり部品を買ってきて作れば良かったと思うのでした!

↑ 発想が中途半端!






閑話休題





バンコク近郊イルカ・ ウォッチング・クルーズ

で、カワイルカ?のイラワジイルカのウォッチング クルーズを紹介しました。
この場所は、バンコクから東に60km、バンパコン川の下流です。


ところが、実はバンコクで野生のイルカが見れるポイントがあるのです。






バンコク南部地図(イルカなど)2_R

バンコクの南のシャム湾添いのイルカポイントが、今回紹介する場所です。
バンコクからはラマ2世通りのセントラルデパートラマ2世店(バンコクの巨大ショッピングセンター一覧  の10番の場所)を通り過ぎてバンクンティエン交差点を左にはいります。
バンクンティエンシーフードレストラン街(バンクンティエン )を越えたあたりです。

ちなみに、今まで紹介したシャム湾付近ポイントもあわせて紹介!

バンコクの一風変わったレストラン (バンコク シービュー レストラン)

チャオプラヤー川河口の公園(プラチョムクラオ砦公園)

カモメのレストラン(バンプー シーサイド リゾート)

【空から見る】バンコク異色シーサイドレストラン



ちなみに、この付近はエビ養殖池が沢山あったあたりですが、今は魚や貝などの養殖が盛んな場所です。


↓ 空から見ればこんな風に池ばっかり!

イルカ地図写真_R




DSC05610_R.jpg
見渡す限り養殖場



DSC05661_R.jpg
養殖池の真ん中を走る道路! なかなか楽しい!




DSC05664_R.jpg
木橋などもあったりします。この橋を渡るだけでウキウキします。



DSC05647_R.jpg
漁村も点在します。




さて、本題のイルカです。



イルカポイント説明2_R


バンコク イルカポイント 1;
 
無料で見れるポイント;ジャオ ポー マチャヌ廟



DSC05609_R.jpg
看板①のところを曲がりクロンロン道路(KHLONG LAND ROAD;ถนนคลองโล่ง)にはいります。そして、数キロ! 海に突き当たります。



DSC05625_R.jpg
ジャオ ポー マチャヌ廟(Chao Pho Matchanu Shrine;ศาลเจ้าพ่อมัจฉาณุ)です。この付近にはレストランもあるので食事をしても良いかも。



DSC05619_R.jpg
ここから、運が良ければ!!! イルカが見れるそうです!  運が良ければ!

ちなみに、私はここでイルカを見ることができたことがありません!!!


バンコク近くなのに、ここにくると、ノンビリした気持ちになります。
もう、イルカが見えるかどうかなんて、そんな小さな事に拘るのがおかしい!


何時間でも、何日でも、何ヶ月でも、ノンビリ待つのが男のロマン!

って、勘違い男になれるポイントです!


でも、実際は「今日もいないなあ!」て10分くらい待つとイライラするのでした。





バンコク イルカポイント 2;

クルア リム タレー レストラン(KruaRimTalae;ครัวริมทะเล ) 電話034-478187,087-925-8741

DSC05850_R.jpg
看板②ののポイントをまっすぐ行きます。


DSC05633_R.jpg
道路のほぼ突きあたりにレストランがありました。


DSC05650_R.jpg
こんな風な、典型的なタイの海沿いのレストラン。のんびりするには最高。



DSC05882_R.jpg
プラガポン ナムクルア!
スズキを揚げてマンゴのソースをかけて食べる、、、旨い!




DSC05888_R.jpg
ヤム タレー ルアミット!
シーフードのすっぱ辛和え、、、旨い!



って、そんな番組じゃなかったこのブログは!!!




このレストランで食事をすると、船で行くイルカウォッチングツアーに無料で行けます。
(食事をしなくても、空いている場合は1人100バーツで可能です。)

この向かいの2件のレストランでも自前の船を持っていて、イルカツアーに行けます。
食事の値段は、そちらの方が安いのですが、私的にはこちらのレストランの方がお薦めです。



このツアー所要時間約30分です。かなりの確率でイルカが見えるようです。
(ちなみに、私の場合は3回行って見れたのは1回、、、確率33%)

ここのイルカは、バンコク近郊イルカ・ ウォッチング・クルーズ と同じくイラワジイルカです。シャイなイルカなので(私に似て! ← オイオイ)なかなか全身を見るのは困難です。


ちなみに、クジラや、ごくごく希にはジンベイサメも見ることができるようです。



DSC05638_R.jpg
沖合には、祠を建設中です。この付近がイルカ出没ポイントです。
この祠ができると、ここからイルカを見ることが、、、できるかも。


DSC05900_R.jpg
この付近は、ムール貝の養殖をしているようです。ムール貝の鮮やかな紫がなかなか綺麗なのでした。
(スイマセン写真がありません)



で、いよいよイルカです。











スイマセン!

写真はありません!



シャイで内気で気弱なイルカは、なかなか写真に撮られてくれないのでした!



ゴメンナサイ!

中途半端なレポートでした。


(イルカの写真を見たい方は、上記 バンコク近郊イルカ・ ウォッチング・クルーズ  をご覧ください。同じイラワジイルカです。)










ちなみに、このバンコクのイルカポイントの場所ですが、、


実は、

イルカポイント説明_R

バンコクとの境界から約5km。
サムットサーコン県(SAMUTSAKHON;สมุทรสาคร)別名マハチャイ(Mahachaiมหาช้ย)です。

中途半端にバンコクなのでした。

↑ 強引なオチ!



















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。