『ミャンマーへの有利なお金の持って行き方』の調査研究

今は、バンコクを離れてミャンマーにいます。


その際に悩んだのは、「お金をどうやって持って行くのか?」です。

円からの両替はほとんどできない。
(できても、レートが悪い!)

とのことで、

日本から大量のドルの現金を持って行く!



バンコクにドル口座の銀行口座を開き、日本からバンコクに送金。
バンコクでドル現金を引き出してヤンゴンにハンドキャリー!


が、ミャンマーにお金を持って行く王道だったようです。


、、、つい1年位前までは。




ところが、変化が激しいミャンマーのこと、


ATMで海外キャッシングもできるうようになったし、

クレジットカードも使えるようになりました。




ところで、

このブログの読者なら、私の調査研究に取り組む真摯な姿勢をご存知だと思います。


【研究調査報告】Facebookにみる日泰露出度比較分析

調査報告;タイの日本食レストラン

美人の女の子 求む!! 

また、
『はまれぽ』いや『ばんれぽ』
も調査レポートです。




今回は、そんな真摯な姿勢でミャンマーへの有利なお金の持って行き方について
調査、研究してみました。














次の4種類のカードを持ってヤンゴンに行きました。

JCBカード(クレジットカード)
MasterCard(クレジットカード)
VISAカード(クレジットカード)
楽天銀行の海外カード(デビットカード)






で、どの方法での支払いが一番お得かのレポートです。


両替レートだけでなく、クレジットカードのキャッシングの場合は利子も必要だし、
ATMの利用手数料(1回5000チャット)も必要。
クレジットカードでの支払いの場合は3%程度程度の手数料も必要。
そういうものをすべて勘案した結果です。

なお、クレジットカードのポイントは最大1%あるのですが、カードによって大きく異なるので、
ここでは考慮していません。


DSC01173_R_20140910222419f30.jpg
ヤンゴン市内街中でどこでも見かける両替屋さんです。
外国人対象だけでなく、ミャンマー人が普通に両替しています。
USドルが結構普通に使われているヤンゴンならです。


DSC01171_R.jpg
ヤンゴンではこうやって国際ATMが結構並んでいます。
ちょっと前までは全く考えられなかった。
(日本も国際ATMがあまりないですね。日本の国際化はミャンマー以下?(笑))


DSC01169_R.jpg
いろんなカードに対応しています。





調査方法:
2014年8月17日に実際にキャッシングまたはクレジットカードで購入してレートや手数料を比較しました。
ちなみに、同日のチャット(MMK)と円のレートは1円=0.10566チャットです。





まず、日本でドルに両替してミャンマーに持っていた場合のレートです。




その0:日本で円をドルに両替してミャンマーに現金で持参する場合のレート
300,000チャットをキャッシング ⇒33,082円

理論値は31,698円なので、手数料などで5.4%要していることになります。

円からドル現金への両替レートが結構悪いのですね。
その日のレートは103円程度のはずなのに、実際に現金にする際には108円程度のレートになってしまいます・。
(「銀行丸儲け」と思うのは私だけでしょうか)





次は、クレジットカードのキャッシング


その1:JCBカードでのキャッシングしたときの銀行引き落とし額
300,000チャットをキャッシング ⇒33,082円

理論値は31,698円なので、手数料などで4.4%要していることになります。


その2:マスターカードでのキャッシングしたときの銀行引き落とし額
300,000チャットをキャッシング ⇒32,747円

理論値は同じなので、手数料などで3.3%要していることになります。

その3:楽天銀行国際キャッシュカード(デビットカード)でのキャッシングしたときの銀行引き落とし額
300,000チャットをキャッシング ⇒33,680円

理論値は同じなので、手数料などで6.3%要していることになります。

驚くことに、デビットカード(楽天銀行)よりもクレジットカードでのキャッシングの方が手数料が少ない。
事前の推測とは全く逆です。
今回の訪ミャンマーのためにわざわざ楽天銀行カードを作ったのだが、
無駄になりました。
日本に帰ったら早速楽天カードを解約しようっと!!


で、まだまだ使える場所が限られているが、
クレジットカードでの支払いも比べてみました。



私の滞在しているゲストハウスはクレジットカードの利用可。
クレジットカードはチャット(JCBのみ)、か米ドルどちらでも支払い可です。
300,000チャットに換算した支払いです。

なお、ミャンマーではクレジットカードでの支払いは3%程度手数料がかかるので、
その分を加えています。




その4:チャット(JCBカード)で支払ったときのしたときの銀行引き落とし額
300,000チャットを支払い ⇒33,407円

理論値はやはり同じなので、手数料などで5.4%要していることになります。




その5:USD(VISAカード)で支払ったときのしたときの銀行引き落とし額
300,000チャットを支払い ⇒33,272円

理論値はやはり同じなので、手数料などで5.0%要していることになります。



クレジットカードの手数料を3%支払っても、そんなに悪くないなあという印象です。




まとめ:

 
方法
300000チャット
あたり必要な円
手数料
相当額
コメント
日本でドルに両替でハンドキャリー
33402
5.4%
大金を現金で持って行くリスクあり
JCBカードでキャッシング
33082
4.4%
まあまあのレートかな
マスターカードでキャッシング
32747
3.3%
この中で一番お得でした
楽天銀行デビットカード
33680
6.3%
意外にもクレジットカードよりも
レートが悪い!
チャット(JCBカード)で支払
33407
5.4%
3%手数料を払っても意外に
悪くないですね。
ドル(VISAカード)で支払
33272
5.0%
チャットで支払うより
ドルの方が少し有利です





結論:
 
1.日本でドルに両替して持って行くよりも、現地でクレジットカードのキャッシングの方が良い
2.クレジットカードのキャッシングの方が、楽天銀行のデビットカードよりもレートが良い
3.クレジットカード支払いは 3%程度の手数料を払っても悪くない(ポイントもつくしね)
4.クレジットカードはチャット払いより、ドル払いの方がよい


※この実験結果は、上記想定した他の要因(ATM機の種類や各種カードの種類、日時など)によって結果が変わってくる可能性があります。


【追記】
楽天銀行の海外キャッシュカード(つまり銀行預金を海外でおろすだけ)が、
マスターやJCBのクレジットカードのキャッシング(要は借金)よりも手数料が多い件について、
もう少し調べました。


楽天銀行ホームページ
http://www.rakuten-bank.co.jp/card/debit/about/abroad.html#anchor-02
によると、

海外での換算レート
円換算レートは、Visaインターナショナルサービスアソシエーション(国際提携組織)が定めたレートに3.024%(税込)を加えたものになります。


とのことです。


一方でクレジットカードのキャッシングですが、
三井住友カードのホームページ
https://www.smbc-card.com/mem/loancash/kaigai_cash.jsp

利率(実質年率) 18.0%
ご返済期間・回数 19日~56日(ただし暦による)


とのことです。
すなわち、キャッシングの日により、1.0%(19日の場合)から2.8%(56日の場合)
となります。楽天銀行の手数料が3.024%なわけですから、
最悪の場合でもクレジットカードのキャッシングが有利

となります。
なお、VISAカードよりもマスターが有利との情報もインターネットでありますが、
そこはあまり変わらないようですので、クレジットカードのポイントなどを勘案すれば良いと思います。


いずれにしても、
海外キャッシュカードを利用するより、クレジットカードでキャッシングが有利


なのは間違いないようです。


なお、楽天銀行に本件を問い合わせましたが、

・具体的なレート等のお問い合わせにはお答えいたしかねます。
・何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。
・ご不明な点がございましたら、カスタマーセンターにお電話ください。
・今後とも楽天銀行をご愛顧くださいますようお願いいたします。



なんの誠意も見られない慇懃無礼な回答でした。
レート云々の問題ではなく楽天銀行大嫌いになった回答でした。
(「あえて嫌われたいと思っている」としか思えない対応ですね)
[ 2014/09/10 23:46 ] 番外編 ミャンマー  | TB(0) | CM(2)

ヤンゴンのジョギングコース(散歩コースとしてもおススメ)


ヤンゴンに来た目的は、、、、ヤンゴンマラソンに出ること! ←嘘です

実は私は、

2012年バンコクマラソン 初挑戦初完走
2013年バンコクマラソン 連続完走

という輝かしい経歴があるのです。

※2012年は5時間55分、2013年は5時間53分。
 すいません、『完走』ではなく、『完歩』でした。

来年1月のヤンゴンマラソンも完歩を目指します !
↑ こうやって宣言して自分を追い詰めます。じゃないとくじけそう。

-------------

ヤンゴンに来てしばらくはダウンタウンに泊まっていた。
近くにレストランや市場が沢山あるし、たまには贅沢して一流ホテルでお茶もできる。
(シャングリラホテルで3ドルほどで、それほど高くない)

しかし、ストレスが溜まってくる。

身体を全然動かしていないことが大きいせいか。


そんなわけで、郊外のゲストハウスに移ってからは、
ジョギングコースをいろいろ探した。

いろいろ試行錯誤してなんとなくしっくり行っているのが、
ジョギングコースの紹介です。


9月6日ラン
今日のジョギングデーター。 走行距離6.82kmです。 
インヤー湖を半周するコースです。適度にアップダウンがあるのがうれしい。
バンコクには、アップダウンが全くないのでした。

難点は、

・一般道を走らなければならないこと
 →但し、走りやすいし道路を横断する場所はない
・片道ルートとなってしまう
 →一般道を逆ルートで行くと道路を横断しなければならない。
   7km弱のコースなので、軽く走るにはちょうど良いが、走り込むときは同じところを行ったりきたり

なのだけど、インヤー湖以外にもヤンゴン大学、ヤンゴン外国語大学、アメリカ大使館、アウンサンスーチンさんの家、タイ大使館などを通るコースで飽きません。

ジョギングコース
1番の場所からスタートして、3番の場所で折り返し、
5番から21番の場所は一般道です。

25番の場所から大回りして戻ってきて、33番がゴールのコースです。

結構見どころが多く、散歩コースとしてもおススメです。



1.jpg
1番地点
ここがスタート地点です。右に見えるのはフィットネス器具。
スポーツ公園として整備されているのです。


2.jpg
2番地点
右にインヤー湖の土手があり、土手の上にも道があります。
とりあえずは土手の下を走っていきます。適度に木陰もある気持ち良い道路です。


3.jpg
3番地点
ここで折り返して土手に進みます。



4.jpg
4番地点
土手の上はアベックが沢山。
ヤンゴンでのデートの必需品 の写真は主にこのあたりで撮りました。



5.jpg
5番地点
ここで、土手は終わりです。
ここから一般道にはいっていきます。


6.jpg
6番地点
セインランソピー(Sein Lan So Pyay)という公園があります。


7.jpg
7番地点
プールもあります。 トライスロンを目指す人はガッツリ泳げます。


8.jpg
8番地点
公園沿いに洒落たレストランもあります。
実は5番付近にも湖沿いのレストランがあるのですが、そちらは庶民的。
こっちのレストランは、公園入場料300チャット(約30円)支払うためか、高級で雰囲気も結構いいかんじ。

、、、、、、、、、、


すいません、ジョギング中でした。





9.jpg
9番地点
ミャンマーヨット連盟(Myanmar Yachting Federation)。 響きがハイソだなあ。


10.jpg
10番地点
ヨット連盟には簡単には行けないので、対岸からみてみます。ますます優雅に見えてしまいます。




11.jpg
11番地点
沖合にはヨットが沢山見えます。



12.jpg
12番地点
ジョギング中でした。気を取り直して走り始めます。
右側はヤンゴン大学のキャンパスが続きます。



13.jpg
13番地点
ヤンゴン大学ボートクラブ(Yangon University Boat Club)。
ここが優雅なハイソな場所なのか、体育会系の汗臭い場所なのか、不明です。
知っている人は教えてください。




14.jpg
14番地点
ヤンゴン外国語大学が見えてきました。



15.jpg
15番地点
FUJIレストランが見えてきました。 FUJIレストランはもちろんタイの日本食レストラン。
タイでは「比較的リーズナブルな日本食」で売っているのですが、
ここでは、「高級日本食」で売っています。

大戸屋が日本では庶民的だが、タイでは高級日本食で売っているのと同じか?




16.jpg
16番地点
インヤー湖が一瞬見えますが、、、、また、すぐ見えなくなります。




17.jpg
17番地点
ミャンマーの歩道はガタガタのところが多いのですが、
ここまでガタガタのところは珍しい。




18.jpg
18番地点
気を取り直して走ります。
このあたりはヤンゴン有数の高級住宅街だそうです。





19.jpg
19番地点
ここは本日のメインイベント! アウンサンスーチンさんの家です。
以前ミャンマーに来たとこは、ここで車を降りることなどできなかったのに、
観光気分で写真をとってしまいました。
#アメリカ大使館も近くにありますが、写真をとっていたら怒られました。



20.jpg
20番地点
タイ大使館です。 いい雰囲気ですね。 以前、中にいれてもらったことがあります。
写真を撮るだけで怒られるアメリカ大使館とえらい違いだ!!!!




21.jpg
21番地点
ここから、一般道をはずれてインヤー湖沿いの歩道にはいります。




22.jpg
22番地点
ちょっと階段を上ってあとはまっすぐ。




23.jpg
23番地点
ミャンマー有数の高級ホテルのセドナホテルが見えてきました。





24.jpg
24番地点
おっと、歩道橋が途切れてしまった。
しょうがないので駐車場を走ります。



25.jpg
25番地点
ここでちょっと大回りして mya kyun Tharという半島にはいっていきます。



26.jpg
26番地点
Magic Landという遊園地があったそうですが、今は廃墟です。
が私は廃墟大好きなので、萌えてしまいます。
廃墟萌え
も参照。


27.jpg
27番地点
再度、湖が見えてきました。そして何か建物が見えてきました。



28.jpg
28番地点
ゴルフの打ちっぱなし。 なんと湖にむけて打ちます。



29.jpg
29番地点
観覧車も見えてきました。




30.jpg
30番地点
再度湖畔の道路に戻ります。






31.jpg
31番地点
振り返ると、先ほどのゴルフ打ちっぱなしに観覧車です。




32.jpg
32番地点
高級サービスアパートのマリーナレジデンスが見えてきました。
この中には高級イタリア料理店があってお高いので私には用は無いのですが、、、、
夕方のサービスアワーには、ビール一杯1500チャット(150円)。
ジョギングのあとのビールは旨い!
おまけに高級レストランで安いビールは旨い!



33.jpg
33番地点
GooooooooL!!!
ここで、行き止まりです。





35.jpg
膝のサポーターが痛々しいのですが、楽しく走り切りました。
[ 2014/09/06 23:57 ] 番外編 ミャンマー  | TB(0) | CM(2)

ヤンゴンでのデートの必需品

いきなりタイの昔話から始まります。

私がはじめてタイにきたころは、

タイ人女性と手をつないだら、

「責任をとって結婚」

と言われていた。



日本からタイにスタディツアーで来た女子学生にオリエンテーションすることもあったが、

タイではノースリーブ禁止! 短パン禁止!
女性はひと前で肌を出さないように!!!

などとオリエンテーションしていた。


そういった時代はいったい何だったのか?????


ノースリーブどこか、
「サイディオ」とよばれる肩紐のブラウスがはやり始めたのが15年前!

当時は、タイ人男性と、

「今日、街中でサイディオ見たぞ」
「本当か? どうだった?」
「いやあ、よかった」



って会話をするくらい、(どんな、会話だ??!!)
少数のタイ女性が着ている服装だったのですが、
今や、全く当たり前。

#サイディオとはこんな感じです。
(格調高い?このブログで写真を貼るのは憚られますので、上記をクリックしてください)

#ちなみに、この前アメリカ映画を見ていたら、肩がヒモのブラウスを「スパゲッティ ブラウス」と言っていた。
スパゲッティ ブラウスってこんな感じです。

そうか、タイ語でサイディオ(สายเดี่ยว)、英語でspaghetti blouse、じゃあ、日本語でなんと言うんだ??


昔はサイディオなんて考えられなかった。
それが、あっという間に、

ノースリーブ当たり前!
短パン当たり前!
アベックがひと前でイチャイチャ当たり前!
婚前交渉当たり前!


になってしまいました。

タイ女性のオトコへのアタック方法;バンコク トラフィック ラブ ストーリー
も、すでにもう古いという感じです。

注:当然タイ人でも人によって感覚に違いがあります。


ところが、ミャンマーでは、

今でも
性的にとても保守的!
恋人同士でもひと前で手をつながない!

と言われてきた。


嘘です!!!!



DSC01043_R.jpg
雨が降っているわけではありません。日傘です。
仲良く語らうミャンマー人アベックです。
微笑ましいですね。



DSC00966_R.jpg
傘で顔が完全に隠れてしまっています。


DSC00946_R_20140904223715214.jpg
傘で隠れていることを良いことに、ちょっとくっつきすぎではないでしょうか?
傘がなければ気になりませんが、傘があることにより、余計気になってしまいます。




DSC01052_R.jpg
このアベックは1本づつ、別々に傘をさしていますが、、、、でもくっついています。






#このブログのばんれぽシリーズ

『はまれぽ』いや『ばんれぽ』:MRTとBTSどちらが速い?
では、自然にアベックにインタビュー出来たのですが、

とても、インタビューできる雰囲気ではありません。





DSC01045_R.jpg
日光を遮るっていいんですが、ちょっとくっつき過ぎではないでしょうか?




DSC01055_R.jpg
傘と傘の陰に隠れてしまって、傘の中がどうなっているのかわかりません。
怪しいことが傘の陰で行われているのではないかとの妄想が広がってしまいます。


DSC00940_R.jpg
ここまでくると、ちっと行き過ぎではないでしょうか?


ミャンマーでのデートの必需品は、

のようです。

雨よけ、日よけ、、、、というよりは、

傘の陰に隠れていちゃいちゃするためのようです。



DSC01049_R.jpg
繰り返します。
雨は降っていません!!



DSC00677_R.jpg
ところで、公園の看板、、、、よく見ると、 No Sexの文字が、、、、、


ちなみに、アベックを盗撮に行ったのではありません。

ここは私のヤンゴンのジョギングコースなのです。
(と、言い訳します。)
[ 2014/09/04 22:00 ] 番外編 ミャンマー  | TB(0) | CM(0)