スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

タイ人女性の人材管理術



日本の女性は、若いときは大和撫子、、、おしとやかで、中年になると、遠慮を知らぬ厚かましいオバタリアンになる、、、、と一部では信じられている。(注)

注;タイ人の男性の間では、「日本の女性は若いときはおしとやかで、年をとってもおしとやか」と大いに誤解されている。


が、それは根本的に認識の間違いがある。

今まで何十年も女性に泣かされ続け(最初の数年は母親がちょっと席をたった、構ってくれる量が少ないなどと泣かされ続けた、その後小学校では、女性の先生に悪い子だと怒られ、中学校では女子生徒にいたずらを先生に告げ口され、、、、その後今では自宅で嫁ハンと娘に泣かされ、職場では同僚(自分の席の周りは全員が女性)に泣かされ続けている)、その経験から女性の研究を重ねた結果、筆者はひとつの結論に達しました。

筆者の分析結果は次のとおりである。


相手が対等以上の人間であれば「一応ネコをかぶっておこう」との意識が女性にはたらく。

中年のおばさんになると、ほとんどの相手が対等以下の人間になるため、「ネコをかぶる必要がない」。


これが日本の女性の発想である。

一方タイ人女性はどうであろうか?

「タイ人女性はやさしい」
「タイ人女性はキツイ」

との2つの相反する意見が在タイの男性の中で話されることがよくある。

ところが、筆者はタイ人女性も日本人女性もどちらも基本的は全く同じであると考えている。
上記の相反するように思える2つの意見も決して矛盾するものでないと思っている。

つまり、
「相手が自分より格上の人間」と思えば「やさしく」みえ。
「相手が自分より格下の人間」と思えば「きつく」みえるのである。

タイ人女性と待ち合わせたら、約束の時間になっても待ち合わせの場所に来ない。しびれを切らして電話をすると、「もう着いていたの? じゃあ今から出るから待っていて」と言われるのは、今から思えば、自分が格下の人間と思われていることのあらわれだ。

ある程度の美貌と知性をもってかつお金持ちの女性は手をつけられない。
アッシー君を何人もかかえ、メシをおごらせる人を何人もかかえている女性は少なくない。
そういう女性と一緒にメシ会があったとき、帰りに、「迎えに来なさい」とアッシー君に電話をしている。
アッシー君の都合が悪かったのだろう、「来れない」と言おうモノなら、「もう、あんたなんか口をきいてやらない」と罵っている。
それでいて、特定の彼氏には、おしとやかな笑顔を見せているのをみたりする。

知り合いの女性は、タイの一流高校、一流大学、大学院卒で、かつ実家がそこそこ金持ちなのだが、
「自分には彼氏が5人いる。それも楽じゃないのよ。5人の管理は大変!。バッティングしないようにしなきゃいけないし。5人のなかには、本命もいればリザーブもいるし、アッシー君もいるし。私の大学院での専門は「Human resource Management;人材管理」だから、5人くらいの彼氏の管理くらいはできるけど」
などと、どこまで本気か冗談かわからない冗談を言ったりしている。

それらの行動はすべて、

・相手が対等以上の人間であれば「ネコをかぶる」
・相手が対等以下の人間であれば「ネコをかぶらない」

で説明がつく。

「日本人女性もタイ人女性も一緒」

というのが筆者の結論である。


ひとつ例外は、

・タイでは格差社会なので、「下流社会」される中年女性は、「上流社会の人」とされる人に対して相手を目下と扱わないのに対して、

・日本には格差があまりないので、中年日本人女性がは、ほぼ全員の女性が、相手が誰であっても目下と扱う

ことであろう。


なお、このように、性別や年齢でカテゴライズして区別することは、女性問題の専門家や差別の専門家(特に女性!の専門家)の袋だたきになる恐れがありますので、筆者の身の安全のため、このブログの筆者の本名を知っている人も絶対にあかさないようお願いします。


※今日の記事は、ネタがなく、すべて冗談で書いていますので念のため。


スポンサーサイト

男と女の会話 (バンコクの電車の中で)

その事件は、仕事帰りの電車の中でおこった。

今日もまた、仕事がうまくできなかった反省と、仕事がうまくできなかったのは、安部首相が悪いせいか、ブッシュ大統領が悪いせいか、それとも今朝食べたタイ製の納豆が悪かったのが考えにふけっているときであった。

サイアムスクエア駅で、なんと若い女性の二人づれが乗り込んできたのだった。
あっ、別にそれはびっくりするにあたらない。
サイアムスクエア駅は日本でいえば渋谷駅。大勢の若い女性が乗り降りする。

驚くべきことは、筆者の座っている席の前にたったのであった。

普通の若い女性は、筆者を見ると「やばい」と思うのか、決して近くに立とうとしない。 

「ハンサムな紳士すぎて近づき難い雰囲気があるせい」と密かに想像しているが、どうもこの現代社会の常識では「ハンサム」とは言わないようである。筆者は生まれてくるのが1000年くらい早すぎたのかも知れない。

その若い女性連れは話に夢中であったので、筆書の存在に気がつかずに、うっかり筆者の前にたってしまったのかも知れぬ。

普通の男性は、女性の顔に、ついつい目がいくらしい。
普通の中年オヤジは、女性の足に、ついつい目がいってしまうらしい。

筆者は、普通の中年オヤジではない。
女性を見ると、ついつい携帯電話に目がいってしまう。

会話の中で、
「あのときの女性」
と言われても思い出せないことが多いのであるが、
「あのときNOKIAのN70を持っていた女性」

とかいうと、

「ああっ」と、思い出せることが多い。

このときの女性はなんと、O2(「オーツー」または「オキシジェン」と読む)社のXda IIsを持っていた。 
O2 Xda IIsはこっちを参照

「おおお、オーツーだ。やるなあ、この女性!」

と感心していた、そのときだった。

O2 XdaIIsのベルがなった。


相手;......
女性;今、帰るところだよ。
相手;......
女性;セミナーに出席していたから、電話にでれなかったんだよ。
相手;......
女性;本当にセミナーに出席していたんだよ。
相手;......
女性;女友達と一緒に帰るところ。
相手;......
女性;他の男性と一緒にいるわけないでしょ。
相手;......
女性;何で私が嘘をつかなきゃいけないの?
相手;......
女性;そんなひどいことを言うなら、もう話さない
相手;......
女性;そんなに信用できないなら、友達と話をしたら?

(ここで、友達の女性に電話がかわる)

友達;私××。いま、電車で家に帰るところ

(また、女性にかわる)

女性;これで信用したでしょ?
相手;......
女性;そんなことばっかりいうと、もうあなたを愛さなくなるから、、
相手;......
女性;あなたが、ちゃんとしているなら、愛してあげる
相手;......
女性;愛しているよ
相手;......
女性;愛しているって


なんだか、電話の相手の男性の会話が手に取るようにわかると思いませんか。

「なんと情けない、男性なんだ!」

と怒っている筆者でした。

嫉妬深い情けない、典型的なタイ人ダメ男であることは間違いない!



典型的日本人ダメ男の筆者は思ったのでした。



数週間から数ヶ月の日本滞在に便利な宿外人ハウス

東京での安く泊まれる宿

日本への一時帰国時の宿泊場所(「さくらぎちょう」のいわれ)


で、日本に短期一時帰国したときの東京での安いホテルを紹介しました。(別に海外からの一時帰国でなくても使えるが)


が、もっと大変なのは、仕事の都合などで日本に数週間から数ヶ月滞在する場合です。
筆者は今までに何回かそういうシチュエーションになっています。

当初は、ウィークリーマンション/マンスリーマンションを利用しました。保証人とか面倒なことは言わず気軽に住むことができるのですが、問題は結構高いことです。広告の値段に現れない費用も結構あったりして割高になります。

東京での安く泊まれる宿 で紹介した宿に泊まったことが安いくらいです。月額家賃20万円で半年住むと、そのお金だけでタイでは一生遊んでくらせる、、、いや暮らせないが、ラーメンなら百杯以上喰える。もしかしたら千杯以上かもしれない。。。。暑いタイに長くいると、このような複雑な計算ができなくなる。
誰かラーメンが何杯喰えるか計算して教えてください。ちなみにバンコクではラーメン1杯100円程度です。

そして、最近贔屓にしているのが、いわゆる外人ハウス、外国人ゲストハウスなどとも呼ばれる。

もともとは、保証人などをとることが難しい外国人が泊まりやすいようにし、外国人向けのサービスをした安い宿泊施設。リビングなどは共有のところが多い。ところが、「外国人と一緒に生活して英語を勉強したい」などという日本人にも人気がでてきているらしい。

筆者はただ単純に「安い」というのが魅力なのだが。

5年ほど前、はじめて外人ハウスに連絡をしたときは、メッチャ怪しまれてしまった。

筆者の年齢を言うと、

外人ハウス;うちは、いろいろ規則とか厳しいので、ある程度年齢の上の人は適応できない人が多いのです。大丈夫ですか?

筆者;規則ってどのような規則ですか?

外人ハウス;外泊するときや友人が宿泊するときは予め届けなければいけないし、共用施設の使用はルールを持って使ってもらわなければなりません。夜にやかましいのも厳禁です。

筆者; は? それが、「厳しいのですか?」それって、厳しいって言わないと思いますが、、
自分は共同生活も外人にも慣れているので問題ないと思います。


外人ハウス;うちでは、ある程度年齢が上の入居者には面接をして、適用できるか判断させてもらっています。

筆者;いいですが、

そんなわけで、面接の結果、晴れて入居が許可されていました。


でも、、、

人を怪しむけど、この外人ハウスも十分怪しかった。
奇妙な外観とロビーetc   言葉では語り尽くせません。
興味がある人は、ぜひ一度行ってみてください。

でも、入居するととっても住みよい。6畳一間、バストイレ共同、、、と聞くと単なる安宿、インターネット使いほうだい、ユニットシャワー、共同キッチン使い放題。暇なときにロビーに行くと陽気な外人と時間つぶしができるし、部屋に帰るとプライバシーがある。

筆者にとっては理想的な環境でした。

しかも、家賃が付き五万円以下。それが一番嬉しかったりして。

「いったい、どこが厳しいねん」という感じです。

二回目の利用の際には、面接などとうるさいことは言いませんでした。

但し、嫁ハンは非常に不満のようで、ほどんと泊まらずに実家などに行っていましたが、、、

自分の泊まった外人ハウスをまだ書いていませんでしたね。

アップルハウス
東京都小金井市梶野町4丁目11-6 ビッグパスポート21
Tel :0422-51-2277 Fax :0422-51-4499

です。他も、「外人ハウス」「外国人ゲストハウス」などで検索するといろいろ見つかります。

東京での安く泊まれる宿

1.外人旅館系
  外人のバックパッカー系旅行者にとって日本のホテルの料金はとっても高い。そんな人たちをターゲットにした低料金の旅館/ホテルが増えつつあります。筆者は外国に住んでいることもあり、外人が多いということは、むしろ居心地がいい感じもありウェルカムです。

  ホテル寿陽 電話;03-3875-5362 
  http://www.juyoh.co.jp/document/japanese/japanese.html
  なんといっても値段が魅力、でも部屋は

  澤の屋 旅館 電話;03-3822-2251 
  http://www.tctv.ne.jp/members/sawanoya/nihonngho.html
  値段は若干高めだが設備・雰囲気良し。
  バス・トイレ付きの和室もあり。

この他にもあります。インターネットで検索してみてください。

2.ドヤ街系

値段的には1泊個室・風呂共同で2000円以下からでカプセルホテルより安い。上野あたりが有名であるが、ちょっと敷居が高い気もする。
筆者が愛用しているのは、新宿4丁目。新宿南口高島屋付近に点在する。 
http://www.tokio.to/business/kanto/tokyo/23ku/shinjyuku2.htm

ドヤ街系といっても全然問題ないのだが、やはり女性1名では利用しにくいような気がする。しかし、安く交通至便で愛用していたのだが、最近メジャーになりつつあり、綺麗に改装し値段を高めにするところが増え、かつ満室のことが多くなっている。


3.公共の宿系

インターネットで普通のビジネスホテルに安く泊まれるようになって、公共の宿が必ずしも安くは思えなくなっている。そのなかでも、「お得」といえるのは、

東京浜松町会員会館 電話;03-3433-5688
http://www.minatonoyado.com/hamamatsucho/index.html 
JR浜松町至近ながら、4.5畳の部屋で2人で5200円/泊は安い。

他に、

東京晴海会員会館 電話;03-3531-2216
http://www.minatonoyado.com/harumi/ 
も、浜松町ほどではないが、十分お得です。


4.その他

日本への一時帰国時の宿泊場所(「さくらぎちょう」のいわれ)
で書いたのですが、

カプセルホテル、サウナ、漫画喫茶、ビデオ試写室

が安く泊まれる宿?です。

日本への一時帰国時の宿泊場所(「さくらぎちょう」のいわれ)

海外に住んでいて、日本に帰ったときに辛いのは宿泊先です。

もちろん、予算に糸目をつけなければ何の問題もないのですが、貧乏な筆者にとっては、「コストこそ第一プライオリティ」です。

それでも、男一人なら、カプセルホテル(注1)、サウナ(注2)や漫画喫茶(注3)、ビデオ試写室(注4)など選択肢があるのだが、家族連れだとそういうわけにはいかない。
まして、一番の問題は赤ん坊と一緒の時です。

洋室のベッドは、子供が落ちないか不安(注5)。やはり、畳の部屋がベスト。かつ、部屋にバス・トイレ付きは必須。

そんなわけで、バス・トイレ付きの和室を探すのですが、東京近辺でそのような部屋はめちゃ高。
そんな部屋に一週間も泊まった日には破産してしまう。

なんとか、安いバス・トイレ付きの和室がないかと探して結果として見つけたところが、ここです。

ホテル老松


より大きな地図で 【バンコク近郊 こだわり情報+α】地図編 を表示

JR桜木町から徒歩13分、京急日ノ出町から徒歩5分(注6)です。
バス・トイレ付きの和室でしかも2間。それでいて料金は1人4000円ほど。桜木町/日ノ出町まで2駅の横浜から湘南新宿ラインで新宿まで30分ほどで交通の便もよし。

昨年の4月に一時帰国したときに、インターネットで予約して泊まりました。たちまち、気に入ってしまいました。バス・トイレ付きの和室が欲しい人には絶対お勧めです。



筆者のこのブログのハンドルネームは『さくらぎちょう』ですが、リアルの筆者を知っている人からは「なぜ『さくらぎちょう』なのですか?」との問い合わせを何人かから受けています。

いままで、桜木町と筆者と縁があると知っている人はいないからです。

なにを隠そう、実は筆者が桜木町に行ったのは、このホテル老松に泊まったのがはじめてです。

そして、この付近が大好きになってしまいました。
一目惚れというやつです。それで、ハンドルネームを「さくらぎちょう」にしました。

また行った時期が良かった。ホテル老松の近くには、野毛山貯水場、野毛山公園、野毛山動物園などがあり、行った4月はまさに桜の花吹雪状態。イメージがとっても良くなりました。

公園のからはみなとみらいがすぐ近くにみえ、近所は閑静な住宅街。犬を連れて散歩したり、ジョギングしたりする人たちやホームレスの人まで良い雰囲気を感じました。
それに、近くは野毛の庶民的な飲み屋や飲食店、そそして桜木町駅の反対側はもちろんみなとみらいの近代的かつ遊び心のある風景。

たまたま、はいった居酒屋はコンビニへ行こう;横浜異色案内 で「おそらく西戸部町で唯一の夜の店であろう」と紹介されている店。近所の人たちがわんさか集まり、まさにコミュニティという雰囲気もすっかり気に入りました。

そんなわけで、昨年の4月から、筆者は突然に桜木町ファンになったのでした。

注1;カプセルホテルは別に注釈するまでもないでしょう。筆者は狭いビジネスホテルより、カプセルホテルの方が好きです。理由は大きなお風呂があるから。最近は露天風呂まであるところもあります。最近は、お風呂を楽しみにカプセルホテルに泊まるくらいです。

注2;サウナにはたいがい仮眠室がある。ゆっくり大きなお風呂にはいって、大部屋でビルを飲んで仮眠室で寝る。結構疲れがとれます。


注3;翌日に仕事があるような時はゆっくり休めるようカプセルホテルに泊まるが、飲み会などで遅くなってかつ翌日特に仕事がないときは漫画喫茶もコストパーフォーマンスが高い。コミックを読みながら眠くなったところでリクライニングのソファーで寝る。ただし、イマイチ疲れはとれない。

注4;映画試写室といえはたいがいはスケベビデオを見るのが王道だと思うが、普通の映画も沢山置いてある。やはりリクライニングのソファーがおいてあるので、映画を1本見て眠るにはちょうど良い。
しかし、やはり疲れはいまいちとれにくい。

注5;広めの部屋をとり、シーツや布団をベッドから床に移す、という手もあるが、床は靴であるくため衛生面で若干不安。















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。