北への旅 0;予告編

最近は、「外こもり」なるものがブームだそうで、

バンコクのカオサンあたりに宿泊して、

朝ゆっくり起きて、
日本人同士でだべって、

昼を食べて、
ちょっとブラブラして、

夕食を食べながら
日本人同士でだべる

そんな、うだうだとダルイ日々を送っているそうです。


私的にはすっごくわかります。


以前私もプチ外こもりだったから。


でも、私の時代は外国での外こもりではありません。

日本国内の海外での外こもりです。


やっぱり、外こもりするためには非現実的な

「遠い場所」

でなければなりません。


そうすると、

北海道の田舎か

沖縄の離島か

になってしまうのです。

そんなわけで、昔の外こもり人は、

北派と南派にわかれて戦ったのです。

すいません、戦ってはいませんでした。

ちなみに、私は北派です。


外こもり初心者のときは、
日本の安宿
で紹介したようなユースホステルにこもります。

そのうち外こもりの中級者になってくると、

「ユースホステルかったるいな」

と、『言いたい』気分で、

旅人宿という分類の民宿に移ってきます。

上級者になってくると、

ステーションホテルやパークホテルに泊まるようになるのです。



#ステーションホテルとは、駅で野宿。パークホテルは公園で野宿です。





で、


南への旅1;ゴム園
南への旅2;草木染めと清流ハイキング
南への旅3;温泉とフルーツ三昧
南への旅4;サムイの「お得」なホテル
南への旅5;番外編;亀のフェリー


と「南への旅」について書いたのですが、

実は私は、北派だったことを思い出しました。


そうすると、どうしても「北への旅」について書かざるをえません。




そんなわけで、


今日の夜からチェンライ旅行中です。

バンコク子供の遊び場;驚きの椅子の公園

某公園にある椅子です。


IMG_9198_R2.jpg


うちのチビ(4歳)をこの椅子に座らせると、、


驚きのことが発生しました。



何がおきたか、連続写真でご覧ください。



IMG_9186_R.jpg


IMG_9185_R.jpg



IMG_9187_R.jpg



IMG_9183_R.jpg

注;写真のモデルはウチのチビではありません





ワザと廻っているのではありません。
椅子に座ると自然に周りはじめるのです。

試しに私も座ってみましたが、自然に廻り始めます。

なぜ、勝手に廻るのでしょう?
わかる人はぜひ教えてください!






IMG_9197_R.jpg
説明看板がありました。Spinner Bowlと呼ぶそうです。


インターネットで調べると、
KOMPANというオーストラリアの会社の商品のようです。
http://products.kompan.com/aus/Products/Age_6-15_-_School_Age/PLAY360/3861/Spinner_Bowl_ELE400024.html

説明もあるが読んでも伝えられません。本当にこの不思議さは体験してみないと。



で、この公園、他にもユニークな遊具が沢山あります。

ロッククライミング風の壁やロープのジャングルジムなど。

それに、公園全体が砂場です。裸足で遊ぶことになります。
砂場がなかなかバンコクにはないのでその点もうちのチビのお気に入りです。


IMG_9203_R.jpg


IMG_9171_R.jpg


IMG_9173_R.jpg


洗剤で圧倒的にタイで有名なユニリバー(Uniliver)のブランドบรีส(ブリーズ;BREEZE)がスポンサーとなって社会貢献活動の一環としてタイ全土に設置した一環のようです。
http://www.unilever.co.th/sustainability/environment/vitalityground/default.aspx


※タイの企業は社会貢献活動に非常に積極的です。タイのタンブン(徳を積む)ためというのが一つの理由。もう一つは、タイの企業は中華系が殆どなので、タイの社会への貢献をすることが異国で生きる為の知恵というのがもう一つの理由とされています。







IMG_9175_R.jpg
ベンジャキット公園(Benjakiti Park;สวนเบญจกิติ)内にあります。

地下鉄(MRT)シリキット会議場(QSNCC駅)徒歩3分またはスカイトレイン(BTS)アソーク(ASOK)駅徒歩8分


ベンジャキット公園関連参考記事; 

ベンジャキット公園

ベンジャキット公園のボート・サイクリング

ベンジャキット公園の健康増進器具

ベンジャキット公園周辺

バンコクの空;三景



こちらも参考;

スクンビットからルンピニー公園への遊歩道

噂の地下鉄新路線


金持ちへの反感?

南への旅4;サムイの「お得」なホテル

で書いたように「他人が少し得した」ことに複雑な気持ちを感じる性格の悪い私です。


でも、「他人がすさまじく得をした」には全く鈍感な私なのでした。


商店街の福引きで1万円あたった!


と聞けば、
「なんで俺が当たらないんだ!」
と思っても、

どこかの誰かが、


宝くじで一億円あたった!


と聞いても、私の心はピクリとも反応しません。


(あまりにも現実離れしているということか)



鳩山総理大臣が母親から高額な援助を受けていた!


と聞いても、

麻生元首相が多くの遺産を相続した!

と聞いても、

安部元首相の高額の相続遺産も小泉元首相の相続財産も、



「ふ~ん」


以上の何者でもありません。



羨ましいとも思いませんし、
ましてや、妬みの気持ちも全くおきません。




でも、麻生元総理大臣には相当反感を感じていました。


小泉元首相は相当庶民感覚を持っているという(幻想かもしれませんが)感じました。

それが、安部元首相になるとちょっと怪しいと感じ始めました。

麻生元首相には、怒りを感じました。

「一流ホテルで食事をするのが安い」発言
(高級料亭より安いそうです)

「カップラーメンが500円くらい」発言


別に些細な点で揚げ足をとろうというものではありません。

「庶民の生活に興味がない」のではないかと思う発言が多いのです。


私の怒りが頂点に達したのは、

定額給付金です。


赤字国債を発行して定額給付金を配ろうというのです。

「子供たちに借金をさせて、今の日本人がお金をもらおう」

というのです。

日本の美的感覚では、、

親は苦労しても子供・子孫に残してやりたい



ではないでしょうか?

そいう意味では、鳩山首相のお母さんの感覚は痛いほどわかります。

金額については、私の想像を絶する額ですが、

親が子供に何か残してやりたい。支援してやりたい。


というのは、庶民にもわかる感覚です。


「子供たちに借金をさせて、今の日本人がお金をもらおう」
的な定額給付金は私には受け入れられません。


それでも、麻生元総理大臣は大金持ちらしいので、


景気発揚の為には定額給付金での消費刺激が必要なのです
そのために、私の全財産○○億円は財源として寄付します。
どうか国民の皆さん支持ください


などと言えば、覚悟も信念も感じます。


それが、


金持ちが定額給付金を受け取るのはさもしい

などと言いながら、

私も定額給付金を受け取って消費します
それが、経費刺激策になるです。



と聞いたときは、反感を通り越して、
庶民感覚のなさにあきれ返りました。





今回の鳩山首相の献金問題では、

「お金に頓着しない」首相なんだなあ


悪い言葉で言えば、

「ボンボン」なんだなあ。

とは思うものの、


庶民感覚がない


とは思いません。
反感も感じません。

むしろ日ごろの発言は、

庶民のことを一生懸命考えているように感じます。


少なくもとも、
首相の資質を問うのであれば、
首相としての内容や決断で問えば良いのであって、
献金問題は私は全く気になりません。



ところで、民主党小沢幹事長の献金問題では、
まさに企業と政治家の癒着が問われている問題です。

小沢幹事長は、「法律に反することは一切やっていない」

と言っているようです。

もちろん法治国家ですので、刑事罰は法律に則って行われるべきです。
いくら悪いことをやっても法律に反さない限りは罰せられるべきではないのですが、


法律に反しようが、反しないのであろうが、
特定の企業と癒着しているのであれば、
やはり、そこは庶民としては許せませんし、責任をとって欲しいように思います。





って、実は別のことを書くつもりだったのですが、
どんどん別のところにずれてきて、
本題にはいらずに終わってしまいました。
[ 2009/12/27 20:21 ] その他:その他 | TB(0) | CM(0)

リンク追加;イサーンに埋没中

最近ハマっているブログを追加しました。

イサーンに埋没中(http://mic.namjai.cc/)です。

このブログは、完全に自分の趣味で作っているものなので、ツボにはまったものだけをリンクしています。

イサーン(東北タイ)のチャヤプーンで、
自動車部品会社を経営しんばがら子育てをする様子がディープに書かれています。
姑や親戚との微妙な関係も含めて超リアル(生き生き)と書かれていて、
私のような表面的なタイ在住者には、いまさらながら「う~む」とうなることだらけ。

「いえる、いえる」と共感することも多く、


単なる「タイ在住記」でないブログです。
右の段の「気になるリンク」に追加しましたのでぜひ訪れてみてください。



ついでに、、、、



その他の、現在のリンクしているブログの説明を簡単に。


知命独学 (http://to4f.blog110.fc2.com/)
良い意味でのオタクでのtofu50さんのブログ。何処までも深い内容はついていけない部分多々。でも、軽い話題もあり、勉強にもなり、気分転換にもなるブログです。



NPO-GNH研究所 (http://www.gnh-study.com/)
豊かな国日本のGNH(国民総幸福)は?  で紹介しました。
経済的豊かさと人間の幸福とが一致するわけだはない。生きていると当然感じることです。特にタイのような(日本に比べて)多様な生活がある国にいると思います。それを真面目に研究するブログです。


みなとみらい線 周辺散歩 (http://blogs.yahoo.co.jp/taccolin)
北仲通北地区再開発と市役所移転と「県庁の星」  で紹介しました。
みなとみらいの開発状況を冷静なレポートかつ(良い意味で)オタクぽい視点の感想が秀逸です。
時折あるラーメン店情報も見逃せません。
 

ハマちゃんのひとり言 (https://iiiro.jp/blog/hamachan/)
オタクの王道;京浜急行・野毛山トンネルの謎
で紹介したハマちゃんのブログです。 単なる(良い意味での)地図オタクではなく、その背景にまで含めてするどく追求する内容にドンドン引き込まれます。

まなままのぶろぐ (http://maonao.blog88.fc2.com/)
タイ在住のまなままさんのブログ。バンコク生活の日常が書かれています。

【まだ間に合う】年賀状写真ポイント2010

あなたの周りにいませんか?

お正月の年賀状に子供の写真を送ってくる奴!


会ったこともない子供の写真を送りつけられても、、、、、困ってしまう。


さらに、

いやあ、生意気でねぇ


とか


ぼおっとしているんですよ。

とか説明されてします。


実際に会ったことがないもんだから、
聞いた情報を真に受けて、


そんなに生意気なら将来が心配ですね。

そんなぼおっとしていたら世知辛い世の中で生きて行けないですよ。



などとは、言えない。


男の子は、生意気くらいが丁度いいですよ。

とか、

女の子はぼおっとしているくらいが良いんです。


などと、意味の無い軽薄なフォーローをしなければならなかったりする。


で、生意気なのが女の子だったり、

ぼおっとしているのが、男の子だったりすると、、、、、


あちゃあ! しまった。



と困ってしまう。







結論;



会ったこともない子供の写真を送りつけるのは止めてください!









が、自分の子供は例外です。


世界一可愛いうちの子供の写真を皆さんに見せてあげたい。


そう思って、皆さんに年賀状写真を送りつけて、、、、、

いや違った。皆さんに写真を送らせていただく私です。


(顰蹙は無視します)





で、2010年の年賀状写真ポイントです。


これは、もうここしかないでしょう。


ちょっと微妙! ホタルの宿!
でも少し紹介したシラチャー タイガー ズー(Sriracha Tiger Zoo)です。





P1050681_R.jpg
タイガーズーの名のとおりり多くのトラがいます。



P1050683_R.jpg
トラと一緒の写真です。1ポーズ150バーツ(何人でも可)
手持ちのデジカメで撮影してくれます。




P1050694_R.jpg
子トラをミルクで夢中にさせておいて写真をとります。
なお、このカップルは中国人。このシラチャータイガーズーの客は圧倒的に中国人が多いです。




P1050697_R.jpg
根性のある人は親トラと一緒に撮ることも可能です。
子トラと一緒だと150バーツ。親トラは100バーツとなぜか安い。
(勇気に敬意をはらって安くしてくれるのだろうか?)

「大丈夫か?」
と係員に尋ねると、
「大丈夫! 俺を信用しろ!」
とのこと。
信用できるほど貴方の事を知らないんですけど、、、、、




IMG_9457_R.jpg
出番をお待ちのモデルの虎さん。





さあ、来年末は、

蛇の写真ポイント紹介だ!




シラチャー タイガー ズー(Sriracha Tiger Zoo)
http://www.tigerzoo.com/

バンコクの東120km、車で1時間半です。
入場料は外国人は大人350バーツ、タイ人は大人120バーツです。
但し滞在中の外国人はタイ人料金OKです。(要身分証明書)