【祝】タクシン元首相が帰ってきた

ニューヨークの国連会議に出席している際に発生したクーデター以来、海外生活をしていたタクシン元首相が本日タイに帰ってきました。

クーデターが発生した際には、日本のメディアの論調は「住民の支持を失った独裁的なタクシン政権を、住民の支持をうけた軍がクーデターをおこした」的でした。

が、タイに住んで、タイ人と接している人間なら、「タクシン元首相が圧倒的な住民の支持、特に『非大学卒』の支持を受けている」ことは日頃の生活で明らかです。


確かに、多くの公務員や大学生、実業界など、社会のエリート層の多くは反タクシンでしたが、庶民の多くは以前からも、今もタクシン元首相を支持する人が圧倒的に多いのです。(南部を除く)


(筆者の周りの複数の大卒タイ人は、「地方の教養の無いタイ人がタクシンを支持している」との傲慢な意見を言っていました。 「数は少なくても『正しい方向』に導くのが真の民主主義だ」とも言っていました。 少なくとも筆者は、「教養の無い人間」に強いシンパシーを感じます。 自分は、「教養がなくて良かったなあ」と心から思うのでした。



今回の親タクシン勝利の選挙結果は、当然の結果ともいえるのです。


筆者は、タイに政治に関して、特定の政党や政治家を支持を表明することは避けていますが、少なくとも「住民の支持をうけている」タクシン首相の帰国は非常に喜ばしいことです。

タイの発展を期待する人間の一人として、クーデターは非常に残念な事件でしたが、今回のタクシン元首相の帰国で、タイも政治的にも成熟していくのを期待したいと思っています。


ああ、でもクーデターのあった夜は長い夜だったなあ。
クーデターの日の翌日に重要な大きな会議があったために、その対応に追われました。
今から思えば、懐かしいできごとです。


参考;
タイのクーデター;とりあえずの総括

タイのクーデター;ちょっと戻って3月の新聞記事



恐るべきタイ人 (謎の母娘)

タイに長くいると、だんだんタイがわかってくる。

タイに来て当初は、

「タイ人はなぜ約束を守らないのか?」
「タイ人はなぜ責任感が薄いのか?」

などと、悩むこともあったが、タイに長く住むとそれらが誤解に基づくものだとわかってくる。
タイ人は約束も守るし、責任感もあるのです。ただ、「約束」や「責任感」の定義が若干ことなっているだけなのです。

でも、タイに何年住んでも理解できないこともあります。


これを見てください。バンコク某所での母娘の盗撮です。
恐るべしタイ人1




アップです。恐るべしタイ人2




この50代とおもわれる母親のカバンは何なのだろう?
30代と思われる娘の女性のパンツのガラはなんなのだろう?


何年いても常に謎な恐るべきタイ人です。


祝! ついに5万アクセス! ;  Yahoo!がGoogleを圧倒!

2008年2月23日 通算5万アクセスです。
2006年10月にブログを開始してから、約1年5ヶ月なので、1日平均100アクセス程度となります。このところはコンスタントに1日200アクセスオーバーです。



ちなみに、このブログへのアクセスはその6割近くがGoogleやYahooからの検索エンジンからのお客さんです。





次は、2月1日から21日までの検索エンジン別のこのブログへの訪問者への一覧表です。

検索エンジン



Yahoo!が圧倒的に多くて、1695検索数。ついでGoogleが994検索数。
この2つで96.3%を占めています。以下、goo、Biglobe、msn、exciteと続きますが、誤差のようなもの。

世間では、「Googleが圧倒的に強くYahooが厳しい」などと言われていますが、このブログでは、なぜかYahoo!が圧倒的に強いのでした。
(当初はGoogleの方が多かったのだが、最近数ヶ月はYahoo!の方が多いのです)


なぜなのだろう?



バンコク高層コンドミニアム近況

バンコクを代表する高層コンドミニアム(マンション)といえば、ステートタワー。

バンコクの高層ビル紹介;ステートタワー(STATE TOWER)

でも紹介しましたが、チャップラヤー川を見下ろす68階建ては圧巻です。

屋上にあるドームが特徴的なランドマークにもなっています。


最近完成に近づいてきたのが、

バンコクのおしゃれスポット。ランスワンと、もう一カ所は?

で紹介したスクンビット通りソイ24付近の高層コンドミニアム群。
これらができると、スクンビット通り付近のエンポリアムからラマ4世通りに近いプレジデントパーク付近まで高層コンドミニアム群が完成することになります。


そしてバンコク高層コンドミニアムの本命ともいえるのが、

バンコクの高層ビルの建設認可

で紹介した。「Millennium Residence @ Sukhumvit」。50階建て以上のコンドミニアムが4棟立ち並ぶ様子は圧巻としかいうしかない。


millennium_main2.jpg
ベンジャキット公園方面からの完成予想図です。


必ずしも売れ行きは好調とはいえないようです。建設がはじまって大分たっているのに、いまだにセールスオフィスがあったりします。
(高級布団のセールスオフィスに間違って行ってしまうとローンで売りつけられる恐れがあるが、コンドミニアムのセールスオフィスに筆者が行っても『間違っても』売りつけられる心配がありません。カネがないし、ローンも審査が通らない。でも、そんな高級セールスオフィスには庶民としては立ち寄りがたい雰囲気なのでした)

でも、工事の方は大分立ち上げってきました。

高層コンドミニアム_R
スクンビット22方面から見た建設中の様子です。奥にはベンジャキット公園の池が見えます。4棟一気に建設される様子はけっこうすごいですね。







北仲
こちらは、横浜馬車道・桜木町付近に森ビル他が計画している高層コンプレックスです。
56階建ての高層ビルを中心として、コンドミニアム(マンション)・ホテル・ショッピングセンター・オフィスからなる結構魅力的な計画です。

馬車道の北仲通プロジェクト  を参照


この「一番高いビルが4本並ぶ」と考えると、「Millennium Residence @ Sukhumvit」のすごさを改めて感じます。


参考;バンコクのコンドミニアム関係記事;
バンコクのマンション(コンドミニアム)の管理組合理事会;タイ人の日本ブランド信仰は健在だった

小ネタ集;4つ買えば、1つ無料


タイの庶民の住宅状況

有名な長屋が危機です!

計画見直しか?セントラル ラマ9世店

パタヤの91階建てビル



無惨! ホタルの木が切り倒される!

ナイト水上マーケットとホタルのクリスマスツリー

で紹介したアンパワンのナイト水上マーケット近くのホタルの木についてです。

川添いの木(ランプイの木)に無数のホタルがとまり、一斉に点滅するのは一見の価値があります。

ところが、そのホタルが危機らしいのです。

アンパワンの水上マーケットから船に乗ってホタルの木を見に行くのですが、大勢の観光客が行くので船のエンジン音がとてもやかましい。

そのため、付近の住民がホタルの集まるランプイの木を切り倒してしまうそうなのです。

かたや、観光のためもあってホタルの養殖・放流をしている一方で、やかましいからといって、ホタルの集まる木を切り倒してします。

なかなか、寂しいと思います。