【定点観測】バンコクのクリスマスツリー2010(合併号;パラゴンに異変が!)

【定点観測】バンコクのクリスマスツリー2010(予告編);エンポリウム前の変遷
で、今年のバンコクのクリスマスツリーの予告編を書きました。

その後、忙しく(休日出勤、出張、ごろ寝、ごろ寝、ごろ寝、ごろ寝などで忙しく)なかなかアップしていませんでした。
そのまま12月25日に突入してしまいました。
クリスマスツリーといえば、季節ものなので、今日アップしないと「予告編」で終わってしまいます。
(仕事の方は「そのうちすばらしい仕事をするぞ」と「予告編」でいつも終わっていますが)


そんなわけで、いつもは「お昼」「夜景」と2回にわけてのお届けですが、今年は「お昼」と「夜景」をあわせた合併号でお届けします。


参考;
バンコクのクリスマスツリー2006

バンコクのクリスマスツリー2006(夜景編)

バンコクのクリスマスツリー2007

バンコクのクリスマスツリー2008 

バンコクのクリスマスツリー2008(夜景編)

バンコクのクリスマスツリー2009

バンコクのクリスマスツリー2009(夜景編)


今年の注目は、なんといってもセントラルワールド。「バンコク炎上」の象徴的場所です。それだけに「バンコク復活」を印象づけられるか?


WTCD (2)
セントラルワールド前のツリーです。見事に東アジア最大のツリーが復活しています。



WTCD.jpg
去年までツリーのあった場所はセンタラルワールド修復工事中のため、囲いで覆われています。そのため、かなり窮屈にはなっていますが。


WTCN1.jpg
様々な色に変化するツリーは最近のはやりのようです。



WTCN2.jpg



WTCN (2)
椰子の木のイルミネーションの向こうに見えるツリーです。






ED.jpg
エンポリウム前です。
天使の色が一昨年は銀色、昨年は金色、今年は金色です。天使のラッパの先は去年は線が出ている感じですが、今年は金色の玉がぶらさがっていて、、、、なんか微妙なんですよね。


EN.jpg
エンポリ夜景です。全体的にイルミネーションは少なくなって、、、、これってエコ? それとも節約?



AMARID.jpg
アマリプラザ前です。ここは毎年趣向が変わるので、「今年は何だろう?」と楽しみがあります。


AMARIN.jpg
アマリプラザ夜景です。



PENID.jpg
ペニンシュラプラザ。去年にツリー2本から1本になりましたが、基本的には去年のデザインを踏襲しています。



PNN.jpg
クリスマスツリーポイントが増えたせいか、老舗のクリスマスツリーポイントのペニンシュラプラザもちょっと人気に陰りがあるような気がします。



FSD.jpg
こちらも老舗のフォーシーズンホテル。伝統のある安定感のあるツリーです。
去年は新しい趣向でしたが、今年は伝統あるシンプルなスタイルに戻っています。


FSN.jpg
フォーシーズンの夜景の美しさは特筆です。


PARAGOND (2)
パラゴンに異変が!!
サイアムパラゴンの巨大リースは健在ですが、外のツリーがなくなりました。



PARAGOND.jpg
来年はウサギ年のせいか、ウサギがモチーフ。去年のわけのわからん人形のモチーフより今年の方が良いと思う。


PARAGONN (2)
パラゴンの人気はセントラルワールドと二分しています。
しかし、イルミネーションは明らかに地味です。予算を大幅削減したのがみえみえ。セントラルワールドが頑張っているだけにチト残念。


PARAGONN.jpg
このリースは健在ですが、リースの周囲のかざりなどは、かなり省略されています。



NEWYEAR.jpg
赤シャツ占拠の中心となったラチャプラソン交差点のニューイアーの看板です。
今までにもこの場所ではいろんなことがありました。今年は平和な新年でありますように。




なお、去年も紹介しましたが、フォーシーズンズ ホテル(Fourseasons hotel)のパリチャートコート(Parichart Court)は、緑豊かな中庭に面した専門店街で、各店が新進デザイナーに依頼して作った趣向を凝らしたツリーを展示しています。豪華な雰囲気で、ツリー巡りは楽しいです。(しかもタダ!!)



DSC02517_R.jpg


DSC02501_R.jpg


DSC02503_R.jpg


DSC02505_R.jpg


DSC02506_R.jpg


DSC02507_R.jpg


DSC02512_R.jpg


【調査研究結果報告】タイ在留邦人に人気のある旅行先

喉が痛い! 鼻水が止まらない! 関節が痛い! 頭が痛い!




そういえば、昔新入社員のころ、

風邪で頭が痛く、会社に「休ませてください」と電話をしようと思ったが、

いかにも弱々しく電話をするのは心配をかけるかもしれぬと、


思いっきり元気をふりしぼって、「風邪で休ませてください」と明るく電話したら、

「そのくらい元気なら会社に来い!」

と怒られたことを思い出しました。



日本では、休むときは元気なフリをしないのが大人の対応! だと学びました。




で、以前タイで仕事中に気分が悪くなってソファーに横たわったときに、

優しいタイ人が心配してヤードム(ยาดม)を鼻に思いっきり突っ込んでくれ、もっと気分が悪くなったことがあります。
(そのヤードム、、、さっきまでお前の鼻の中になかったか????)

#ヤードムは鼻に差し込む気つけ薬、以前は、当たり前だったのが、、、、  参照





タイでは、気分が悪くなっても元気なフリをするのが自分のため! だと学びました。




ところで、お正月休みの予定をたてていないことに気がつきました。

宿は混んでいるし、ナコンナヨックかチャチュンサオなどにでも日帰りでいくか。
(なぜ、お正月にナコンナヨック?)


とも思ったりもしますが、体調の悪いときに旅行の計画などたてる気分ではない。



でも皆様に役立つ情報を書くこのブログとしては、  ←本当か?

頑張って役立つ情報を提供しよう。

ということで、旅行先の情報です。





------------------

せっかくタイに住んでいるのだから、旅行などを楽しむのは気分転換にもなるし、タイの再発見にもなります。

で、どこに行こうかと悩んでいる人も多いと思います。


実は、私は余暇を利用して、バンコクに住む日本人を対象に「タイ国内で行きたい旅行先」について、先日アンケート調査を行いました。

今日結果を掲載しますので、旅行の行き先などの参考にしてください。

調査は11月に終了したのですが、分析の正確性を確保するために、処理に少し時間を要していました。



まお、このアンケートは、日本政府文部科学省の支援を受け(注1)、
「在外邦人の意識・行動調査」研究(注2)の一環として実施されたものです。

最終的には、学会で研究報告を行うつもりですが(注3)、
今回特別にその一部をこの場を借りて発表させていただきます。


【調査方法】
このアンケートは、バンコク在住の日本国籍を持つタイ滞在1年以上の日本人から作為的に抽出したサンプルに対して、
下記項目を対面法で今年11月に調査を実施したものです。

調査にあたってはそのデータの正確性、調査の再現性を確保する観点から記名式で行われたが、
統計処理にあたっては氏名・性別・国籍などは利用していません。(サンプル数は下記 注4 参照)

【質問票】
タイの76県の各県毎に、下記のとおり5段階評価してもらい、その加重平均点を評価した。
(A)旅行で行きたいか? 1;行きたくない ~ 5;ぜひ行きたい
(B)仕事で行きたいか? 1;行きたくない ~ 5;ぜひ行きたい
(C)印象が良いか?   1;悪い     ~ 5;とっても良い
(D)住んでも良いか?  1;住みたくない ~ 5;住みたくない


【調査結果】

第1位;カンチャナブリ  
 コメント;サンクラブリ、トンパープムなどの自然と山岳民族の生活に触れることができるのが魅力

参考;
ここに来た日本人はほとんどいないだろう....カンチャナブリ県イートン(I-Tong)
ルパン三世 カリオストロの城サンクラブリ
カンチャナブリ(Kanchanaburi);トンパープム(Thong Pha Phum)のすばらしい宿
カンチャナブリ(Kanchanaburi);タムロット(Tham lot)
カオレーム湖の無人島のリゾート
サンクラブリでお勧めのP Guest House
タイで一番暑いのはどこか?




第2位;ナーン
 コメント;何があるわけでもないが、いいんだよね。「タイのブータン」と密かに呼んでいます。

参考;
ナーン (Nan)
タイ・ラオス・山岳民族の手織りの本1;タイ・ラオス
タイ・ラオス・山岳民族の手織りの本2;山岳民族関係




第3位;スコタイ
 コメント;有名なスコタイ遺跡よりも、周辺のシーサッチャナライ、カムペンペットの方が魅力

参考;
スコタイ(Sukhothai)
スコタイ(Sukhothai)の銀細工(スコタイ シルバー)
スコタイ県ハッシオの織物
我が家の ガラクタ 宝物 その4 宋胡録(スンコロク)
「Dream Cafe」掛け値なし本物のアンティークレストラン
シーサッチャナライ遺跡 (Si Sachanalai historical park)

第4位;ウタイタニ
 コメント;「これぞタイの田舎」という雰囲気と世界遺産の森林地帯

参考;
【必見】タイ古代への旅
(えっつ、これしか書いていなかった! ウタイタニについては改めて書きます)




第5位;ラチャブリ
 コメント;自然と開発がうまくバランスしていて快適

参考;
ラッブリ温泉
温泉・温泉・温泉...それだけじゃない、タイで一番の高級高原リゾート;ラチャブリ

以下省略





注1;この文章を書くうえで小学校で習った日本語能力が役立っています。小学校で勉学するにあたって日本政府文部科学省(旧文部省)の支援を受けました。

注2;「研究」と言ってしまえば、すべてが「研究」です。
 以前コンピュータのエンジニアをしているとき、同じような設計の仕事をしていても、会社によって所属部門の呼び方が異なっていました。「技術部」「設計部」「開発部」「研究部」など、、、、素人相手には後者ほど高級な仕事や部門名のような印象を受けますが、エンジニア仲間うちでは、後者ほど「うさんくさい」会社と感じていました。

注3;どういう「つもり」であっても私の勝手です。

注4;サンプル数;



ゴメンナサイ!!!

【定点観測】バンコクのクリスマスツリー2010(予告編);エンポリウム前の変遷

2010年も12月になりました。

このブログ名物の定点観測、、、、クリスマスシーズンです。

とりあえず、予告編ということで。


バンコクのクリスマスツリー2006

バンコクのクリスマスツリー2006(夜景編)

バンコクのクリスマスツリー2007

バンコクのクリスマスツリー2008 

バンコクのクリスマスツリー2008(夜景編)

バンコクのクリスマスツリー2009

バンコクのクリスマスツリー2009(夜景編)






DSC01198_R.jpg
これが今年2010年のエンポリウム前。 ほぼクリスマスツリーの飾り付けが終わりました。
去年は天使が金色だったのが、今年は銀色に戻りました。
その分、ツリーには金色の飾りがつきました。これは評価がわかれそう!
ウザッぽくて不評だったラッパからでている線はなくなりました。



2008 P1050158_R
こちらは2009年バージョンです。





2008 20091213005704b6a
2008年バージョン



2006 20071118191458
2007年バージョン



2007 20071118191523
2006年バージョン





IMG_4196_R.jpg
我が家のツリーも完了。
クリスマスツリー工場  で買ったツリーです。


DSC01182_R.jpg

うちの玄関にはキティちゃんのクリスマスリース。日本に帰ったときにハードオフで100円で買ってきました。





DSC01195_R.jpg
今年の新スポット、K-Villageも準備がすすみます。

工事中の K-Villageは、 バンコクの細道;其の弐  も参考

最後のパトロール;

人間誰しもミスをします。
(特に私はミスをよくします)

が、ミスをした人に対して、


人間誰しもミスをするんだよ!

と声をかけると、度量の大きな人だと周りから尊敬されますが、



茶碗を自分で落として割った私が、

「人間誰しもミスをするんだよ」

と嫁さんに声を掛ければ、




なぜか、恐ろしいことになります。






それはともかく、ミスをすると厳しく追及されるのが日本のしきたりのようです。


でも、追及されるというのは、どういうことでしょう?


(1)責任を取らされる(罰を与えらラル)
(2)今後同じミスがないよう反省させられる
(3)感情的に叱られる

のいずれかではないでしょうか?


私もタイ人がミスをすると、

(1)責任をとらせる程ではないが、
(2)今後同じミスをしないよう反省して欲しい
(3)でも、怒りは禁じ得ない(前も同じ事を言ったではないか!!!)

ということで、ついつい怒ってしまいます。

自分の中では、「感情的に怒っているのではないのだよ! 
でも、今後同じミスをしないようにね!」と頭で考えているつもりが、
真実は、結局感情的になっているのではないか? と自分で思うことがよくあります。


確かに、反省している人間を追い詰めても、


「さらに深く反省する」というよりは「反感を持つ」ことの方が多いと思います。


時と場合によっては、とことん追いつめることを否定するものではないのですが、


どちらかといえば、その結果として、

「反感を持つ」「気持ちよく仕事ができない」「仕事の効率がおちる」

となってしまうような気がします。


組織の人間としては、普通は「悪いことをしない」よりも「組織に役立つ働きをする」方を従業員に期待しているはずだし、働きやすい環境を作って、組織に役立つ働きをした人を厚遇することにより「やる気をださして、ミスしない」につなげることも可能だと思うのであるが、日本人は(といって良いかどうか判らぬが、少なくとも私は)「ミスをさせない」ことにエネルギーを費やしてしまっていた気がする。



また、タイで、ミスをした人間を叱責すると


「その結果どんな不具合が生じたのか? 大した損害が生じていないのになぜそんなに怒るのか?」


との声を聞くことがよくあります


確かに結果的には、大した損害ではなかった。
しかし、一歩間違えると大変なことになったのだ!

と言ってはいるものの、

「確かに一理あるな」

と思ってしまいます。



私がタイ化してしまったのだろうか?





で、尖閣諸島問題である。


尖閣諸島が日本では日本の領土となっているようだ。

(中国では中国の領土となっているようだ。)


日本では、中国の日本の領土である正当性をマスコミなどを通じて見る機会がよくあるが、
中国の言い分もぜひ聞いてみたいと私は思ったりする。


そもそも人が住んでいるわけでもない島のことは、私の生活に何の関わりもない。
そんなことで、いがみ合うこと自体が、建設的ではないと思ったりもします。

(が、尖閣諸島がどちらに属しているかが一大事と考える人も大勢いるようなので、私はあまり深く知っているわけでもないし、考えているわけでもないので、あまり不用意な発言はさけた方がよさそうですね。)


で、私の言いたいのは、漁船がぶつかってきたビデオです。


このビデオ、政府が隠しているので、どんなすごい秘密が隠されているのかと思えば、

流出してわかったことは、別にびっくりすることもない、想像の範囲のビデオ!


なんで、こんなビデオを政府が隠すのでしょうか?

中国で反日デモがこれだけ発生しているのに、少なくとも日本国民は、知りたいですよね。

人道的に問題だとか、残虐で公開に耐えれないとか、そんなビデオであれば確かに配慮が必要かもしれません。

でも、このビデオ、、、、なぜ隠す必要があるのかさっぱりわからん。


だって、中国人の友人に、
「なぜ日本軍は中国の漁船に体当たりするのだ?」
と聞かれたら、
「いや、ぶつかって来たのは中国漁船と言われている」
としか答えようがない。

それで納得してくれればいいが、中国では
「そうではない」
との大きなうねりがあるのに、日本人として、何も知らされないのが不思議だと思います


現にビデオが流出して良かったという日本人が8割以上いるそうです。







国家公務員である海上保安庁の職員が職務上知り得た情報を流出するのはおかしい!



って、そりゃ、おかしいに決まっています。

でも、海上保安庁の職員も国家公務員も人間ですよ。


機械じゃないんだから、100%言われたとおり動くと思う方が不自然。

第二次世界大戦中に、命令に逆らってユダヤ人にVISAを発給し、多くの人の命を救った杉原千畝の行動は正しいことをしたのですよね。命令に背いたかどうかではなく、結果として人の命を救った! ことをとがめる方がおかしいと思うのです。

長島がバンドの命令を見落としてサヨナラホームランを打ったら、やっぱり長島が英雄なのです。



軍隊ではとくに規律が厳しいそうです。

司令官が、「敵は本能寺にあり」と命令すれば、
「おれ、織田信長がすきだから、本能寺に行かないよ」
なんて許されない世界と聞きます。(そりゃそうだろう)


でも、その一方で、司令官が部下に反感を持たれていると、後ろから弾が飛んでくるかもしれないのが軍隊とも聞きます。軍ですら力や規律だけでは押さえきれないそうです。





で、私の浅はかな発想で好き勝手かきましたが、


私は、ある小説から、タイ人の「こうあるべき」と考える規律・規則・行動規範を学んだような気がします。



sansanw01.jpg

最後のパトロール ゴー・バンコク著 野中 耕一 訳
(http://www.mekong.ne.jp/books/localwriter/030501.htm)


主人公の主人公のウィー・ブンテンは、正義感が強く立派な人間です。組織の中で何を規範にして考えどう行動するのか、生き方・姿勢が強烈に伝わってくる小説です。