日本でのイライラ解消の画期的方法

日本への一時帰国シリーズでお届けしています。

筆者は、大阪弁でいうところの「いらち」です。

ささいなところでイライラします。

日本に帰国して一番イライラするのは、

スーパーなどでの支払い

373円です。

なおどと言われれば、

財布の中の小銭を可能な限り減らそうと努力する。

財布の中に丁度、373円あればとても幸せな気分になるのですが、

1円玉が2枚しかなかったりしたら、

とっても、

イライラします。


運良く、すっきり丁度小銭がなくなったら、次に210円の支払い。

おお、10円玉がない!

なんて、永遠に小銭を消費する作業が続くのです。



タイでは、いい加減なキリのよい値段付けが多いので、

ラーメンを食べても、20バーツ、25バーツ、30バーツ程度の差です。

でも、日本は、380円だの670円だの790円だの細かい。


そんなわけで、日本ではとってもイライラしぱなっしなのです。


筆者は考えた。


小銭を使うことは止めよう!


おつりはそのまま貯めておいて、毎日貯金箱に貯金していくのです。

そんな簡単なことで、お勘定の度に小銭を探す苦労やイライラから解放されるのです。


すばらしいアイデアと思いませんか?




ちなみに、海外旅行する際に、タクシーでぼられたり、入場券でボラれたり、イライラすることが多くありませんか?

折角の休暇での海外旅行なのに、ボラれないよう神経をすり減らすのは、イヤです。

そんなときの、さくらぎちょう的対策があります。

最初からボラれるお金を1万円なり予定しておくのです。

どうせ海外旅行では飛行機代とかそれなりにかかっているのです。
ボラれていやな気分になったら、飛行機代全部損したようなものです。

1万円飛行機代を高く払ったと思って、「損金」として用意しておきます。

タクシーでぼられても店でぼられても1万円以内なら「損金」としてイライラしないのです。

それって、個人的には良いアイデアと思っていますが、、、、、、
[ 2008/10/06 18:16 ] その他:その他 | TB(0) | CM(4)

日本での格安宿泊場所;チョット愕然

大阪・難波の個室ビデオ店火災で15名もの人が亡くなりました。
ご冥福を心からおいのりします。

そんなに「大火災」とはいえない規模の火災で15名もの人が亡くなったのはショックでもあります。


というのは、筆者も宿泊施設として、個室ビデオ店(ビデオ試写室)は愛用しているからです。


日本での一時帰国時に、1泊1万円も使っていたらすぐ破産してしまいます。
可能なかぎり安くすませる必要があります。


日本への一時帰国時の宿泊場所(「さくらぎちょう」のいわれ)

東京での安く泊まれる宿

などで、安く泊まれる宿を紹介してきました。


普通に、安い宿といえば、「カプセルホテル:だと思うのですが、それでも筆者的には高すぎ!

サウナ、漫画喫茶、個室ビデオ店(ビデオ試写室)、ドヤ街のホテル、外人ハウス(ゲストハウス)などが筆者の愛用です。


でも、今回の個室ビデオ店火災で、

「1泊1500円の個室ビデオ店に宿泊する、怪しい(寂しい)人達」的報道が目立つような気がします。


筆者は、「怪しく寂しい人」だったんだとちょっと愕然としています。

一時帰国時のインターネット

突然ですが、今日10月4日から3週間の予定で休暇で一時帰国しています。

日本で働いていると「3週間の休暇」なんて一生に1回あるかないか。
でも、海外で働くとある程度の休暇が認められる組織が多いのでした。幸せ!

一生休暇(=失業)の恐怖は常にあるのですが、今回は幸いにも「失業」ではなく休暇です。

ところが、日本での一時帰国中の問題が、、、、
日本に一時帰国している間にも、最近は

・携帯電話
・インターネット

がないと話になりません。

携帯電話に関しては、WCDMA2000対応の携帯電話であれば、タイの携帯電話が日本で問題なくローミングで使えます。
GSM携帯の時代は、「日本以外の世界各国でタイの携帯が使える」状態だったのですが、3G(WCDMA)方式の普及により、やっとタイの携帯が日本で使えるようになりました。

問題は、インターネットです。
タイではインターネットカフェーがどこにでもあるのですが、日本は繁華街のみ(殆どは漫画喫茶が併設)。

そんなわけで、筆者はウィルコム(WILCOM)のAIR-EDGE(PHS)インターネットカードのレンタルをしています。

インターネットでレンタルを申し込むと、インターネットカードが指定の場所に送られてきます。
送付場所はホテルでもOK.

そして返却は郵送で返却すれば良いのです。タイに戻る際に成田空港や関西空港の郵便局から送り帰せば良いのです。
https://store.willcom-inc.com/ec/faces/lstlscp000162/

レンタル料は、つなぎ放題で1週間なら3601円、3週間は9,504円。

まあまあ、リーズナブルです。

日本への一時帰国の際の必須は、

・タイの携帯電話の国際ローミング申し込み
・インターネットカードのレンタル

です。

タイの国家機密をいま公開

筆者は、青年海外協力隊員としてタイに来たのが、タイとの関わりはじめです。

自慢話に聞こえるかもしれないが、

ボランティアという崇高な精神を持ち、
劣悪な環境のなかで、
開発途上国の現地の人と一緒に汗を流して働く。
まさに『日本青年ここにあり』

などと聞くと、「随分立派な人がいたもんだ!」と『全くの他人ごと』で、
マイペースで毎日大好物のラーメン()バッミーをすすった2年間でした。

でも、その青年海外協力隊の規約のなかに、

「タイの国家機密を漏らしてはいけない」

というような意味の文言がありました。

「国家機密」と言われると、なんだか興味がわいてくる。

でも、「タイの国家機密」って何だろう?

まわりのタイ人を見てみると、国家機密を持っているようなヤツは見あたりません。

もしかしたら、ぼおぉ~としているように見えるが、実はCIAなのかも? イヤそれともFBIか?
(CIAもFBIもアメリカの組織だったかも知れないが)


と、当初は国家機密がなんであるか、全く知りませんでした。


が、タイに長くいると、「国家機密」を知る機会があったのです。

実は、警察に機密があったのです。

さて、次はタイの国家機密の一例です。


ああ、ついに国家機密を暴露してしまった。
(でも、もう時効)


・友人のタイ人の車に乗っていた。Uターン禁止の場所で曲がってしまった。
 警官;ここはUターン禁止だ。
 友人;すいません。
    (そういって、警官の手の中に、見えないように何かをわたす)
 警官;今度から気をつけろよ!

 筆者;さっき、何をわたしたんだ? 
 友人;200バーツ
 筆者;でも、いくら渡したか、隠していたから警官も見えなかったのではないのか?
 友人;賄賂が見えるのは美しくない。
 筆者;じゃあ、20バーツでもいいんじゃないのか? 隠して渡したら見えないんだから。
 友人;お前は、警官に後ろから撃たれたいのか?
 国家機密;タイでは警官に賄賂を20バーツ渡したら、撃たれる(かもしれない)

・郊外を車の流れに沿って走っていた。流れは100km/h以上。(タイの郊外はそれが普通)
 前で警官がはっている。
 全部の車が止められている。
 警官;ハイ、スピード違反100バーツ
 筆者;(しょうがないので100バーツ払う)
 警官;ありがとうございました。
 国家機密;タイでは罰金を払うと、警官にお礼を言われる
       あの罰金は、『罰金』ではなく、『チップ』だった気がしないでもない。
       が、警官にそんなこと聞けない。


・車を路肩に駐車してメシを喰って帰ってくると車輪止めが。仕方がないので警察に行く。
 警察;この道路は駐車禁止なので駐車違反です。
 筆者;駐車禁止の標識などどこにもなかった。
 警察;標識などなくても駐車禁止であることは、車を運転するなら当然知っておくべきだ
 筆者;どうやって、この道が駐車禁止であることを知ることができるのか?
 警察;そんなの常識だ。このあたりの人間は誰もが知っている。
 筆者;外国人の私がどうやって「常識」なるものを知れば良いのか?
 警察;車の運転免許を持っていれば知っているべきだ。
 筆者;自分は、正式にタイの試験を受けて免許を取得したが、駐車禁止の標識は試験にでたが、どの道が駐車禁止などというのは試験にでていない。
 警察;官報に載っている。
 筆者;じゃあ、どの道が駐車禁止か、官報を見て調べてから車を駐車すべきなのか?
 警察;そうだ。
 国家機密;タイの警察はわけわからん 
      (警官は、「外国人はわけわからん」と思っている可能性あり。


・王宮近くにちょっと、車を駐車したら、やっぱり車止めをゆけられた。
 今回はちょっと引け目がある。
 筆者;急いでいたので、ちょっと止めただけです。お許しを!
 警察;ダメだ。このチケットを持って警察署へ行け!
 筆者;そこを何とか、、、、
 警察;ここは駐車禁止だ! そこに止めたお前が悪い。ダメなものはダメ!
 筆者;小さい子供を送って来たので、ちょっと止めただけ。
 警察;なに、子供を送ってきたのか。しょうがないなぁ。行け!
 筆者;コップクン マアッ!(ありがとうございます)
 
 国家機密;子供に甘い国タイでは、警察も子供に甘いのでした。



・夜中に車で走っていると検問があった。
 筆者は、あっ、しまったと思いちょっと蛇行になってしまった。なぜならシートベルトをしていなかったから。 動揺があって、かなり怪しい動きになってしまったようだ。
 警官;免許証を見せろ。
 筆者;はい、どうぞ。 (念入りにチェックされる)
 警官;麻薬などは持っていないか?
 筆者;持っていません。
 警官;調べさせてもらう。
 トランクの中やシートの下、ダッシュボードの中まで念入りにチェック。結局何もなかった。
 警官;行ってよろしい。
 国家機密;麻薬に夢中になると、シートベルトなどはどうでも良いらしい。


・車を運転していると信号が黄色になった。そのまま通り過ぎると、お巡りさんがオイデ、オイデ!
 警官;ダメじゃないか信号無視したら
 筆者;信号無視はしていない。黄色だった。
 警官;だから、黄色は止まらなきゃダメなの!
 黄色は「急いで行け(すいません、大阪ルールでした)」ではなく、「止まれ」だそうです。本当かなあ。
 国家機密;タイでは「黄色は進むな」です。



まだまだ、警察の国家機密暴露が続きますが、今日はこのくらいで。



ちゃーびーさん からのメッセージ

野毛のキーワードでこちらを発見しまして、お気に入りに追加しました。
50歳になったらタイのチェンマイに住みたいと思っています、ダンナが行きたくないと言ったら一人で行こうと思っています(笑)今は○○○に住んでいますが、元々野毛プールの近くに居て、「ホテル老松」ものすごく気になっていました。向かいの迎賓館でバイトしてたりしました。野毛...ごったな感じが大好きです。転勤族なのでもうすぐ横浜を離れるかもしれませんが、それまでは息子の学校のある桜木町、飲み屋大好きの野毛楽しみたいと思っています。
タイでもチェンマイがすきなんですよ、山育ちだからでしょうか落ち着きます。
3歳で一緒にタイに行った息子ももう11歳になったので再び訪れてみようと思います。
最新のタイのお話、是非お願いします、楽しみにしています。


メールフォーム経由のメッセージが久しぶりにきました。
個人が特定されないように、一応現住所は伏せました。

日本への一時帰国時の宿泊場所(「さくらぎちょう」のいわれ)
コンビニへ行こう;横浜異色案内
あたりの記事へのコメントでしょうね。

老松ホテル、野毛山プールの住宅街と坂と公園の混在風景、そして野毛のあたりの超庶民的雰囲気がこのあたりの魅力です。(嫁ハンは『庶民的』すぎる)とのことですが。
「コンビニへ行こう」のレトロな商店街も個人的ツボにはまりっぱなしです。
この商店街に書かれている焼鳥屋にはまた絶対行くつもりです。
(10月4日から3週間一時帰国予定です)

と個人的に勝手に盛り上がっていますが、、、
タイに来たらぜひ
ナンルン市場とタイ最古の映画館
タイ最古の映画館の内部
にも行ってみてください。 ハマるツボが一緒だったら良いのですが。