とばっちりを受けて同情されている人

コンケンからデモ情報

で書いたように3月12日から大規模デモが始まりました。
危惧されたデモ隊と軍・警察の衝突は回避されています。

流血の状態になれば政府側の負け(現政権は責任をとっての退陣)となり、
かといって、政府を挑発する側の赤シャツ隊にとっても、
過激な行動は、これまた国民の支持を得られない。

国民の多数は、「赤シャツ(新タクシン派)、黄シャツ(反タクシン派)の対立はもうごめん」の厭戦気分ですし。
4月にはタイ正月(ソンクラン)で、目上の人に水をかける行事が行われますが、着て行く服は間違いなく「ピンクの服」です。数年前までは国王のカラーである黄色が定番でしたが。

#現民主党を中心とする連立政権と黄シャツとの間もギクシャクしています。
 もちろん、連立政権内でもプミチャイ党は旧タクシン派で、完全に呉越同舟状態です。   
 (と書くと、日本のことを書いているような気がしてきた.....)


そんなわけで、赤シャツデモ隊の方も手詰まり感。
政府側の方も防戦一方という感じになってきました。

そうなってくると危惧されるのは過激化すること。



実は先週には私の勤務する場所の近くにM79が打ち込まれました。
M79とは大型の銃のようなもので、催涙弾や小型爆弾を打てるものとのこと。


その日は、ノンタブリの保健省で閣議が開催されていました。

#首相府はデモ隊が取り囲んでいるため、郊外のノンタブリ保健省で閣議が開催されました。
 保健省は広大な敷地にあり警備が容易なうえ、出入口が何カ所もあり、
 デモ隊がすべての出入口を封鎖するのは困難とのことが選ばれた理由のようです。


実は「閣議が保健省で開催」とのニュースがあったときから、

高速道路からM79が打ち込まれるのでは?
でも、閣議が開催されている保健省事務次官棟はM79の射程圏外。
高速道路に近い精神衛生局棟あたりが危ない!


との噂があったりしました。


で、

噂通り、高速道路からM79が発射され、
噂通り、閣議のあった保健省事務次官棟付近には着弾せず
噂通り、保健省精神衛生局棟付近の駐車場に着弾



この噂は何だったんだ?


不気味!



なお、このM79の保健省着弾の被害は車1台。
(被害は、窓ガラスの日々、ドアのヘコミなどです。)

この車の所有者は、たまたま私の友人の友人。
なんと、シボレーの新車
 (この車→ GM車がタイで売れる理由=燃費  )

可哀想との同情が広がっています。



なお、バンコクでは、このように、
・M79で爆弾が打ち込まれたり、
・M67(手榴弾)が爆発したり
などが多発していますが、

いずれも、

今のところ


人ごみを狙わずに爆発させる

=人の殺傷目的ではなく、脅し目的

です。

過剰に心配はする必要はないと思いますが、

過激化しないとは限りません。




#上記M79を打ったと思える場所は、実は私の通勤経路上にあります。
 翌日通りがかると、高速道路会社が警備していました。
 翌々日は、警察が警備をしていました。
 そして翌々々日は、また高速道路会社の警備に変わっています。

日本旅行の準備1;ニコニコorスマイル レンタカー

このブログは、バンコク周辺への小旅行などを書いていますが、

エメラルド寺院やワットアルンなどメジャーな場所は無視しています。

ウェンマハメーク宮殿やJJ(チャトゥチャック)マーケットも対象外!

ラチャブリのダムヌンサドワック水上マーケットも軽く無視して(る振りをして)
バンコク近郊の水上マーケット ベスト5!

を書いたりしている。


#これらは有名なだけあって、実はそれぞれ見どころなのですが、在タイが長い私にとって、
「そんな観光地は、お上りさんが行くところなんだよね!」
 という振りをしたりしているのでした。
 そのくせ、東京に行けば、東京タワー、横浜に行けば山下公園に行きたがる私です。
 (田舎コンプレックスの裏返しでしょうか?)



で、このブログではバンコク近辺のマイナーな場所の紹介をしています。



最近では、

実にレトロなノンボンデン市場



巨大木造精米工場(100年市場)


絶景工場!!


バンコク近郊イルカ・ ウォッチング・クルーズ


などが、最近紹介した自分の中でお気に入りの場所だったりします。



ところが、そんな場所に行く時に問題になるのは、

公共交通機関がない(少ない!)

ということ。


やはり、車がないと、とても不便。


で、そんなときに、

タイのレンタカー

で車を借りたり、

あるいは、ある程度人数が纏まれば、

ロットトゥー※ を借りたりします。


※ロットトゥとは小型のマイクロバス。購入したときは運転席と助手席しかなく、座席は車の内装品会社で自由に設置してもらいます。そのため、同じ車体でも定員が14名(除運転手)の一般バージョンから9名程度のゆったりバージョンまである。ちなみに、トヨタの新型コミューターが車体が大きく絶対にオススメ。
(以前私が購入担当として、ロットトゥーを購入したことがあるが、座席の配置は自分で決めなければならない。その為、メジャーを持っていろいろな車の座席間隔や幅を測ってしらべたことがあります。ちなみに、後部座席は「シートベルト無し」が標準です。


レンタカー会社で借りたりすれば、1日2000バーツ以上するうえ、残業代もとられるが、
個人事業者に頼めば、上記の新型コミューターで1日1800バーツ(12時間まで残業代なし)が相場です。(交渉次第でもっと安くなる。)
10人で借りれば、朝8時から夜8時まで借りて、ガソリン代をいれても一人250バーツ位なので納得できる価格です。

#個人業者のアテが無い人は右の問合わせメールから問合わせください。



参考;北部で借りた四輪駆動レンタカー
北への旅 3;国境の村






で、なんの話でしたっけ?



そうだ、4月に私は一時帰国を予定しています。


今回は、タイ正月をはさんで、一ヶ月弱もの今でかってない長期間です。



で、一時帰国中の手配をしているのですが、


第1回は、レンタカー
第2回は、インターネット
第3回は。宿泊場所
第4回は、その他

と書いてみます。(途中で変わるかもしれない)



で、まずはレンタカー。


うちのチビは4歳なのですが、4歳のチビを連れての満員列車はムリ!


タイならば、そんな心配なく満員列車に乗れるのだ。
理由の第一は、日本ほど混んでいないこと。
そして、こちらの方が大きいのだが
、タイでは間違いなく子供に席を譲ってもらえること。



以前、子供が2歳のとき、東京でどうしても朝に都心に行かねばならぬ用事があった。
ラッシュを避けて朝早く家を出たのだが、それでも立っている人がポチポチ。


2歳の子供を抱いて立っていると、席を譲ってくれたのは、
工事現場のガテン系のスタイルのお兄さん。


スーツを着た人には、結局一度も席を譲ってもらった経験はありません。

その後もガテン系の人は何回か席を譲ってくれました。


別に譲って欲しいと思っているわけではありません、


が、逆の立場であれば、赤ちゃんを抱いた人が電車で立っていると、

席を譲るのはあたりまえ!



人間として普通の感情ではないでしょうか?

日本のサラリーマンは、そんな普通のことができない程疲れているのか! 

と、そのことにショックを受けました。


タイでは、子供を抱いていると間違いなく席を


強制的に



譲られてしまいます。



何れにしても、子供連れては日本のラッシュをどう避けるかは結構深刻な問題なのです。


その点、車があれば便利です。


が、レンタカーは高い。

たまに必要なときに使うが、

ヴィッツ・マーチクラスでも、保険やらで1日7500円ほどする。


で、鉄道の不便な場所にいくときのみレンタカーを借りて、
そうでないときは鉄道やバスを使うのが普通なのでした。



ところが、

インターネットで検索すると、

あるんですねえ、

レンタカーにも価格破壊が、


レンタカーというと「あまり古くない程度の良い車」というイメージがあるが、
古めの中古車を使って安くレンタルするというビジネスモデルとのこと。
また、店舗もガソリンスタンドなどを使って固定費を削減するとのこと。



たしかに、レンタカーだからこそ、別に多少古くても問題ないし、豪華な店舗も必要ない。
キズがあったて全然構わない。


ニコニコ レンタカー
電話;0120-32-2525 050-3085-8400
http://www.2525r.com/


Sクラス(マーチ・ヴィッツ・アルト・ワゴンR )で24時間で3360円、Bクラス(スイフト、デミオ、キューブ)で4725円。カーナビが1日1050円、免責保証料1日1050円を加えても、
24時間で、Sクラス5460円。Bクラスが6825円。
ちなみに、比較的安めのトヨタレンタカーでヴィッツクラスが24時間6825円(カーナビ込)だから免責補償料込で7900円です。

※しかし、ヴィッツ・マーチとアルト・ワゴンRと同じクラスというのは無理があるような、、、、

しかも一ヶ月借りると、
Sクラスで55000円、
Bクラスで70000円。

かなりのお買い得です。


ちまちま借りずに、一気に一ヶ月借りてしまおうか!!

しかし、落とし穴が!

免責補償料が1050円/日、カーナビが1050円/日なので、それを加えると、

Sクラスで55000円+63000円=118000円、
Bクラスで70000円+63000円=133000円

しかも、うちはチャイルドシートが必要なのですが、525円/日なので、15750円/月もかかる。

そりゃ、ひどいんじゃないんですか?  → ニコニコ レンタカーさん



で、ニコニコレンタカーは短期で借りるのが良いという結論です。



で、長期の場合はどうしよう?

スマイル レンタカー
電話;03-3220-4040
http://rentacar.its-smile.co.jp/


ニコニコかと思えば。今度はスマイルかい?

というコテコテのネーミング!


で、こちらはウィークリー、マンスリーを売り物にしている。

マーチ、スズキソリオクラスで月額66150円、だがバリュー車として走行距離が多め/キズあり車が49800円/月とのこと。さらにうれしいのは、この価格でカーナビ付き。しかも免責補償が1日400円(保証内容に違いあり)。

つまり、49800円+12000円(免責補償)=61800円でカーナビ付きの1000ccクラスの車が借りれるとのこと。

チャイルドチェアーも月額で3150円とお得。
しかも、追加で8800円支払えば、成田空港受け取り成田空港返却も可能とのこと。


61800円なら短期間で借りたり返したりするより便利。


8800円払って成田空港受け渡しにすれば成田から大荷物を持ってうろうろせずにすむ。


東京と大阪間を往復するので、2名分の新幹線代金だけで往復6万円以上。
土日に移動すれば高速道路料金も安いし。
一ヶ月借りても十分もとがとれる。


で、今回は、スマイルレンタカーで一ヶ月借りることに決定!



結果は、また報告します。




参考;
その他の格安レンタカー会社

ファミリーレンタカー  
http://famiren.renta-navi.com/

ワンズレンタカー
http://www.ones-rent.com/

のるぞうレンタカー
http://chuoss.com/

ジン オート レンタカー
http://www.jinauto-rent-a-car.com/

イツモレンタカー
http://www.itsumo-rent.com/

どちらが胡散臭い? 図書館・ブックオフ

日本に一時帰国したときに必ず立ち寄るところがいくつかあります。

回転寿司に吉野家、はなまるうどん、リンガーハット、、、、、
日本で喰いたいモノ


すいません、食べるのばかり先にきました。



他には、100円ショップも必ず行きます。


そして、ブックオフ(中古本屋)も必須です。


ブックオフの山のような古本から100円均一の本を中心に大量に買うのです。


選びやすく、買いやすく、安いブックオフは私にとって必須の場所です。
(ちなみに、ハードオフも必ず立ち寄ります)


が、このブックオフは著作者(作家など)に極めて評判が悪いそうです。


なんでも、古本には著作権料が含まれないため、ブックオフは著作権料の含まれない本を販売しているということになるそうなのです。

正直言って、へっ? という感じです。


ということは、私が本を買って、その本を古本屋に売っても、あくまで売ってしまったのは紙の塊であって、内容を読む権利は残っているということになるのでしょうねぇ。

それならば、また改めて本を読みたくなったら、著作権料抜きの本を購入することは可能なのでしょうか?

権利を主張するのであれば、そのくらいの手段は提供したうえで権利を主張して欲しいものです。



あるいは、友達の買った本を借りるのもいけないんでしょうね。

本の貸し借りは止めましょう!

と著作者団体はなぜクレームをつけないのでしょう?


本の貸し借りは、以前から事実上認められてきています。
図書館で、本を閲覧したり、貸し出しするのも以前から認められています。
(ウィキペディアによると、欧米では図書館の無料での貸し出しは問題とする国もあるようですが。)

中古の本の売買は以前から事実上認められてきています。




いきなりブックオフにクレームをつけるのはどうなのでしょう?


図書館は無料だから問題ない。ブックオフは利益を得るから問題。

なんて声は、古臭い 官生善説、民生悪説としか思えません。

図書館は無料ではありません。税金から費用は支出されているのです。

費用が見えないだけです。 その点、費用が明確に消費者に見えるブックオフの方がよっぽど良いと思います。

ブックオフには、高いと思うなら「買わない」という選択肢が最終消費者にあります。
図書館は、設備費用や運用費用が高いと思っても、税金を支払わないという選択肢がないのです。

問題視するのは、ブックオフではなく、図書館の方ではないでしょうか?

※ここでいう「図書館」とは一般市民を対象として、一般書の閲覧・貸し出しをするいわゆる市民図書館のことです。




著作料がいらない、なんて言うつもりはありません。


今の著作料が低すぎるのであれば、公平な分配システムは必要なのでしょう。


まずクレームをつける相手は図書館であって、
ブックオフにクレームをつけるのは、弱いものイジメにしか私には見えません。



著作権の侵害といえば、図書館の方がはるかに被害はもっと大きいはずです。


多くは、無料で読んだり貸出をうけたりできるのです。

新聞や週刊文春・週刊新潮まで読める図書館もあります。


こっちの方がよっぽど変ではないですか?
(ちなみに、私の実家の近くには図書館があるので、新聞や雑誌を読みに図書館に行きます。図書館の非難はしても、自分の利益は優先する自分勝手な小市民の私です)




しかも図書館は極めて不平等な施設です。物理的にアクセスし易い人には便利な施設ですが、そうでない人は殆んど恩恵を受けません。専門図書館などはその存在意義も大いにあると思いますが、いわゆる市民図書館などなくなって良いと思います。というより、無くなるべきです。

図書館はいらない! その理由

#といいつつ、実は私は結構図書館好きです。普通の人よりかなり利用は多いので、「もとは取った」と思っています。


ブックオフを非難する人は、その前に図書館こそ非難してほしいと思うのでした。



参考;カリソール  http://calil.jp/
全国の図書館の蔵書や貸出情報まで検索できるすぐれものです。

今後、宅配便を利用しての図書の貸出・返却やさらにはインターネットでの購読まで広げてください。

そういう図書館なら「ぜひ、欲しい」
[ 2010/03/14 00:42 ] その他:その他 | TB(0) | CM(0)

日本で走るメイド イン タイランド車

251591.jpg


日産、タイで新型 マーチ の生産を開始…日本市場にも投入へ
2010年3月12日(金) 16時11分

日産自動車は12日、タイの子会社タイ日産自動車(NMT)が、新型グローバルコンパクトカー『マーチ』をラインオフしたと発表した。同モデルは、タイで生産して日本にも投入される。主力車種の生産を海外に切り替えるのは日産が初めて。
新型マーチは世界160の国と地域で販売される予定で、タイのほか、インド、中国、メキシコでも生産されるグローバルモデル。
タイ政府は、タイでの温暖化ガス排出・燃料の削減と自動車産業の投資促進を目的としたエコカー政策を施行しており、新型マーチは、タイで初めてこの政策に適合するモデルとなる。
新型マーチは、新開発「HR12DE」(1.2リットル3気筒ガソリン)エンジンを搭載し、CO2排出量120g/kmを達成する。トランスミッションは、5速マニュアルに加え、副変速機を備えた小型軽量の新世代エクストロニックCVT(無段変速機)を設定する。
日産の志賀俊之最高執行責任者(COO)は「日産は、低燃費とCO2排出量の低減を実現する環境に配慮した車を、タイのお客さまにいち早くお届けすると同時に、同国での生産拡大や輸出を通じてタイ経済の成長にも貢献していきたい」とコメントした。
NMTの長谷川亨社長は「新型マーチは、スタイリッシュで洗練されたエクステリアと広々とした室内を実現したエコカー。タイでは、自動車需要が拡大しており、顧客の環境意識が高まってきていることから、今がまさに投入する最適なタイミングと考えている」としている。
NMTは、新型マーチの予約注文受付を3月13日から開始し、バンコク国際モーターショー2010が開幕される3月26日から販売を開始する。販売価格は、37万5000タイバーツ(約103万円) - 53万7000タイバーツ(約147万円)で、2010年度には、2万台の販売を目指す。
NMTは、中期経営計画で、2012年までに毎年1モデル以上の新型車を投入し、10%以上の市場シェアを達成することを目標としており、新型マーチが計画達成の最重点モデルとなる。
NMTの2009年度販売台数は、3万4000台、前年同期比22%増となる見通しで、2010年度の販売目標台数は4万8000台を計画している。

http://response.jp/article/2010/03/12/137591.html


日産が世界戦略車「新型マーチ」のタイでの製造発売を正式発表しました。

以前は、「タイでは小型車は売れない」とのジンクスがあり、今までのヒット車はカローラクラス以上、1500cc以上の車ばかり。例外的にそこそこ売れた小型車は、シビックハッチバックの1990年程度のモデルくらい。

が、そのジンクスを破ったのが、ホンダのJazz(日本名Fit)。
コンパクトでお洒落な感じが若い人を中心に大ヒットしました。
トヨタはあわてて、対抗車種Yaris(日本名ヴィッツ)を投入。「トヨタ臭さ」は敬遠されるもののやはりかなりのヒット。

参考;タイのレンタカー

そして、今年マツダがMazda2(日本名 デミオ)の投入。好調な売れ行きとのこと。

日産はこの分野TiidaだけでHondaやMazdaに比べて苦戦していましたが、満を記してついに新型マーチの発売です。



タイはアジアのデトロイトとも呼ばれ(今や死語?)るほど、自動車関連企業の集積が進み、自動車の海外輸出も増えています。いままで、ホンダもタイ仕様車Cityを日本に輸出するなど、メイド イン タイランド自動車の先進国輸出も確実に増えています、(Cityの日本名、、、、忘れました)
が、あくまで先進国への輸出は主流とはいえませんでした。

この新型マーチの画期的なところは、日本を始め(先進国)を含んだ輸出車であること。

日本で、Made in Thailand車を多く見かける日は近い!


タイ国内ターゲットとしては、タイ政府のエコカー政策(エコの基準を満たした税制優遇車)であり価格は30万バーツ代からのかなり安価なところも売りです。(ちなみに、タイのエコカー政策は、「小型車税制優遇」、「アルコール車税制優遇」の2本立てです)  ちなみにホンダ ジャズは50万バーツ代から。

参考;究極の環境対応車


※私の所有者車変遷です。
マツダ ファミリア
トヨタ カローラ
ニッサン サニー
ホンダ シビック
ホンダ CR-V
フォルクスワーゲン パサート  参考;タイでドイツの中古車が安い理由
ホンダ JAZZ


[ 2010/03/13 09:20 ] タイ政治・経済:政治 | TB(1) | CM(2)

コンケンからデモ情報

いま、仕事で東北タイのコンケンから40kmほど離れた村に来ています。

東北タイは、北部とならんでタクシン元首相の人気が高い地域です。

村人と話をする感覚では、殆んどがタクシン支持のような感覚です。

が、以前の「猛烈なタクシン支持」から「穏やかなタクシン支持」に変わってきたきもします。
が、出張で来て住民と話をしたくらいで本音を聞けるはずもありません。
(それに、イサン語は難しい)


で、明日3月12日から始まるアピシット首相の退陣、選挙の実施を求めるデモですが、
そもそもデモの大義名分がいまいちたたないような気がします。

実質上意味は、タクシン元首相の個人資産の没収への抗議でしょうが、
「60%没収」というタイらしいといえばタイらしい玉虫色の判決でした。
「100%没収」ならば「おかしい」との声も大きくなりそうですが、
のこり40%でも、私の想像できないくらいの大金(大金過ぎていくらか忘れました)なので、
抗議にも力が入りにくい気がします。

治安維持法の適用も行ない、
関係機関への(ここまでやるかというくらい)各種対応を指示し
政府側は矢継ぎ早にデモ対応の施策を打ち出しています。

(治安維持法の「移動規制」により、私の関わる仕事も一部キヤンセルになってしまいました)




私の感覚からすると、

そんなにデモへに人が集まるような感覚はないのですが、
(コンケンの村でもそのような雰囲気は感じない)

タイ政府の過剰なまでの対策を見ると、
ひょっとして過激化して局地的には騒乱になることもありえるのではという気もしてきました。
(タイ政府がそういう情報をつかんでいる?)



まあ、その場合でも
「安全情報に気をつけて危険な場所に近づかない」
王道の対策で大丈夫だと思いますが。



参考;外務省海外安全情報;タイ
http://www.anzen.mofa.go.jp/info/info4.asp?id=007#header




で、私は、13日14日はバンコクを脱出してナコンラチャシマにいきます。

(デモは関係なく、知り合いの結婚式で)