スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

カーフー の トイ アー アス(Toys are us)


よく、ジャパニーズイングリッシュなどと言いますが、

筆者はバリバリのジャパニーズ イングリッシュ スピーカーです。
「TEKISUTO BUUKUをとって!」
「MAKUDO NARUDOにデリバリーを頼もうか?」
などと言って、タイ人にバカにされつづけています。

でも、
「カーフーに買い物に行こう」などと言うのもタイ人です。
カーフーとはCarrefourのこと。フランス系のスーパーマケットです。

で、そのカーフーのRAMA4世道路店にあるのが、「Toys are us」(注1)!

タイでは、語尾に子音が二つ続く音はサイレントになるので(注2)「Toys are us」は、「トイズ アー アス」ではなく「トイ アー アス」となります。
さて、この「トイ アー アス」は、なんでしょう?

答えは「トイザらス」です。

かなり、上級問題だったかな?


注1;他にバンナー シティやセントラル ワールド プラザにあります。
注2;ちなみに、日本語では、語尾が子音で終わる場合は、母音が追加されます。

TOYSRUS_R.jpg







スポンサーサイト

タイで一番暑いのはどこか?

ここ数日雨が降り、バンコクも涼しくなってきました。

が、それまでが暑かった!
ソンクラン(タイ正月)期間に日本に帰っていて、バンコクに戻るとすさまじい暑さが待っていました。

タークで40度を超えたとか、イサーン(東北タイ)で何度だったとかニュースが流れてきました。


昔、青年海外協力隊でスコタイにいた頃を思い出しました。

実は、バンコクの暑さは、まだ生ぬるいのです。

タイのどこが一番暑い?とはタイ人どおしでも、半分諦め、半分自慢?で話題にのぼります。

東北タイ、スコタイ、ランパン、カンチャナブリ、、、etc
いやいや案外チェンマイも暑い!とか。

でも個人的な経験と独断でいえば、東北タイの暑さはまだそんなでもありません。乾燥しているせいか、体感温度としてはまだまだ大丈夫。チェンマイ、ランパンも北部のせいか、まだ余裕があります。
自分がタイで一番暑いと思うのは、やはりスコタイ・タークあたりの「北部の南部」または「中部の北部」あたりが一番暑いと思っています。

どのくらい暑いかといえば、
・まず空気が暑い、、、、
・風が熱い
・家の中のモノがすべて暑いのです。
裸足で床に立つと、、暑い!
 椅子に座ると、、、、暑い!
 コップを持つと、、、暑い!
(もちろん、家の中は日陰です、、、、)

そして、常に頭の芯が痛く、ぼおっとしている状態です。
スコタイで暮らしているときは、家にも友人宅にもエアコンなどはもちろんない。スコタイにはエアコンがあるレストランは2軒だけ。両方とも高いので毎日行けない。そもそも、ちょっとエアコンにあたっても一時的に気持ちいいだけ。

スコタイがタイで一番暑いと思っていました。

青年海外協力隊の時に、夏期休暇中の4月にカンチャナブリでラチャパット大学(当時のウォーコー;ウィッテアライ クルー(師範大学)で教員相手の講習会のために3週間ほど滞在しました。





暑い!


スコタイもカンチャナブリには負けた!

そんなわけで、独断でいえば、

タイで一番暑いのはカンチャナブリです。



ちなみに、筆者は現在、国際協力の分野で働いていますが、
その成果の評価方法だとか、なんとか、とかいろいろ言われます。


しかし、暑い夏に農村ですごす、、、、

そういう人には、それだけで心から尊敬してしまいます。

カミがない

井上陽水の代表的な曲に

『傘がない』

♪都会では自殺する若者が増えている
今朝きた新聞の片隅に書いていた
けれども問題は今日の雨
傘がない

があります。
筆者の世代は『乗り遅れ世代』というそうで、
・安保に乗り遅れ
・ビートルズに乗り遅れ
・パソコン黎明期に乗り遅れ
etc
いずれもすぐ上の世代は直接体験したことを、間接的に聞いたり、ピークからずれて聞いたりした世代とのことです。
そういう意味では、井上陽水の初期の強烈なメッセージソングの乗り遅れ世代かも知れません。

で、本題です。

『傘がない』のショウムナイ替え歌を聞いたことがあります。

♪都会では自殺する若者が増えている
今朝きた新聞の片隅に書いていた
けれども問題は今日のウ○チ
カミがない

すいません。ショウムなすぎて。

で、何が言いたいかと言えば、タイでは、ウ○チのあとは水で流します。カミは使わないのが普通です。

筆者はタイが長くなってしまい、カミが無くても全然問題ありません。
当然、トイレでは水を使います。

むしろ、最近はお尻洗いの水がないトイレが増えてきて、「水がない」と焦ることが多くなりました。




すいません、しばらくブログを休んでいて、このブログでの自分のキャラがどうだったのか忘れてしまいました。

【空から見る】バンコク異色シーサイドレストラン

決して万人受けはしないけど、ウケル人にはうける、そんな異色シーサイドレストランをPointAsiaの航空写真で空から見てみましょう。
(PointAsiaは、 GoogleearthとPointAsia  参照)


20070404225041.jpg
ご存じバンコクと海岸線です。真ん中にチャプラヤー川が蛇行して流れています。特に大きく蛇行したあたりが「バンコクの肺」と呼ばれるパーパデン地区です。開発が制限され緑が多く残っています。そして、その北側あたりがバンコクの中心部です。


SeasideResort_R.jpg
A Bang Pu Seaside Resortです。カモメのレストラン  として紹介したレストランです。 整備されたマングローブ林と海に突き出したレストランがはっきり見えます。





20070404224952.jpg
B チャオプラヤー川の河口にあるプラチョムクラオ砦公園(Chulachomklao Fort)です。 チャオプラヤー川河口の公園 の記事で紹介しました。 この記事中では書きませんでしたが、この公園内にある軍の保養施設レストランも海に隣接した公園沿いのなかなかのレストランです。写真中心部にある楕円が軍のグランド。そしてその右側にあるジグザグの赤い屋根の建物がレストランです。ちょっと見にくいのですが、レストランのすぐ南側に軍の練習船(見学可)がつながれているのがわかります。
緑の森林はマングローブです。




20070404224929.jpg
 バンコクの一風変わったレストラン で紹介したバンコク最南端のレストランです。実はうえの2カ所は正確にはバンコクではなくバンコクに隣接するサムットプラカン県ですが、このレストランはバンコク都です。このレストランに行くには船で行かねばなりません。
河口に2本突きでた桟橋がレストランです。ここもまわりはマングローブです。

日本で喰いたいモノ

4月の13日から15日は、ソンクラン(タイ正月)です。
そんなわけでタイ正月に休みを加えて日本に一時帰国します。

なんといっても日本に帰る楽しみは『食べ物』

喰いたいモノがいっぱいあります。

といっても料亭の懐石料理や高級寿司屋は対象外です。
理由は、
高くて手が出ないから、
やはり庶民的な値段の喰いモノこそ、真にウマイモノ
だからです。


まず、

リンガーハットの長崎チャンポン。 450円

http://www.ringerhut.jp/menu/all/index.html

太麺に豚骨スープが絡み合い、他では出せない抜群の味です。おまけに値段もリーズナブル。絶対にはずせません。


ついで、
吉野屋の豚丼。330円

http://www.yoshinoya-dc.com/

最初のころはイマイチの味でしたが、随分に進化しました。「逆境は進化の種」を証明する究極の味です。
ちなみに復活した牛丼を食べるのも楽しみ。

松屋 VS 吉野屋論争もあるが、松屋が好きなのはハンバーガーが好きなガキ。大人は、米の旨い吉野屋なのです。

と、意味もなく挑発的なことを書いています。
食べ物の事を書いていて、お腹が空いて気が立ってきたのかも?

そして、

はなまるうどん かけうどん中210円http://hanamaruudon.com/

シンプルなさぬきうどんの麺のおいしさを楽しめます。

昔、高松出身の同僚と一緒に讃岐に行ったときに、宇高連絡船(もう、「なんだそれ?」っていう人もいるのだろうか?)で、立ち喰いうどんを食べて、さぬきうどんのうまさに絶句。高松市内で次々に押し寄せるうどんの美味におぼれました。
はなまるうどんは、まさにその味の再現です。

なお、ここで注文するのは、「かけうどん」です。決して見栄をはってきつねうどんを注文してはいけません。なぜなら、かけうどん210円、きつねうどん399円。油あげの代金は実に189円。見栄は敵!
それに、かけうどんでも、天かす、ネギ、かつお節はタダなので、十分豪華です。

自身をもって「かけうどん」と注文しましょう!


最後は、
大阪回転すし あきんど 1皿105円均一http://www.akindo-sushiro.co.jp/

廻る寿司 祭り 1皿105円均一http://www.fujiyanet.co.jp/11sushi/02matsuri.htm


うちの実家の近所に道路をはさんで並んでいるこの2件の回転寿司。
(これだけの情報で、実家がわかってしまう?)

非常に高いレベルで張り合っています。
とっても美味しい! それに、どちらも、すべて105円均一。皿の色を見ながら「イクラを喰いたいが200円皿だよ! う~む!」とか悩まなくて済む。トロも大穴子も大エビもすべて105円。
いったいどうやってこの値段が実現するのかが不明。

実家に帰るたびに、「今日はどちらに行こうか?」 悩ましいのでした。

[ 2007/04/05 00:21 ] その他:その他 | TB(0) | CM(0)















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。