タイ風【山菜スープと焼きおにぎり】

タイを語るときに、

「タイでは食料が豊富で食べ物に困らないから、のんびりしているのですよ」

などと語る人が大勢います。

食べ物が豊富なことと、のんびりしていることの因果関係は不明ですが。
(筆者は、関係ない! と思っています)

いずれにしろ、食べ物が豊富なのは間違いありません。

地方では、池には魚、道ばたにはパパイヤなど果物、カエルや虫などのタンパク質も森で採れるし、山菜も豊富です。貧乏でも飢え死にすることはありません。 

タイ全土で森林が減少し、いわゆる里山が減少し、自然の食料は減ってはきているのですが。

ところが、タイの地方の人にとって自然の食材は減少し、山菜やカエル・虫などはかえって高級品となってきています。

そのあたり日本と共通するところはあるのかも。
(筆者も小学校・中学校のころは毎日のように、ワラビ・ゼンマイ・タケノコ・タラの芽・フキ・スカンポ・セリなどを採り山にいったものです。父親はたまにマムシや魚・鳥などをとってきました。こう書くと「どんな田舎だ?」と思うかもしれませんが、一応大阪の端っこです。)


で、代表的な山菜田舎料理のひとつは、ゲーンパー(山菜カレースープ)。
おなじゲーン(カレースープ)でも、ゲンキヨワーン(グリーン カレー)やゲーンソム(オレンジカレー)などは、精錬された味なのに対して、パラ(プララー;子魚の発酵させたもの)風味のあっさりした素朴な味です。山菜やキノコ、タケノコなどが具材です。

これが、とっても旨いのです。

やっぱり、タイ料理は田舎料理が一番!  

このゲンパーはタイ料理店にはあまりありませんが、庶民的なイサン(東北タイ)料理店にいけばあります。ところが、前述したように山菜は高い(特にバンコクでは)なので、具材に本物の山菜を使うことはあまりありません。本物を食べようと思ったら、村にいくしかないのです。


で、今回のネタは実はこのゲンパーではありません。

ゲンパーの亜流で、ゲーンヘット(キノコカレースープ)です。
具材はズバリ キノコ! 代表的な森の具材です。


ゲーンヘット1

これは、野生のキノコです。地方に行くと道ばたで売っていたりします。




ゲーンヘット2
ゲンヘットの屋台。 様々なキノコがあります。旨そう!
残念ながら、このバンコクの屋台では栽培モノのキノコですが。



ゲーンヘット3
こんな感じでキノコをいれてパラ(子魚の発酵ペースト)とスープで煮ます。これで、30バーツ。キノコは高いので屋台食としては高め。でも、イサン(東北タイ)出身のおばちゃんには大人気の屋台です。

で、この屋台はどこにあるの? と言われるときつい。
あまり見かけることはありません。庶民的な屋台街を注意してみているとたまにあったりします。

この写真の屋台は、
ホワイクワン(Huai Khwang)には穴場の食堂がいっぱい
でありました。





カオジー1
こちらは、カオジーです。
「ジー」とはイサン語で「ピン;焼く」のこと。「カオ」はそのままタイ語で「ご飯」の意味ですが、タイ料理の普通米ではなく、イサン(東北タイ)のモチ米のことです。
但し、カオジーはタマゴとじを塗ります。タマゴを塗ると美味しくないので、筆者はタマゴなしで注文します。




カオジー2
焼きおにぎりそのものです。 醤油を垂らしたい気分100%!!
(奥の黄色いのがタマゴを塗ったもの。手前の白いのは塗る前)


羽田空港の国際化;利用者の視点から

日本にいると、「海外」って遠いところに思えます。

海外旅行をしようと思えば根性をいれてチケットを購入し、(首都圏在住の人の場合)成田空港まで遠い距離を行くことになります。

「海外って遠いところ!」だからしょうがないのでしょうか?


でも、バンコク滞在の筆者から見れば「海外」は遠いところではありません。

実は、バンコクからカンボディアやラオス、マレーシア、ミャンマーは完全に「日帰り圏内」
朝一の飛行機で行って夜にバンコクに帰ってくるって普通です。ベトナムやシンガポールも日帰り圏内ですが現地での滞在を最大限にとりたいときは、バンコクで仕事が終わってから夜にベトナムやシンガポールに移動し、翌日朝から夕方まで現地で仕事をして、夜にバンコクに帰ってくる。
そんな出張って、『ごく普通のあたりまえ』です。

日本でも、東京・大阪間の移動はそんな感じだと思うのですが、バンコクでは国をまたがって非常に気楽に頻繁に移動をしているのです。

グローバル化で、国をまたがる情報・物資の移動が増えつつあり、アジアの中で日本の位置づけがどんどん下がってくるなかで、日本もアジア諸国とそんな風に簡単に移動するって、本当に必要だと思います。

「大阪の顧客がクレームで怒っています。ちょっと明日日帰りで行って顔を合わせて誤解をといてきます」って出張は日本にいると当たり前ですよね。
でも、「大阪」ではなく、「香港」になると、簡単に行けません。
日本の企業が電話や電子メールでコンタクトしている間に、バンコクや中国の企業はさっさと現地に行って打ち合わせているのです。

日本はどんどんアジアから取り残されていく危機を、アジアに住んでいるとひしひしと感じています。

でも、日本の現状をみると、厳しいですね。

まず、
成田空港への移動に時間がかかる!!!!   
おまけに夜間発着ができない!!!

「遠い海外に行くのだから、空港が少しくらい遠くても構わない」
は、グローバル化の前の「海外が遠かった時代」の話です。
現在では、「遠い!夜間発着できない!」は、国際旅客空港としては致命的欠陥があるとも言えます。
成田空港が、どのくらい遠いかを確認します。

住んでいる場所にもよるが、典型的な住宅地として「多摩ニュータウン」に住んでいる人が始発列車で成田空港に行こうと思うと、

多摩センター 5:14発→新宿6:07発(成田エクスプレス)→7:29着成田空港


つまり、前泊なしでは9時半以降の便にしか乗れないのです。
飛行機が飛び立ってからの飛行時間・入国時間・現地の空港からの移動時間を合計で4時間とすると早くて海外の現地に到着するのは早くて13:30(日本時間)到着となる。
また日帰りで帰って来るためには成田空港の都合上21:00までに空港に飛行機が到着する必要がある。つまり、18:00(日本時間)に現地空港発。つまりチェックインは16:00。
結局、成田空港を使う限り現実的には、「日帰り出張は不可能」です。


これが羽田空港だと、
多摩センター 5:14発→新宿5:57発→品川6:18発→6:32着羽田空港

となります。つまり、国際線チェックイン2時間前として、多摩センターに住んでいる人は8:30の国際線飛行機に乗れる。やはり、4時間として12:30(日本時間)に現地到着です。

また、羽田は夜間離発着可能なので、23時着の飛行機で帰ってくるとして、18:00(日本時間)に現地空港チェックインです。

つまり、現地での実働時間は12:30から18:00まで。十分日帰り圏内といえます。


「おいちょっと待て! 多摩ニュータウンなど東京都民の都合ばかり考えるな! 千葉県はどうなるんだ?」という意見が聞こえてきそうです。

そのため、多摩ニュータウンの代わりに千葉県の船橋で調べてみます。

船橋発の始発は5:22分です。

京成船橋5:22発→6:21着 成田空港 

6:20に成田空港に着です。

では、船橋から始発で羽田空港に行くにはどうでしょう?

船橋4:31発→浜松町5:30発 →5:51着 羽田空港

なんと、羽田空港には5:50に到着可能なのです。

千葉県の船橋からも羽田の方が便利ともいえます。
さらに、夜は夜間離発着可の羽田の恩恵を千葉県住民も受けることができます。


そう考えると、羽田空港の(再々々々拡張による)完全国際空港化、成田空港の貨物空港化の極端な意見もあるようです。

正直言って、筆者的にはその方が合理的なのかなとも思います。しかし、千葉県の反発を考えると、近距離国際路線は羽田空港、遠距離国際路線は成田空港の棲み分けが現実的なのでしょう。

但し、千葉県の猛反発があり、それもがすすまないようです。「今までの経緯や利害関係モロモロのようです」 
「今現在、日本がどんどん地盤沈下していく瀬戸際のところで『今までの経緯と言っても、、、、」と筆者的には思うのですが、、、、、
今現在考えるベストの解を出すのが、今を生きる人と子孫にとって大切だと。

で、「今を生きる」利用者にとって、羽田空港と成田空港とどちらが便利かやはり調べてみました。


3月29日 12時前後の首都圏各地から羽田空港と成田空港への電車での所要時間を調べてみました。
       成田空港   羽田空港
東京   1時間26分     28分
府中   2時間08分 1時間03分
横浜   1時間56分     24分

やはり、というか利用者にとって、成田か羽田かといえば、圧倒的に羽田が便利です。

「ちょっと待て! 千葉はどうなる?」
との声に答えて、調べました。

       成田空港   羽田空港
千葉       42分 1時間13分
船橋       47分 1時間02分
木更津 1時間38分 1時間59分


残念ながら、千葉県各地からは成田の方が早く着きます。
でも、冷静に見てください。そんなに大きな差はないと感じませんか?
そのうえで、「夜間離発着可」のメリットは千葉県民も受けるのです。
筆者的には、総合的に考えると千葉県民にも「羽田空港国際化」のメリットがあると思います。
(しかも、成田空港への上記所要時間ほとんどは成田エクスプレス・京成ライナーなど有料特急利用の場合。羽田空港行きは有料特急は利用しておらず、交通費は羽田空港の方がかなり安い)


さらに、


ここでは、列車の所要時間のみを書きましたが。実際には木更津・川崎間にはアクアラインがあり、木更津・羽田空港間はバスでなんと37分で結んでいます。木更津以南の千葉県民にとっては、「羽田空港へ行く方が早い」という人も多いのではないでしょうか?


さらに、首都圏以外の人についても考えます。

静岡や福島から新幹線を利用して東京に来て飛行機に乗るケースを考えます。


       成田空港   羽田空港
福島   3時間11分 2時間17分 


やはり、羽田の方がかなり早いです。




       成田空港   羽田空港
静岡   2時間41分 1時間25分

東海道新幹線沿線では品川駅を利用できるため、もっと劇的に変わりますね。


しかも料金もかなり変わってきます。

福島・成田空港 11210円
福島・羽田空港  8660円

静岡・成田空港  8580円 
静岡・羽田空港  6070円



羽田拡張、横浜市が反旗 国際化で平行線 貸し付け凍結
3月21日8時1分配信 産経新聞


 平成22年秋に完成予定の羽田空港の再拡張事業と国際化に伴い、平成17年度から5カ年計画で国に計100億円の無利子貸し付けを行っている横浜市は20日、19年度以降の貸し付けを凍結する方針を固めた。国に反旗を翻す形だが、同様に無利子貸し付けを行い、同じような国際化を求めている神奈川県と川崎市も同調する可能性がある。

 4本目の滑走路完成後には、発着回数が現在の約30万回から約40万回に増加。同省は増加分のうち3万回を国際線就航にあてる方針で、ソウルなど2000キロ圏内の就航を検討している。これに対し、横浜市は、ASEAN諸国を含め、経済発展の目覚ましい東アジア地域をカバーするおおむね6000キロ圏内の就航を主張。市民の利便性向上や首都圏企業のビジネスチャンスが広がるとして国に働きかけてきた。

 しかし、国は「国際線は成田、国内線は羽田」とのスタンス。無利子貸し付けの際に横浜市などと合意した「広い国際化」をめぐる協議は実質行われていないため、「約束がほごにされた形で市民の税金を貸し付けるべきではない」(市幹部)と判断した。

 神奈川県の松沢成文知事も昨年10月の横浜、川崎両市の首長懇談会で「(国に)約束事をやっていただけなければ貸付金の引き上げはオプションの一つ」と発言しており、県と川崎市が追随する可能性がある。

 東京都も計1000億円の貸し付けを行っている。石原慎太郎知事は昨年5月の会見で「近距離だけではナンセンス。せめてASEAN諸国まで足を延ばすべきだ」と話している。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080321-00000041-san-soci


横浜市の判断は(ASEAN諸国を含め、経済発展の目覚ましい東アジア地域をカバーするおおむね6000キロ圏内の就航を主張。市民の利便性向上や首都圏企業のビジネスチャンスが広がる)は極めて当然のこと。但し、神奈川・横浜VS千葉の争いではなく、「市民」とは首都圏から東海・東北・甲信越にいたる多くの市民への利便性と、企業への裨益(=国民への裨益)を考えて欲しいものです。

但し、横浜市の強行姿勢は千葉の反発を招きかねないですね。
千葉県関係者は「羽田が国際化したら、千葉上空を飛行機が飛ぶのを許可しない」
などとの発言もあるようですが、「千葉県は北朝鮮か?」と思うくらい話にならない感情的な意見がでているのが気になります。


結論;

利権やメンツ・思惑ではなく、国民・利用者の意見を最大限に尊重しろ!!!



[ 2008/03/29 10:06 ] その他:その他 | TB(0) | CM(10)

『鶴瓶の家族に乾杯』的タイ旅行

NHKの番組で『鶴瓶の家族に乾杯』というのがあります。
ウィキペディア;鶴瓶の家族に乾杯

笑福亭鶴瓶が日本全国旅をするのですが、行き当たりばったりで様々な人と出会い、様々な人のお宅を訪問する番組です。 旅行番組として筆者の一番好きな番組です。

ちなみに、昨年の紅白歌合戦の司会が笑福亭鶴瓶だったのは、NHKのこの番組のヒットのせいだったこと、さだまさしの歌った歌が『Birthday』だったのは、この番組のテーマ音楽だったことが、勘ぐるまでもありません。

ちなみに、NHKの番組についての記事を書くと、NHKからのアクセスがあるのです。
(ブログのアクセス解析でわかります)
NHK社内からのアクセスなので、業務として見ていると思うのですが、好意的に考えると、
「NHKへのブログでの評判を調査している。」
のでしょうが、
「批判的記事を書いていないか?」
チェックされているようでイヤな気がします。




そういう、行き当たりバッタリ&人と触れあう旅行、、、、って、旅行の醍醐味ですよね。

「知らない街を訪ねてみたい、知らない人と巡り会いたい! どこか遠くへ行きたい!」
的旅行って魅力的です。

が、たとえば日本で、見知らぬ人に声をかけて、見知らぬ人の家をいきなりおじゃまする。

そんな旅行ってできない」ですよね。 鶴瓶やさだまさしなど有名人だから可能なのです。

道ばたの女の子にいきなり話しかけて、「家へ行ってもええ?」と話しかけると、119番通報されそうです。


以前筆者が日本で中古マンションを買おうと思って、候補の物件の前をうろうろして写真などをとっていたりしたら、近所の人が近づいてきて、「何をしているんですか?」とすごい剣幕で詰問されてしまいました。きっと、「怪しい人」と思われたのでしょう。確かに筆者は怪しい風体(かつ貧弱な風体;でも、お腹の脂肪だけはふくよか)なのですが、、、、、


でも、ここタイではそんな旅行ができるのです。
さすが、バンコク都心部ではちょっと厳しいのですが、ちょっと郊外に出るともう大丈夫。

道ばたで夕涼みしている人に話しかけ、ちょっと親しくなったら家におじゃまして、いろいろ食べ散らかすなんてことはごく普通。近所の人も集まって、まさに『鶴瓶の家族に乾杯』的タイ旅行になります。

先日もノンタブリ県(注;バンコクから20kmほどの郊外)をぶらぶらしたとき、「タイ風の伝統の家を改装した家が近所にある」という話を聞いてその家にいくと、「お上がり」と家の中にはいって、お菓子とお茶をいただいて、また「娘さんが高校時代に日本語を勉強していた」とのことで日本語談義。そして、その近所の家に上がり込み自家農園で作った果物を食べて、最後はやはりその近所の食堂をやっているおばちゃんの店で(タダでメシを喰う)なる小旅行をしました。
(そのネタは、近日中にアップします)

聞いているだけで楽しい旅行だと思いませんか?

タイでは、『鶴瓶の家族に乾杯』的旅行が誰にでもできるのです。


ところで、以前チェンライを旅行したときのこと。

観光地でも何でもない田舎の村にひょこっと行きました。
(実は別の村で知り合った人に「山の村に行きたい」といって連れてきてもらった。)

村の入り口では、母さん達が子供の世話をしていました。
が、話しかけてもいまいちのってこない。
別の男性に会っても反応は鈍い。

むむ、ちょっと厳しい感じ。

しかたがないので、「この村の学校はある?」と尋ねて学校の方に向かう。

途中でおばあさんと出会い世間話をはじめる。最近まで別の村に住んでいたのだが、歳をとったので娘の家に引き取られてこの村に来たとのこと。
おばあちゃんの家に行ってもいい? と尋ねるとOKとのことで一緒に家に向かう。
お婆ちゃんの家に行くと、その娘やその親戚などと親しくなり、親戚に家でカラオケまで楽しんできました。

こういう旅がいいんだよなあ。


実は、「楽しい!」だけでなく、こんな旅から、いろいろなことが見えてきたりもするのです。


この村のマイちゃん。15歳の可愛い女の子です。



マイちゃんについては、開発援助(エンパワーメント)関係記事になるので、
興味のある人は、姉妹ブログの
小学校に行けないマイちゃん
にどうぞ!

おおっ!! こういうのを、コラボ企画! と呼ぶのだろうか?

(マイナーブログとカスぶろぐのコラボ企画?)


チェンライのとある村1_R
山の上のモン族の村です。


チェンライのとある村2_R
村の様子。こちらは親戚の家。


チェンライのとある村3_R
おばあちゃんの家の内部の様子。モン族の家は土間です。


チェンライのとある村4_R
蒟蒻(コンニャク)を煮込んでいました。


チェンライのとある村5_R
田舎コンニャクです。結構美味しい。この他にもサトウキビの丸かじりや、薬草茶をいただきました。


バンコク地下鉄網その後の様子

バンコク地下鉄網  で将来のバンコク交通網整備計画(鉄道網整備計画)を紹介しました。

また、
噂の地下鉄新路線  では、妄想気味の鉄道計画も紹介しました。

その後このブログでは紹介していませんでしたが、着実に鉄道網の延伸計画・新路線計画が進んでおり、パープルライン(ノンタブリ県バンヤイ・バンスー間)などは入札準備まで進んでいます。


station_map_crop_a4_1.jpg
↑これが、最新の路線図です。

ところが、サマック首相は鉄道計画に相当こだわりがあるようで、一部見直しを指示しているようです。



Transport Minister Santi Prompat will have agencies under his jurisdiction adjust their subway projects to match the nine new routes proposed by Prime Minister Samak Sundaravej. The minister met Prapat Chongsanguan, the governor of the Mass Rapid Transit Authority (MRTA), yesterday to discuss the Purple and Blue Lines under the state enterprise's responsibility.
Mr Santi said Mr Samak wants to extend the MRTA's Purple Line from Nonthaburi's Bang Yai district to Sai Noi district in the same province. For the Blue Line, the prime minister wants to scrap the Hua Lampong-Tha Phra-Bang Khae section to complete a loop from Bang Sue to Tha Phra, Rama IV and Klong Toey instead.
Mr Santi said the change would not delay a bidding contest for a contract to build the Purple Line because the extended section to Sai Noi could be developed later.
Therefore, he said, the bidding contest for the existing Bang Sue-Bang Yai section can take place next month as scheduled. The MRTA should select a contractor within April and construction should start next year, he said.
The minister said he will discuss all subway projects with the MRTA, the Office of Transport and Traffic Policy and Planning and other relevant agencies on Wednesday, adding that Mr Samak's initiatives are not that different from the original plans.
The nine routes proposed by Mr Samak will be 311 kilometres long altogether. They include the Purple Line's 35km section from Bang Yai to Sai Noi and Dao Khanong and a 36.6km Green Line section from Mor Chit to Saphan Mai, Lam Luk Ka and Rangsit..

However, Mr Prapat said he was opposed to the idea of changing the Blue Line to go from Min Buri to Salaya.
He said he would like to keep the Blue Line's original section from Hua Lampong to Bang Khae as it was designed to relieve traffic congestion in the inner city.

(バンコクポストから;http://www.bangkokpost.com/090208_News/09Feb2008_news07.php)

大きなところでは、下記の変更です。
(1)パープルラインをバンヤイからさらに先のサイノイまで伸ばす
(2)ホワランポーンからバンケーに伸びるのを計画していたブルーライン(現在のバンスーからホワランポーンの路線の延長)をバンスーからタープラを経てホワランポーンに至る完全なる環状線にする
(今までの計画では大江戸線のような投げ縄型の中途半端な環状線)

(1)に関しては、サイノイを住宅・商業地域として開発していくことは既定路線ですので、その意味では違和感はないのいですが、同様な開発地域は他にもあり、「なぜサイノイなのか?」は不明です。

(2)に関しては、バンケーはBTS延伸でカバーされる地域でもあり。大江戸線のような中途半端な環状線より、すなおな山手線のような環状線の方が利用者にとってわかりやすいのではと思います。

なお、下記はサマック首相のバンコク都知事時代の鉄道網マスタープランです。

SamakRingtn.jpg
 出所;http://2bangkok.com/2bangkok/MassTransit/Samakplan.shtml





ところで、このブログでは便宜上「地下鉄」としていますが、実際は地下を走る部分はほとんどなくBTSのような高架方式となります。MRT (Mass Rappid Taransportation)ですので、高速大量輸送網と呼んだ方が良いかもしれません。


ところで、先日ノンタブリ県の土木課にたまたま立ち寄ったときに職員と雑談したのですが、「バタバタ方針が変わって現場は混乱している。現在は方針が降りてくるのを待っているだけで新聞から入る以上の何の情報も持っていない。」といっていました。
混乱は当面続きそう?

近未来的公園;ペットと一緒にいける公園シリーズ

バンコクでは、ペット(犬)の公園への入場は原則禁止です。
特に、ルンピニー公園やベンジャキット公園、ベンジャシリ公園などバンコク中心部では厳しく禁止されています。 が、そこはタイ。バンコク中心部からちょっと離れると「実質OK」のところもあります。

今までも、次のようにいろいろ公園を紹介してきました。
( ペット(犬)との散歩・旅行 を参照)


今回は、ちょっとシュールな近未来的風景の公園の紹介です。

まずは、写真から。


パパデーン公園1


上空を道路が何本も通る公園です。一体どうなってんだ? 的公園です。


パパデーン公園0
   チャオプラヤー川を2回一気渡り!(川沿いの庶民派夕涼みレストラン)  で紹介したチャ橋の丁度中間的に位置する公園です。(公園の名前は忘れました。誰か教えて!)



パパデーン公園4
まるでリゾートホテルのような雰囲気です。無料で楽しめる公園としてはなかなかうれしい!



IMG_4516_R.jpg
一応ペットの立ち入りは禁止されているが、沢山のペットが遊びに来ています。



パパデーン公園5
こちらは、ペットではなく野良犬のようです。


パパデーン公園2
公園内にはモン族博物館があります。この地区はクレット島と同様モン族(北部少数民族のモン族とは別)が多く住む場所です。


パパデーン公園3
博物館の内部では、モン族の習慣・風習などを紹介しています。



パパデーン地図NEWS_R
地図です。


参考記事;
バンコク近郊の水上マーケット ベスト5!

バンコク中心部の自然公園でカヌー!

タイで唯一の都市型コミュニティ公園(犬と一緒に行ける公園シリーズ)