『はまれぽ』いや『ばんれぽ』:MRTとBTSどちらが速い?

バンコクのここがキニナル!

BTSアソーク駅から、ウィークエンドマーケットに行きたいのですが、
BTSで行く方が速いのでしょうか? MRTで行くのが速いのでしょうか?


-------------------

調査の前に!

アイドル:メオ・アソークちゃんが禁断の恋
で、「はまれぽ.com」風に書いたら、

「『はまれぽ』そのものですよ(^^)」

とのお世辞をいただき、気を良くして、

「『はまれぽ』いや『ばんれぽ』シリーズとして開始します。


注:「はまれぽ.com」(http://hamarepo.com/とは、読者のキニナル情報をレポーターが解明するウェブです。
  「探偵ナイトスクープ」の「ウェブ版」と私は思っています。

注:「ばんれぽ」とは、もちろん「ばんこく レポート」の略です。

注:単なるシャレなので、「はまれぽ.com」著作権侵害はないと信じています。

注:気分ではじめたので、気分で終わる可能性が高いです。


さて、調査開始!

-------------------
ウィークエンドマーケットとは?

依頼された調査内容を再度確認しておく。

BTS
アソーク駅から、ウィークエンドマーケットに行きたいのですが、
BTS
で行く方が速いのでしょうか? MRTで行くのが速いのでしょうか?


ということだが、まずウィークエンドマーケットとは何かを確認すると、


チャトゥチャック地区で週末に開かれる市場らしい。
雑貨や服から骨とう品や動物まで何でも売られているらしい。

若手のアパレルのデザイナーや芸術家が自分でデザインした服やアートを直接販売したりもしている。
有名になる前の登竜門としてもウィークエンドマーケットがあるようだ。





DSC09522_R_20130922185914127.jpg 
ウィークエンドマーケットのチャトゥチャック公園。バンコクのオアシスです。




DSC09529_R_2013092218591938f.jpg 
でも、ウィークエンドマーケットに足を踏み入れれば、このとおりの雑踏。








では、ウィークエンドマーケットとはどこにあるのだろう。


チャトゥチャック位置関係図_R 

上図のようにバンコク北部のチャトゥチャック地区にある。
ウィークエンドマーケットとは正式にはチャトゥチャック市場(Chatu Chack Market))と呼ばれるようだ。


上の図によれば、MRTChatuchak Park駅またはBTSMo Chit駅が近いらしい。
青色がのラインがMRTで、緑色がBTS

のアソーク/スクンビット駅からのチャトゥチャックまで、
確かに青色の
MRTでも緑色のBTSでもどちらでも行けそうだ。



のアソーク/スクンビット駅からは、


青色ラインのMRTは、北に進路を向けて、途中で北西に行ったのち、南西に戻ってチャトゥチャック市場に到着する。
若干大回りしている。


緑色ラインのBTSから西に向かったのちに、北に向かっていてチャトゥチャックに到着している。



MRTとBTSについて確認


MRTAindex_01.jpg 
まずは、MRT。
Mass Rappid Transitの略で、タイ高速鉄道公社(MRTA)が建設し、バンコクメトロ社(BMCL)が運営を行っている。
現在は、ブルーラインのみで、全線が地下鉄道のため「MRT=地下鉄」と思っている人も多いようだが、そうとは限らない。

たとえば、現在建設中のパープルライン(バンスー・バンヤイ)は高架鉄道であるし、ピンクライン(ケーライ・ミンブリ間)はモノレールで計画されている。


Pinkline_R.jpg 
モノレールで計画されているピンクライン (MRTA 広報看板から)



logo-bts.gif 
BTSはBangkok Mass Transit Systemの略で、BTS社が建設・運営を行ない、2029年にバンコク都に返還される契約になっている。
(なお、シーロム線のサパンタクシン以遠およびスクンビット線のオンヌットより先の延伸部分はバンコク都により建設され、運営のみをBTS社が行っている)
全線高架を走るので、スカイトレインとも呼ばれている。(が、最近はあまり聞かなくなった)


MRTとBTSは、Chatuchak駅/Mo Chit駅、Sukhumvit駅/Asok駅、Silom駅/Sala Deaeng駅の3か所で連絡している。

なお、2013年現在MRTの総延長は27km、BTSは31km(引き込み線を含む)。



MRTとBTS比較_R 
BTS社 Anual Report 2012/2013より

1日あたりの乗車人員に関しては、上図のようにMRT 約22万人に対して、BTS54万人とかなり差をつけている。
(注:この数字はBTS社の運営するBRT(バス高速輸送)を含む数字なのでBTSのみはもう少し少ない)



なお、現在のバンコク鉄道網計画は次のようになっている。
急速に発展するバンコクの鉄道網でした。
バンコク鉄道網;現時点の計画まとめ  も参考)


Map_All_R.jpg 
バンコク鉄道網計画(MRTAウェブサイトから)


新規鉄道はMRTが多く、かつ既存のMRTと接続するものが多いので、今後BTSとMRTの乗客数
は逆転していくのでしょうね。








まずは、バンコクっ子にインタビュー


ところで、MRTとBTS、2つのバンコクを代表する都市鉄道なのだが、
バンコクっ子はどちらを好んでいるのだろうか?

チャトゥチャック公園で通りがかりの人に無作為にインタビューをしてみた。


DSC09540_R_201309242257084f7.jpg 
プロイ(左)とルック(右)の大学生カップル?          
プロイはMRTが静寂(ニアップディ)だから好き    ルックはMRTが人が少ない(コンノーイ)から好き
、、、て同じ意味じゃん!
「カップル?」の意味はわかるかな? ちなみに、左側はもちろん女の子。





DSC09538_R_20130924225703349.jpg 
バンク(左)とヌック(右)  会社員と学生    二人ともBTSが好き。便利だから。



DSC09542_R_20130924225708df9.jpg 
ギフ(左)とプー(右)                       
ギフは学生なのだがPR(イベントガール)への応募のために、写真が上手なプーに公園で写真
を撮ってもらいに来たそうだ。 (単なる友人でカップルではない模様)
ギフはMRTが冷房が効いているので好き。
プーはMRTは地下でなんろなく暗い雰囲気があるので嫌い。





DSC09548_R_201309242311058f9.jpg 
イブ(左)とサナン(右) 高校生の孫とおじいさん       
イブはMRTは速度が速いから好き
サナンさんは景色が楽しめるBTSが好き
でBTSが好き




DSC09539_R_20130924225844544.jpg 
オネン(左)とオーン(右)の大学生カップル    
オネンはサイアムに行くとき使うからBTSが好き    
オーンはBTSは行きたい場所が多いのでBTSが好き





DSC09545_R_20130924225709f0a.jpg 
洋品店経営のエウ(左)さんとヤイ(右)さん
毎週チャトゥチャック市場に商品を仕入れにくる
BTSの方が来る頻度が多く待ち時間が短いので好き。



写真NGの人もいたのだが、合計20人へのインタビューの結果、

・MRTが好き  5名 (スピードが速い、冷房が効いている、混んでいない)
・BTSが好き13名 (行きたいところに行ける、頻度が多い、景色が楽しめる)
・わからない 2名

「BTSが好き派」が多いようだ。


でも、速度的にはMRTの方が速いと思われているようです。
「ASOK駅/SUkumbit駅までMRTとBTSどちらが速いと思うか?」
と質問したところ、

・MRTと思う    4名
・同じくらい      2名
・わからない 12名

BTSの方が速いと答えた人はいなかった。但し、MRTと明確に答えた人も少なくで、
あまり明確なイメージはないようだ。


なお、余談になるが、インタビューの際に大学生には大学名も聞いてみた。


大学名を答えてくれた学生は合計9人。
内訳はといえば、
カセサート大学生4名
ランシット大学生2名
シーパトム大学生1名
サイアム大学生1名
KMUTB生1名

カセサート大学はチャトゥチャックに比較的近いせいもあるためか、ダントツ1位でした。




今回のトレビア

チャトゥチャック市場に来る一番よく来る学生は、、、

カセサート大学生!


ありゃ、番組違いだった!




地図上で所要時間を予測してみる




チャトゥチャック位置関係図_R 
もういちど上の図を見てほしい。


青色のMRTのラインと、緑色のBTSのラインの長さを地図上で測れば、実際の距離が算出できる。

測ってみると、MRTは12.0km、BTSは11.3kmだった。


意外に距離差は少ない。


次にMRTやBTSと似たような公共交通機関で比較して所要時間を推測してみよう。



そして、MRTはやはり東京の地下鉄が比較対象になるだろう。
BTSは新交通システムとして、ゆりかもめが最適か。

bts写真_Rゆりかごめ写真_R 
BTS(左) と ゆりかもめ(右)


日比谷線・ゆりかごめ距離_R 
  地下鉄日比谷線および ゆりかもめの距離 (Wikipediaから筆者作成)


日比谷線の中目黒から人形町駅の距離ががMRTと一致。

また、ゆりかごめは、新橋駅と国際展示場前の距離が一致した。



こうなるとあとは、インターネットで所要時間を調べるだけ。


中目黒・人形町駅_R 
日比谷線で、中目黒から人形町前までが、日曜のお昼の場合で、27分

ということは、アソークからチャトゥチャックもMRTで27分程度と推測できる。




汐留国際展示場前_R 
新橋から人形町までが、25分
すなわち、アソークからチャトゥチャックまで25分程度ということか。



ゆりかもめ といえば、遅いイメージがあるが、意外にも地下鉄に所要時間で勝ってしまった。

ということは、バンコクでも、BTSがMRTに勝つのだろうか?




実際に乗ってみた



MRTの方が速そうだと思っていたが、上のような精緻な検証の結果、

BTSの方が速いという推測ができた。


はたして、本当にBTSの方が速いのか?

ここは、からだを張るしかない。 

全線を実際に乗って測ってみた。




まずはMRT
スクンビット・ペッブリ間2分25秒
ペッブリ・ラマ9世間1分47秒
ラマ9世・タイカルチャーセンター間1分55秒
2分  8秒
ホイクワン・スティサン間2分15秒
スティサン・ラチャダピセック間1分42秒
ラチャダピセック・ラプラオ間2分  3秒
ラプラオ・パホンヨーティン間2分  0秒
パホンヨーティン・チャトゥチャック間2分39秒

合計:18分54秒

注:日曜のお昼ころに計測


次はBTS
アソーク・ナナ間                                  1分45秒
ナナ・プルンチット間1分22秒
プルンチット・チットロム間 1分32秒
チットロム・サイアム間 2分  4秒
サイアム・ラチャテウィー間 2分32秒
ラチャテウィー・パヤタイ間1分33秒
パヤタイ・戦勝記念塔間1分34秒
戦勝記念塔・サナムパオ間 2分25秒
サナムパオ・アリ間 1分39分
サナムパオ・サパンクワイ間 1分  9秒
サパンクワイ・モチット間1分22秒
合計19分57秒

注:日曜のお昼ころに計測





僅差ではあるが、

MRTがBTSよりも速いことが判明した。

事実は小説より奇なりですね。
推測とは全く違う結果がでた。



しかし、
日本の地下鉄やゆりかもめよりもタイの列車が速かったのね!!!



でも、落とし穴が


インタビューに

待ち時間が少ないBTSの方が好き


という声があった。

そのため、念のため列車の待ち時間を測ってみた。
列車が出発してから次の列車がはいってくるまでの時間を測ったところ、

MRT:7分2秒

BTS:3分14秒

注:日曜のお昼ころに計測

MRTの方がBTSより電車のくるまでの時間が長い。


平均待ち時間を、半分とすると、

合計所要時間は、

MRT:
18分54秒 + 7分 2秒 / 2 =  22分25秒

BTS:
19分57秒 + 3分14秒 / 2 = 21分19秒


BTSの方が逆に1分速いこととなる。


取材を終えて-

MRTが結構高速で走っているように思えたのだが、実は速度差はそんなに差がなかったようで、
総合的にBTSが速い結果となりました。

但し、この結果は日曜日の昼間に行った調査であり、日や時間が異なっていれば別の結果がでたかもしれない。

しかし、そんなことは問題ではない。もともと無意味な調査なので正確性を期しても意味がないのだ。

なお、わざわざ乗ってみなくても、
MRTあるいはBTSに問い合わせればわかるのでないかという、
常識的な意見は、編集部の主観で却下したことを報告します。
(だって、それじゃ面白くない)



でも、タイのMRTやBTSが日本に比べて結構速いのが判明したのは、まじに驚いた!

インタビューは結構楽しかったです。

-終わり-


チュラロンコン大学百景:政治学部の田舎っぺ食堂

先日、ラオス国立大学に行きました。

ラオス国立大学(National University of Laos:NUOL)とは、ラオスを代表する大学。

いわば、ラオスの東大です。


が、そののどかなこと、、、、


まるでタイの田舎の専門学校、、しかも一昔前の。

いやあ、ラオスはいいなあぁ。

雑踏のタイにいると、ラオスへのあこがれは強くなります。






かわって、タイの大学ですが、もちろんラオスとは異次元の世界!



実は、タイの大学は地味で、意外にも「そんなにおしゃれ」というわけではありません。

それなりに、こじゃれたカフェがあったりはするのですが、
(例;チュラロンコン大学百景;無料のWiFiはじめました;TrueCafe   )

最近オープンした学食でも、そんなに「ハイソ」というわけではありません。
(例 : チュラロンコン大学百景; iCANTEEN;工学部学食できました )


でも、そうはいっても「昔ながらの学食」も少なくなっています。



そういう数少ない「昔ながらの学食」があるのが、
政治学部です。



政治学部(Faculty of Political Science)、


「政策を語ることのみが政治ではない、人々の生活そのものが政治である」


との標語がかかげられています。


FacultyOfPoliticalScience.jpg
伝統を感じさせる外観の政治学部




タイの数々のエリートを輩出してきた同学部ですが、

でも、学生の雰囲気を含めて、
見かけは意外に質素! な感じです。


#ちなみに隣接して経済学部(Faculty of Economics)があるが、こちらは「社長・経営者の娘・息子」が多いと言われており、そのせいか、何気に華やかです。





DSC09385_R_20130921194401b43.jpg
政治学部食堂入口です。

ベンツで通学するチュラ大生のイメージとのギャップが大きすぎ。



DSC09390_R.jpg
どうみても田舎の学校の雰囲気です。 




DSC09396_R.jpg
ここのおばちゃんの店が美味しんだよね。 モリもいいし!



DSC09393_R.jpg
極めつけはこの外観です。いやあ、いいかんじです。



DSC09395_R.jpg
よく見ると、、、、手前にイヌが寝ているところも、「田舎のタイ」




より大きな地図で 【バンコク近郊 こだわり情報+α】地図編 を表示




ちなみに、やはりというか。

この食堂には学生はあまりいない気がする。

政治学部に近い
チュラロンコン大学百景;ジャムジュリー スクエアー
こちらに行ったりしているのでしょうね。




予告広告!


政治学部からアンリードゥナン通りを挟んだ医学部に、大戸屋などが近日オープンです。
近日中に報告します。








[ 2013/09/21 19:50 ] チュラロンコン大学百景 | TB(0) | CM(0)

私のスマートフォンのピンチ

私はスマートフォンオタクです。

自慢に聞こえるかもしれませんが、(自慢しているのですが)
ここ2,3年くらい前にiPhoneを使いはじめた人とは、、、

年季が違います。 ← 嫌な年寄りが言いそうな言葉です!


最初に使い始めたスマートフォンは、
2002年に買ったTreo270



Treo270_2_R.jpg
これは、ハンドスプリング社の名機Treo270です。

いやあ、自分好みのソフトを入れたり、時には自分でプログラムを組んだりしました。
すばらしいスマートフォンでした。


スマートフォンの活用シンガポール旅行 
など、「スマートフォンを使って海外でインターネット」は今では当たり前なのですが、
当時は、「パワーユーザーはここまでできる」ようなスマートフォンライフでした。


その後、何台もスマートフォンを買い替えて、今使っているスマートフォンは、

新スマートフォンC5-00を買いに行ったら、、、

で紹介したNOKIA C5です。
(このC5に行きつくまで何台もスマートフォンの変遷をしてきましたが、この名機のあまりのすばらしさにずっと使い続けています)


#その後 iPhoneより良いスマートフォン買いました  で書いたようにC5新型に買い替え
携帯復活 で書いたようにケースを交換しています。



ところが、そのスマートフォンNOKIA C5の調子がおかしくなった。
仕方ないので設定をすべてリセットしてソフトを入れなおした。

日本語表示ソフトを組み込んで、
WEBブラウザを組み込んで、、
スケジューラー(SBSH社のCalender;旧Papyrus)を組み込んで
入力補助検索システムT9 Navをインストールする。

いちおうここまで問題なくいった。



このT9 Navは極めて優れもの。
10キーを使って携帯電話内のすべてのデーターを高速検索してくれる。

アドレスブックも音楽も文書ファイル名もすべて一元的に「簡単に高速に」検索してアクセス可能なのです。


私はパソコンのなかの重要なファイルは自動的に無線で携帯電話に送信するように設定しているのだが、

そういったファイルを、

パソコンで検索するより、携帯電話で検索する方がはるかに便利。

iPhoneやAndoroidでは真似のできない芸当です。



ところが、このT9 Navのアクティベートんがうまくいかない。

T9Nav発売元のNuance社のWEBサイト(http://www.nuance.com/)を見ると、

「T9 NavはOEM販売のみ行っています。一般ユーザー向けのサポートは行ていません」


とのこと。


うわあ、困った!

なんとかならないか? 

T9 Navがないと私は生きていけません。

と一週間ほど前にNuance社にメールを送ってみたが、、、、何の返事もありません。



T9 NavがなければNOKIA C5を使う意味は半減。

買い替えるしかないのか? 
しかし、T9 Navのような機能はiPhoneにもAndroidにもない(と思う)


困ったあ。







ちなみに、最近パソコンを買い替えました。

今まで使っていたのが、SONYのVAIOだったのが、今度は東芝Dynabook

DSC09423_R.jpg

う~ん、やっぱりWindows8は使いにくい。
そして意外な盲点が、、、、BlueToothがないことに買ってから気づいた。

C5はWifiが無いので、パソコンからBlueTooth経由で連携していたのだが、
一昔まえの、有線に逆戻りです。



-------------

今回はいつもにまして、オタク内容でした。
自分の健忘録を兼ねて、今までの私のパソコン履歴を控えます。

ちなみに、今までで一番好きなコンピューターはNextComputer社のNext(http://ja.wikipedia.org/wiki/NeXT)です。
(OSの名称がNEXT STEP)
スティーブ・ジョブスがアップルを追い出されて作った会社なのですが、理想を追求した徹底したオブジェクト指向は美しかった。 Next三昧の日々を一時期過ごしました。

上記Wikipediaに
>先進的で洗練された仕様には熱狂的なヘビーユーザを生み出した。

と書かれていますが、私もそういう一人だったと思います。


ところで、Appleオタクもあまり知らないようなのですが、実は現在のMacの原型はこのNextです。
ジョブスがアップルに復帰したときにNextCpmputer社がアップルに吸収された、新Macに変わったのです。


当時何度も何度も何度も見たビデオです。
今では当たり前のことばかりですが(これがベースになって今があるので、「当たり前」なのは当たり前ですが、当時のMacやWindowsとは全く次元が違っていました。また、後半の「部品(=オブジェクト)を組み合わせて簡単にデーターベースができる」デモもまさに驚きでした。
当時のMs-Windows用にシコシシコプログラミングをしていた私には目からウロコが落ちたできごとでした。

#しかし、今改めて見ると、いまや「当たり前」のことばかりですね。
 昔のMacやWindowsを知っている人は、このすごさがわかるのですが、、、、昔話なのでしょうね。

ジョブスのプレゼン方法も新鮮でした。



メーカー 名称 主な仕様 コメント
日立 H68/TR ワンボードコンピュータ 始めて買ったマイコンです
自作   M6800を使った自作 CPUからOSまで完全自作しました。半端なオタクぶりではありません。
自作   M6809を使った自作 上記の反省のもと、高機能版を効率的に作りました。
自作   M6802を使った自作 学園祭での展示物のコントロール用に作りました。
NEC PC9801 16ビットパソコンです 8インチFD、メモリボードは自作でした
NEC PC9801E 上記の高速版 一世を風靡した名機でした
エプソン PC286L PC98互換のラップトップ 重さが7kgあったものの「持ち運び可」でした。
エプソン PC-286C PC98互換の安価パソコン お金がなく、安いパソコンでごまかした時代です
Apple Macintosh LC630 安価版マッキントッシュ Appleは仕事ではいろいろ使っていたが、初めて自分で買ったMacです
東芝 Portege T3600 当時の最高級ノートパソコンを型落ち購入 英語版しか販売しておらず、自分で日本語を設定
自作   各ボードを買っての自作 結局トラブルが多く、その後自作はやめました
東芝 Libretto 20 フルスペック超小型パソコン 重さが1kg以下で、いつでも持ち歩いていました。
東芝 Libretto 70 フルスペック超小型パソコン改良型 素晴らしいパソコンで、手放せませんでした。
東芝 Libretto ss1000 フルスペック超小型パソコン薄型 エンターティメントの方に流れて、時代の先を行き過ぎたんだね。
東芝 Dynabook SS3380 フルスペック小型ノートパソコン このころから仕事/プライベート両用で使うパソコンを買い始めた
東芝 Dynabook Satelite J11 フルスペック小型ノートパソコン 当時は東芝しか考えられませんでしたね。
NEC LavieLJ750 フルスペック小型ノートパソコン 久しぶりのNEC。でも、中途半端なパソコン。(でも今でもたまに使っている)
Acer AS5810TG-D45 フルスペック小型ノートパソコン 仕事・プライベート両用です
Sony VaioS  VPCSB28FJ/B フルスペック小型ノートパソコン 始めてのソニーですが、意外によかったです
東芝 Dynabook?R732 R732/37 フルスペック小型ノートパソコン 値段が安いのでしょうがないのですが、勝手の高級感はないですね

アイドル:メオ・アソークちゃんが禁断の恋

最近キニナルサイトがあります。

「はまれぽ」というサイトです。
(http://hamarepo.com/)


読者が街中のキニナル謎を投稿すると、
その謎にレポーターがするどく迫る!

そういうサイトです。

・決して深刻であってはならず
・かつ、うんうんキニナルよね

そんなことが「キニナル ルール」だと私は勝手に思っています。








それとは、全く関係ありませんが、


タイに長くいると、

「タイのことはすべて知っている」
と思われているフシがあり、


友人にいろいろキニナルことを尋ねられたりします。

Q:なぜタイ人は制服が好きなのですか?
 →心の叫び!:確かに職場でも大学でも制服が多い、、、でも「なぜ?」と私に問われても、、、?

Q:おしゃれで美味しくて安くてそんな「誰も知らない」隠れ家レストランを教えて!
 →心の叫び!:そんな誰も知らないレストランがあったら、どうやって客が来るのだろう?

でも、そんな心の叫びはぐっと隠して、それなりの、それで実にいい加減な回答をするのでした。
 →心の叫び!:いいんだよ。どうせ深刻に尋ねているわけではないのだから。




先日、知人から尋ねられました。

知人:「アソークの猫」がキニナルんですけど、、、、、

私:なんだ? その「アソークの猫」というのは?


アソークの駅に住んでいる野良猫で、
みんなに面倒を見てもらっている人気猫らしい。


心の声!:そんなもん知るかぁ!!!

.
.
.
.
.

早速調査を開始しました。


DSC09404_R.jpg

高架鉄道BTSのアソーク駅に到着。
はたして、この付近に「アソークの猫」が本当にいるのだろうか?





情報によると地下鉄MRTとの乗り換え通路あたりにいるそうだ。





DSC09370_R.jpg
確かこのあたりらしい、、、、、


でも、こんなところに本当に野良猫がいるのか?










あたりを見回しても、それらしき猫は見当たらない。










あっさり、「デマだった」と調査終了か?









そう思いながらふとエスカレーターの方を見ると、、、、













DSC09369_R.jpg
いたあっ! 













DSC09369 (2)_R
エスカレーターの間でくつろぐ猫が一匹!







これは間違いなく「アソークの猫」だぁ!!!





















DSC09357 (1)_R
これが「アソークの猫」




DSC09348_R.jpg
通行人に結構写真を撮られたりしている。
このあたりでは有名な猫らしい。






でも、待ったぁ!!!








DSC09369 (1)_R

首輪が!
野良猫のはずではなかったのか?
なぜに首輪がぁ??????




野良猫というのはガセで、実は単なる飼い猫か!?







このあと驚愕の事実が、、、、、























早速、聞き込みを開始!











写真を撮っている可愛い女の子たちに聞き込み!

(都合により写真は掲載できません)











付近を通りがかりの可愛い女の子たちに聞き込み!

(都合により写真は掲載できません)








付近で待ち合わせらしき可愛い女の子たちに聞き込み!

(都合により写真は掲載できません)



















鋭意聞き込みの結果、判明した驚愕の事実とは、、、




















実はこの猫、アソークの猫(メオアソーク:แมวอโศก)という名前の、
ちゃんとした野良猫



でも、売店や駅員にかわいがれて住み着いたのだとか。

#有用な情報の殆どは売店の店員や掃除のおばちゃんからもたらされました。
 可愛い女の子たちからは「マイルー(知らないわ!)」と冷たくあしらわれました。
 どうも可愛い女の子は、「かっこいいおじさん」に声をかけられて照れていたのだと思います。




首輪も「野良猫と間違われていじめられないように」買ってあげたそうです。



病気になったときは病院まで連れていってもらったりもしているそうだん。


ちなみに、フェースブックファンページまであるタイのアイドルです。



アソークの猫
フェースブックページ(https://www.facebook.com/AsokeCat)より



#なんと「いいね!」が40594人(2013年9月15日現在)



でも、猫の名前が「アソークの猫(メオアソーク)」って安易すぎないか?!















そんな、「アソークの猫」ちゃんに最近ボーフレンドができたそうです。


DSC09360 (1)_R
こちらが、ボーイフレンドの、、、、、

えっ、名前は????






近くの人に名前を尋ねたところ、

「名前はまだない」

とのこと。


黒猫のイケメン系です。


DSC09353_R.jpg
おでこにキス!
仲のところを見せつけてくれます。








さらに驚きの事実が判明!!、、、、、














「アソークの猫」ちゃんは、




オスだった!





オカマちゃんだったのか!!??



いくらオカマに寛容なタイとはいえ、
講習の面前でのキスはまずいのではないだろうか?





ちなみに、このボーイフレンドの黒猫君は少し落ち着きがない性格で、
そのためか、「アソークの猫」ちゃんほどは可愛がられてはいないようです。

首輪もまだ買ってもらっていないようです。






取材を終えて


アソークの猫は確かに存在した。

これからも皆にかわいがられながら幸せに暮らして欲しいと思うのでした。


でも、黒猫君との禁断の恋の行方は?

ますますキニナルのでした。



-終わり-


#「はまれぽ」風に書いてみましたが、、、似てなかったようです。  ←またはずした!

さぼってエロショー見学

199812b.jpg

バンコク・アジア大会を、(30度の暑さの中)日本最高記録で制し、日の丸の旗を振る高橋尚子
http://www.asahi.com/sports/gallery/081111takahashi/199812b.html




高橋尚子の金メダル感激でした。
日本ではなくバンコクだからよけいに感動が大きかった気もします。


ちなみに、
「日本人監督の率いるタイ野球チーム」が中国や韓国相手に善戦したのにも感動しました。






話が変わって、、、

、タイに長くいると、

「人の前で話をするときは、必ず笑いを入れる」

のは常識だろう!


という気になってきます。


昔そういえば、日本からある技術の専門家に来てもらって講演会をしてもらったことがある。


大変勉強になったと思ったのだが、一緒にいたタイ人(某タイ政府高官)は、


よかったんだけど、、、、
エンターティメントが足りなかったね


↑ 真面目な技術の話だったんですけど、、、、


もっと、面白く説明すべきだというのです。


その時は、
「このタイ人いったい何を言っているだろう!!???」

と思ったものだが、今となっては、

私もそのタイ人に近い感覚になってきている。
とたまに思ったりまします。




タイに長くいると、
たまに、タイ人にスピーチや講義を依頼されることがあります。

あるタイ人から講習会の講師の依頼がきた。


公務員向けの講習会をするのだが、その中で1時間話してくれとのこと。


私:何について話せばよいのか?
タイ人なんでもよい。オモシロければ!!!!
この前(女子大生が来た )みたいにオカシイ話であれば何でもよい!


私:ちょっと待て!  あれは、「単なる冗談」ではなく、ちゃんとメッセージを伝えようと思って、それを面白おかしく言っただけなのですが、、、、、、、

タイ人:内容は何でもいいんだ。面白かったらそれでよい。
      


馬鹿にするな!!!!


と怒鳴って席を立つ、、、、
ことはなく、やっぱり1時間話をしてしまった私です。




でも、タイ人相手に話をするって、相手によって結構反応が違うので難しいんだよね。


一番楽なのはエリート学生相手かな。

「タイ人は馬鹿! お前は不細工は! 高校のときにパブで遊んでばかりいたからこんな大学(チュラロンコン大学)じかはいれなかったんだろう!」

的な毒舌からはいると、「冗談」と受け取ってもらえて、かつ掴みが良い気がする。


相手がチュラロンコン大の学生だから、

「頭悪いヤツ!」


と言ってもジョークになるのであって、相手が違うと冗談にならない。


自虐的ギャグもよく使うのだが、


「おれ友達いないから」
と言うと
「そりゃそうだろ、お前性格悪いから」


と返してくるのが、エリートのタイ人の友人


田舎のタイ人だと、

「おれ友達いないから」

「ええっ、かわいそうそう!
心配しなくてもいいよ。私が友達になってあげるから!」


そうやって、タイ人に付きまとわれてしまいます。





私は、面白い話をしようと心がけている、、、

というと、「お前は、面白いことを言えるヤツなのか?」と思われるかもしれませんが、

リアルな私を知っている人なら皆知っているが、

「面白いことを全く言えない人間です」

日本語では全く面白いことを言えません。

言わなきゃ、、、と思うのですが、空気が凍り付く恐ろしさ! 
にひいてしまいます。



ところが、タイ人の「面白さ」の平均レベルは結構低いのです。

つい先週も、

タイ人:さくらぎちょうさんは東北タイにいたことがあるんですね。
    東北タイ語(イサン語)が話せるのですか?
私:ボダイ(イサン語で、「話せないよ」)


タイ人:ギャハハ、ボダイだって! ギャハハ!

↑ いくらなんでも、「ボダイ」でそこまでうけるって、レベル低すぎる!


そんなわけで、
今日も平気でレベルの低いオヤジギャグにまい進するのでした。





あれっ、いったい何を書こうとしていたんだ?





そうだ、エロショーの話だ。





東京オリンピックが決まりました。



いやあ、でもエゲツナイ招致運動には驚きました。

日本には金はあるぞ!(他はないだろう!?) 
イスラムは喧嘩ばっかりしている。(日本は平和!)


など、下品な発言は驚きです。
少なくとも日本の美徳とは遠く離れている気がします。






国際会議などで、各国が、

「よしやろう! 頑張ろう!」

と盛り上がっているときに、

「その実現可能性には疑問がある。現実的目標をたてましょう」

的な発言をするのが日本で、

「多少のはったりをかましても、いいから皆で盛り上げていこうよ」

と思ったりもしたことがあるのだが、


一方で、日本は、
「一度言ったことは必ず守る」
ことで国際的な信頼を寄せられているのだと思います、


安倍首相の「原発の汚染水はコントロール下です」発言は、
「日本」(=日本の価値観を持つ)首相の発言として、
「がっかり」以外なにものでもありません。

外交には嘘も必要でしょう。

でも、平然と嘘をつく人を私は軽蔑しますし、
多くの日本人もそうだったと思っていたのですが。





でも、私などは、基本東京オリンピック反対だったのですが、


今の日本で目指すのは、低成長時に持続可能な社会

とか、

世界の中で今までオリンピックをやっていない地域・国でやればいいじゃないか


と思ったりします。


ところが、オリンピックの決定直後から、
私のフェースブックには、

残念! 反対! 無力感!


そんな書き込みで溢れました。


みんな反対だったんだな、と思ったら、

実はそうでもないようです。

(反対の人が積極的に発信しているのかな?)


でも、賛成意見の方が「なんだかだな」と思うことが多いのです。


「経済刺激になる」


なんて、記事が新聞にあふれています。

いつから日本人は「金(経済)が一番大事」になってしまったのでしょう?

経済刺激のためにオリンピックをするのでしょうか?



「選手村のできる晴海のマンションの売れ行き好調」
との新聞記事が。


「選手村の近くに住んで選手と触れ合いたい」
がその理由ならわからなくはない。


でも、

「オリンピックでマンションの価値があがるから」

そういうことを思うのは止められないけど、、、

口に出したら軽蔑されるのが日本の文化ではなかったのでしょうかねえ。


そもそも、あれほど盛り上がったバンコク アジア大会の選手村(現タマサート大学の学生寮)の現状は、
「夏草や兵達が夢のあと」的雰囲気があったりします。


でも、あのときは盛り上がったなあ。
バード&タタヤンの開会式も盛り上がったし、高橋尚子が30度の暑さの中、世界記録に1分に迫る独走優勝もすごかった。




そもそも、
「オリンピックが来たら発展する」「選手村ができたら発展する」
って、発展していったい誰が得をするのでしょうか?
(少なくとも私でないことは確か)


晴海といえば、昔国際見本市会場が晴海にありました。
エレクトロニクス関係の最大の展示会は、「エレクトロニクスショー」略称エレショーというのですが、
「情報収集」の名のもとに晴海に行って、適当にサボって直帰。

なんて、美味しい思い出が私の晴海の記憶です。


すいません。
エロショーではなくエレショーでした。

凍えてすいません、、、、

この程度でも、タイの田舎では受けるんだけどなあ。