スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【定点観測】バンコクのクリスマスツリー2012 夜景編

【定点観測】バンコクのクリスマスツリー2012;
に続いて、夜景編です。


参考去年までのクリスマスツリーはこちら;
【定点観測】バンコクのクリスマスツリー2011(今年のポイント;エンポリのイメチェン)
【定点観測】バンコクのクリスマスツリー2010(合併号;パラゴンに異変が!)
バンコクのクリスマスツリー2009
バンコクのクリスマスツリー2009(夜景編)
バンコクのクリスマスツリー2008 
バンコクのクリスマスツリー2008(夜景編)
バンコクのクリスマスツリー2007
バンコクのクリスマスツリー2006
バンコクのクリスマスツリー2006(夜景編)


今年は全体的に一段と華やかな気がします。
ここのところずっと、爆弾騒ぎ、騒乱、洪水などと災難続きだったタイですが、今年は全体的に平穏な年でした。
バンコクでは最低賃金も40%上昇し、その割には物価もコントロールされています。
比較的庶民も経済発展の恩恵を受けることができました。

このようなクリスマスの夜景を眺めることができる幸せをかみしめたいと思います。

と、ガラになく、今年を締めくくりました。

、、、、って、まだまだ今年中にやらなきゃならない仕事が山積み!!!!

感傷にひたるには早すぎました。

DSC05965_R.jpg
サイアムパラゴン前のテラス下からです。今年は比較的シンプルな照明がいいかんじです。


DSC05973_R.jpg
こちらは上からの写真です。




DSC05966_R.jpg
パラゴン前のツリーは普通かなあ。今年はどこもツリーもLED照明になりで色が変わります。




DSC05980_R.jpg
アマリンプラザもなかなか頑張っています。


DSC05984_R.jpg
セントラルワールドはさすがの迫力です。



DSC05995_R.jpg
フォーシーズン前のクリスマスツリーは頑固までに毎年同じです。



DSC05997_R.jpg
ペニンシュラプラザも何とか間に合いました、、、が、若干残念。
往年の輝きがありません。


DSC06009_R.jpg
エンポリアム前です。やはりLED照明のクリスマスツリーです。


スポンサーサイト

バンコクのきれいなビーチ:パレス ビーチ

たまに、バンコクに近いビーチ、しかも穴場を書いたりしていたのですが、、

バンコクに近い穴場のビーチリゾート

バンコク近郊で一番きれいなビーチ!;サメサン島

意外にこのブログの中では注目度が高いようで、問い合わせを受けたりします。


でも、問題は「行きにくい」ということ。

ホワヒンやパタヤであればバスなどで簡単に行けるのですが、
そういうメジャーなビーチはこのブログの対象外、、、


ということで、今回は「公共交通機関でいける」バンコクに近い綺麗なビーチです。


DSC05916_R.jpg
あんまり明確に名前がないのですが、、、
ターワンビーチ(Haad Thaa Wang)やパレス ビーチ(Palace Beach)などといわれいます。
かってタイ王室の離宮があった風光明媚な場所です。


DSC05909_R.jpg
近くの高台に点在する離宮です。誰でも自由にはいることができます。


DSC05902_R_20121215182249.jpg
高台からの海の風景です。

タイ最大の港、レムチャバン港に近く、多くの貨物船が停泊しています。
レムチャバン港が満杯状態とのことで、沖合でハシケ船への荷卸しをしています。





DSC05917_R.jpg
離宮の建物を復旧して喫茶店になっています。


DSC05919_R.jpg
ビーチサイドのこの喫茶店で飲み物が25バーツ程度の納得価格




DSC05895_R_20121215184429.jpg
付近の案内図です。




DSC05864_R.jpg
港のいいかんじの風景です。


場所:シーチャン島(Kho Si Chang)
行き方:
・バンコクからシラチャーにバスで1時間半から2時間
・シラチャーから船で約45分(50バーツ)



より大きな地図で 【バンコク近郊 こだわり情報+α】地図編 を表示

シーチャン島は以前は、イカの水揚げが多く、「イカ御殿」と呼ばれる中国人の豪邸が立ち並んでいました。
もちろん、漁民はタイ人、仲買人は中国人です。

古い中国風の町並みと多くの寺院がある町だったのですが、最近はイカの水揚げも減ったようで観光が中心の町になりつつあります。

ちなみに、ゴシーチャン島には他にも多くビーチがあります。
今回紹介したビーチは岩が多く泳ぐのにはあまりむかないと思いますが、のんびりするには一押しです。

チュラロンコン大学百景:エスト コーラ失速?

タイのレストランで食事をする際にちょっとドキドキするのは、

飲み物の頼み方



一度、一流ホテルのビュッフェ(食べ放題)に行ったことがある。

プロモーションで、一人400バーツ(約1000円)くらいだったと思う。


一流ホテルで食べ放題、それで400バーツは安い!



高級な雰囲気で、しかも美味しそうな食べ物がこれでもか! と並んでいる。

席について、幸せな気持ちになっていると、


お飲み物はどうしましょう?


食べ放題といっても飲み物は別料金らしい。

ここで、下手に何か頼んだら、恐ろしい値段になることが目に見えている。

200バーツや300バーツは飲み物だけでとられてしまう。

賢明な私は言いました。

水をください。


しばらくすると、エビアンがでてきた、、、、

「うっ」と思った時には、すでに封が切られてしまっていた。


水代だけで税・サービス料を含めて200バーツ近い。

結局400バーツのはずが600バーツになったのでした。


幸せな気分がふっとんだ、

大事件 でした。



それ以降、


高めのレストランで食事をする羽目になったら、、、、

まずは、


タダの水はありますか?
(意外にあったりします)


それがない場合は、


ブランドの水でなく普通の水をください

かならず確認するようにしています。



バンコクで暮らす生活の知恵です。


  ↑
ただ単に、「貧乏くさい」だけかも





普通の一般の食堂でも悩ましいのです。

テーブルの上に、

プラスティック製の容器に水をおいてある店もあったりすします。


そういう店では、氷だけを頼めばOKです。(普通は2バーツ(約5円)程度)


2バーツなら許容範囲なのですが、



ところが、店によっては、こういうタダ水がおいていない。


ペットボトル入りや瓶入りの水だと、10バーツ(約25円)程度する。


ご飯代30バーツ(約75円)で水10バーツ(約25円)は高い。

しかも、ボトル全部飲むくらい喉が渇いているのなら、

まあ、しょうがないか。

とも思うのだが、普通はコップ一杯も飲めば十分。



そういう店では、結局水を我慢することが多いのです。


でも、喉が渇いているときはそういうわけにはいかない。

でも、水にお金を払いたくない。



その結果として、

コーラを注文してしまうのです。


コーラならお金を払っても「しかたないか」って自分を納得させるのです。






水で思い出しましたが、このブログで以前、


水はいったい誰のものなのか?

という高尚な話題を2回にかけて書いたことがあります。

「水は誰のもの」とのいえば、
水不足という地球規模の課題や貧困地帯での水へのアクセスの問題
などを思い起こす人も多いかと思いますが、私は別の切り口から考察してみました。


水は誰のもの?

水は誰のもの? その2



すいません。


まえ振りがどんどん長くなって、なかなか本題に進めません。

このブログは、まえ振りが勝負です。
まえ振りだけ読めば十分ともいえます。
それどころが、まえ振りしか書かなかった事も何回かあります。
例 : タイのFacebook;性格のキツイ女子大生
(まえ振りしか書かなかったときの方が評判が良い気がする)


本題にいきます。

この記事は、「チュラロンコン大学百景」です。
チュラロンコン大学に出入りして、
見かけた「ちょっとした事」
を書くコーナーです。



チュラロンコン大学のキャンパスにセブンイレブンがいくつかあります。


なぜかチュラロンコン大学のキャンパスのセブンイレブンは小さな店なのです。
(きっと、生協とかが強いからなのだと思うのだが、、、)



DSC05781_R.jpg
こんな感じのセブンイレブンです。
自分でレジに持っていくタイプではなく、
お姉さんに必要なものを注文するタイプなので、結構並んでいます。



DSC05783_R.jpg
小さなスペースでいろいろ売っています。



ところで、私の最近の愛用は、ノーカロリーのコーラ 

最近はメタボ防止のために食事を減らしているので、

ノーカロリーのコーラを食事前に飲んでお腹を膨らませるのです。

(それが本当にダイエットにつながるのか不明)



ところが、チュラロンコン大学の中のセブンイレブンでは、売り場面積が限られているせいか、
コカコーラは無く、ペプシしかおいていないのです。
(普通のセブンイレブンでは、コカコーラとペプシ両方おいている)

で、タイのペプシのボトリング会社セームスック社とアメリカ・ペプシコ社とが契約決裂し、スームスック社が11月からペプシの販売を終了し、独自ブランドを立ち上げました。


640119-img-1351828863-1_20121210150837.jpg
新ブランドのコーラ est COLA です。
テレビ、駅広告など、大々的に宣伝をしかけました。


そのあおりで、チュラロンコン大学のセブンイレブンでもペプシの販売終了。
もともとコカコーラがないものだから、
(スームスック社の販路で)est COLAのみがおかれることになったのです。


そうすると問題が、、、、、


セームスック社の新コーラはestのみ。
ノーカロリーコーラがチュラロンコン大学のセブンイレブンから無くなってしまったのです。


困った!

私のダイエットはどうしてくれるんだ!!



ところが、


どうもEST COLAの評判がよくない!

あまり売れていないようです。


で、セブンイレブンもestは売れないと判断したのか、、、

変わり身の早いタイです、


チュラロンコン大学のセブンイレブンでコカコーラの販売開始!


DSC05787_R.jpg
チュラロンコン大学のセブンイレブンでは、お姉さんに注文して飲み物をとってもらいます。
COCA COLA ZEROを取ってもらっているところ。




DSC05784_R.jpg
COCA COLA ZEROを無事にゲット!


今回の要約:

チュラロンコン大学のセブンイレブンではペプシしか販売していなかった。
ところがエストがペプシに切り替わってしばらくして、コークを販売しはじめた。
メデタシ! メデタシ!


3行で書けることを、思いっきりひっぱってしまいました。
[ 2012/12/10 15:25 ] チュラロンコン大学百景 | TB(0) | CM(0)

【定点観測】バンコクのクリスマスツリー2012;

毎年12月に恒例の【定点観測】バンコクのクリスマスツリーです。

2006年からの定点観測なので、ついに7年連続です。


去年までのクリスマスツリーはこちら;
【定点観測】バンコクのクリスマスツリー2011(今年のポイント;エンポリのイメチェン)
【定点観測】バンコクのクリスマスツリー2010(合併号;パラゴンに異変が!)
バンコクのクリスマスツリー2009
バンコクのクリスマスツリー2009(夜景編)
バンコクのクリスマスツリー2008 
バンコクのクリスマスツリー2008(夜景編)
バンコクのクリスマスツリー2007
バンコクのクリスマスツリー2006
バンコクのクリスマスツリー2006(夜景編)


まずは、エンポリアム前です。

ここは「ツリープラス天使」の基本線は毎年変わらないのですが、
毎年微妙に変わってきます。 定点観測ツリーオタクにとって、そそられます。
DSC05738_R.jpg
去年は天使のラッパの色が金色だったのですが、今年は銀色です。
また、天使の羽も変わっています。

ちなみに、天使のそのもの色は、銀→金→金→銀 ときて、今年は銀色です。
去年大きく変化したツリーは、今年はそのままです。




次は、サイアムパラゴン

DSC05340_R.jpg
サイアムパラゴンはすっかりバンコクを代表するツリーポイントとなりました。
ツリーそのものは昨年と一緒です。土台部分のみ赤から青になったくらい。


DSC05341_R.jpg
サイアムパラゴンのもう一つのポイント、ツリー横の階段テラスは、今年はすっきり落ち着いたデザインです。


DSC05343_R.jpg
サイアムパラゴンの吹き抜けロビーも随分シックに落ち着いた高級感あふれる感じです。



そして、バンコクを代表するツリーポイント、セントラルワールドです。

DSC05354_R.jpg
アジア最大のクリスマスツリは今年も健在! これを見ないとバンコクで年は越せない気分です。


DSC05346_R.jpg
こちらはセントラルワールド内部の吹き抜けのツリーです。
みんなが記念撮影しているのを見ているだけで幸せな気分になります。



伝統あるアマリンプラザも健在です。
ショッピングセンターとしては、いまいちですが、クリスマスにかける気合は抜群。

DSC05767_R.jpg
アマリンプラザの装飾は毎年テーマが変わります。


DSC05770_R.jpg
アマリンプラザとエラワンプラザの間のツリーは去年復活しました。今年の健在です。




去年できたターミナル21。
今後のクリスマスツリーポイントと期待していたのですが、、、、、、


DSC05371_R.jpg
この程度のツリーでごまかされました。
チト期待外れ。





伝統あるペニンシュラプラザです。
こちらは伝統ある高級ショッピングセンターなのですが、パラゴンやセントラルワールドなど新興ショッピングに押されて厳しい。 クリスマスくらい頑張って欲しいのですが、、、、、


DSC05771_R.jpg
なんと、12月1日現在 まだツリーがありません。
土台はあるので、設置する気はあるのでしょうが、、、、、、 残念!


DSC05360_R.jpg
フォーシーズンホテル前のツリー、、、、もうずっと昔からこのツリーです。
変わらないツリーを見ると安心します。



そして、フォーシーズンホテルに隣接するパリチャートプラザのツリーです。

DSC05362_R.jpg


DSC05361_R.jpg


DSC05367_R.jpg


DSC05364_R.jpg
若手デザイナーのツリーの競演です。 このツリーを見るのは毎年の私の楽しみになりました。
高級な雰囲気で、、、、、しかもタダ! ← そこがポイント!















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。