スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

バンコクの(超)細道:その八

このブログのシリーズとして、

『はまれぽ』いや『ばんれぽ』

をはじめたりしました。
私としては相当気合をいれて調査したつもりなのですが、、、、、

が、どうも反響はあまりありません。


その他でも、
チュラロンコン大学百景 シリーズ
【定点観測】バンコクのクリスマスツリー シリーズとか、
スクンビット百景 シリーズ
タイの映画
 シリーズ
バンコクに近いビーチリゾート シリーズ

などシリーズを作ってきましたが、
どうも反響はいまいちです。




その中で、

バンコクの細道
 シリーズだけは例外で、

「バンコクの細道」は全部読みました。

とか、

「行ってみました」

とか聞いたりします。



ところが、ヒネクレテイル私としては、


「そんな簡単に行ける細道を紹介したくない」


と、今回は「難易度の高い細道」の紹介です。


どう難易度が高いかといえば、

とにかく「細い」細道なのです。


今までの細道は、
P1030873_R.jpg
バンコクの細道;其の参  より



だとか、


P1040064_R.jpg
バンコクの細道;其の弐  より


なんかが、かなり細い細道でした。


しかし、今回は、さらに超細道です。


幅わずか15cmの細道です。







より大きな地図で 【バンコク近郊 こだわり情報+α】地図編 を表示


場所はバンコク北部の巨大ショッピングセンターのFuture Park近くです。

クロンヌン説明付_R



ウィパワディランシット通りランシット運河の南側からクロンヌンと呼ばれる地域(運河)のクロンヌン市場に行くにはFuture Parkの前を大迂回していく必要があります。
今回の近道ルートでは素直に運河を渡っていくルートです。


ところが、このルートは、なかなか複雑な大人の事情があるルートなのです。


DSC01730_R.jpg
このウィパワディ・ランシット通りはバンコクと北部や東北部を結ぶ幹線道路。
さらに上空には高速道路が走っています。
今回の近道は、ここがスタート地点です。


DSC01731_R.jpg
しかし、そのすぐ横は昔ながらの運河です。



DSC01734_R.jpg
昔ながらの家があります。 この細い道で運河をわたって家に行きます。



DSC01738_R.jpg
しばらく行くと水門が見えてきました。この水門は2011年の大洪水の際に急遽つくられた水門です。
右側には高速道路を通る車への巨大な屋外看板です。



DSC01741_R_20140119014851ceb.jpg
さて、細道はこの水門の土手の上を歩いていきます。
少し、いや大分歩きにくい。



DSC01745_R_20140119014842548.jpg
水門の部分には幅15cmの木が、、、、、



DSC01746_R_20140119014848dd5.jpg
この上を歩いていきます。
今までで一番細い細道です。
下には、ホテイアオイが密集していて見えませんが、その下は当然水です。
落ちるわけにはいきません。


DSC01752_R.jpg
渡ったところから鉄板で作った土手が見えます。
洪水対策で急遽作った土手です。


DSC01753_R.jpg
内側です。



DSC01778_R.jpg
登ってみました。  やはり、落ちるとやばい、、、、、、
へっぴり腰になります。




DSC01755_R.jpg
さらに進むと、屋外看板の下に到達しました。
ゴミが沢山落ちています。



DSC01760_R.jpg
歩きにくいがくじけずにどんどん行きます。



DSC01762_R.jpg
家が見えてきました。


DSC01776_R.jpg
というか、スラムですね。 なかなか激しい家です。
ちなみに、ゴミが沢山散乱しているのは、ゴミを集めてきて金目の物を売るのを仕事にしているからです。
売れないものがゴミとして残ってしまいます。



DSC01770_R.jpg
比較的きれいな家もあります。



DSC01768_R.jpg
スラムの向こう側にショッピングセンターのFuture Parkが見えます。



DSC01794_R.jpg
立派な木橋がみえてきました。
米運搬船が昔この運河を行き来した名残です。
船が通れるように中央部が高くなっています。




DSC01797_R.jpg
木橋のほとりが、クロンヌン市場です。
昔は米の流通拠点として活気があったのだと思います。
もっとも、この市場、今は時代から取り残されて、機能を完全に停止して荒れています。



DSC01792_R.jpg
市場の入り口にある祠がかっての栄華をしのばせます。


DSC01790_R.jpg
家の中を見せてもらいました。なかなか趣がある伝統のある家ですね。



DSC01787_R.jpg
2011年の洪水の跡がはっきりわかります。額縁の下に洪水の跡の線が見えます。




DSC01807_R.jpg
橋をわたると新興住宅地としてアパートやコンドミニアムが並んでいます。




DSC01800_R.jpg
運河沿いは親水公園として整備されています。


今回の細道は、
・幹線道路や巨大ショッピングセンターの傍らで昔ながらの家
・巨大看板の下にはスラム
・洪水の傷跡
・さびれた昔の市場

となかなかシュールな世界なのでした。
でも、なんだか子供のころこういうところで育った環境に少し似ている気もする
懐かしい気もする場所です。


あれっ、主題は「超細道」でした。


その他の細道は、
バンコクの細道
をどうぞ。






スポンサーサイト
[ 2014/01/19 02:28 ] バンコクの細道 | TB(0) | CM(0)

Xデーが近づきました! (15日から17日あたり)

2013年反政府デモ:とりあえずのまとめ


を書いてから、だらだらと年越をして2014年になりました。

#まだ、反政府運動やっていますね。


タイの政治状況はもう収集がつかなくなってきましたね。


やぶれかぶれのステープの人民民主改革委員会("People's Democratic Reform Committee" (PDRC))が、バンコクを13日から封鎖します。


といっても、7か所で道路を占拠するとのことなので、、、、、
今までも道路を占拠してデモを行っているので、あんまり違いがないといえば違わないのですが。

#それにしても迷惑です。


当初の「恩赦法反対!」 であれば、目標も明確なのですが、「選挙反対」であれば大義名分がなく、ステープも苦しくなってきています。
バンコクでも一般市民は厭戦気分も強まっており、ステープもあせりから、どんどん過激になっているのでしょう。経済界からの反発も強く、市民の支持を得ない「バンコク封鎖」はステープにとっても両刃の剣ですね。

一方で、呉越同舟じゃないけど、様々な勢力が混乱に乗じて反政府側に参加してきており、ステープにも管理不可能状態です。 何かをきっかけに暴走する可能性も現実味を帯びてきました。


一方で政権側もバンコク封鎖、まして長期化は避けたいのは当然です。


そんなわけで、Xデーが近づいてきました!


#私が状況を元に推測しているだけで、証拠はありません。


「Xデー」とはもちろん、クーデターです。


最後のクーデターは2006年のタクシン政権への軍のクーデターですが、
その際に誕生したスラユット政権も返り血でスキャンダルに見舞われ、
結局その後の選挙でタクシン系政権が成立。

結局「クーデターは何だったの?」との批判にさらされてしまった軍としては、
今回は「とっても慎重」といわれています。 

実際「軍は中立」との立場をとりつづけています。

#「軍は中立」って何? 
 「軍は政府によるコントロールが為されるべきでないの?」とタイでは考えてはいけません(笑)



ステープそのものが、クリーンとは程遠いしね。 軍としてはステープには乗りにくいでしょう。



しかし、「バンコク封鎖」でステープ、インラック政権両者への不満が高まると、

軍によるクーデター待望論

がでてきます。

そうなると、いよいよ満を持しての軍によるクーデター発生となるでしょう。


クーデター政権は当然、ステープ、インラック両者から距離をとるでしょうね。


Xデーは来週後半と私はみました!

15日、16日、17日あたりが山場です。


#個人の意見です。
[ 2014/01/09 22:18 ] タイ政治・経済:政治 | TB(0) | CM(0)















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。