美味しい屋台がいっぱい;ある紳士の言い訳

タイ女性のオトコへのアタック方法;バンコク トラフィック ラブ ストーリー
を書きましたが、どうも読み返してみると自己嫌悪。

私の書きたかったのは、こんなことじゃない!

これじゃあ、単にクリスとトーイの好きな、変態オヤジではないか?

せめて、「フォー&モッドとネコ ジャンプが好きなオヤジ」にとどめておいてほしい!


厳しい視線;NEKO JUMP



そこで、この場を借りてはっきりさせたい。 
私は、可愛い女の子の好きな単なる変態オヤジではない。

その証拠を見せてやる!

やはり、1年くらい前にタイで大ヒットしたラブコメ 「クワン・ムンホー(hello Stranger;กวน มึน โฮ)」

主人公の可愛い女の子、カッコいい男、外国ロケ、韓流、ユーモア、おしゃれ、少しエッチ、、、、

タイでヒットする要素は完璧に盛り込んでいる。


実際にヒットしたのですが、、、、







私的には辛口のコメントしか言いようがありません。
(思いっきり上から目線でいいます。)


無理のあるストーリー展開、無理のあるユーモア、無理のあるエッチ、、、、

それに、一番納得いかないのは、

紆余曲折あって、
ハラハラドキドキさせながら、
最終的には、主人公の男の子と女の子が結ばれるハッピーエンドなのですが、


それに、捨てられた元恋人(KOY)はどうなるの?

主人公の幸せの為なら、KOYは身を引かなきゃいけないの?


と、私的には、ひどく心配してしまいます。


唯一の見どころは、ヌーナー(NOONA;主人公の女の子)が韓国から空港に向かうタクシーの中で「涙をこらえきれずに泣くシーン」。 涙をこらえながら、だんだんこらえ切れずむせび泣くシーンが、カットなしで流れる、、、

そのシーンの3分だけ見ればいいですよ。 この映画は!!!
(思いっきり、上から視線で、、、)


でも、NOONAがカバーした挿入歌「恋に落ちるのに、時間をかける必要はない(ラック マイトンカン ウェラー;รักไม่ต้องการเวลา)」は少しいいかも。(この曲も大ヒットしました)




いかん、いかん、、、、、




いいわけをするつもりが、、、、


どんどん、
変態オヤジへの道まっしぐら!!!


となっているではないか!!



気を取りなおして、このブログの王道へと戻ります。

実は、私の本来のキャラは、

「タイアイドル大好きオヤジ」キャラ

ではなく、

「上品な紳士」キャラ







すいません。間違えました。








「タイの屋台・路地裏大好きオヤジ」キャラ

なのです。




-----------------------

BTSサパーンタクシン駅といえば、

日本人には、

チャオプラヤーの船着き場への乗り換え場所

場所として有名ですが、

このブログの読者であれば、


無料のチャオプラヤー豪華クルーズ
とか、
子供の遊べる普通の公園
へ行く場所として有名です。(本当か?)


ちなみに、タイ女性のオトコへのアタック方法;バンコク トラフィック ラブ ストーリー  では重要なポイントとして駅が出てきます。


で、この付近は、いわゆるチャイナタウンではありませんが、中国人の多い場所です。



ということで、
BTSサパーンタクシン駅付近、バンラック市場周辺には『うまい屋台』が多いのです!!


バンラック全体図_R
バンコクのチャオプラヤー川沿いです。


バンラック拡大図_R
サパーンタクシン駅を降りてすぐにバンラック市場があります



①バンラック市場の麺屋台 
バンラック市場にある麺屋台です。あっさりスープが抜群。朝はあっさり目なのだが、だんだん具の出汁がでて、夜にはちょっと濃厚目になります。
その移り変わりもなかなかです。
実は、朝・昼・夜、3食この屋台で過ごした日もあります。


営業時間;朝から夜まで

DSC01134_R.jpg
見かけは普通の屋台


DSC01139_R.jpg
あっさりスープは抜群


DSC01225_R.jpg
ガオラオ(麺なしスープ)でご飯と一緒に食べるのもヨシ





②バンラック市場向かいのお粥屋 
夜のみのお粥屋です。深夜まで営業しているので、飲み会の帰りにもOK。
具は、シーフード(イカ、サカナ、エビなど)、豚ホルモンなどからよりどりみどり
独特ソースの病み付きになる味です。
営業時間;夜のみ(昼間は別のタイ料理屋台です)

DSC01217_R.jpg
少しわかりにくいが、路地の入口にあります。




DSC01218_R.jpg
いろいろな具から選びます。ミックスもOK。


DSC01220_R.jpg
値段は少し高め(魚粥で60バーツ)ですが、その価値十分あり。


DSC01221_R.jpg
注文を聞きながら丁寧に作ってくれます。



DSC01224_R.jpg
この日はイカ粥を食べました。



③ロビンソンデパート向かいセブンイレブン横のお麺屋 
ここも夜のみのお粥屋です。やはり深夜まで営業しています。
営業時間;夜のみ

DSC01213_R.jpgセブンイレブン前の屋台です。



DSC01173_R.jpg
昼間はこんな感じで別の屋台です。


DSC01211_R.jpg
こだわり肉団子はボリュームたっぷり。




おまけ;

バンラック市場の様子です。結構な賑わいです。


DSC01142_R.jpg


DSC01144_R.jpg


DSC01145_R.jpg















[ 2012/01/29 23:18 ] タイの映画 | TB(0) | CM(0)

タイ女性のオトコへのアタック方法;バンコク トラフィック ラブ ストーリー

私がタイに初めて来たころは、

タイ人女性はオシトヤカ!

と、相場は決まっていた。


だから、、、、
タイポップスのターニングポイント?
で書いたように、ニコルが新鮮だった。



では、今時のタイ女性は、どうやって意中のオトコにアッタクするのでしょう?



2年ほど前に流行った映画、

バンコク トラフィック ラブ ストーリー(Bangkok Traffic Love story;รถไฟฟ้ามาหานะเธอ)


から、実例を探してみました。



1.気になる男の携帯番号の聞き出し方

「私の電話番号を聞かないってどういう了見? 私の電話番号をあげるからさっさと電話をかけてきなさい」
というのは、上記ニコルのセリフ。

普通はここまで強気は無理でしょ!

で、上記バンコク トラフィック ラブ ストーリでは、
「あれっ? 私の携帯電話どこかいっちゃった。 ちょっと携帯を貸して。 私の電話にかけてみるから」

で、自分の携帯に電話をかけると、当然番号が自分の携帯電話に残るわけです。


2.気になるオトコから自分に電話をさせるきっかけ

自分の電話番号を書いたプレゼントをわたす。

いかにも古典的ですが、王道なのでしょう。


3.気になるオトコと会うためのきっかけ作り

そのオトコのよく来る店でアルバイトをする。

上記の映画では、レンタルビデオ屋でした。

(少し無理がありますね)



4.気になるオトコと一緒にいる時間をつくるきっかけ

(相手が技術者なので)数学が得意なんでしょ。今度私に数学を教えて、と頼む。



以上は、映画の中で今どきの高校生プルンが行っていた(あるいはアドバイスしていた)方法です。
プルンは、恋人(ギック)が何人もいる跳んだ高校生です。


ところで、

5.恋のライバルの陥れ方

上記映画の中のドラマ(劇中劇)では、良い役の女性が悪い役の女性の意地悪に耐えかねて、最後には暴力で仕返しをするシーンがありました。

そのシーンを見た、上記映画の主役マリーは、
恋のライバル(高校生のプルン)の恋人を何人も一か所に呼び出して、バッティングさせる方法をとっています。

タイの女性なら、実際にやりそうで、怖い。



で、
バンコク トラフィック ラブ ストーリー(Bangkok Traffic Love story;รถไฟฟ้ามาหานะเธอ)ですが、2年ほど前に大ヒットした映画なのですが、実は先日飛行機の中ではじまて見ました。

タイにありがちな、ラブコメディなのですが、とても面白かった。
監督は、数年前に大ヒットした映画「僕の恋人」の共同監督の一人。 ちなみに、 衝撃のビデオ! ぼくの恋人  でも書きましたが、私的にはこの映画はタイ映画最高傑作だと思います。

注;私が見た映画の中で


で、バンコク トラフィック ラブ ストーリー、、、




面白い! 


主人公のマーリーは、30歳の中華系独身女性

10代のプルンのような、「跳んだ」の女性ではない。

かといって、40代以上のような、古い伝統を重んずる世代でもない。


若い人の価値観でもなく、古い価値観でもない、そんな微妙な価値観があざやかに描かれています。


最近タイに来た人には、ぜひ見て欲しい。
今のタイを学べる映画だと思います。


と、絶賛しましたが、ストーリーの不自然さ無理さはちょっときついですね。

偶然にBTSで何度も出会うとか、BTSと船とバスと乗合トラックを乗り継いで出勤とか(どこやねん?)


で、この映画をまとめると、

50代以上のタイ人;
・女性はオシトヤカでなければならない。
・女性を物扱い(30歳で歳を喰っているだけど新品(処女)だらら嫁にもらってくれ、と娘を売り込む)
・一人の男性をめぐる女性の争いのドラマが大好き(しかも、遺産相続とお手伝いさんがいればベスト)
・中国語を話せる
・親戚付き合いや家族などを大切にする

ティーンエイジャーのタイ人;
・ボーイフレンドは何人もいる
・好きな人がいると積極的にアタック
・古い伝統は尊重しない。面白いところのみ尊重。
・中国語を話せない
・深い人間付き合いよりも、広い人間付き合い


その丁度狭間の女性が描かれています。


一この映画の番大きな主題は、

50代以上は、家族、親戚と一緒に生きており、寂しは感じない。

ティーンエイジャーは、寂しいときは新たな人と人間関係を作ればいいので寂しさは感じない。


で、その両方の価値観を併せ持つ30歳の主人公は、うまく泳ぐことができない。
でも、悩みながら自分の幸せを見つけていく。
(だと思います)



で、フェーンチャン(僕の恋人)の、ドキドキするラストのクライマックスをもじりながら、

ハッピーエンドの映画です。



ちなみに主演のクリス ホーワン(Cris Horwang;คริส หอวัง)は今旬でテレビのトークショーなどにもよく出ていますが、表情豊かというか仕草も含めて可愛いですねぇ。 毎週土曜に14:45から15:35 Ch5でSister Dayという番組があります。番組の内容は女性がターゲットなのですが、クリスのほかに、これまた今人気絶頂のTOEY(Jarinpon Junkiat;จรินทร์พร จุนเกียรติ )が出演しいます。クリスとトーイが一緒に見れる番組はこれだけ! (笑


[ 2012/01/28 23:55 ] タイの映画 | TB(0) | CM(1)

iPhoneより良いスマートフォン買いました

友人のタイ人に、トリアムウドム高校からタマサート大学に進み、チュラロンコン大学で修士課程を修了した才媛の女性がいます。 客観的に見て容姿も美人の分類だと思います。
仮に彼女の名前を、仮にAさんとします。
(参考;A,B,C,DがあってEがない。F,GがあってHがない。


美人で才媛、、、当然ながら性格も優しく、、、、


そんなわけはありません。


はっきり言って、


『むっちゃキツイ』 (← いいのか? はっきり言って)

なお、「Aさん」というのは仮名ですので、念のため。



メシ会の帰りに、アッシー君を電話で呼びつけ、
そのアッシー君の到着が渋滞で遅れると、怒鳴りつける。(←タイ人男性のその忍耐力を仕事に生かして欲しい)
(呼び出すのは恋人ではなく、アッシー君です。念のため)

恋人ともしょっちゅう喧嘩をしているそうで、


喧嘩をしたら、携帯電話を投げつける。

今まで、携帯電話を壊しこと数知れず。


だから、携帯は安い携帯電話ばかりだそうです。
(といつつ、何千バーツかの携帯ですが)


タイ人女性の恐ろしさを再認識しました。
(参考;タイのFacebook;性格のキツイ女子大生



そんな彼女も、2、3年前についに結婚したのでした。


で、先日、その女性とダンナと3人で一緒にメシを食っていると、


彼女の手には、iPhoneが、、、、、

高価なiPhoneを持っているということは、彼女も丸くなったのか?


と思い、尋ねた、、、、(← 今から思えば、命知らずの質問だったかも)


「iPhoneを投げつけたことはないのか?」



彼女は、


iPhoneは高いから投げつけない。他のものを投げつける。食器とか、、、


さすが、才媛、、、キレて物を投げつけるときに投げつけるものの>値段を冷静に計算しているのね、、、


----------------
ところで、話は変わって、、、、


先日知人が私に聞いた、、、、、

さくらぎちょうさんは、スマートフォンとか使わないのですね。

スマートフォンのプロを自称する私はキレて逆上した。
(でも、携帯電話は投げつけなかった)


でも、それを悟られないように、冷静に言った。

このC5はスマートフォンなのですよ。
(参考;新スマートフォンC5-00を買いに行ったら、、、

「えっ、スマートフォンってタッチパネルで入力する携帯電話でしょ???」


私は冷静に『偉そうに』解説した。

「タッチパネルとスマートフォンは関係ないですよ。

タッチパネルはブラインドタッチできないし、車を運転しながら操作できないし、、(←オイオイ!)


ツウは、10キーのスマートフォンを使うのです。

タッチパネルのスマートフォン(iPhoneとか)を使っている人は、
単なるミーハーです。



こうして、また友達を失いました。



----------------
ところで、話は変わって、、、、



去年の11月にタイでの勤務を終え、
日本に帰国したのだが、

1月の上旬に3か月の予定度でタイに来ました。

タイで利用していたスマートフォンC5を日本での利用していたのだが、

日本でタイ行の飛行機に乗って、バンコクに到着。


で、入国審査の行列に並んでいるときに、突然携帯電話は異常をきたした。


電源を切ったり入れたり、SIMを抜いたり入れたり、するとしばらく動作するがまた異常動作する。


そんなわけで、あわててMBKに新たな携帯を買いに行きました。


で、購入した携帯が、NOKIA C5の新型
(厳密にいえば、C5-00 「10キーのスマートフォン」がウリです。  )

DSC01432_R.jpg
左が、新しく購入したNOKIA C5   右が今まで使っていたNOKIA C5
デザインが違うだけで同じやんけ!

DSC01433_R.jpg
左が新しいNOKIA C5     右が今までのNOKIA C5


今までのもののカメラが3.2Mだったのが、新しいものは5Mとなっている。



この新しいC5ですが、スペック上はほぼ同じ。
スペック上の違いは、カメラの画素数が増えて、内臓メモリが増えているくらい。

でも、結構すぐれものでした。

まず、カメラが画素数の向上以上にすごく画質が良くなった。
(今までが悪すぎたともいうが、、、 )

それに、ソフトが細かいところで使いやすい。


10キーでの検索ソフトT9NAVが標準装備となった(旧型C5-00は別途購入する必要があった)

管理工学研究所のウェブサイト(http://plusj.kthree.co.jp)から無料の日本語フォントをダウンロードすると、それだけで日本はばっちりOK。

ちなみに、この新型C5-00は中古を3300バーツで購入しました。

小学校の不思議

2012年あけましておめでとうございます。

2006年にこのブログを開始して7年目に突入しました。

昨年11月にタイから日本に本帰国しましたが、12月には約1か月のタイでの仕事。
そして、昨日に再度タイに来ました。3月末までタイで仕事をします。

このブログは、ボチボチ続けようと思います。

よろしくお願いします。


ところで、このブログで「まなままのぶろぐ(http://maonao.blog88.fc2.com/)」というブログをリンクしています。 その中で、小学校の給食 (http://maonao.blog88.fc2.com/blog-entry-589.html)という記事がありました。

ここまで無茶苦茶な横浜の某小学校の校長の発言には、怒りといよりも驚くばかりです。
あまりにも無茶苦茶で反論など書くのも時間の無駄、ここでコメントを書いている人の言葉を借りて「正直この校長は阿呆ですね」としか言いようがありません。

きっと、早晩発言を修正せざるを得なくなるのではないかと思います。



それより、私が興味を持ったのは実は別のところです。

横浜市に「アレルギー疾患の児童生徒対応マニュアル(http://www.city.yokohama.lg.jp/kyoiku/kenkyo/kyushoku/allergy.pdf)」がありますが、

その中で、アレルギーの児童の給食などに対応するために、小学校で「食物アレルギー対応委員会」を設置、開催するとあります。

ア 目的
食物アレルギーの児童生徒に対応について学校給食及び学校生活全般における適切な対
応を検討し、全教職員が共通理解を図りより安全な学校生活をめざす。
イ 出席者
管理職・担任・学年職員・養護教諭、栄養教諭・栄養職員、給食主任、学校医、調理員代表等
ウ 開催
校長は必要に応じて、委員会を開催する。
エ 検討事項
(ア)学校全体の食物アレルギー対応児童生徒人数とその対応を把握
(イ)給食・調理実習・体験学習など学校生活全般での対応の方法を検討
その際、給食での「除去食」「代替食」対応実施基準、面談や確認書類事項を考慮し判断



委員会のメンバーは、

管理職・担任・学年職員・養護教諭、栄養教諭・栄養職員、給食主任、学校医、調理員代表等

なのですね。

そのメンバーで、
給食・調理実習・体験学習など学校生活全般での対応の方法を検討
するのだそうです。


タイでの感覚からするととても違和感を感じます。

だって、委員になぜ、地域の代表者や保護者(PTA)が入ってこないのでしょうか?

小学校って地域のリソースです。小学校を中心に地域の人たちや保護者が学び、考える場です。

また、地域の人や保護者が、地域のリソースである小学校を支えるのです。

もちろん、タイでも、そううまくいかないケースは沢山あります。

でも、多くの親は自分の子供の事に矯味があります。
「地域に貢献しましょう」と言ってもなかなか貢献しない大人も、
「自分の子供の環境に貢献しましょう」といえば、貢献する人も沢山います。

また、子供から学ぶ親も沢山あります。


日本の小学校ってそのようなことを否定しているのでしょうか?