人気シーフードレストランの移転;どんぶりが隠れるほどの大きなアワビ

世の中のブログの記事のうち、7割は「食べ物の話題」と言われています。


#パソコンのトラブルの7割は、「コードがつながっていないことが原因」と言われています。


#私の仕事の7割は、「中途半端」と言われています。





で、世の中には、レストランの話題が多いのですが、
レストランの食事の話題を見て参考にする人ってどのくらいいるのでしょうか?


レストランの地図や値段の情報ならば参考になるのですが、料理のアップ写真を載せられてもなあと思ったりします。


料理のアップの写真なんて、自己満足そのものです。



で、



DSC07924_R.jpg

アワビです!! このボリューム!  うまい!




アワビといえば、以前韓国に旅行したときに、お昼にお粥屋さんに行った。
アワビ粥を盛んに勧められた。確か値段は2000円くらいしたような気がする。


2000円はあまりにも高かったのだが、一方で旅行中の高揚感から2000円は出せない金額ではない。
当時の私は生まれて一度もアワビなるものを食べたことがない!
アワビなどは王侯貴族が関白征夷大将軍が食べるものだと思っていた。

思い切って、アワビ粥を注文した。


お粥の上に、どんぶりが隠れるほどの大きなアワビが、、、、、


なにせ、2000円もしたのだから、、、、、、


が、


ない!!!



アワビが見当たらない!


いったいどこにアワビがあるのだ?


店主に、恐る恐る聞いた!


アワビはどこですか?


どうも、小さく刻んだアワビをお粥と一緒に煮込んだものだという。



いまだに、不明です。

あの2000円のアワビは、あれで正しかったのだろうか?

それともボラれたのだろうか?

誰か、ご存じの人は教えてもらえませんか?





で、サイドアワビのアップ!
DSC07924_R.jpg

このアワビ。 200バーツです。 たまの贅沢と思えば食べれる値段!
200バーツで、私も王侯貴族の仲間入りです。




これは、バンコクで、リーズナブルで美味しいことで有名なシーフードレストラン
フア プラチョン ノンシー(Hua Plachong Nonsea;หัวปลาช่องนนทรี)の本店(ラマ3店)で食べれます。


以前は、

rama3_1.jpg
こんな感じの屋台に毛の生えたような店だったのだが、
(それに何時行っても満員なので、行きにくかった)


1ヶ月ほど前に北よりに50mほど移転して大きくなりました。


DSC07927_R.jpg

このように、体育館のようなレストランです。広々としてOKです。



DSC07918_R.jpg

トムヤムクンはエビが生で出てきます。自分で鍋に入れるトムヤムクンです。
新鮮さに自信があるからでしょうか?  プリプリしています。
(ちなみに、このトムヤムクンが170バーツ)






DSC07928_R.jpg
マスコットキャラクター、、、、、でも、これはちょっと意味不明!




Hua Plachong Nonsea
หัวปลาช่องนนทรี
http://www.huaplachongnonsea.com/
127/45 ถนนพระราม3 แขวงช่องนนทรี เขตยานนาวา กรุงเทพฯ 10120
Tel 02-294-4963, 02-294-4960

DSC07931_R.jpg



大きな地図で見る



今日の教訓;
美味しいモノを食べたら、ブログに書きたくなるものです!


ちなみに、

以前書いた;
チャオプラヤー川沿いのオススメ シーフード レストラン
は、このレストランの近くです。(Ho Kitchenはちょっと高め!)

美人を見て得した気分のTOEIC受験

大分前に、バンコクでTOEICを受験した。
その時のことは、

バンコクでお得なもの! TOEICの受験


で書いたのだが、そのなかで、

「カッバメラタデ スクール」「ケンヤソウ スクール」について書いたのだが、誰からも何の突っ込みがなく、寂しい思いをしていました。
(逆から読んでください)



ところが寂しがってばかりもいられなくなった。


TOEICの有効期限は2年間、、、、ということで、有効期限切れになっていたのだ。


嫌だけど、また行ってきました、TOEICの試験に。

(受験方法は、「バンコクでお得なもの! TOEICの受験 」に書いています。)


久しぶりの受験でカンが鈍っていて(以前からカンが鈍かった気もするが)、はっと気づいたときには残り時間15分!
長文問題がいっぱい残っていて焦った。 でも、焦ると事態がより悪化し、問題に答えられないまま時間切れの結果でした。 でも、なんとか最低限のライン(本当に最低限のライン)はクリア。 これで、2年間は受験しなくて大ジョブです。  ← 良いのか? それで!!


TOEICを受験した感想です。


・回答していても集中力が続かない! 
 ↑ 歳のせいかと思ったら、よく考えたら昔か​らそうだった

・オリエンテーションを含めて3時間の長丁場だった。
 ↑ 最後はトイレを我慢するこ​とに根性のほとんどを使ってしまった

・以前はビジネスレターの問題が多かったのだが、今回は電子メー​ルが多かった
 ↑ それがどうした?

・苦手だった「間違い探し(4つの中から間違いを探す)」問題がなかったのはうれしい
 ↑ でも、点数が上がらないのはなぜ?

・長文問題を読む時間がなかった。
 ↑ 問題を読まず(読めず)に「常識」で回答するしかなかった

・受験しにきているのは若い子が殆どだった。なんだか気恥ずかしい

・でも美人の女の子を見ると得した気分になる



最後に一言! 

事務局のお姉さんが「タイ語が上手ですね」と褒めてくれたが、
​英語を受験しにきているのにタイ語を褒めないでほしい!






[ 2011/07/07 21:17 ] その他:その他 | TB(0) | CM(1)

これが選挙の票の操作の証拠です!!

昨日、うちのチビ(5歳)をつれてサイアムのLIDOシアターで『借りぐらしのアリエッティ(The Borrower Arrietty)』を見ようとしていたら、

プアタイ党(タクシン派)圧勝! 出口調査で313議席獲得の予想!

とのニュースが、


タクシン派圧勝? 【投票所から】
で、

「最近の特に地方の圧倒的な盛り上がりをみると、「インラック圧勝」とみましたが、」


と書きはしましたが、313議席ほどの圧勝までは思いもしなかった!!


バンコク選挙区でも、33議席中23議席をプアタイが抑えたとのこと!
(本来はバンコクは民主党の地盤です)



うわあっ、、、!!


との興奮状態のまま、アリエッティを見ました。


教訓臭さが多少鼻についたが、でも純粋に、

うわあ、なんて良い映画なんだ!

と興奮!!


その後、久しぶりにサイアムで食事! 

うわあ、サイアムで食事! なんて俺は都会的な暮らしなんだ!

と興奮!!



龍(RYU)なる しゃぶしゃぶ の食べ放題の店にはいると、一人299バーツ(子供は半額)
だが、店のお姉さんが、子供は無料でいいよ! って!

うわあ、なんて得をしたんだ!!

と興奮!!!



そして家に帰り、テレビをつけると



、、、様子がおかしい。



プアタイが300議席以上とっているはずなのに、、、、


ほとんど開票が終わっているはずなのに、250議席代!


えっ、、、いや、 確かに単独過半数を制しての勝利なのだけど、、、、


「300議席超の地滑り的圧勝!」

とはちょっと違うような気もする。


だって、バンコクなんか、33議席中23議席のはずが、、、

民主党の方が得票数が多いって、どういうこと??


投票数_R



スワンドゥジット大やABAC大の出口調査に比べて、プアタイ(タクシン派)の実際の獲得はかなり少ない。

これは、

出口調査時に、
プアタイ支持者(赤シャツ)は支持を表明しがち
民主は支持を表明しない傾向にある


との説がある。
なるほど、と思う。



また、投票用紙でプアタイの投票欄が、
棄権票(タイでは選挙で棄権欄がある)と混同しやすく印刷されていた


との説もある。
なるほど、と思う。


しかし、

バンコクにおいて、
出口調査と実際の獲得議席が特に大きく違っているのは、

バンコク都知事は、民主党のスクパン知事
つまり、バンコク都庁の選挙票操作!


との噂もあります。


上の表をよく見ると

プミチャイ党やチャートタイパッタナ党が出口調査より、実際の獲得数が大幅に伸びています。

プミチャイはブリラムのネウィンが党首。
チャートタイパッタナは、スパンブリのバンハーン元首相が最高顧問です。

つまり、、、地元密着利益誘導型の古いタイプの政党です。
だから、やはり各地元で票の操作!!




との噂が、まことしめやかにされています。


真実は?




単に、出口調査の精度も問題だったりして、、、、
[ 2011/07/04 22:16 ] タイ政治・経済:政治 | TB(0) | CM(0)

タクシン派圧勝? 【投票所から】

タイの下院選挙がいよいよ今日7月3日の投票日になりました。


いやあ、盛り上がったなあ! どう盛り上がったかといえば、

民主党 VS プアタイ(タクシン派)
の第一党争い!

動物 VS 既存政党
のケダモノ争い!

チュウイット vs 既存政党
の建前と本音の争い!


詳細は;
次期タイ首相は日系人か?


で、今日の午後3時には投票を締め切り、今日夜半には大勢がが判明する予定です。


ですが、結論を言ってしまうと(今はお昼です)

プアタイ(タクシン派)の地滑り的完全勝利!!



以前は「プアタイ支持」と公言する人は減っていたような気がします。

、でも、最近の特に地方の圧倒的な盛り上がりをみると、「インラック圧勝」とみましたが、、、、   

プアタイには、暴力的とか粗暴とかのイメージが(事実かどうかは別として)ついていたのですが、インラックでそのイメージが消え去ったことが大きいのでしょう!

逆に、狂信的なタクシン支持を叫ぶ人も殆ど聞かなかったのが、今回の選挙です。


(もし、プアタイが負けたら、どうしようか?  この記事は今日の夜には消さねばならないかも?)



DSC07721_R.jpg
選挙会場です。 各投票所には警官が配置されています。
「選挙の監視」ではなく、「治安の維持」が目的です。
「選挙の監視」は住民から選ばれた委員により行われます。



DSC07716_R.jpg
このように投票します。
ピンクが比例代表、水色が選挙区の投票です。(あれっつ、逆だったかな?)




DSC07739_R.jpg
投票所で選挙を管理しているのは、住民から選ばれた人達です。




DSC07742_R.jpg
このように投票を行います。





DSC07736_R.jpg
テレビ局も取材をしていました。
(但し、出口調査はしていませんでした)




DSC07720_R.jpg
プアタイ党(タクシン派)の党員が投票者数をチェックしていました。
選挙結果発表で投票数を管理するのでしょう!
このあたりもタクシン派の自信のあらわれでしょう!
[ 2011/07/03 12:14 ] タイ政治・経済:政治 | TB(0) | CM(4)