バンコクの細道その拾:タイ屈指の名門校の細道

バンコクの細道 シリーズもいよいよ10回目になりました。

この細道シリーズは、つぎのような細道を紹介しているシリーズです。

(1)人が歩いてしかいけない細道
(2)かつ、近道になる道
(3)かつ、面白い道

(1)(2)の条件は良いとして、「面白い道」があいまいですが、、、
あくまでこのブログの筆者である私が「面白い」と感じる道の紹介です。



今回は、BTSサイアム駅からチュラロンコン大学文学部に行く細道です。


バンコクの細道 その10_R

チュラロンコン大学への最寄り駅は、学部によって、4駅の可能性があります。

BTSサイアム駅(歯学部、文学部など)
BTS国立競技場駅(体育学部・看護学部など)
MRTサムヤン駅(経済学部・経営学部など)
MRTシーロム駅(医学部)

というわけで、文学に行くにはBTSサイアム駅が一番近いのですが、、、、

じつは微妙に遠い。


バンコクの細道 その10_01_R

しかも赤色のように若干大回りしていかなければならないのですが、
黄色の道を通ることにより、文学部の裏口からはいれるのです。

ちなみに、このルートは、

・チュラロンコン大学芸術学部分校舎
・パトムワン高校(シーナカリンウィロート大学付属パトムワン高校)
・トリアムウドムスックサー高校

を通り抜けていく、なかなか面白いルートです。

注:各大学・高校は許可なく入場を禁止されています。
  通り抜けるときには許可をもらってください。



IMG_0251_R.jpg

まずは、チュラロンコン大学芸術学部分校舎からはいっていきます。
「チュラロンコン大学」の表札はあるのですが、それ以外の表札はありませんので、気づかず通り過ぎにあように注意してください。


IMG_0258_R_201403232330050e6.jpg

芸術学部の実習室が並んでいます。




IMG_0253_R.jpg
いかにも、芸術学部って感じですね。ここは低学年の校舎なのでチマチマしていますが、
芸術学部でも修士課程とかなると、作品の「大きさ」も重要だそうで、溶接しながら作っている様子は、モノづくりをしている工場かと思うような迫力だったりします。


IMG_0260_R.jpg
どんどん行くと、このような扉があります。
この扉から向こうが、パトムワン高校(シーナカリンウィロート大学付属パトムワン高校)です。

ちなみに、このパトムワン高校はタイでも有数の進学校です。
数学オリンピックや物理オリンピックでもメダリストを多数輩出しています。




IMG_0262_R.jpg
パトムワン高校にはいりました。左側がチュラロンコン大学芸術学部からでてきた扉です。




IMG_0266_R.jpg
パトムワン高校の校舎横を通っていきます。



IMG_0270_R.jpg
パトムワン高校のシンボルともいえるタワーです。
BTSからも良く見えますね。


ちなみに建物の上についているのは、シーナカリンウィロート大学の校章です。



IMG_0269_R.jpg
やがて、トリアムウドムスックサー高校の入り口が見えてきます。

トリアムウドムスックサーは、名実ともにタイのナンバーワン高校です。
勉強だけではなく、最近も「いけてる高校生」がいる高校にも選ばれていました。

ちなみに、チュラロンコン大学には付属高校(厳密には教育学部付属高校)がありますが、こちらは(頭もよくなければならないが、それ以上に)良家の子女の通う高校の印象がつよい感じですね。


トリアムウドムスックサー高校とパトムワン高校の境界はわかりにくいのですが、この写真の付近が境界になります。




パトムワン高校やトリアムウドムスックサー高校に関しては、
チュラロンコン大学百景;学期休でサイアムスクェアは大賑わい
こちらも参考にしてください。





IMG_0271_R.jpg

そして、いよいよチュロンコン大学にはいっていきます。
抜け道は、駐車場の奥にひっそりとあります・




IMG_0277_R.jpg
建物の浦口からはいって、通用口を抜けると、、、、
奥に、チュラロンコン大学百景;無料のWiFiはじめました;TrueCafe で紹介した文学部のTrueCafeが見えます。



これで、今回の細道の終点です。



IMG_0278_R.jpg
文学部の外観です。


ちなみに、
チュラロンコン大学百景;文学部の歴史的建造物
で紹介したように文学部には結構重厚な建物もあります。


より大きな地図で 【バンコク近郊 こだわり情報+α】地図編 を表示









[ 2014/03/23 23:51 ] バンコクの細道 | TB(0) | CM(0)

バンコクの細道:その九

klongtoeyport.jpg
日本人の多く住むスクンビット プロンポン駅あたりから3kmくらい南に行ったあたりにクロントイ港があります。  

ここから船に乗ってチャオプラヤー川をわたると、サムットプラカン県パパデーンにつきます。
バンコク至近ながら開発から取り残された(あえて開発を行わない)場所です。
(上の写真で向こう側に見えるのがパパデーン)


なかなか興味深い場所で、今までもこのブログでいろいろ書いていました。

タイで唯一の都市型コミュニティ公園(犬と一緒に行ける公園シリーズ)

バンコク中心部の自然公園でカヌー!


パパデンでの手工芸品製作体験




バンコク近郊の水上マーケット ベスト5!


また、

バンコク工業地帯 萌えクルーズ

だとか、

超穴場;バンコクのホタルツアー

への拠点にもなっています。


この船着き場近くにあるのが、

わんこのお葬式 で紹介したクロントーイナイ寺院です。
(このお寺でペットのお葬式や火葬をしてもらえますし、チャオプラヤー川への散骨も手配してもらえます。)

ところが、この船着き場からクロントーイナイ寺院に車で行くのは大迂回する必要があります。
(船着き場近くにはクロントーイノック寺院がありますが、別の寺院です)



バンコクの細道 クロントーイ_R
こんな位置関係です。プロンポン駅から自転車ですぐです。
赤枠の拡大地図は下記を見てください。


バンコクの細道 クロントーイ_01_R
車で行くと、超大迂回が必要ですが、歩いていくとすぐですね。



IMG_0023_R.jpg
この突当りが、クローントイの船乗り場です。


IMG_0026_R.jpg
クロントイノック寺院です。




IMG_0044_R.jpg
中古の靴売りのおじさん。 
古着は私もたまに買うのだが、、、(だって、安いんだもん!)
さすがに、古靴は買う気になりません。

(程度の良い革靴で100バーツ程度です)


IMG_0050_R.jpg
バイクの女の子が通りがかりました、、、、、、って、何歳だ?、この子は!


IMG_0052_R.jpg
路地にはいっていきます。

IMG_0063_R.jpg
庶民的な住宅地のお約束、飲料水の自動販売機(左)とコインランドリー(右の2台)です。



IMG_0051_R.jpg
洗濯屋さんです。




IMG_0057_R.jpg
消火栓もあります。こちらもシェル石油により設置されています。
しかし、、、、、消火栓に靴下を干してよいのでしょうか?



IMG_0055_R.jpg
左に消化器が設置されています。住宅密集地なので火災には非常に注意しなければなりません。
なお、この消化器は近隣のシェル石油によって寄贈され、コミュニティで運営されています。



IMG_0064_R.jpg
路地にこじんまりしたコミュニティ公園がありました。バンコク都(自治体)によって建設されました。




IMG_0083 (1)_R
クロントーイナイ寺院に着きました。


IMG_0071_R.jpg
クリントーイナイ寺院の大仏です。地元では有名な仏像のようで参拝者が大勢いるそうです。




ところで、この途中のセブンイレブンの裏にはいっていったところに
素敵な「屋台レストラン街」があります。
私のお気に入りで、よく食べにいきます。



IMG_0086_R.jpg
田舎っぽいレストランがならんでいます。


IMG_0104_R.jpg
庶民価格で美味しいシーフードが楽しめる「IMF シーフード」です。
1997年のバーツ危機の際に失業したオーナーがはじめたレストランです。
(それで名前が「IMF」です。逆境を明るく跳ね飛ばすタイ人っていいなあ。)

スクンビット界隈の屋台では駐車場に困るところが多いのですが、このあたりは土地は十分あるので車で来ても安心です。


IMG_0110_R.jpg
こういう感じでビールを飲むって、、、、、ほっとします。 ← 完全にタイ化!!!


IMF SEAFOOD 0897738605


より大きな地図で 【バンコク近郊 こだわり情報+α】地図編 を表示
[ 2014/03/15 13:06 ] バンコクの細道 | TB(0) | CM(1)

スクンビット百景:こんな旨いものがあったんだ!!

バンコクで一番ハイソな場所はどこか?
東京でいえば、広尾のような、、、、

といわれたら、、、、

スクンビットの奇数側は日本人に人気があるのだけど、なんかごちゃごちゃしていたり、風俗関係の店があったり、「ハイソ」とはほど遠い。あえていえば、奇数側ではソイ31(アピシット首相の家がありますね)、ソイ43(王室関係者の家があります)くらいかなあ。
以前は49もまあまあ良かったけど、、、最近はごちゃごちゃはしてしまい完全に終わってしまいました。

やっぱりハイソな住宅といえばスクンビット偶数側です。
そのまかでも、ソイ24(バンコクの細道;其の四 )でしょうね。
ソイ16あたりもなかなかいい感じだし、
高級住宅地としてはソイ34(バンコクの細道;其の弐 )かなあ。

で、ソイ38m、ソイ16、24、34あたりに比べると、少し交通は不便だけど、結構ハイソな場所です。
Faceなど、高級でオシャレなカフェ・レストランがあったりしますし。(高すぎて行ったことはないけど)

で、



IMG_0180_R.jpg
去年ソイ38にできた超高級コンドミニアム アシュトン モーフ(Asheton Ideo Morph)。
そして、その中にあるカフェ・レストランThe BookShopが話題です。

といいつつ、そんな高級なところに私が行けるわけはないので、


タイにいる人なら誰でも知っている「サーヤのだらだら日記」を見てみました。
(タイのレストラン・パブを検索すると必ずサーヤさんがでてきます。URLは書く必要ないですね)

The Bookshop at Sukhumvit Soi 38です。

ここも今どきのタイ人に話題のオシャレなカフェーバーです。

ちなみに、ここは、バンコクの(空中)細道:その六 で紹介した話題のレストラン「MR.JONES Orphanage」と同じデザイナーのデザインだそうですね。


※ところで、上の写真の手前にあるお城のような御殿は、GRAMMYの社長の邸宅です。
タイの金持の家は半端ではありませんね。




そんなわけで、ハイソなソイなのですが、ハイソなレストランには行けないので、、、、


スクムビット百景;ソイ38の屋台街 で紹介したソイ38の屋台街。

お金持ちのタイ人がベンツで乗り付ける、そんなとてもハイソな屋台街です。


で、値段もハイソ価格!

ラーメン50バーツはあたりまえ!

70バーツなどという、ぼったくか! と勘違いしそうな値段のラーメンまである。

が、私もこの年になって、たまにはハイソ気分を!

と、たまにここに来るのでした。


(本当にハイソな場所にはいけないので、この屋台でハイソ気分!)


IMG_0010_R.jpg
まだ明るい屋台街です。こう見ると、とてもハイソ屋台街にみえない。


IMG_0013_R.jpg
このあたりを取り仕切っているフルーツジュース屋さん。

実はこのあたりのオーナーは、サムイ島の高級リゾート「ザ・トンサイベイ:The Tongsai Bay」のオーナー。このおばちゃんがそのオーナーから借りて、さらに屋台にまた貸ししているのでした。

このフルーツミックスジュース30バーツはとってもおススメ!






そんななか、


IMG_0151_R.jpg

いつも人だかりの車屋台が、、、、、




IMG_0156_R.jpg


ハンバーガーを売っているようです。

が。値段が、139バーツ!


ハンバーガーが139バーツ!  500円近いって! ありえない!


そんなわけで、ずっと無視していました!

が、先日「最後の一つです!」との声が!


最後の一つ! と言われると、ついつい注文してしまった!



IMG_0166_R.jpg
ジュージュー焼いてハンバーガーを作ります。

何時も行列なので15分くらい待ちはあたりまえ!





IMG_0171_R.jpg
見た目は、そんなすごいハンバーガーではない!


でも、



ひと口かじると、、、




IMG_0175_R.jpg


うわっつ!  うまっ!


外側がカリッとして中がジューシー!


こんな旨いもの今まで喰ったことがない!


凄まじくうまいハンバーガーです。





IMG_0154_R.jpg
こんな感じで売っています。

DANIEL THAIGER
営業:火~土 17:30-21:00ころ



より大きな地図で 【バンコク近郊 こだわり情報+α】地図編 を表示
[ 2014/03/13 23:30 ] スクムビット百景 | TB(0) | CM(0)

最強デジカメ

私の現在の愛用のデジカメはソニーの Cyber Shot DSC-WX5
(他に一眼レフも持っています、、、、がめったに使いません)

黒のデジカメ、電子辞書、ノート、名刺入れで書いたように、キヤノンのPowerShot S95との比較で悩んでうえで結局ソニーを買いました。

コンパクトなサイズ、
その割にきれいに撮れる、
特に、
背面照射型CMOS画像センサーの威力で、暗いところで威力を発揮する。
大満足でつかっていました。

私のポケットには、常にこのデジカメがはいっています。

タイでの修理シリーズ:デジカメの修理 で紹介したように修理をしたりしましたが、ついに動きがおかしくなってきた。 ポケットに入れて、あまりにも荒っぽく使いすぎたか?


そして、今回購入したのキヤノンのPowerShot S120


DSC01950_R.jpg

以前に購入した、時にライバルとして検討したS95から
S100 → S110 → S120とパワーアップしてきました。



特にこのS120で完全に完成した感じです。完全無欠のコンパクトデジカメです。


明るいレンズ(f1.8)
広角(24mm)
マニュアル撮影可

完璧な機能をコンパクトなサイズで実現です。


そして、購入にむけて最後に私の背中を押したのが、、、、

ソニーの背面照射型CMOSセンサーの採用。




S110まではキヤノン自社製センサーだったのですが、S120でソニー製を採用したようです。


Cyber Shotでソニーの威力を気に入っていたので。
キヤノンのカメラとソニーのセンターで正に最強の組み合わせ。



で、画像品質ですが、大満足しています。

IMG_5690_R.jpg IMG_5703_R.jpg

IMG_5834_R.jpg IMG_5793_R.jpg

先週末のバーベキュー大会の写真です。 満足の画質です。
(腕が悪いのはどうしようもありません)

バンセンへのBBQのできるレストラン で紹介したレストランでBBQでした。


[ 2014/03/09 21:41 ] その他:その他 | TB(0) | CM(0)