1万アクセス!

昨年10月から開始したブログですが、5ヶ月弱で1万アクセス(=のべ1万人の人が読む)になりました。

ひとことで1万アクセスといいますが大変な数です。
このブログを読んだ人が1人1円ずつ筆者に寄付したとするとなんと1万円になります。
1人100円ずつ寄付したとしたら、なんと100万円です。

1人1万円ずつ寄付したとしたら、、、、、筆者の頭では複雑すぎて計算ができませんが、膨大な金額です。

大金持ちになった気分です。

ただ、残念なのは実際には筆者が大金持ちになっていないことです。



この調子でアクセス数がのびていけば10ヶ月弱で2万アクセス、10年で20万アクセスは確実!
100年たてば、なんと筆者はこの世にいないことは100%確実でしょう!

すごい偉業を成し遂げた気分です。

最後のバンコク都心の巨大再開発事業

都心回帰  で、バンコクの巨大ショッピングセンター状況について書きましたが、その中で、「セントラルグループが、ルンピニーナイトバザール跡地への巨大ショッピングセンター(仮称セントラル ルンピニー)を企画中」と書きました。

それが、いよいよ具体化してきました。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070226-00000006-nna-int

20万平方メートルの巨大敷地のうち、とりあえず6万4000平方メートルを、90階建ての中核ビルを中心にホテル、オフィス、会議場、そしてショッピングセンターを開発するようです。ショッピングセンター床面積10万平米程度とタイにおいては「超巨大」とはいえないものの総合的な開発に期待がこもります。
(ちなみに、日本国内最大面積の百貨店の名古屋松阪屋は8万7000平米です)

それに、残りの約14万平米の扱いにも興味があります。

バンコク中心部における「最後の巨大空き地」と言われる同所だけにこれからも目が離せません。


そして別の視点では、今まで、サイアムパラゴン、セントラルワールドとバンコクの繁華街はBTSスカイトレイン沿いでした。この、ショッピングセンターはMRT地下鉄沿線であり、急ピッチで開発が進む同じ地下鉄沿線のラチャダーピセックとあわせて、地下鉄の存在感が増しそうです。






昨年末に移転した日本大使館に隣接した場所になります。

もうすぐ、1万アクセス1万アクセス目の人にプレゼント

このブログのアクセス件数は、現在9892!
1万アクセス目前です。

もしかしたら、明日達成するかもしれぬし、
さらにもしかしたら、明日10万アクセスを達成する可能性もあれば100万アクセスを達成する可能性も否定できません。
(例えばYahooにアクセスしたら自動的にこのブログに転送されるようYahooがミス設定をした場合など)

が、とりあえず1万アクセス目の人に、記念イベントをしようと思います。内容はなんと筆者からの豪華プレゼント、1万円をプレゼントします。

丁度、1万アクセス達成者は、下記の質問を作者まで送付してください。1万円を送付します。

1.なぜ、このブログにアクセスしたのか、その理由
 (筆者には、このブログにアクセスする人の気が知れません)
2.一番面白いと思った記事、一番ためになった記事
 (そんな記事があるなら、筆者もぜひ読んでみたいと思います)
3.「1万円もらえる」のを本当に信じているのか?
 (このブログを読んでいれば、作者の信用ならぬ性格を知っているはず)


なお、送付する際には、1万アクセス目である客観的な証明(公的機関発行の証明書)を添付お願いします。なお、証明書には割印の押されていない10万円の収入印紙を貼付けをお願いします)

マグロの刺身・寿司の食べ放題

「開発途上国で仕事をしている」というと、

刺身など恋しくなりませんか?
などと言われたりする。

実は開発途上国では意外に生食はあります。
タイでも、生きた子エビの躍り食い、生のオイスター、血の滴る生豚肉などが田舎料理であります。
(筆者は、ひるんで食べたことがありませんが)


そのような料理ではなくても、漁港に行くと新鮮な魚が沢山手に入るため、刺身にして食べることができます。
(流通の問題があるので、都市で売られている魚が刺身で食べることができる国は限られますが)

さらに、マグロが意外に多くの開発途上国で水揚げされ、マグロの刺身が食べれるのです。

下記写真は、国名を聞けば、多くの人が行くのをひるむ国です。

が、ホテルのサラダバイキングで、マグロの刺身、寿司食べ放題なのです。他の客は別料金でメインディッシュとしてステーキなどを食べているのですが、日本人にとって、サラダバイキングでマグロ刺身、寿司食べ放題で十分!!
(サラダバイキングで、刺身や寿司があるのもオモシロイ)

筆者にとって恋しい日本料理といえば、刺身でなく、吉野家の牛丼、豚丼です。



20070224211843.jpg
サラダがならんでいるバイキング


20070224212127.jpg
これをいくらでも食べ放題。刺身を全部食べが、すぐ補充された! 幸せ!!
[ 2007/02/24 23:24 ] その他:その他 | TB(0) | CM(2)

お腹が空いたときに、魚を釣る方法

takaさん

毎度おつきあいいただきありがとうございます。

良い家を建てるにはエネルギーが必要
(そのエネルギーを持つことがエンパワーメント)


に対するtakaさんのコメントです。

バリヤフリーを必要とする人を、
バリヤフリーの建築物の設計に参画してもらうのは、
"より良い建築物をつくるため"の
 「手段」や「大前提となる入り口の条件」
であって、
 「ゴール」
では無いですよね?

もしかしたら、
"バリヤフリーを必要とする人をエンパワーするため"の
ゴールの一部なのかも知れませんが。



そうなのかもしれませんが、実は「途上国での開発」の視点からみた、あるいは「障害者のエンパワーメント」の視点からみた自分の見方は、

バリアフリーの建築物を作ることへの当事者の参加は、「条件や前提」あるいは「ゴールの一部」でもないのです。

確かに、下記のような「バリアフリー建築物建設プロジェクト」は考えられるとは思いますし、否定をしません。


プロジェクト上位目標;バリアフリー「社会」の実現
プロジェクト小目標;バリアフリーの建築物を作ること
手段(条件・前提);当事者の参加型で設計がされること


従来の「通常の考え方」や「常識的な考え方」では何の問題もないでしょう。

ただし、自分が考えていることは、このようなことではないのです。
(それが、takaさんが違和感を感じている部分だと思います)


筆者が理想と思っているのは、「建物」というハードを作ることが目的でなく、あくまで「人」というソフトありきであるべきだということです。

つまり、たとえば、次のようになります。

プロジェクト上位目標;バリアフリー「社会」の実現
プロジェクト小目標;当事者の主体的参加
手段;バリアフリー建物の建築

当事者がエンパワーメントされ、その当事者が社会参加(建物建築への参加)する社会的システムが構築される。

そのために、「バリアフリーの建物建設を通じて」、その構築事例が蓄積されるのです。
開発の視点から見れば、

建物建築は「目的」ではなく「手段」なのです。

(もちろん、デベロッパーの立場からすれば、建物建築は目的でしょうが。
ただし、六本木ヒルズの森ビルの人が何かに書いていましたが、「森ビルは、建物(ハード)を作るのが仕事ではなく、街やコミュニティ(ソフト)を作るのが仕事」とのことです。(多分に宣伝的な意味合いもあるかもしれませんが)そういう意味では、自分と考えは一致しているかもしれません。
ちなみに、余談になりますが、筆者は六本木ヒルズがとっても好きです。確かに庶民とはかけ離れてはいますが、遊働住が一体化し、かつ新しい形のコミュニティを作ろうとする意図を感じます。「仕事をするだけのビル」や「住むだけのニュータウン」より、六本木ヒルズにとっても魅力を感じます。
自分が住むことは(経済的に)絶対にありませんが。)


もとに戻ります。
実は、「手段」としては他にも多くの方法があります。
しかし、バリアフリー建物が手段として良いのは、「結果が素人にも目に見えて、わかりやすい」ということです。

恐怖のスロープ バンコク・スワンナプーム空港

これを見れば、この空港は参加型で作っていないことが、一目瞭然です。
筆者は、「それが問題」と言っているのであり、「(厳密にいえば)空港がアクセシブルでないから問題」と言っているのではないのです。


"利用者が真の意味で力を持つ"までプロセスとして、
私が提案したような方法を採用しないとして、
どのような対応をとることを考えてらっしゃるのでしょうか?
私は、今ひとつ、理解できないので、教えてもらえると嬉しいです。


エンパワーメントを説明する言葉に次の言葉があります。実は誤解を招きやすいのですが、エンパワーを説明するのにわかりやすいのであえて書きます。


・お腹が空いている人に魚を与える
→(狭義の)福祉アプローチ

・お腹が空いている人に、魚の釣り方を教える
→教育アプローチ

・お腹が空いている人に、魚の養殖の仕方を教える
→教育アプローチ改良版(サスティナビリティの担保)

・お腹が空いている人に、「自分も頑張れば、魚も釣れるし、養殖もできるんだ」と勇気づける
→エンパワーメントアプローチ


各々のアプローチは必要なもので否定するものではありません。たとえば、極端な例では、災害で食べ物が無い人には、緊急に食料が必要です。
が、筆者が、このブログで一貫して主張しているのは、エンパワーメントアプローチのすばらしさです。
やる気にさえなれば、次のステップとして魚の釣り方を覚えても良いし、養殖の仕方を覚えてもよい。教えてくれる人がいなければ、教えてくれる人を探しせるし、自分で創意工夫をしてもよい。とにかく、やる気になるのが大切なのです。

バリアフリーに関しては、次のようなことになるでしょう。

・(行政などが)バリアフリーの建物を造る
→(狭義の)福祉アプローチ

・バリアフリーの建物の作りかたを建築士に作る
→教育アプローチ

・バリアフリーの建物を作る際の当事者の留意事項を当事者に教える
→教育アプローチ改良版

・当事者に「自分も頑張れば社会をバリアフリー化できるんだ」と勇気づける
→エンパワーメントアプローチ



みんなが「自分たちが、バリアフリー社会を作っていくんだ」とやる気になることによって、それが「社会(コミュニティ、建築士、行政etc)への変革へのパワーとなる」というのが、バリアフリーアプローチなのです。