スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

パキスタンのテロ

APX200809200011.jpg
パキスタン首都のホテルで爆発、40人死亡 自爆テロか
2008年9月21日0時25分

【バンコク=四倉幹木】パキスタンの首都イスラマバード中心部の「マリオット・ホテル」で20日夜、自爆テロとみられる大きな爆発があり、ロイター通信によると、少なくとも40人が死亡した。多数のけが人も出ている。爆弾テロとすれば、ムシャラフ前大統領の辞任を受けザルダリ新大統領が今月初めに就任後、首都での発生は初めて。

 爆発があったマリオット・ホテルは大統領府や国会に近い首都有数の高級ホテルで外国人もよく利用する。昨年1月にもテロが起きており、厳重な警戒がしかれていた。地元テレビなどによると、爆発物を積んだトラックが正面玄関に突っ込み爆発、ホテル内部に火災が起きた。多くの人が逃げ遅れているとの報道もある。
 パキスタンでは反政府勢力タリバーンに対する掃討作戦が進められており、タリバーンによる報復とみられるテロが相次いでいる。

http://www.asahi.com/international/update/0920/TKY200809200194.html

死者40人を超える大惨事です。実は筆者はイスラマバードのこのホテルは何度か泊まったことがあるのでした。
筆者には相応しくない高級ホテルなのですが、筆者がよく泊まった数年前はあまり高くなかったうえ(数年前から宿泊費が高騰)、安全上警備の充実したホテルということで泊まったのでした。

入り口には金属探知機でチェックがある厳重な警備でした。


自分の「実体験」は、考え方に大きな影響を及ぼすのだと思いますが、泊まったことのあるホテルでこのような事件がおきると特にショックが大きいです。

パキスタンといえば、過激派が闊歩している雰囲気がありますが、

パキスタンに行ったことのある人はわかると思いますが、とっての人間味のある人たちが大勢いるすばらしい国です。もちろん、ちょっと(大分か?)押しの強い人たちですが、インドに比べるとたいしたことはないし、、、、

「CNNで、デモやテロの放送ばかりしてパキスタンの良さを放送しない偏ったマスコミだから世界中の人たちがパキスタンを誤解している」

とパキスタンの人が言っていたのが印象的です。


スポンサーサイト
[ 2008/09/20 22:58 ] その他:その他 | TB(1) | CM(1)

はじめて....作ってみました。

タイにいるとタイ人の対応に腹が立つことが多い。

筆者などは「いい加減」であることに関しては誰にも負けない誇りがあるのだが、

それでも、「俺の方がいい加減だもんね!」と筆者に挑戦してくるタイ人もあとをたたない。


業者に仕事を依頼して、依頼したとおりに仕事ができないことは日常茶判事。

で、言い訳は、「こういう仕事はやったことがないので、、、、(できなくても仕方ない)」


経験があるかどうかなんて関係ない。
一旦受けた限りはがんばってせんかい!!!

と思ってしまう。


でも、そんなことを言えばタイ人に嫌われるので、

「そっか、やったことがないのじゃ、しょうがないね! でも頑張ってみようか!」

でも、顔が怒っているらしく、タイ人はひいていくのでした。






でも、そこが逆にタイ人のよいところなのです。

今日タクシーに乗りました。

運転手が、やけに愛想がよく話しかけてきます。

運転手;「俺、運転が下手なんだ」


筆者的にはどう反応していいかわからず、うろたえた。


実際に車線変更はうまくできないはカーブは大回りするは。

金曜の夜で渋滞の街中だったので、恐怖は感じなかったが。



でも、「運転が下手であることを認識していない運転手」よりは「運転が下手であることを認識して宣言してしまうこの運転手って、、、、、」

怒りを通り越して、「タイ人ていいなあ」と思った出来事でした。







以前なじみの食堂に行きました。
バンコク郊外の田舎度満点の食堂です。

夫婦でやっている、正直言って「しょぼい」食堂です。
料理は基本的にはマズイのです。 めったに客は来ない店です。

でも、筆者的にはそのショボサ・マズサがよく、たまに行くのでした。



ある日、焼き飯を注文しました。


しばらくたって焼き飯がでてきました。

気の弱そうな旦那が、いいます。

食堂の旦那;「うまいかどうか、わからないけど、、、、、、」

って、持って来たのです。

筆者;「?????」

筆者の怪訝な顔つきをみて、旦那が続けました。


食堂の旦那;「はじめて焼き飯を自分で作ってみた」


筆者;「へっ?」


食堂の旦那;「今日は嫁さんがいないので、自分で作ってみた」


オイオイそんなもの商売で出すのかよ?



結局、いつもどおり! マズかった。



やっぱり、タイ人っていいなあ。

ますます、ファンになりました。


ペット可のレストラン;アンチャリーさんの店


日本人の多い地区スクンビット通り。
南側が偶数側、北側が奇数側と呼ばれる。

一応「高級住宅街」となっているが、そこは無秩序の街バンコク。
高級住宅街なんて関係なくおねえちゃんのオイデ オイデするようなカラオケ店があったりして、決してガラが良いとはいえない。

スクンビットの偶数側14までと奇数側21までは、歌舞伎町状態に近く、筆者でもあまり行きたくない雰囲気のところが多いし、高級住宅地と呼ばれる偶数側16から34、奇数側23から55でも、ほぼ必ず風俗店があったりする。

高級住宅とオシャレなカフェ、そして屋台と風俗店が同居しているのがバンコクの風景なのです。


そのなかでもスクンビット ソイ16といえばスクンビットの中でも上品なソイです。

他のソイでは風俗店やカラオケ店の一つやふたつあるのだが、このソイにはない。
(看板の無い秘密クラブがあるのかもしれないが、、、、、)


※34までの偶数側の他のソイでは、すべてのソイに風俗店があります。
  55までの奇数側でも、ソイ41,ソイ43、ソイ45、ソイ47のみ風俗店がない。
(すぐ行き止まりのソイを除く)  

そんな上品なソイの奥にあるのが、ここチョムビューレストランです。


※ちなみに、九州料理店「よかよか」があるのもソイ 16です。
五島列島出身のオーナーと福岡出身の板さんの本格的九州料理店です。
ここの、チャンポンや焼きラーメンはバンコク最高。
但し、値段は全体的に高めなので、チャンポンや焼きラーメン『のみ』頼まないと危険です。



ここは、ペット入場OKのレストランです。



IMG_2486_R.jpg
犬も立ち入りOKです。



月曜から土曜日のお昼のみの営業となります。


風俗店なしのソイ16に相応しい、爽やかな店です。













が、ここで紹介が終わりではありません。


この店のオーナーは、アンチャリー(Anchalee Jongkadeekij ;ニックネーム Pu)さん。
往年の超有名歌手ということで、タイ人なら誰でも知っている。。。。そうです(苦笑)。


知り合いのタイ人に連れられて行ったのだが、

タイ人;有名な「プッ」の店だ。
筆者;わおぉ!「プッキー」の店?
タイ人;違う! 若い方ではなく、年寄りの方! トンチャイと同年代。

などとトンチンカンな会話になってしまいました。誰もが知っている大歌手のようです。

※トンチャイは、P Bird(ピー バード)と呼ばれタイポップス界の、いや世界の奇跡の歌手です。
筆者が始めてタイに来た20年前、「サバイサバイ」が大ヒット中でした。タイで始めて覚えたT-Popsがトンチャイ。その後、常にトップ歌手を走り続けています。しかもポップスで。 50代のポップス歌手ですよ。 ロックやモーラム(演歌)までカバーしている。 しかもお顔ツヤツヤでいつまでも若い。 LOSOのセック(一応ロック歌手) と一緒活動したときもSekに負けないアクションだし、モーラム歌手のチンタラーとの競演も迫力があった。ニコルやKATとの恋人役の競演もしたり(ニコルも年齢詐称があったが)で、年齢不詳のスーパーマンです。 ちなみに、タイ人とのお付き合いでカラオケに行くことは多いけど、バードを歌うと、相手が老若男女誰であってもOKです。

IMG_2513_R.jpg
プ アンチャリーさん 50代とは思えない若々しさ。有名歌手なのに気取らないのも魅力。


店の話にもどります。
アンチャリーさんが大の犬好きということで、ペット可ということです。
で、
アンチャリーさんが敬虔なキリスト教徒ということで、このレストランは日曜日は教会になります。
というわけで、日曜日は休みなわけです。



そして、肝心の料理。
創作タイ料理というべく、ちょっと変わったタイ料理が中心。
基本的には野菜をふんだんに使ったヘルシー料理が中心です。
値段も含めて ◎二重丸です。


IMG_2506_R.jpg
野菜が多いヘルシー創作タイ料理が中心



IMG_2487_R.jpg
庭が売り物のひとつ。でも、まあありきたりか? ちょっと辛口すぎる?



ちなみに、この店にはチャイルドチェアーが置いていませんでした。
オシャレな店なので、子供連れはターゲット外なのか?
で、うちのチビと一緒に行ったとき、オーナーがわざわざチャイルドチェアーを買ってきてくれました。


オーナーって、、、アンチャリーさんですよ。
大歌手が自らチャイルドチェアーを買ってきてくれるって、、、、

うちのチビと一緒に写真にもはいってもらいました。


もちろん、筆者も。


うわぁぁ、、、 すっかりミーハーをしてしまった。

(「アンチャリーさんとプッキーの区別がつかなかったクセに!」とのタイ人の冷たい視線)


CHOM SUWAN
スクンビット ソイ16;ソイ入り口から約800メートルの左側
営業日;月ー土 10:30-15:30
電話番号;0-2663-2169





実現するか? 羽田空港・成田空港連絡鉄道バイパス新線

成田・羽田空港 連絡鉄道

で、8月に成田空港と羽田空港を65分で結ぶ連絡直行鉄道構想について書きました。

2010年開通予定の北総線経由の新スカイライナーが都営浅草線を通じて京急羽田線へと直行するルートです。最短65分で結ぶ計画です。

基本的には既存線(あるいは工事中線)を使うルートであり、その意味では実現性は非常に高い計画です。一番のネックは都営浅草線(泉岳寺・押上間)で快速運転ができないこと。ハード面では、その待避線の整備が中心になります。

この計画のデメリットは、次の2点と考えられます。
(1)都営浅草線、京急線のダイヤを考えると「最短65分」が売りであっても実際は70分以上かかる
(2)日暮里、上野を経由しないバイパス路線には、京成側へのメリットが薄い。

さらに、羽田・成田直通のみでどれほど乗客を確保できるのかも課題です。都営浅草線は都心から微妙にずれている(東銀座、東日本橋など)であり、都心から成田、都心から羽田への乗客増加があまり見込めないのではないかということです。


そんななか、世の中のスピードは本当に素早く動いているのでしょうか、次のような記事がでました。



成田―羽田、鉄道で1時間構想 国交省、都心に新線計画
                              2008年9月7日

 成田、羽田両空港を1時間以内で結ぼうと、国土交通省が09年度から、東京都心に新しい鉄道路線を建設するための調査を本格化させる。世界への窓である成田と、国内網の拠点である羽田の間を移動しやすくし、総合的な交通ネットワークを充実させる狙いだ。ただ建設費は少なくとも3千億円に達する見込みで、実現には課題も多い。
両空港の間は現在、京成電鉄と都営地下鉄浅草線、京浜急行電鉄の相互乗り入れで直通列車が走っており、所要時間は1時間46分。リムジンバスは1時間15分だが、渋滞に巻き込まれる恐れが消えず、時間のめどが立ちにくい。

 京成本線のバイパス機能を持つ成田新高速鉄道(運行は京成)が10年度に開業する予定で、成田(空港第2ビル)―東京都心(日暮里)の所要時間は今より15分短い36分になる。国交省は同線開業を受け、都心を南北に走る都営浅草線の押上―泉岳寺間にバイパス路線を造り、両空港を1時間以内で結びたい考え。東京駅付近への駅の設置も検討する。

 浅草線内は設備上の制約から高速運転が難しい。同線での高速化では、特急が各駅停車を追い抜けるよう部分的に待避線を設ける案もあり、建設費は400億円程度で済むと試算されている。ただ、自民党内に本格的な時間短縮を求める意見もあり、待避線方式よりさらに10分ほど時間を短縮できるというバイパス建設方式に国交省は傾きつつある。

 建設費は京成や京急、東京都、千葉県などと国とで分担する想定だ。建設に向けた調査や関係団体との協議を本格化するため、国交省は関連費用を09年度予算の概算要求に盛り込んだ。2千万円前後とみられる。(山本精作)
http://www.asahi.com/travel/news/TKY200809060225.html



京成押上、京急泉岳寺間に新路線を造って都営浅草線を経由せずに直接京成と京急を接続しようとする構想です。


TKY200809060227.jpg



これにより、成田空港、羽田空港間を1時間を切って接続できることになります。
1時間というのは、心理的な抵抗線としては大きいものがあり、「羽田空港と成田空港を一体的に運用する」うえでの非常に現実感がでてきます。

が、問題はコスト。工事費3000億円が予定されているそうですが、単なる『バイパス』に3000億円をかけて作るほどのメリットはあるのでしょうか?
甘い計画を元に巨額の投資を行うほど日本は資金的余裕がありません。


ところで、このバイパス線が完成すると、

2つのデメリット;
(1)都営浅草線、京急線のダイヤを考えると「最短65分」が売りであっても実際は70分以上かかる
(2)日暮里、上野を経由しないバイパス路線には、京成側へのメリットが薄い。

のうち、(1)は実質的に1時間を切るルートとなりデメリットは非常に薄れます。
但し、(2)についてはやはりデメリットとして残ります。

京成のデメリットを補う方法としては、バイパスルートを押上・泉岳寺間ではなく、上野・泉岳寺間(あるいは日暮里・泉岳寺間)とする方法が考えられます。そうすることにより主要ターミナル駅から事実上の延伸となります。
(朝日新聞では「押上・泉岳寺間」となっているが、、、、)


その上で、朝日新聞にも
東京駅付近への駅の設置も検討する。

とありますが、『バイパス新線 東京駅』を設置するのです。

そのようにすれば、

京成側のメリット;
新線が東京駅に直通することにより沿線価値の著しい向上になる。
(さらに、新橋、品川のビジネス街まで直通)


※バイパスルートを「泉岳寺・新橋・東京・(秋葉原)・上野・日暮里」と勝手に想定
なお、京成側が飲めるのであれば「泉岳寺・新橋・東京・押上」でも構わないと思っています。
いずれにしろ、「東京駅直結」は必須か?

京急側のメリット;
京急はJRの京浜東北線・東海道線・横須賀線と熾烈な競争をしているが、特に品川から東京よりで東海道線・横須賀線に速度面で大きく劣っている。東北縦貫線ができるとさらに劣勢となるのが予想される。が、この新バイパス線により品川から新橋、東京への高速アクセスが可能となる。

鉄道利用者のメリット;
都心から各空港へのアクセスが向上。特に東京駅から1本で羽田、成田両空港に行けることは大きなメリット。新幹線からの乗り継ぎも便利。
また、秋葉原駅を設置することにより、総武線からの乗り継ぎも便利となり京葉線(東京駅)との接続とも相まって千葉県の多くの人にもメリットがあります。

アジアなど海外の乗客のメリット;
成田・羽田間の空港乗り継ぎが、(外国人に利用しやすい)鉄道で1時間以内で行える。

と良いことずくめです。


問題は、「3000億円出す価値」があるか? です。

京成電鉄が出す。京急も出す。東京都も出す(東京駅から両空港へのアクセス向上によるメリット)。神奈川県も出す。(川崎・横浜方面から都心・成田へのアクセス向上)、国も出す(成田・羽田一帯運用による国際競争力強化)。であれば、案外現実的なのかも?



参考記事; 羽田空港の国際化;利用者の視点から




[ 2008/09/12 12:23 ] その他:その他 | TB(2) | CM(1)















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。