爆発の場所(訂正)

・ケーライ8バンコク北部)
・シーコンスクエアー(バンコク西部)
・アヌサウリー(バンコク中心部)
・スクンビット ソイ62(バンコク西部)
・クロントーイ(バンコク中心部)
・サパーンクワイ(バンコク中心部)

が、テレビで表に取りまとめられています。
(が、6カ所ですので、、、7カ所説と食い違いますが)

なお、セントラルワールドプラザおよびサナムルアン(王宮前広場)でのカウントダウンは中止となったようです。

爆発の場所

その後、新たな情報ははいってきていません。
新たな爆発などはおこらないで欲しいですが。。。。


先ほどの記事で爆発場所を書きましたが、シーコンスクエアーが抜けていました。

とすると、全部で8カ所になるので、報道されている「7カ所」と矛盾します。 多分、どこかが間違いだと思います。

バンコクの爆発

これからカウントダウンにいくタイ在住者もいると思いますが、爆発は人混みを狙われており、注意が必要かと思います。


爆弾の種類はまだ特定できていないようですが、
人混みで手榴弾を投げ入れたような感じのようです。

爆発力は大きくないのですが、人混みの中で死傷者がふくらんでいるようです。爆発の場所から考えれば外国人狙いでないのは明らかです。


なお、爆発しば場所は
・ビクトリーモニュメント
・サパンクワイ
・ヤワラート
・チャトゥチャック市場
・クロントイ市場
・スクンビット62
・ヤワラート

だと、、、、思います。

一部報道で、「日本人の多いスクンビット地区」とありましたが、スクンビット62なので、日本人はほとんどいない場所です。

【速報】バンコクで爆発

本日夕方、バンコクで同時爆発がおきました。7カ所とのことです。
1つ1つの規模は小さいのですが、年末の雑踏の中で爆発しており、ビクトリモニュメントで1名、クロントーイ市場で1名亡くなられているようです。
現在情報収集中ですが、、、取り急ぎ

スラムの火事

12月22日にスクムビット通りソイ16(Sukhumvit Rd. Soi16)のスラムで火事がありました。54所帯が全焼の火事です。
この付近はタイでも有数の高級住宅地。月額家賃6~7万バーツ(20万円強)以上の高級アパートが立ち並んでいる場所です。
その一方で、その高級住宅地に隣接して、『法律的には』不法占拠されたスラムがあるのです。スラムの住民の平均『所帯当たり』月収は多分5000バーツ強(2万円)程度。
典型的な、富裕層と貧困層のコントラストです。

『スラム』をどのように定義するかですが、バンコクのスラムの特徴は、下記の2点と考えています。
1.(政府から見れば)土地の違法占拠状態
2.社会的な貧困状態

「土地の違法占拠」に関しては、地方、バンコクを問わず、現在のタイの大きな課題の1つです。土地の不正所有、登記簿の偽造、間違い、などがまかりとおっています。(最近もスラユット首相の国立公園内への別荘建設疑惑が報じられました)
それと同様に(以上に)問題なのが、法律的土地保有制度と慣習的土地保有制度の齟齬です。昔は(多分他の国でも一緒ですが)、荒野を開拓して農地を造り住んでいました。山岳民族も、山で作物を造りながら転々として住んでいました。ところが、そうやって、機嫌よう住んでいる住民に、「あんたが住んでいるのは国の土地だから出て行きなはれ」と突然言われるのです。さらに酷いケースでは、「山をウロウロ移動されたら国として収まりがつきまへん。ここに住みなさい」と場所を与えておきながら、あとで「そこは国のとちやから出て行きなはれ」というようなこともあります。
以前はタイ政府もそのような「土地の不法占拠」問題に対して強硬姿勢でしたが、最近はかなり柔軟な政策に転換はしてきています。

「社会的な貧困」に関しては、日本人の考える典型的な貧困(=住民が極端な栄養不良状態にあるとか)という状態ではなく、行ってみると目で見てわかりますが、テレビも冷蔵庫もバイクもあります。車を所有している人もいます。(車を所有することにより、借金をし貧困になるケースも多いのですが)
ただ、スラムの住民は地方農村出身者が多いのですが、なんとか現金収入があるのですが、なくなるとたちまち生活が立ちゆかなくなります。そういう人の受け皿が農村であったわけですが、いまはスラム生まれの人が多くなっており、新たな問題ともなっています。


いずれにしろ、スラムの問題、土地問題の問題は簡単にかけるものではありません。
が、住民の生活の安全保障を考える上で避けてとおれないものです。
そのうち、このブログに書いていきます。


前置きが長くなりましたが、この火事の付近に知り合いのタイ人が住んでいることもあって、行ってきました。

幸い「死傷者はいない」とのことで「原因は漏電」とのことです。スラムの火災理由で「漏電」はありがちです。確かにスラムではすごい電気配線で、それもなんとなく納得できるのですが、一方で一般的に再開発を行う場合に「放火して住民を強制撤去」するという噂もつねにあります。


今回の火事に関しては、既にプラティープ財団などNGO,軍などから支援物資が十分とどいており、当面の生活には問題はありません。ただし、家が再建され元の場所に住めるかどうかは、許可面、費用面で不明です。(政府としては、「暫定的に家を再建するのは認める」とのことですが)

(ここで紹介する写真は、火事の翌日のものです。「緊急援助は足りている」とのこともあって、あえて直後のブログへの掲載は遠慮していました)




20061231100358.jpg
高級アパートと隣接するスラム。細い路地に住宅が密集し一旦火事がおきると消火は極めて困難。



20061231101036.jpg
燃え残ったスラムの住居の様子



20061231100533.jpg
焼け出された人



20061231100437.jpg
NGO等より届いた衣類や食料などの支援物資



20061231100713.jpg
軍からの支援物資

20061231100626.jpg
募金、寄付受付