要請主義 その1

日本政府の海外援助の基本方針は、「要請主義」です。
これは、相手「国」から援助の要請があって、はじめて援助を行う考え方です。実際は、相手国が「何を援助してもらいたいのか(何を援助してもらえるのか)の整理能力に劣る場合、「要請」を行うことを「支援」する場合もありますが、いずれにしろ最終的に相手国政府からの要請を持って援助を行う限り、ここでは「要請主義」と呼びます。

要請主義とは、「押しつけではなく、相手国のニーズに沿った援助」を行うために必要だと思います。

多分、国道や空港を整備するとか、産業振興の仕組みを作るとか、そんな国家レベルの援助にはまさに要請主義の原則があるべきでしょう。

要請主義を否定するつもりはありません。
でも、ここで言いたいのは要請主義に弊害があるということを関係する人は共通認識しておきたい、ということです。

場合によっては、「要請主義」を問題が会った場合の「いいわけ」として使うこともあります。 「相手国から要請があったので、最終的な結果責任は相手国にある」などの言い訳です。

逆にいえば、「要請主義からの脱却」は「援助する側が結果責任まで負う」ことを意味します。言うは易しですが、容易なことではありません。でも、「脱要請主義」が必要なのではないかと思います。

(日本政府の方針では、「要請主義」を掲げながら、すでに戦略的援助(≒脱要請主義)を掲げています。)


まず、要請は誰から出されるのでしょうか?

少なくとも政府開発援助(ODA)であれば、その国の政府からです。
もちろん国際的に認知された民主的に選ばれた国の代表が、その国のニーズを把握している『はず』です。

でも、沖縄の基地問題を出すまでもなく、国の利益と地元の利益が相反することは多くあるののです。国・地方の構図だけでなく、多様なニーズを国が取りまとめることができる、というのは理想であっても現実的ではないと思います。

国からの要請が、必ずしも裨益者のニーズを反映しているとは限らないということです。

効率的な海外援助活動のためには、

自分のルーツは、実はメーカでのエンジニアです。
そのため、現在国際協力をメーカでの経験とダブらせてしまいます。

自分がかって在籍した会社では、「事業責任は技術にあり」と言われ、技術者は製品設計のみならず事業全体について責任を負うべきと教育されました。
(営業部門では、「事業責任は営業にあり」と言われていたかも知れません。笑)

製品は、ほとんどはディーラ経由で販売店でエンドユーザに販売します。量販店(ヨドバシカメラなど)には、直接商品卸しますが。
いずれにしろ、メーカはディーラ経由あるいは販売店経由でエンドユーザと向き合っています。つまり、メーカの営業・販促活動は主にディーラと向き合っているのです。

現役隊員から

送信者;現役隊員

素晴らしいブログです。さくらぎちょうさんらしい視点で書かれていて、読んでて結構楽しいです(とくに「苦笑」と書いてある辺りなんか)。
何かわからんですけど、読んでたら何となく気持ちが落ち着いてきたというか、勇気を持てたって感じです。
とゆーことで、許可もなく勝手ながら、他の協力隊員にも、ブログを紹介させて頂きました。

歌舞伎町で一番怪しいタイ料理店

http://okui.blog77.fc2.com/blog-entry-112.html
↑ このマラコーよりももっともっと怪しい歌舞伎町の店です。

クルアヌア 新宿区歌舞伎町2-21-5 第二平沢ビル3F 03-3200-9733

北部タイ料理です。北部タイ料理について自分はあまり知らないが、うまいのは間違いなし。北部タイにいた料理にやたらと詳しいK氏(今は在中央アジア)のお墨付きでもあります。
カラオケの曲数もOKです。

ただ、周辺の雰囲気も、薄暗い店内もなかなか怪しすぎて、嬉しくなります。 

ここに比べれば、マラコーは怪しくなく見えてしまう。

現時点で営業しているかどうか不明。これを読んだ日本在住の人は、ぜひ調べて報告してください。


↑ ブログランキングに参加中。今日も一押しお願いします。

10月26日 1000アクセス

ブログ開始 1ヶ月弱で1000アクセスになりました。
タイ関係ネタにはリンクから来る人が多く、携帯(スマートフォン)関係ネタにはGoogleから来る人が多いですね。(アクセスの傾向がクリアにわかれています。)
今までごく少数の限られた人にのみ紹介していましたが、1000アクセスを記念して(笑)、今日、多くの知人に案内させていただきました。