やっぱり理解不能:タイ人の人生相談! 回答編

理解不能:タイ人の人生相談!
で、タイの人生相談を書きました。


これについて、いろいろ反響のコメントをもらいました。

TMさん:さくらぎちょうさんがラジオで人生相談を聞いているところで噴き出してしまいました。
→ 別に真剣に聞いているわけではありませんが、、、 ラジオを聞き流してたら、人生相談を耳にします。
  (と言い訳する)
  でも、ついつい真剣に聞いてしまします。

KHさん:第三者的読めば面白いです、タイ人のこの辺のわからなさが。
→ ハイ、わかりません。

MHさん:さくらぎちょうさんがラジオで人生相談が聞けるくらいタイ語に習熟したのか。よくぞここまで。。
→ イエイエ、いまだ習熟していません。 半分推測です。(笑)

FYさん:面白く読ませてもらいました。タイのネット社会の進み具合は日本よりも深いかもですね
→ タイには、法律や著作権の制限が少ないので、思い切ったインターネットの試みが多いような気がします。
  
KTさん:このぶっとんだ自分中心の論理展開!!!!!おもしろすぎです^^

JHさん:朝から「人生相談」笑わせてもらいました!
日本に来たことあるタイ人の女の子(彼女は教育も常識も品性もある)に、この人生相談2の勘違い度で、日本の男性よく理解できないっていう恋バナ聞いてたら、そのうちその女の子は別の日本人と結婚したので、びっくりしましたけど、これがタイ人のある種の恋愛感覚なんでしょうか。。。

→ こういう感想もある一方で、

NHさん:私はそんなにぶっとんだ感覚と思いません。相談1は、ある意味純粋な人。相談2は、リベンジで別の人との結婚決めたものの、前の人に未練があるから、お悩み相談に電話してるんですよ。

→ こんなコメントもありました。
タイでは、ラジオの人生相談って、結構聞かれていると思います。
映画やドラマでも「ラジオの人生相談」が重要なアイテムとしてでてきたりします。

美味しい屋台がいっぱい;ある紳士の言い訳
の 「クワン・ムンホー(hello Stranger;กวน มึน โฮ)」もだし、

タイ女性のオトコへのアタック方法;バンコク トラフィック ラブ ストーリー の「バンコク トラフィック ラブ ストーリー(Bangkok Traffic Love story;รถไฟฟ้ามาหานะเธอ)」もそう。

それに、ここに記事に書いたことはないけどポーラー テーラーの「Sex Phone」もそうです。


sex-phone.jpg


http://www.asia-network.co.in/T-S29.htm






ちなみに、今はタイを代表する国際派女優(本拠地は香港)になったポーラー テーラー(Paular Taylor)ですが、この「SexPhone」は彼女の初期の映画です。タイの最高傑作のラブコメディ映画の一つだと思います。
とっても面白い。
タイ映画の海外ロケのはしりでもあった映画ですね。
気が強く気分や、でも寂しがり屋でカワイイ女性、、当時はまだあまりタイにはなかったキャラクターを演じました。
(最近は「普通に大人の美人」の役が多く、彼女の魅力が引き出せてない気がして少し残念。
(ちなみに、「Sexphone」との映画の名前ですが、エロ映画を推測されるようなタイトルですが、成人指定映画ではないので念のため)



しかし、いずれの映画でも、「ラジオの人生相談を偶然聞く」ことで本心を知ったりするのですが、
ストーリーに無理ありすぎ!! 





で、話は変わりますが、2月14日はタイではバレンタインで盛り上がりました。

タイでは、「男性から女性へバラ」が基本なのですが、最近は様々なバリエーションがあります。
いずれにしても、恋人達に大切な日です。


で、バレンタインが終わったあとの、2月15日にラジオの人生相談を聞いていたら、、、、
バレンタイン特集!


でも、いいのか???  この回答で!!!!


相談者だけではなく、回答者もぶっ飛んでいるタイの人生相談です!



相談3:

[相談者]彼とはつきあって9年たちます。
[パーソナリティ]いつもバレンタインはどう過ごしているのですか?
[相]特にこうってことはありません。中華街に行って食事をしたり、プレゼントを交換したり、そんな程度です。
[パ]今年のバレンタインはどうだったのですか?
[相]会社で仕事があるから、バレンタインには会えないって直前になって言われたのです。
[パ]それでどうしましたか?
[相]バレンタインの当日彼のことが気になって彼の家に行ってみました。彼は一人暮らしなのです。
  そうしたら、彼の家の前に車が2台止まっていました。1台は彼の車でした。
  もう1台はホンダのジャズ(Fit)で、車の中にはキティちゃんが飾っていました。
  彼の家に誰か女の人と一緒にいるとしか思えません。
[パ]家には入らなかったのですか?
[相]もうびっくりしてそのまま帰ってきました。
[パ]その後、彼とは話をしましたか?
[相]ええ、彼は仕事が遅くなって、家に帰って直ぐに寝たって言っていました。
  嘘ばっかり、、、、、もう気になって気になって夜も眠れません。
[パ]彼に、バレンタインのことを聞いてみないのですか?
[相]聞いてみたい気もしますが、、、怖いのです。
[パ]もし彼が浮気をしているなら、貴方が夜も眠れないまま苦しんで、最後に浮気が判明して、貴方が苦しみます。 
もし、浮気をしていないなら、例えば妹が家に来ていたなら、もう苦しむ必要がありません。
いずれにしても、今すぐに本当のことを知る必要があります。すぐに彼を問いただしましょう!




↑ いやあ、そんなに冷静に言われても、、、、、
  冷静にいられないから悩んで相談しているのだと思います。
  上から目線の相談は、全然共感を感じないのですけど、、、、、




相談4:

[相談者]彼とは中学・高校と同級生でした。ずっと、つきあっていたのですが、大学受験のときに、彼から受験勉強に専念するために一旦別れようといわれて別れました。その後、つきあっていなかったのですが、就職してから再度彼とつきあいはじめました。
[パーソナリティ]それでどうしました?
[相]ある日彼が他の女の子とデートとしているのを見てしまったのです。
[パ]彼を問い詰めましたか?
[相]彼が言うには、彼は私が好きなのだけど、彼の両親が私と交際するのを反対しているのだって。
  確かに、彼の家はお金持ちだし、、、、
[パ]それでどうしたのですか?
[相]彼のことが好きで好きでしょうがないのだけど、、、、私の家とは釣り合わないので別れました。
[パ]で、バレンタインにはどうしたのですか?
[相]バレンタインに彼から電話がかかってきて「会いたい」と言われました。
[パ]会ったのですか?
[相]会いました。彼からは、「やっぱり私が好きだ」って言われました。
[パ]あなたは、彼にもてあそばれていますよ。彼とつきあっても、また捨てられますよ。
[相]でも、彼のことが好きなんです。大好きなんです。
[パ]傷つくのは貴方です。別れた方が良いです。
[相]彼が好きなんです。彼に会いたいんです。
[パ]それじゃあ、「恋人」ではなく「友達」として会いなさい。
  「友達」としてつきあって、その後やっぱり彼が好きだったら「恋人になればいいのです」



誰がどう考えても、この騙されやすい(都合がよい)この女!
パーソナリティも、ちゃんと、「騙されている」と見抜きました。
でも、この結論はなんですか???? ありえない。。。


といいつつ、この相談者の反応は、

[相]わかりました。そうします。
    (明るく)助言ありがとうございました。

この反応もよくわからない!

チュラロンコン大学百景:チュラ大で見つけたフリーペーパー

タイには大勢の日本人が住んでいるようで、日本語での情報が結構はいってきます。

タイのニュース・新聞;日本語で読む
でも、書いたように日本語でニュースも結構読めたりします。


それ以外にも、日本語のフリーペーパーも結構あったりします。
私はたまにDACOを読むくらいなのですが、、、、多分そういうフリーペーパーを読んでいるだけで結構な情報ツウになれそうです。

#DACOに関しては下記も参照
DACOに対抗して?サムマコンのウォーターフロントレストラン一挙公開
ナンルン市場とタイ最古の映画館



ところが、こういうフリーペーパーってタイ語のものも充実しているのです。
チュラロンコン大学など流行の最先端をいく場所でもあり、フリーペーパー激戦区です。

チュラロンコン大学の中で見つけたタイ語のフリーペーパーを一気に紹介します。



チュラロンコン大学百景;無料のWiFiはじめました;TrueCafe に行って、フリーペーパーを読むだけで、バンコクの流行は一応押さることができる感じです。



DSC06517_R.jpg
PLOOK(ปลูก)
www.trueplookpanya.com

携帯会社のTRUEが作っている学生向けのフリーペーパー
宣伝臭はほとんどなし。
学生向けの極めて真面目な内容です。


DSC06518_R.jpg
例えば「就職した先輩に聞く」などでは、今回はマヒドン大学医学部卒のボーさんです。


DSC06519_R.jpg
GO
www.facebook.com/golivetogether

旅行、レストランなどの紹介フリー雑誌です。
こういうジャンルだと特に宣伝集が強くなりがちだろうと思うのだが、宣伝臭さが全然ありません。


DSC06520_R.jpg
最近はやりのオシャレスポット ラチャブリの紹介記事です。
(ラチャブリはこちらも参照:温泉・温泉・温泉...それだけじゃない、タイで一番の高級高原リゾート;ラチャブリ
でも、スポットの連絡先など何もなし。
多分読者に自分でgoogleなどで検索させようという戦略なのでしょう。




DSC06521_R.jpg
HeiLite
www.EDTguide.com

Eat Drink Travelの紹介をするタイサイトEDT guideTの発行するフリー雑誌です。

ファッション、映画、流行、オシャレなスポットなどの総合エンターティメント雑誌です。


DSC06522_R.jpg
オシャレスポット、プラアティット通りの紹介です。

プラアティット通りはこちらも参考:
バンコクで若いタイ人に人気のイスラム料理店
新聞・雑誌のプージャッカン社



DSC06523_R.jpg
10PM
www.facebook.com/10pmmag

アフター5ではなく、アフター10PM!
若い人向けの夜遊び情報マガジンです。
バンコクの若い人への真正面、ど真ん中の夜遊び情報という感じです。

DSC06524_R.jpg
バレンタイン特集でバンコクの夜遊びスポットで、インタビュー結果です。
「口説いてもいいかな?」 の質問に!

左上の女の子:止めといた方がいいわよ!
左の女の子:OKよ!
その右の男の子:ダメだよ!
その左の女の子:答えない!
、、、
てな具合の軽いノリの記事です。

しかし、WEBサイトが「facebookだけ」って増えているなあ。





DSC06525_R.jpg
EATING OUT
www.facebook.com/eatingout

Dining&Entertainment Guide ということでレストランやオシャレスポット紹介が中心です。


DSC06526_R.jpg
今話題の、Gossip Eats&Drinksの紹介(左頁)やバイキング(ビュッフェ)特集(右頁)



DSC06527_R.jpg
Buddy
www.buddy-mag.com
Thailan's Bilingual Edutainment Magazine!を標ぼうするだけあって、すべての記事はタイ語英語併記。
内容的には総合雑誌。レストラン情報からホットなスポットの紹介、インタビュー記事まで盛りだくさんです。

DSC06528_R.jpg
今回はバレンタイン特集です。
バレンタインデーに行くロマンティックな場所ベスト10!
オシャレなレストランやビーチにならんで、「お寺」や「科学館」もあるあたりが、この雑誌のくそ真面目な編集スタイルをあらわしています。




DSC06529_R.jpg
THE TRENDS BY ICC
www.icc.co.th

コテコテのファッション雑誌です。
ファッションに疎い私にはコメント不能です。


DSC06530_R.jpg
やっぱりコメント不能




DSC06531_R.jpg
WEEKEND MAGAZINE
www.weekend-magazine.com

旅行を中心にした総合情報誌です。


DSC06532_R.jpg
Weekendのタイトルですが、海外旅行情報がなぜか多い。
これはモルジブの紹介記事です。


DSC06534_R.jpg
247(Twenty-Four Seven)
www.gmgroup.in.th


タイ最大の総合エンターテイメント会社グラミー(GMMY)グループ)の発行するフリー雑誌です。
内容はファッション、オシャレスポット紹介、映画など多岐にわたっています。

DSC06535_R.jpg
レストラン、コーヒーショップ、小物店などの紹介なども




DSC06536_R.jpg
คิด (Kid:Creative Thailand)
www.creativethailand.org

こちらはタイ政府の設立したTCDC(Thailand Creative & Design Center)が発行する雑誌です。
タイ国民のクリエーティブな発想能力、デザイン能力を向上するために設立した機関です。

DSC06537_R.jpg
今回の特集は、サービスデザインでした。




DSC06538_R.jpg
MY FASHION MAG
www.my-fashioncard.com

ファッションを中心にした雑誌です。


DSC06539_R.jpg
いかにも感がありますが、ガジェットやレストラン、旅行情報など総合エンターティメント雑誌です。





しかし、

先週のとある1日間でチュラロンコン大学内で集めたのだが、、、

結構沢山あるのね。
(実は他にも宣伝色の強い雑誌や、英語の雑誌もあったのだが、そちらは省略しています)


英語タイトルのものが殆んど! というのもオドロキでした。



しかし、普段はコーヒーを飲みながら、パラパラ眺めるだけなのだが、
今日は、このブログ記事のためにフリーペーパーを一気に読みました。

疲れた!!
[ 2013/02/18 01:11 ] チュラロンコン大学百景 | TB(0) | CM(0)

スクンビット百景;エンポリアム2(エム カルチェ)

スクムビット百景;タイ最初の超高層ビル に書いたように私にはビルオタク傾向があります。 
(他にもいろいろオタク分野を持ってますが、、、、)


DSC04774 (1)_R


これは、某建設中の高層ビル上33階屋上での私の自慢の写真です。
(顔部分は削除しています。ファンレターが殺到するといけないので。)

まずはゼネコンの人の案内で工事用外エレベーターで29階まで上った。
なんせ工事用エレベーターなので結構怖い。


しかし、それは単なるプロローグでした。


29階から上は、まだ工事用エレベーターができていない。

工事用に仮設した外階段を33階までのぼっていく。

外階段ですよ! 外階段! ビルに頼りなげに張り付いた仮設の外階段!!

しかも、33階の高さ! 


覆いもも何もない。 あるのは、仮設の手すりだけ。 


絶景だ!!  、、、、 って場合じゃない! もう怖くて死にそう!


日本であれば、
・素人が工事中の高層ビルの屋上に行くことも無理
・そもそも、仮設とはいえ、工事用階段に覆いがないこともありえない



今となっては、良い経験でした。← でも、もう二度と行きたくない!



すいません、また脱線からスタートしてしまいました。
バンコクの開発の話でした。






エンポリアム2、ターミナル21、セントラルエンバシー、、、そして、、、
で最近のバンコク中心部大規模開発の状況を2年前にレポートしました。
そのレポートした場所の、現在の状況をレポートします。



バンコク再開発地図2_R



①セントラル プラザ ラマ9世(Central Plaza Rama9)
タイの東京ミッドタウン、、、大胆に予想!!! を書いたのは2010年。
その後、中核ショッピングセンターの セントラルデパート ラマ9世店はすでにオープンし、コンドミニアムやオフィスビルも順調に整備されています。向かいのFortune Towerもリニューアルされて着実に整備中です。


central rama9_R

ネットから拾って現在の計画の画像です。

バンコクの新都心の一つとして着実に発展しており結構楽しみです。


DSC03881_R.jpg
近くのコンドミニアムの広告でも「New CBD」の文字が見えます。
CBDとは「Centaral Bangkok Distrct」の略で、通常はチッロムあたりからシーロムあたりのことを指します。
東京でいえば、「都心3区」よりもさらに狭い範囲のことです。

この付近はCBDではありませんが、あえて「CBD]を使うところに意気込みを感じます。




②(仮称)セントラル ルンピニー パーク (Central Lumpini Park)
ルンピニーナイトバザール跡地として更地になった状態です。
計画はポチポチ伝えてられていますが、現時点ではまだ具体的な動きにはなっていません。
ホテル、オフィス、国際会議場、そしてショッピングセンターなどの計画です。
バンコク中心部、東京でいえば丸の内に匹敵するバンコクの一等地です。
地位の高い場所ですし、目が離せませんね。

central in the park
90階建のメインタワーを中心としたコンプレックス... 現時点ではあくまでイメージ図です。

ちなみに、この図で左側に隣接するのは日本大使館です。




③セントラル エンバシー(Central Embassy)

現在建設が進んでいます。セントラルグループは計画発表から建設までがとても早いですね。
プルンチット・チッロム間は繁華街から微妙に離れた高級ショッピングセンターやホテルがある場所という感じですが、このセントラルエンバシーの完成でそのイメージがさらに確立するのでしょうね。
ちなみに去年オープンした高級ホテル オークラ バンコクもこの近くです。



⑤ターミナル21(Terminal21)
洪水の中の帰国  で書いたように2011年洪水の最中にオープンです。 便利な場所でもあり、それなりの賑わいをキープしています。
ただし、【定点観測】バンコクのクリスマスツリー2012;  で書いたようにクリスマスデコレーションは、チト不満! 
バンコクのランドマークとしての自覚を期待したいところです。 ← いったい何様のつもり?



⑥そしてこれはなんでしょう?
エンポリアム2、ターミナル21、セントラルエンバシー、、、そして、、、 で、「何ができるのか?」と謎に迫った(そして、全然迫っていない!)QSNCC駅隣接の場所!
その後この場所にはまだ目立った動きがありません。2012年はじめにオープンしたアジアンティーク(ASIATIQUE)を建設する際の候補地のひとつともなったそうですが、結局ジャルンクルン通りのリバーフロント沿いに決定しました。
隣接するクィーンシリキット国際会議場(QSNCC:Queen Sirikit National Convention Center )の拡張計画も伝えられており、あわせて一体開発するのでしょうか?
なお、クィーンシリキット国際会議場もこの土地も王室財産局の管理地です。




④(仮称)エンポリアム2(Emporium2)
そして今回の本題です。
「エンポリアム2」と仮称で呼ばれていたのですが、正式名称が発表になっています。
「エンポリアム カルチェ:エムカルチェ あるいは EMカルチェ(EmQuartier)」です。中核タワーは45階建てのビラートタワー(Bhiraj Tower)です。
今のバンコクとしては「意外に低層!」感がなくはないのですが、
スクンビット道を挟んだ現エンポリアムタワーが42階建てなので、一体感としては良いのでしょうか?
2014年春に完成予定とのことです。

#カルチェの意味がよくわからなくて辞書でひいてみたらカルチェラタンとのことのようです。
 ジブリの映画「コクリコ坂から」に出てきたように、「猥雑で汚いながらもハイセンス」のイメージが
 私にはあるのですが、本当に「猥雑で汚い」のであればとってもうれしい。
 最近のバンコクは「都会的でセンスの良い」ものが増えて、どんどんシンガポール化していっているようで
 残念!!! バンコクの良さは猥雑でクレージーです。どういう風に猥雑にしてくれるのかなあ。
 若手アーティストや個人企業家の個人店舗スペースを大きくとるような
 「ミニ ウィークエンドマケーット」のようなものを期待したいと思います。
 (ミニMBKは勘弁!して欲しい)


EmQuartier 1
西側上空から見た完成予想図。
右側が現エンポリアムのエンポリアムタワー(42階建て)、スクンビット通り・BTSプロムポン駅を挟んで左側がエンポリアム2(エムカルチェ:EmQuartier)とビラートタワー(45階建て)

図の一番左側は駐車場ビルと思われます。


EmQuartier.jpg
プロンポン駅方面から見た完成予想図。
左側がショッピングセンタービル、右側ビルがビラートタワー(Bhiraj Tower)です。

両ビルの間に結構な多目的スペースがあるようで大歓迎です。
現エンポリアムでは、イベントスペースが小さいのが難点です。


奥に見えるのが駐車場ビルと思われます。






さて、興味がある現エンポリアムとエンポリアム2(エンポリアム カルチェ:EmQuartier)との接続(連絡通路)ですが、、、


発表では、「BTSと接続します」としかありません、、、


現エンポリアムとBTSプロンポン駅との接続通路の反対側にはエンポリアム カルチェとの連絡通路ができるようです。 


まあ、これは誰もが想定済み。 
それだけの連絡通路だと人数をさばききれない! のが問題!


現プロンポン駅の上空に連絡通路を作るのだろうか?



、が、公表されているイメージ図から推測できます。


EmQuartier 2
この図を良く見ると、プロンポン駅西側にエンポリアムとエンポリアム カルチェをつなぐペデストリアンデッキらしきものが見えます。しかも結構広いスペースをとっているように見えます。

ベンジャシリ公園へのアクセスにも便利な位置です。


DSC06503_R_R.jpg

2013年2月現在の工事の様子。
左側がショッピングセンタービル、右側ビルがビラートタワー(Bhiraj Tower)です。


より大きな地図で 【バンコク近郊 こだわり情報+α】地図編 を表示
[ 2013/02/09 13:13 ] スクムビット百景 | TB(0) | CM(0)

理解不能:タイ人の人生相談!

私などは、タイとの関わりがすごく長くなってきました。

以前は、「タイ人との付き合いかた」とか「タイ人と一緒に働く方法」とか自分で簡単にまとめたり、




「タイ人と働く―ヒエラルキー的社会と気配りの世界」という名著がありますが、
boox_bk-4839601348.jpg

タイに来る人への「必読書」として個人的に紹介したりもしたりしていました。



#ちなみに、「今のタイ」の風俗を知るための必見の映画はこちらです。

タイ女性のオトコへのアタック方法;バンコク トラフィック ラブ ストーリー



最近は、


タイ人わけわからん!!!!

と思うことは少なく、


むしろ、


日本人わけわからん!!!!


と思うことが増えています。

→ 完全にタイ人化している!



----------------------
閑話休題




タクシーで不愉快な思いをした!
タクシー運転手と喧嘩をした!


って、日本人だけのことではありません。
タイ人だって、プンプン怒っているのを聞いたことがあります。


でも、私は最近はタクシーと喧嘩したことはあまり記憶にありません。

#航空会社とかホテルとかとは結構喧嘩します
例: JALさん、それはないでしょう! (ノックエアーはOK)


バンコクのタクシーを、私的には、

「サービス業」ではなく、
田舎のおじちゃんの出稼ぎ! 


と思っているからです。
教育を受けていないから、

サービス業の基本だったり、
客への言葉づかいだったり、

そういうのは、求めていない!



#空港のタクシーでは、嫌な気分になることが結構あります。
 これも、空港タクシーには「サービス業であること」を求めているからでしょう。



逆に、タイの役人(大学卒)が、

カスタマ―オリエンテッドなど全然意識せずに、
自分たちの事ばかり考えている


ことには猛烈な怒りを感じます



でも、田舎のタイ人も、

最近はすごく常識的になりました。


田舎のタイ人に関して、
「いったい何を考えているのかさっぱりわからん」と以前は思うことも多かったのですが、
最近は、ある程度は自分の想像する範囲が増えてきたような気がします。


↑ 多分、小学校、中学校の教育が普及・充実してきたせいだと思います。





でも、逆に、最近は高学歴化がすすみ、


大学に行かないと、貧乏人にはチャンスが全くない

→(経済的に無理して)大学に進学する
→経済的に破綻
→売春・犯罪にはしる、家族崩壊などにおちいる

さらに、

頑張って大学を卒業しても、貧乏人にチャンスはやっぱりない


教育が貧困を生む
儲かっているのは「教育産業」だけ! 



#ちなみに、一流大学生は裕福な家庭の子が殆どと言われています。
参考:チュラロンコン大学百景;学期休でサイアムスクェアは大賑わい




すいません、変な方向に熱くなりました!









で、タイのラジオで聞いた人生相談です。


全く理解不能!!!!


「教育」は関係ないのか????



相談1:

[相談者]恋人のことで相談したいのです。
[パーソナリティ]どんな相談ですか?
[相]つきあい始めて5年もたつのに、彼の態度が煮え切れないのです。
[パ]彼が浮気とかしているとか?
[相]それはありません。(キッパリ!)
[パ]彼と知り合ったきっかけは?
[相]インターネットの出会い系サイトで知り合いました。
[パ]出会い系で知り合った人は、危ない人もいるから気をつけてね。
[相]彼はそんな人ではありません。(キッパリ!)
  本当にいろいろ親身に相談にものってくれるし。本当にいい人です。
[パ]結婚とか考えているの?
[相]それも考えています。でも、全然会ってくれなくて、、、、
[パ]どのくらいの頻度で会っているの?
[相]まだ、会ったことがありません。
[パ]???「まだ」って???
[相]まだ、一度も会っていません。
   「会いたい」と言っても「まだ心の準備ができてない」って言われるの。
[パ]5年前にインターネットで知り合って、一度も会っていないのですね?
   相手は「恋人」ではなく「ネット友」と思っているのかも?
[相]私たち何でも信頼して相談し合えるのです、大切な恋人です。
[パ].......


↑ この「勘違い女」、、、次元を超越している、、、
  相手の男の気持ちがわかる気がする。 「会うとヤバイ!」って絶対思っている!





相談2:

[相]彼のことで相談です。
[パ]どうやって知り合ったのですか?
[相]彼とは大学の同級生です。1年生のときに知り合ってずっと恋人同士でした。
  喧嘩とか一度もしたことはないし、「この人と結婚するんだ」と信じていました。
[パ]それでどうしたのですか?
[相]大学を卒業して1年半前にお互い就職しました。
  そうしたら半年前に彼に新たな恋人ができたのです。
  同じ職場の同僚で、私よりずっときれいな人なのです。
  彼とつきあった5年間はなんだったんだと思うと.....
  自分の心の整理ができなくて.....(涙声)
[パ]あなたには、あなたの良さがありますよ。
  あなたも、そのうち良い人と出会って結婚できますよ。
[相]来月結婚します。
[パ]えっ、誰が結婚するのですか???
[相]私です。先日知り合った人と来月結婚します。
[パ].......


↑ 来月に別の人と結婚するって、、、いったい何の相談???
  相手の男からみれば、、、、裏切ったのは、「この女」かも?
     


結論: タイ人は理解不能!!!