スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

チュラロンコーン大学百景:制服 「もう少しだけ」プロジェクト

チュラロンコン大学百景;新入生の制服の掟  に続いて、大学の制服ネタです。


タイの大学生は制服着用です。


日本からタイに来た人は戸惑うかもしれませんが、
タイでは、中高校はもちろん、専門学校から大学にいたるまで、 
 制服着用!! です。


私など、仕事でアジア各国の大学を訪問することもあるのですが、
特にフィリピンの大学などに行ったら!

ついつい、

学生のくせに、制服を着ていないのは何事だ!!!


などと思ってしまいます。

↑ 完全に感覚がタイ化してしまっている




でも、実は、その制服着用が厳格なのですが、その種類は実はゆるくて、
基本的には、各自が布を買って仕立て屋さんに持ち込んで仕立ててもらいます。
(最近は既製品も多くなってきたようですが)

そのため、基本は黒(または紺)と白なのですが、細かいところでいろいろバリエーションがあるのです。

そのため、

・胸やウエストを強調したボディコンシャツに、
・超ミニスカート


といった、ここはナイトクラブか!!!

と突っ込みたくなるような、大学や女子学生もあらわれたりします。



#ちなみに、タイでは小中学校では授業料は無料なうえに、制服も無料で支給されます。 
 日本は授業料は無料ですが、様々なお金がかかります。
 奨学金制度も(見方にもよりますが)充実していて、貧しい子供でも高等教育を受けることのできる制度があります。もっとも、貧しい家の子が厳しい受験戦争に勝てる可能性は薄く、例えばチュラロンコーン大学の学生の親の平均年収は極めて高い状況です。 (参考:チュラロンコン大学百景;学期休でサイアムスクェアは大賑わい



13588_519801431374560_870914641_n.jpg

ネットで流れてきた画像です。
わからない人には、わからないと思いますが、
わかる人には、とっても面白い!!



無粋を承知で少し解説すると、

チュラ大(CU)はいかにも真面目な古いタイプの制服です。
一番の左側のタイプでは靴も「白」でいかにも「高校生の延長」のような制服です。
その右は、一応は流行りのミニに若干のボディコンですが、
流行を一応追ってみました、でも傍から見ると「ダサい!」よね、って感じ。

バンコク大学(BU)は、左側が、極限まで開いた胸元、ボディコン、短いスカート、黒の靴とまさに流行の先端!
それも一般化して逆の意味でダサいとみるや、右側のようにさらに個性的な制服がはやりだしました。

タマサート大学(TU)は、適度にオシャレ、適度にダサい中庸的に描かれています。

そして、多分この絵を描いたのはABAC(アサンプション大学)の学生!
バンコク大のような下品なまでに短いスカートではない! 靴の色も黒や赤といった「いかにも」ではなく、個性を出している。 そして、ブランドの小物を持って高級感もあふれている。
暑い国でカーディガンをあおっているのは、超高層・ハイテクビルのエアコンのはいったキャンパスで、
移動はBMWなどの高級乗用車! ということまでも示しているのでしょう。

ちなみに、
チュラの女子はダサい! と他大学出身の女性から「敵意をもって」言われますが、
特に、金持ちでハイセンス代表のABACのチュラ大女子学生への対抗心は強い気がします。


実際は、各大学でも学部やコースによっても相当イメージは変わります。

マヒドン大は基本的には地味系なのですが、金持ちの師弟が集まる(かつ入試難易度の低い)インターナショナルコースは、ケバイ学生ばかりで多く驚きます。




で、そのチュラ大学のポスター、、、、

bit1.jpgbit2.jpg
(http://www.chula.ac.th/CEO/littlebid/)

チュラロンコン大学内で、写真だけはバンコク大的なポスターです。


これは、

チュラロンコン大学の、「もう少しだけ プロジェクト(โครงการ “อีกนิด”)」のポスターです。
もう少しだけ、服装の乱れを、気にしましょう!

というキャンペーンです。


「もう少しだけ」で良い服装になるところは、さすがチュラです。

(ABACやバンコク大、そして多くの大学は「もう少し」という次元じゃありません。)



そして、学内のあちこちに掲示された「もう少しだけ プロジェクト」の啓蒙ポスターです。

DSC06371_R.jpg
このような正しい服装にしましょう、、、、
いかにも、お利口さんのチュラ大らしさがプンプンします。


DSC06375_R.jpg
シャツをダラシナク出した男子学生はイケないけど、
ちゃんとした格好の男子学生にはトキメク、、、、

って、 本当か???? 普通の若い女子は逆じゃないのか?  とつっこみたくなります。


DSC06374_R.jpg
チュラ大学内に掲示するには、ギリギリの下ネタです。 スリムでキツすぎるズボンはカッコ悪い!
と言いたいようです。 そりゃ、足を上げられないほどキツイズボンはないですよね。

ちなみに、タイ人のイメージする日本人女性  で書いたように、タイでは老若男女下ネタのオンパレードなのですが、チュラ大の中では、下ネタ会話はほとんどなされません。


制服ネタは、
チュラロンコン大学百景;新入生の制服の掟
も読んでね。
スポンサーサイト
[ 2013/01/26 17:31 ] チュラロンコン大学百景 | TB(0) | CM(0)

終わりなき戦い

以前バンコクのバンコクからチャオプラヤーを渡ったピングラオ(Pinklao:ปิ่นเกล้า)に1年ほど住んでいました。

ナンルン市場とタイ最古の映画館

の近くで働いていた時に、


より大きな地図で 【バンコク近郊 こだわり情報+α】地図編 を表示

この場所で、アパートを借りていました。




それ以前に住んでいたのは、タイ中央平野部の洪水って  に書いた 高床式住居

当然ながら、天井や壁にはトッケーやチンチョがいっぱいいたし。

参考;
タイのヤモリ;チンチョックとトッケー
トッケーとチンチョのエピソード

床には(なぜか)カエルが沢山いて、家の中を歩くときは気をつけなければなりません。
(でも、たまに ぐにゅっ とふんでしまうことがあるのでした)

もちろん、蚊やハエはいっぱいいました。


そんな田舎度満点の場所から、
バンコクのピングラオのピンティップアパート(Pinthip Apartment)という高層アパートに引っ越したのでした。
12階建ての11階で当時家賃が2700バーツ(今は内装も綺麗に改装され4800バーツ程度に値上げです)でした。

PinthipApartment.jpg


バンコクの高層アパートに住むなんて、、、、
いきなり、ハイソ! になった気分でした。
俺も出世したもんだ! と感慨にふけったものです。
↑ 勘違い



ところが、こんな高層アパートでも信じられないことが、、、、、



床にはカエルがいない。蚊やハエも少ない!


でも、

蟻の大群が来るのです。




壁の隙間から這い出してくる!


米やパン、インスタントラーメンにはすぐ蟻がくる ← 全部冷蔵庫に入れる

それどころか、食器を置いておくと、その下に蟻が巣を作る! ← 食器は毎日動かす

パソコンの中から蟻がでてくる! ← あわてて、パソコンを分解して清掃!




バルサンもたいたし、蟻むけのいろんな殺虫剤も大量に使った!

でも、すぐに復活してくるのでした。






でも、その後、気が付くと今ではなぜか、バンコクでは蟻も蚊もハエも見かけることが少なくなってきました。


#ホテルの部屋に蟻がいないので、逆に、「どんだけ殺虫剤を使っているのだろう」と恐ろしくなります。




ハエもすっかり少なくなりました。

以前は、
ハエをおっぱらいながら食事があたりまえ


だったのに、なんだか、

食事中にハエがいないのが当たり前



になりました。





が、バンコクから少し離れると、昔ほどではないにしろ、

ハエがいます。


いえいえ、ハエがいて嬉しいわけではありません。

でも、なんかハエがいるのが普通なんだなと思って。




そして、今日も田舎では、ハエと人間との戦いがあちこちで繰り広げられています。



DSC05887 (1)_R
CDやDVDをつるす のは、日本でも猫除けやハト除けなど幅広く使われますが(本当に効果があるのでしょうか?)
タイでは、ハエやアブ除けに使われます。 (本当に効果があるのかはやはり不明)



DSC05936_R.jpg
虫よけロウソクを使うのもよく使われます。 レモングラス成分やオレンジ成分などがはいっているラシイ! のですが、詳細は不明です。


DSC05890 (2)_R
米糠で作った米油を燃やしてもハエよけになるそうです。



DSC05937_R.jpg
こちらは、ハイテクです。赤丸の部分がモーターでまわります。
(これは、昔は日本でもあったような気がする)


DSC05931_R.jpg
そして、王道! ハエ叩き!
赤丸のハエ叩きでハエをピッシッとたたきます。

スクムビット百景;タイ最初の超高層ビル

私は、自分で言うのもなんですが、結構「イイヤツ」だと思っています。


困っている人がいると、助言したくなりますし、間違ったことをしている人にも、積極的にアドバイスをしてあげます。


去年、イチローがスランプに陥っているときも、

「技術面での問題ではないのだから、自然体でいいんだ!」

と助言してあげましたし、
(テレビの前で)



中国問題に悩む安部首相にも、

「外交とは強気一辺倒ではいけない、まず信頼関係構築を」


とアドバイスしてあげました。
(新聞の前で)


その他、政府への辛口の批判や警察の批判までも、します。




とっても勇気のある行為だと思いませんか?
(ここが北朝鮮なら)


民主党が、
「コンクリートから人へ」
との政策を行ったのも、私の助言にしたがったものだったのですが、

残念なのは、安部首相になって、公共工事を増やそうとしていることです。
(今度、安部首相に言っておきます。 週刊誌の前で。)



そんなわけで、私は基本的にはインフラとか箱モノとかは嫌いなのですが、

それは、「税金(一部は自分のお金)で作ること」が嫌い、

であって、実は、ビルとか鉄道とか大好きだったりします。
(すいません、複雑な性格です)


たまに、
おすすめ;世界の高層ビルデーターベース
など見て楽しんだりしています。


話が横浜に飛びますが、、、、
横浜の北仲地区での市庁舎建設・移転も大賛成!だったりします。
横浜市庁舎移転と跡地活用方法
「移転したら現市役所のある関内の地盤沈下となる」などと反対もあるようですが、
むしろ、現市庁舎の有効活用や、賃料が下がる付近の空きビルへオフィスなど誘致。
サブカルチャー関係など、賃料が安くなることで誘致しやするなる。
また、延期になっている馬車道の北仲通プロジェクト との一体的な開発にも期待したいところです。
うわあ、ワクワクしてくる。
こんど、横浜の林文子市長に助言しておきます。  ←しつこい!



なんの話でしたっけ?



そうそう、

中国の南方週末の言論の自由の問題の話、、、、


ではなく、ビル オタクの話でした。



私など、合計10年以上タイに住んで働いているので、

最近タイに来た人からは、
「タイが長いのですね」

などと言われたりしますが、


いやいや、このくらいでは長いとは言いません。
タイには長くタイに住んでいる人が多いのです。


この前も友人の日本人5人ほどで飲んだのだが、
その場で、「私が一番タイの新参者」であることが判明しました。


私がはじめてタイに来たころのタイの高層ビルといえば、

ランドマークホテル  注1;
デュッジタニホテル  注2;
バイヨークタワー   注3;

注1;
最上層にレストランがあります。ナットミリアの父親がピアノを弾いていました。
ちなみに、今もレストランがあると思います。

注2;
最上階のバーは夜景ポイントでした。
ちなみに、今もこのバーはあると思います。

注3;
すぐ近くに、バイヨーク2 タワーができました。



ところが、昔のタイを知っている人には、

スクンビットにすごい高層ビルがあって、
最上階でステーキが食べれたんだけど。


らしいのです。


そのビルって、どこ????




カオヤイ(パクチョン)のチョクチャイファームに行ったとき、宣伝ビデオの中でチョクチャイビルとレストランの説明があったのです。

参考;
チョクチャイ ファーム&チョクチャイ ステーキ
2011年賀状写真の撮影ポイント;カオヤイ






行ってみました、、、、、、


というか、いつも前を通っていました。

DSC06075_R.jpg
金色に輝くビルです。



DSC06077_R.jpg
BTSプロンポン駅に隣接!です、 駅から写真を撮りました。


1971年に建設された23階建てのタイ最初の超高層ビルです。

今は、UOB銀行に売却されています。


ちなみに、日本最初の超高層ビルと呼ばれる霞が関ビルは1968年にオープンなので、あまり変わらない時期に建設されていたのですね。 当時は確かに目立っていたのでしょうね。




より大きな地図で 【バンコク近郊 こだわり情報+α】地図編 を表示
[ 2013/01/12 19:07 ] スクムビット百景 | TB(0) | CM(0)

あけおめ2013;お得な日本旅行

あけましておめでとうございます。

このブログをはじめて7回目のお正月です。


happyNewyear Nogeyama
横浜野毛山動物園の 手抜き 年賀状写真ポイントです。
入場料無料! なので、今回もチビを連れて行ってきました。


私は、お正月はタイで過ごすことが多かったのですが、
去年に続き日本でのお正月です。


ちなみに、ここ10年数年の私のお正月の過ごし方を記憶の限り纏めてみました。(備忘録)


1997年正月:バンコク
1998年正月:メーホンソン (タイ北部国民党の村MAE AW; 小ネタ付き
1999年正月:プーケット
2000年正月:スコタイ
2001年正月:ナーン (ナーン (Nan)
2002年正月:日本
2003年正月:カンチャナブリ(サンクラブリ カオレーム湖の無人島のリゾート
2004年正月:ターク (ティロスーの滝 作者の写真
2005年正月:プーケット(インド洋大津波ボランティア インド洋の大津波
2006年正月:日本
2007年正月:バンコク  (プタモントンで初詣 今年の初詣;プッタモントンの謎
2008年正月:日本
2009年正月:プーケット (タイの一押し!温泉宿
2010年正月:チェンライ (北への旅
2011年正月:スコタイ (あけおめ;お正月の旅行(スコタイ、シーサッチャナライ、カムペンペット、サワンカローク)
2012年正月:日本
2013年正月:日本

いやあ、こう書いてみると、
「いろんなところに行ったなあ」というよりは、
「タイと長くかかわっているなあ」
と思います。






日本に帰るときに深刻なのが日本の宿です。
今回は、基本的には家族の家や実家に泊まるので大きな問題はないのですが、
せっかくなので伊豆に2泊で旅行にも行ってきました。



まずは、足の確保から

日本のレンタカーは安くなりました。
日本旅行の準備1;ニコニコorスマイル レンタカー
で、長期ならスマイルレンタカー、短期ならニコニコレンタカー と書きましたが、

実は最近の私の愛用は、

「短期ならワンズレンタカー(http://www.ones-rent.com)」
ニコニコよりもさらに安い!

コミコミで1日3000円ほどで借りれます。

宿は、一泊目は、

ケイズハウス伊東 (http://kshouse.jp)
築百年の旅館を利用したゲストハウスです。
1人1泊2950円からでちゃんと温泉付きです。
(しかも、その温泉が結構すばらしいのでした)

DSC06209_R.jpg
入口に立つだけで期待感100% 中に入っても期待を裏切りません。



DSC06215_R.jpg
案内図は、昔ながらのものをそのまま使っています。 いやあ、萌えます。


より大きな地図で 【バンコク近郊 こだわり情報+α】地図編 を表示




2泊目は、
ゲストハウス桜峰荘(http://www4.tokai.or.jp/sakuramine/)です。
以前、日本旅行の準備3;日本のお得な宿  でチェックしていた場所。

1人1泊2500円ですが、寝具なしの子供は無料なので、家族3人で5000円でした。

DSC06243_R.jpg
親戚の家に行ったようなアットホームな雰囲気です。
山遊び、海遊びどっちもOKのロケーションです。
リピーターになりそう!


より大きな地図で 【バンコク近郊 こだわり情報+α】地図編 を表示





しかし、あらためて思いましたが、日本ってモノの値段が安いですねぇ。

思わず買い物に走ってしまいます。


DSC06157_R.jpg
HARD-OFFでの成果。ただでさえ安いのに、さらにセールで全品30%オフなので合計で4000円弱です。
全品新品または新品同様です。



DSC06156_R.jpg
その隣のBOOK-OFFです。すべて一冊105円の本で、さらにセールで20%引きです。
これ全部で1000円強!

ちなみに、読書ではなく時間つぶしの乱読用なので、必ずしも私の趣味の本ではありません。
(と、言い訳する)



いやあ、日本で買い物をするとタイでは買い物ができなくなる!
[ 2013/01/06 16:49 ] その他:その他 | TB(0) | CM(0)















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。