ひさびさの携帯電話ネタ NOKIA N78/N79, E66

>もともと、このブログを始めたころのブログのテーマといえば、「国際協力」と「携帯電話(スマートフォン)」でした。

国際協力については、別ブログの方に分離独立し、携帯電話ネタについては最近はすっかりアップデートなしです。

これは筆者の性格にもよるのですが、まだあまりスマートフォンがメジャーでないころ、あるいは技術的に完成していないころには、強烈な興味をスマートフォンに感じたのですが、最近は猫もシャクシもスマートフォンなので、逆にスマートフォンへの興味が急速に薄れてしまったことによります。
(なんてヒネクレタ性格なんだ!)

で、筆者のスマートフォン経歴は、
今はなきPlam系のスマートフォンTreo270からはじまって、
WindowsMobileのHP iPAQ h2210、Dopod900を経て、
今は、Symbian S60のNOKIA 5700 Music Expressです。
(途中、O2のWindowsPhoneを使ったこともあります)


この5700、見かけはミーハーな普通の携帯電話で、これをスマートフォンと思っている人は少ないのですが、なのですが、その実、中身は強力なスマートフォンなのです)

NOKIA 5700に関しては、過去にいろいろ書いてきました。

(Symbian S60搭載の携帯電話では他の携帯電話でも共通することも多いので、5700ユーザー以外の人にも参考になるかな)

購入したスマートフォン・電子辞書・パソコン

NOKIA 5700のアドレス帳の改良

Nokia 5700の偽物?もどき?バッタモン?

Nokia 5700とスマートフォン

NOKIA 5700 (Symbian S60)用の電子辞書

NOKIA5700でパソコンをインターネットにつないでみる


そして、そろそろ新しい携帯電話が欲しくなってきました。
今使っているNOKIA 5700(Symbian S60)がとっても気に入っています。使い勝手も速度も。
そのため、新しい携帯はやっぱりSymbian。
WindowsMobileはトロイシ使い勝手も悪い。
iPhoneは、ミーハーの持つ素人用携帯のイメージで、オタクの筆者としては耐え難いものがあります。(筆者は、十分ミーハーなのですが)
そのためNOKIAのSymbian携帯であることは決定。

そして候補は、N78か、 E66かです。

NOKIA Nseriesのうち、スタンダードなスマートフォンN7xシリーズの携帯です。

ちなみに、このN78はブラックボディなのですが、ほとんど同一スペックながら着せ替え携帯としてN79があります。 このノキア N79のデザインの方がすきだなあ。ちょっとN78は格好つけすぎという感じ。


仕様としては、Wifi、3G(HSDPA対応)、GPS内蔵を含め、今考えられる機能は全部はいっており、穴が全くありません。それに、Music機能も充実し、3.5mmのステレオミニジャックがついていたり、FMトランスミッター機能がついていたりします。

唯一の難点は、

メジャーすぎる!

ので、レアものを持っているという優越感を味わうことができない。
日本人には見せびらかすことができるかもしれないが、
タイ人に見せびらかすことができない!


タイ人に見せびらかすなら、

E66も候補。
こちらは、N78からMusicなどのマルチメディア機能を若干弱くしたビジネス仕様。

余計なものはいらない!

というあたりが、オタク好み!

しかも、N78より高かったりするのも、オタク好み!

でも、、、、、

貧乏な筆者としては、やっぱりN78かN79かなあ。

ちなみに、N66はテンキーですが、フルキーボード版のE71もあります。
が、筆者は、10キーボード派です。


さて、結局、何を買おうか?


嫁さんの許可が一番の難関!


ちなみに、日本語化に関しては、いずれの機種についても「+J for S60」(5000円)で動作するはずです。

※管理工学研究所の「+J for S60」のURL;http://plusj.kthree.co.jp/

  なお、動作を筆者が確認したわけではありません。上記URLのサポート情報に注意してください。

ちゃーびーさんからのメッセージ

ちゃーびーです。ホテル老松からたどり着き、そして帰国中には野毛の飲み屋にお誘いメールしたちゃーびーです。
お元気ですか?
お勧め日本の格安の宿など、読ませてもらいました。澤の屋...う~ん気になっていたんですよ、私もあちこち格安宿、ゲストハウスに泊まりました。でもまだこちらには行ってません。
京都ではウノハウスという宿が良かったです、そして北海道のぬかないポニーファームというところも良いですよ。
千歳に住んでいた時には、ダンナがグライダーの練習に帯広に出かけ、その際はこの宿に泊まりました。
3月に息子も小学校を卒業なのでいよいよ旅行に向けて家族会議です。希望する行き先がバラバラなのでどうなることやら....。私はまたのんびりチェンマイに行きたいのですが。
前書かれていた水上マーケットのあたりも気になっています。



ちゃびーさん、おひさしぶりです。いつもコメントありがとうございます。

一時帰国の際に、野毛にお誘いいただきありがとうございます。
濃い~、野毛を楽しみたかったのですが、毎日忙しく予定がはいっていたので行けませんでした。
次回に、濃い~ところを教えてください。

ちなみに、このコメントは、
日本の安宿
をうけてのコメントなのですよね。

昨年の一時帰国では、に久々に、北海道の旅人安宿に泊まりました。
以前は、一人旅だったのですが、今回は妻子を連れてということで、
「そんな宿泊がゆるされて良いのか?」
とちょっと悩みましたが、
すっかり、ゆるさにはまってしまいました。

ぬかないポニーファームは行ったことがありませんが、次に北海道に行ったらぜひのぞいてみたいと思います。


タイの一押し!温泉宿

海外に住んでいて、たまに日本に一時帰国したときの楽しみは、

まずは、食べ物
刺身や天ぷらなど典型的な日本料理ではなく、、、、、
(詳しくは 日本で喰いたいモノ   を参照)

そして、温泉

です。

最近は、比較的リーズナブルに泊まれる場所も多くあります。

まず、関東で言えば、

マホロバ・マインズ三浦
京急三浦海岸駅から徒歩5分ほどの近さの温泉ホテル。
1泊朝食付、1名4050円(3名以上)のキャンペーンを常にやっています。
(夕食は三浦海岸駅近くの居酒屋で魚尽くしもよし)
朝食はバイキングで食べきれないほど。

しかも部屋はリゾートマンション。今まで2回泊まっているが、2回とも海の見える3LDKの部屋でした。
超リッチな気分になれます。

マホロバ・マインズ三浦
神奈川県三浦市南下浦町上宮田3231
電話:046-889-8900
http://www.maholova-minds.com/

京急三浦海岸駅から徒歩5分ほど。

ニューフジヤホテル
伊東園ホテルグループは、夕食バイキング食べ放題で安価な値段設定の温泉旅館グループ。

例えば伊東の、伊東園ホテルは、1人1泊2食7800円でバイキング食べ放題。
高級ホテルでのんびり温泉に浸かって、食べ放題でこの値段は満足。

伊東園ホテル
静岡県伊東市松川町1-12 TEL:0557-35-1234
伊東駅より徒歩で約5分
http://www.itoenhotel.com/hotel/itoen_hotel/


また、同じ伊東園ホテルグループで、熱海の老舗旅館ニューフジヤホテルは、ちょっと高いが、それでもバイキング食べ放題で1泊2食9800円。
しかもカラオケも麻雀も「無料」というのも魅力。
こちらは、熱海駅から徒歩10分ほど。
ちなみに、熱海へはJR東海道線で行きましょう。

新幹線だと東京駅から45分ほどで4080円。
東海道本線だと東京駅から1時間40分ほどで、1890円。

庶民は絶対に東海道本線です。

熱海ニューフジヤホテル
http://www.itoenhotel.com/hotel/new_fujiya/
静岡県熱海市銀座町1-16 TEL:0557-81-0111



次は関西です。

こちらは、湯快(ゆかい)リゾートにつきます。

大阪から1泊2日でいく手軽な温泉リゾートといえば、南紀白浜。
そして南紀白浜に、ホテル千畳、白浜御苑などがあります。
いずれも方針は伊東園と同様なコンセプト。
経営の行き詰まった老舗ホテルを買い取り、低コストで運営しています。

低コストといってもサービスは抜群です。地元のおばちゃん(おばあちゃん?)が元気に仲居さんをしてくれますし、食事の際は若いおねえちゃん(おじさん丸出しの言い方で失礼!)が給仕をしてくれる。
(でも、そのおねえちゃんは中国人だったりするのだが、筆者的にはわけのわからない日本人より外国人の方に親しみがわくのでした)

基本的には、1泊2日バイキング夕食で7800円

湯快リゾート
http://yukai-r.jp/whats_new/plan.htm



すいません、タイの話でした。


タイでも実は温泉はいろいろあるのです。

このブログでもいくつか紹介してきました。

ラッブリ温泉

足湯の温泉(ペッブリ温泉)

、、、、
ありゃ、意外に書いていなかった。
これかた、ポチポチとタイの温泉の紹介もしていきます。


で、今回は温泉宿の話です。


タイでは、「温泉宿」なるものはあまりみかけません。

スラタニ県では地方自治体が高齢者向けの温泉療養施設を建設中だったり、チャンライ県で温泉型療養型リゾートが計画されていたりしますが、「温泉宿」は限られています。

筆者が、まあ「まともな温泉宿」と思うのは、

カンチャナブリの Green World Hot Spring Resort & Golf Clubや
ラノンの Royal Princess Ranong
くらいのもの。

Green World Hot Spring Resort はカンチャナブリのヒンダット温泉(Hin Dat)にある宿です。(ヒンダット温泉はタイで一番有名な温泉。有名すぎて、マイナー指向のこのブログではあまり触れていないのですが、旧日本軍が作ったというだけあって川沿いの露天風呂はなかなかなものです。お湯であったまり、川で冷やしを繰り返して長い時間温泉を楽しめます)
このリゾートは、意外にあまり知られていないのだが、ちょうどヒンダット温泉のある場所と国道を挟んだ逆側に位置します。大浴場でのんびりするのはなかなかです。日帰り入浴も可です。

Royal Princess Ranongも古くからある療養型?温泉。大浴場でのんびりできます。



Green World Hot Spring Resort & Golf Club
127 Moo 5 Km 107 Kanchanaburi-Thongphaphum Rd. Kanchanaburi 71110
TEL:034531-382~3, 02-539-4613

Royal Princess Ranong
41/144 TAMUANG RD., KAO NIVES,RANONG 85000
TEL:077835240 Fax:077835238


が、ここで書きたいのは、それではなく。

今回紹介したいのは、

その名もズバリ、

The Hot Spring Beach Resort and Spa


このセンスのない名前はなんだ! というのが第一印象。

(ちなみに、バンコクには The good view restaurantなるセンスの悪い名前のレストランもあります、、、がセンスの悪いのは名前だけ。結構筆者のお気に入りだったりします。)

P1010036_R.jpg
ロビーの雰囲気。頑張ってはいるが、まあ普通の高級リゾートか。



P1000988_R.jpg
広大な敷地に広大な庭が広がっています。なんて贅沢なんだ。



P1000987_R.jpg
海沿いのレストランは雰囲気抜群。味は可もなく不可もなくってところだが、この雰囲気だけで食べる価値有り。




P1000990_R.jpg
リゾートから海に向けて桟橋が延びています。





P1010054_R.jpg
そして、桟橋の先でこのようにくつろげます。
ちょうどここは川になっており、ここから下に降りて川をわたり、ビーチにでることも可能。
(但し雨期は川の水量が多いのでビーチに直接は行けません)

ここで見る夕日も最高です。


P1010069_R.jpg
さて、プールです。頑張っている普通の高級リゾートプールに見えます。


P1010067_R.jpg
が、その中に2カ所あるのが温泉です。
ちょっと熱めの露天風呂は最高です。



ここは、プーケット島から北20kmほどにあります。
プーケット島のリゾートからは遠く、またこのホテルからさらに北に行けばカオラック(Khao Lak)のリソーともありますが、そちらからも遠い。本当にこのリゾートしかないところです。

広大な敷地で、海を満喫! 温泉を満喫!

こんな贅沢はない!

って感じです。


ここは、かなりの高級リゾート。
で、普通に泊まると一泊3000バーツ、4000バーツ以上します。

ここは、どちらかといえばタイ人ターゲットのリゾートですので、タイ人向けのプロモーション価格がよく出ています。Asiaroomsなどのプロモーションよりはるかに安い価格ででていますので、タイ人情報をチェック! ちなみに筆者が泊まったときは、トップシーズンにもかかわらずシービューデラックスルームが2000バーツ強でした。

なお、周りになにもないので、車(レンタカー)で行かないと3食ホテルで食事をする羽目になります。


より大きな地図で 【バンコク近郊 こだわり情報+α】地図編 を表示



Hotspring Beach Resort & Spa

79 Moo 8 Na Toey, Thai Muang District, Phang Nga 82120 Thailand
Tel. 66 76 580-000-28 Fax. 66 76 580-029
http://www.thehotspringbeach.com


さくらぎちょう的ミシュラン


ロケーション
★★★★★

コストパーフォーマンス
★★★☆☆

サービス
★★★★☆

ユニーク度
★★★★★

女子学生の親御さん言いたい!

日本では、失業問題がおおきくクローズアップされています。

実は、タイではもっと深刻なのですが。
(統計上はなぜかタイの失業率が高くありません)

でも、タイよりも日本の方が厳しい状況のような気がします。

一点は、タイではまだまだ失業しても「帰る場所」が田舎にある点。
(最近の核家族化、都市化で必ずしも「帰る場所」がない人も多くはなっていますが、それでも日本より数段は状況は良い)

そして、もう一点は、「住む家」の確保が比較的容易な点です。

日本は、借地借家法で住居の借り主の権利が強く保護されています。

そのため、逆に大家は「家を貸す人を選ぶ」こととなり、家を借りるのはそんなに簡単なことではありません。

筆者も次のような経験が実際にあります。

タイで契約でしていた仕事が終わり日本に帰りました。
仕事を探さねばなりません。
そのためには、まず住む場所がいるのです。

当時嫁さんは別のところで単身赴任していたので、1人で住む場所でいいのですが。


アパートを借りようとしたら、
条件の良いところは、

「無職の人間に部屋を貸すことはできない」

と言われてしまうのです。

「支払い能力を疑うのでしたら、なんだったら敷金余計にいれてもいいですから」

といっても無駄。

門前払いです。

それでも、やっと貸してくれるワンルームアパートを見つけました。

不動産屋さんに手付け金をいれて、入居日を決めました。


ところが、その日の夜不動産屋から電話がかかってきました。

「申し訳ありませんが、大家の了解がとれないので入居できません」

「えっ、なんで?」

「このアパートは女子学生などもおり、一人暮らしの中年男性がいると、『危ない』と親御さんたちが思うようなんです。理解してあげてください」

言葉使いは柔らかいが、交渉をするスキは全くみせない「プロの不動産屋」の言い方です。


筆者は女子学生の親御さん言いたい!


「一人暮らしの中年男性より、一人暮らしの若い男性の方がよっぽどあぶない!」

おじさんは、人畜無害です。

といいたい。

しかし、ワンルーム争奪戦で学生に負けた気がして、結構落ち込んだものです。


で、そんな筆者の経験から下記のような記事もいままで書いてきました。

数週間から数ヶ月の日本滞在に便利な宿外人ハウス
日本への一時帰国時の宿泊場所
東京での安く泊まれる宿




最近、失業と同時に住居を失う人が大勢でて社会問題化していますが、

住居がない→職を探せない

職がない→住居を借りれない

という悪循環となるのです。

それ以上に、「住む場所がない」厳しさは経験した人にしかわからない。



でも、昔はのどかだった。

筆者は、学校を卒業してはじめて勤めた会社を辞めたときのことです。
その時は東京都 F市の会社の寮にはいっていました。

本当は会社をやめてから1週間以内で出て行かねばならなかったのですが、
寮長に、
「1ヶ月ほどいてもいいですか?」

とお願いすると、

「会社に内緒だぞ!」

って言いながら、住むのを許可してくれました。

そんなのどかな時代だったのですね。


「昔はよかった」と中年男性は思ってしまうのでした。


でも、そういう良さがまだタイには残っています。





[ 2009/01/09 19:18 ] その他:その他 | TB(0) | CM(1)

わんこのお葬式

去年2008年の12月26日にうちのペットの犬が死にました。
ペット病院に入院していたのですが、うちの嫁さんが一旦家に帰った隙をついて旅たったかんじです。
動物は、死に場所をさがして一匹で死んでいくというけれど、
うちのペットもやはり一匹で死んでいきました。苦しまずに穏やかな死だったとのことで、それも救いです。

死んだとの連絡をうけ、知り合いのタイ人にお葬式の相談をしたところ、あちこち探してくれました。

クロントーイ港の近くにあるワット クロントイ ナイ寺院(Wat Klongtoey Nai)でペットのお葬式をしてくれるとのことでした。
(しばらくして、動物病院からも同様の情報が得られたので、有名な場所かもしれない)

翌日に、お坊さんに来てもらいお経を読んでもらってお葬式。ちゃんときちんとやってくれました。
その後火葬をしてもらいました。お骨も丁寧にひろってくれました。お骨を花びらと一緒に白い布に包んで、船に乗ってチャオプラヤー川の中央に。そこで、散骨しました。

タイで生まれた犬だから、きちんとしたタイのしきたりで、
最後の儀式をしてもらえたのはよかったです。


お寺;クロントーイ ナイ寺院(KlongToey Nai Temple)
電話;081-644-3658 086-044-9957