温泉・温泉・温泉...それだけじゃない、タイで一番の高級高原リゾート;ラチャブリ

ラッブリ温泉
で、「タイで一番の温泉はラッブリにあり」と紹介しました。

TRIPSというタイの旅行雑誌があります。
基本は毎月ひとつの県の観光地を特集しているのですが、
(マイナー県の場合は2,3県まとめることあり)
いわゆる観光地というよりは、ちょいひねり的観光地や体験型の観光地を紹介しており、
私にとって結構「毎月保存版」として購入しています。
(が、なかなか実際に行く機会がないのは悲しい!)

IMG_1496_R.jpg
6月号ではラッブリ特集でした。
ラッブリはバンコクから2時間ほどて行ける!

よし、ラッブリに行こう!


そんなわけで、この土日に数年ぶりにラッブリに行ってきました。


ラッブリの温泉は、

この数年でむっちゃレベルアップ!



しかも、温泉だけではなく、、、、、





IMG_1853_R.jpg
1.屋根付き露天風呂です。  日中でも直射日光なしで快適な温泉生活。



IMG_1849_R.jpg
2.巨大露天岩風呂です。 以前は岩&泥風呂だったのが泥がなくなって少し残念?



IMG_1864_R.jpg
3.以前にはなかった足湯です。 この噴水がジャマ!





IMG_1860_R.jpg
4.源泉も川湯です。結構熱いのではいれません。手で触るだけです。



IMG_1843_R.jpg
5.プール露天風呂 結構深くゆっくり温まれる。



IMG_1840_R.jpg
6.浅いプール露天風呂 子供向きか。



IMG_1844_R.jpg
7.日本人的には一番しっくりくる露天風呂です。




IMG_1841_R.jpg
8.ホテルの部屋の温泉。 各部屋にあるので水着着用しなくてOK。結構大きいので家族風呂OK。


1.営業時間 8:00-17:00(休日は18:00) 入浴料50バーツ(外国人80バーツ)
2.営業時間 同上 入浴料は入場料(5バーツ)に含まれる
3.営業時間 同上 入浴料30バーツ(外国人50バーツ) 但し、1の入浴者は無料
4.営業時間 同上 入浴料は入場料(5バーツ)に含まれる
5~8 ホテル宿泊者専用温泉 入浴は24時間OK



IMG_1838_R.jpg
ホテルの外観

JW Boeklueng Hot Spring Resort
เจ ดับเบิลยู ธารน้ำร้อนบ่อคลึง รีสอร์ท
247 Moo 7 Boeklueng, Tambon Suan Phueng, Amphoe Suan Phueng, Changwat Ratchaburi 70180
247 หมู่ที่7 บ่อคลึง ตำบลสวนผึ้ง อำเภอสวนผึ้ง จังหวัดราชบุรี
tel;085-219-9224,081-890-3225
URL;www.jwboeklueng.com
一泊2000バーツ程度


さくらぎちょう的ミシュラン

ロケーション
★★★★☆
温泉に隣接のホテル

コストパーフォーマンス
★★☆☆☆
部屋の割には割高か

サービス
★☆☆☆☆
正直言って田舎のホテルです。

ユニーク度
★★★★★

ごく普通の田舎のリゾートホテル。
温泉が無ければ一泊1000バーツ以下のレベルであるが、
温泉入り放題は魅力的



しかし、この温泉のあるラッブリ県スワンプルン付近ですが、
超高級リゾートホテルが点在して驚きました。


レストランだけの利用も可で、しかも値段も高くない。
それだけでも十分楽しめます。

高級高原リゾートと呼ばれるカオヤイやパクチョンを超えている!



私の知るかぎりタイで一番の高級な高原リゾートと化しています。




1.スイス バレー ヒップ リゾート
Swiss Valley hip Resort
http://www.swissvalleyhipresort.com

「タイのスイス」と呼ばれるのはペチャブンをはじめいくつかあるのだが、
「なんだかなあ~」
と思っていたが、ここまでやると結構すごいと驚き!

IMG_1892_R.jpg
リゾートの牧場に羊や馬がいます。息をのむような計算された美しい風景です。


スイスバレーの30バーツカフェラテ
リゾートのカフェー&レストラン。
これで、カフェラテが30バーツでした。大満足です。



ザ シーナリー
The Scenery
http://www.sceneryresort.com/



IMG_3186_R.jpg

こちらも計算された風景です。宿泊者でなくてもリゾートの牧場には入場できます。40バーツ



IMG_1876_R.jpg
羊へのえさは無料です。


こちらのレストランは広々とした景色の良いオープンレストラン。
ポークステーキが120バーツと許せる価格。


こちらも、上記以外の場所は宿泊者以外入場不可です。



より大きな地図で 【バンコク近郊 こだわり情報+α】地図編 を表示

参考;

南への旅3;温泉とフルーツ三昧

タイの一押し!温泉宿

足湯の温泉(ペッブリ温泉)

タイの東京ミッドタウン、、、大胆に予想!!!

タイ人と昼間に、プライベートで待ち合わせれば、


待ち合わせ場所は間違いなく、ショッピングセンター!


で、会った後、どこへ行こうか?


となれば、

間違いなく、レストランか映画! ←他は無いんかい?



その昔は、都心で待ち合わせるといえば、

マーブンクローン(MBK)の前が定番だったのが、
いつの間にかセントラルワールドが定番になってきた。
で、最近はサイアムパラゴン前が定番と思います。


注;マーブンクローンのことをMBK、チャトゥチャック市場のことはJJ、シーコンスクエアのことはC-CONなどと英文字数文字で省略したりします。以前はこのような省略はしませんでした。間違いなく、携帯電話のSMS(ショートメッセージ)の影響だと思っています。


で、バンコクの巨大ショッピングセンターですが、

バンコクの巨大ショッピングセンター一覧

バンコクのショッピングセンター


で、書いたりしました。その後、セントラル チェーンワッタナが開店しています。
バンコク鉄道網;現時点の計画まとめ  で、ピンクラインが通る場所です)


実は私は「箱モノ」が嫌いです。
民主党が、「コンクリートから人へ」とのスローガンを掲げていたそうですが、
その中身など難しいことはよくわかりませんが、
「何かを作る」と聞いただけで、「権益」「土木業界」「癒着」などという言葉が『根拠無く』頭のなかを駆け巡ります。
が、一方で私は、建物・建造物オタク(もどき)でもあり、エレガントな建造物と聞くだけで胸が躍ります。


このヒネクレタ性格は自分でも説明はつきません。
(誰か、教えてくれ!!)





で、バンコク都心部最後の巨大開発地と言われるのが、

1.ルンピニー ナイトバザール跡地(MRTルンピニー駅)再開発地

2.ラマ9世・ラチャダピセック交差点(MRTラマ9世駅)再開発地

ナイトバザール跡地では立ち退き問題がまだすすんでいません。

ラマ9世も 計画見直しか?セントラル ラマ9世店
 で書いたように先行き不透明でしたが、昨年末から工事が開始されています。



IMG_1531_R.jpg
工事が開始されています。完成予定は2013年とのこと(未確認情報)、えっ、そんなにかかるの?
(ビデオデッキの修理をするためにFutureParkの修理店(電化製品が壊れたときは、、、、 で紹介したAMORN )に行った際に写真を写しました。Futune Townのガラスが曇っていてきれいに見えません。隣のFutune Hotelに行けばもっと綺麗に見えると思うのですが、、、、、ゴメンナサイ手を抜きました)



IMG_1532_R.jpg
セントラルプラザ ラマ9世(Central Plaza Rama9)の垂れ幕が見えます。


IMG_1537_R.jpg
コンドミニアムも建設中。コンドミニアムだけで30階建以上のビルが8棟ある巨大開発です。


ラマ9世コンドミニアム_R
コンドミニアム完成予想図(BELLE社ホームページhttp://www.belle-avenue.comから)




ラマ9世開発JPG_R
とある筋から入手した開発計画図です。(真偽不明です)


情報が限られているのですが、
大胆に予想すると、、、、



セントラル ラマ9開発_R
ではないでしょうか? (大胆に予想!っていうか順当な予想ですが)



スクンビットからルンピニー公園への遊歩道 で、All Seasonsをタイの六本木ヒルズと書きましたが、この規模はそれを遙かに上回ります。巨大な開発です。
タイの東京ミッドタウンとなるか????

でも、全体デザインがちょっとダサイ気がするのは私だけだろうか?