美人弁護士だった.

タイのトラブルの際の話し合いがどうされるのか、具体的に筆者が体験した例を書きます。
これが普通なのかどうかは知りませんが。でも、タイらしいと筆者は思うのでした。


--------------

先日、知り合いのタイ人から頼まれた。
「土地の境界問題で隣接の土地のオーナーともめている。相手側と話し合いをするので、立ち会ってもらえないか?」

タイでは、土地の登記制度や測量の精度が不十分なため、(そして何より各種不正によって;多分)土地問題が結構多い。

いろいろな政府機関/NGO機関を訪問して、問題・課題などを尋ねるこも筆者の仕事上多いのだが、かなりの確率で「土地問題(土地の所有権・境界問題)」が発生していると聞いている。



といいつつ、「問題が多く発生しているのだなあ!」と思うだけで、具体的に深く足をつっこんだことがなかった。


今回は、土地問題の相手方との交渉にハクをつけるために、筆者が呼ばれたらしい。
かといって、ゴタゴタに巻き込まれるのはいやなので、
「あくまで立ち会うだけ。発言はしない」
を条件に交渉に同席した。



知人が所有するビル(土地)と問題の相手ビル(土地)は隣り合わせ。
今回、その隣のビルのオーナーが土地を第三者に販売しようとするところから話しははじまった。
すでに、販売相手先も決まり、そのビルを撤去してコンドミニアム(マンション)を建てる予定とのことだ。

当方側は熟練の弁護士を雇っている。多分50代後半と思われる。海千山千という感じ。
弁護士との契約詳細は知らないが、報酬6万バーツとのこと。
おおっ、結構な金額ではないか。
しかし、バンコクの中心地で土地の問題というとお金には糸目をつけられないのだろう。


で、相手側が交渉の席に来た。
ほとんどおじいさんのオーナー、、、、、、そしてもう一人びっくりするような美人だ。
品のよい正当派美人。20代後半かというところ。思わずオヤジ光線を発揮して見とれてしまった。

この女性が相手側の弁護士とのこと。 

うち側の弁護士が怪しげな50代男性で、相手の弁護士が美人弁護士。

筆者としては、相手側に寝返ろうか! と悩む。


が、悩んでいるうちに交渉が始まってしまった。

「筆者の席は『怪しい側』だが、筆者はあなたを応援しているからね」と心でその美人弁護士にエールを送る。

筆者の思いが通じたのか、美人弁護士は幾分安心したような表情をみせた。
(と筆者が勝手に思いこんだ)


まず、美人弁護士が話をはじめる。

「ここに土地局で入手してきた登記簿があります。」


おお、さすが、美人弁護士! 声もなかなかすばらしい。


が、筆者の知人は会社の人との話をやめない。

美人弁護士が続ける。

「それによると、当方の土地は3つに分割されて何の問題もなく登記されています。

筆者の知人はぺちゃくちゃ、ぺちゃくちゃ。
まともに聞いていない。

美人弁護士がたまりかねて、遮る。

「大事なことを説明しているので、きちんと聞いてください」


知人は、

「はいはい、聞いてあげますよ! よい子のおじょうちゃん。」

完全になめている。

美人弁護士はむっとしただろうに、さすがプロフェッショナル。気を取り直して続ける。

「登記簿にきちんと登録されて、その証明書もタイ政府から発行されています。我が方の土地の所有はタイ政府の法律によって守られています。わかっていただけましたか?」


知人、

「わかった。」


さすが、美人弁護士!あっという間に終わってしまった。

筆者の応援のたまものだ。と筆者は安堵する。


で、知人;

「おまえアホか? なに寝ぼけたこというとんねん! そんなことは登記簿をみりゃわかるわい。 その登記簿がまちがっとるんやんけ!」

注;知人が大阪弁で言ったわけではなくタイ語で言いました。但し、その雰囲気をあらわすには大阪弁に意訳するのが最もふさわしいと判断しました。


美人弁護士;

「登記簿に異議があるなら土地局にクレームをつけてください。当方は現時点で正規の登記簿を持っているため、現時点で販売する権利を保有します」


知人;
「なにゆうてけつかんねん、このアマあ! メンタマひっこぬくぞ! 土地問題でガタガタしている土地を誰が買うねん? こっっちが納得せんと実際上売ることはできないやで!

注;かなり脚色ははいっています。


あまりの暴言・雑言に美人弁護士の目が赤くなっている。

筆者としては、「美人を助ける」主義主張を持つのだが、一方で「すわっているだけ」の立場での参加だからどうしようもない。


美人弁護士、立て直してきた。

「それでは、そちらの言い分を聞きましょう。そちらが主張する境界の根拠はなんですか?」

知人;
「ここに土地図があるだろう。それの境界図によるとうちの土地の範囲はそちらにずっとくいこんでいるんだ」


美人弁護士;
「その図面ははじめて見たので今コメントをできません。もちかえって検討しますからコピーをください」

知人;
「なんでコピーをあげなきゃならないんだ?自分でどこからか入手しろ!」

美人弁護士;
「はやく決着をつけるには、今コピーをもらえた方がうれしいのですが」

知人;
「うちは、早く決着をつける必要がないんだ。土地を売りたいのはそっちだろ? そっちが、譲歩してきたら話し合いに応じてやる」」




美人弁護士は常にまともなことを誠意をもって話してくれる。
筆者としては、「美人」だけで好感度が高いのに、好感度があがりっぱなし。
さらに、目に涙を浮かべながらも気丈に対応している様子は、さらに好感度上昇。


それに引き替え、筆者の知人側の怪しい弁護士はひと言も発さない。
おい、6万バーツ分の仕事しろよ!



で、今回の話し合いは結論がでず、次回に持ち越し。
長引いても全然困らない筆者の知人と、早く売却したい相手側の事情を鑑みると圧勝という感じです。挑発ありいの脅しありいの。
まともな話し合いにさせない戦略勝って感じ。


でも、この知人、こんなイヤな奴だったんだ!!!
もっと距離をおこう! でも、敵にはしたくないなあ。





今回の結論;

頭の切れる美人弁護士でも、交渉につよいとはかぎらない。





Nokia 5700の偽物?もどき?バッタモン?

NOKIA5700でパソコンをインターネットにつないでみる
で紹介したように筆者の愛用の携帯は、NOKIA 5700 Music Xpressです。

で、このNOKIA 5700にとっても似た携帯があるのです。


NKTEL5700_R.jpg
左側がNOKIA 5700  右側がNKTEL5700
デザイン、配色やキーの配置など細かいところまでそっくり。ただし、偽物の方にはソニー・エリクソン
のWalkMan携帯に似たロゴがある。


驚くほどそっくりですね。この偽物携帯はちゃんと使えます。

中国では、下記のURLのようにちゃんとインターネットでも販売しているのです。
http://www.nktel.com.cn/b2b_cpinfo.asp?id=1088




他にもタイではiPhoneもどきNokia N73もどきなど、
「似て非なるモノ」「似ているもの」「本物以上のもの?」などいろいろな携帯電話が売られているのでした。

NOKIA5700でパソコンをインターネットにつないでみる

筆者の現在の愛用の携帯電話は、NOKIA 5700 Music Express

筆者のここ数年の携帯電話(スマートフォン)は、
・Treo230;今は無きPalm採用の名器
・HP iPAQ h2210;WindowsMobileの軽快器
・Dopod900;WindowsMobileの最強器
と続いてきて、
現在は、Symbian S60搭載のNOKIA5700です。

このNOKIA5700見かけはごく普通の携帯電話なのですが、なかなかの優れものです。
購入して8ヶ月立つのですが、いまだに全く不満がないのです。
唯一の弱点はWifiを持たないことなのですが、タイでは満足できるWifiアクセスポイントがほとんど無いので、あまり関係なしです。


ところで筆者の現在の愛用のパソコンは
NECの LaVie J LJ750/HH
そして、インターネット環境は
・自宅ではADSLと無線LAN
・職場では専用線と無線LAN
で、まあまあ快適な環境です。


ところが、外出時はインターネット環境なし。出張時は電話線でダイアルアップなのです。
とっても遅れているのでした。


普通は「携帯電話をモデムとしてパソコンでインターネット」も考えられるのでしょうが、以前携帯電話でインターネットに接続した際にはとっても遅かったので、それ以来外出時はインターネットなしでした。


で、今回外出時のパソコンのインターネット利用が必要になり、改めて接続しました。


その手順紹介です。


IMG_5749_R.jpg
パソコンから携帯電話経由でインターネットにアクセスしている様子
パソコンと携帯電話はBluetooth(無線)で接続しているので携帯電話はポケットに入れたままでも大丈夫


その1;パソコンと携帯電話の接続
筆者はパソコンと携帯電話は常に無線で接続しています。10分毎にアドレス帳やメモなどを自動的に同期させているのです。そのため、新たな設定はなし。
参考;NOKIA 5700 bluetoothが動かない

その2;パソコンの設定
筆者の携帯電話はAISなのでAISのホームページから設定情報を入手
http://www.mobilelife.co.th/mobilelife/th/serviceinfo.jsp10?page=mobilesetting
それによると、
ダイアル番号;*99***1#
ユーザーネーム;なし
パスワード;なし

とのこと。早速WindowsVistaの「コントールパネル」から「電話とモデムのオプション」を選び「モデム」を選択し、追加をする。「Nokia 5700 Xpress Music Blutooth Modem」が設定された。

次に、やはり「コントロールパネル」の「ネットワークと共有センター」から「接続またはネットワークのセットアップ」から「ダイアルアップの接続をセットアップします」で「Nokia 5700 Xpress Music Blutooth Modem」を設定。そして上記のダイアル番号を設定。

そして、ダイアル!

....
....
....

つながらない。


もう一度トライ!


....
....
....

やはりだめ。エラー番号962とのこと。

AISのコールセンターに電話をする。

インターネットの設定の担当者が塞がっているので折り返し電話をするとのこと。

30分ほどすると電話がかかってきた。

エラー番号962だと言うと。
「携帯電話の電源を一旦切って電源を入れろ!」
って。

えっ、ありゃりゃ、そんな簡単なこと?

礼を言って電話を切り、やってみるとやはりダメ!

再度コールセンターに電話。

やはり、担当者が塞がっているのでおりかえし電話をかけてもらう。

「Bluetoothを一旦OFFにしたうえで電話の電源を切ったうえで、BluetoothをONにしろ!」

「やはり、そんな簡単なこと?」

で、やってみると、動いた!


こうして無事携帯電話経由(かつBluetooth経由)でパソコンでインターネットができるようになりました。



速度もまあまあ、なんとか耐えうる範囲内。
メールチェックくらいは十分できる。




参考記事;
Nokia 5700とスマートフォン
NOKIA 5700のアドレス帳の改良
NOKIA 5700 (Symbian S60)用の電子辞書

期待の東北縦貫線着工

JR東日本が東北縦貫線の着工を発表しました。

東北縦貫線とは、東京駅と上野駅の間に新線を建設し、

宇都宮線(東北本線)・高崎線・常磐線の3線と東海道本線とを直通運転させようというものです。

現在は、上野駅と東京駅の間には、山手線と京浜東北本線としかなく、かつ両線とも緩行線であることから、所用時間的にも混雑状態も「どんずまり状態」なのです。

その対策として、東北縦貫線は古くから計画されていましたが、地元の反対などで延び延びになっていたものです。一部区間ではなんと東北/上越新幹線の丈夫に東北循環線の線路が設置されることになります。

快速列車線としては、山手線西側には、すでに埼京線・湘南新宿ラインが走っていたのですが、東側は上野・東京間に今までは一切の快速列車がなかったのです。
東北縦貫線の開通により、東側にも大宮~東京~横浜間の快速列車が走ることになります。


今後少子化で日本の人口がどんどん減っていくなかで、筆者的には新鉄道線建設や新道路建設には基本的には消極的意見を持つのですが、首都圏へ人口や経済資本の集中はすすんでいくなかで、この東北循環線にはとっても期待しているのです。
(他には、今年開業予定の池袋・渋谷間の副都心線(地下鉄13号線)にも大きく期待しています。)

ちなみに、『踊る大捜査線』シリーズの『交渉人 真下正義』では、この副都心線がキーポイントになります、、、、、と、関係ないこだわりを書いてしまいました。

この東北縦貫線は、実はただ単に宇都宮線(東北本線)・高崎線・常磐線の3線と東海道本線を結ぶだけではありません。

成田空港と羽田空港間の短縮にも貢献するのです。

羽田空港の国際化;利用者の視点から
で書いたように、筆者的には羽田空港の早期の国際化が必要と思っているのですが、一方で首都圏で2つの空港は必要なわけです。
現在はその間の連絡があまりにも貧弱です。

特に問題は、成田空港と羽田空港とを直結できる鉄道はありません。

強いていてば、京成電鉄と都営浅草線、それに京急が乗り入れているので改札を出ずに成田空港から羽田空港に行くことはできます。
でも、1本の電車で行くことはできないのです。

注;エアーポート快特が成田空港・羽田空港間を1時間46分で結んでいますが、本数が極端に少ないため、ここでは「なし」としました。

2010年に開通予定の京成成田新高速鉄道線を走る新京成スカイライナーに期待したいところですが、新京成ライナーの京急乗り入れは予定していません。理由ははっきりしていて、都営浅草線に急行・特急用の待避線が少ないこと。
「鈍行京成スカイライナー」というのは意味がないのでしょう。

(そういう意味では、筆者的には都営浅草線の待避線建設も重要だと思うのですが、そういう声は聞こえてきません。収支的にペイしないのでしょうね。)

参考; 成田空港・羽田空港間アクセス時刻表(京成電鉄)http://www.keisei.co.jp/keisei/tetudou/haneda.htm

が、この京成成田新高速鉄道線を走る新京成スカイライナーでは期待しています。
日暮里・成田空港間を36分で結びます。
東北縦貫線ができるまでは、日暮里から山手線または京浜東北線で浜松町(東京モノレール)または品川(京急空港線)にでるしかないのですが、縦貫線開通後は快速電車で浜松町・品川に行くことができアクセスはよくなります。

成田空港・羽田空港間のアクセス改善の意味からも、東北縦貫線の早期開通を期待したいと思います。



でも、やっぱり理想は、都営浅草線の改善による成田空港・羽田空港間の直通快速列車ですが。



ちなみに、現在(2008年5月)の成田空港から羽田空港への料金は次のとおりです。

(1)京成・都営浅草線・京急経由  1340円

JR成田線・総武線・山手線・京急経由 1680円

JR成田線・総武線・山手線・モノレール経由 1750円

JR成田エクスプレス・モノレール経由 3580円

成田空港・羽田空港リムジンバス 3000円