スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

深い深い! タイ映画! I FINE..THANK YOU..LOVE YOU


その昔、タイ北部のスコタイに住んでいたころの話です。

スコタイからとなり町のピサヌロークへの最終バスは夜7時。
仕事が終わって最終バスでピッサヌロークに着くのが夜8時ころ。

チェンマイからからバンコク行きの列車が深夜1時ころにピサヌロークを通るから、
それまでピサヌロークで時間を潰さなくてはならない。

そんなわけで、ピサヌロークで映画を見て時間を潰すのはいつものことでした。

そのころのタイ映画、一言でいえば、

「つまらない」


しょうむないギャグと迫力のないアクション、、、、


#すいません、ショウムないギャグかどうかを判断するタイ能力は私にはありませんでした。


それが、タイのアクション映画のレベルはすごいことになっています。

ジージャー
タイのアクションスターといえば、この人!  ジージャ。 幼さの残るかわしい顔と、アクションの凄さのギャップがすごかった。


#でも、先日テレビで、「タイ映画といえばアクションというイメージが強いと思いますが、実は様々な質の高い映画が作られています」などと言っていた。 
「タイ映画といえばアクションというイメージ」を持っている人って????
「タイ映画はアクション『も』レベル高い」とイメージは私だけでしょうか?

その後、タイ映画も本当に急速に様変わり。
タイ映画から学ぶタイ社会  

で書いた名作カンランパープ(絵の裏側)など、セットはチープだが素晴らしい映画、だったのが、最近はセットも内容も素晴らしい映画が増えてきています。

#でも、ショウムない映画も多いけどね。

このブログでも、
カテゴリー [タイの映画 ]
シリーズで、タイ映画の紹介をすることは多くなってきました。



今日紹介するのは、



ifine-680x382.jpg

「I FINE THANK YOU ...LOVE YOU」


タイ映画だ!          というどたばたテースト!
タイ映画でここまで来た!  テーマの面白さ!

の融合の不思議な面白い映画でした。


わたし的にはオススメだけど、万人受けする普通のタイラブコメではないですね。
強烈なメッセージ入りの映画です。
 
でも、最初の30分は退屈、イライラした!
ショウムない面白くもないシモネタ連発。
相手役の男性は、粗忽で乱暴で下品な教養の低いどうしようもない男。


本当に途中で出ようかと思った、、、、ら、途中から俄然面白くなってくる。
基本的には「粗忽で乱暴で下品な教養の低い」男の良さがだんだんわかって恋していくストーリーなのだけど、「金持ちで教養のがあるけど嫌なやつ、貧乏で教養がないけどいいやつ」てな、ありがちなステレオタイプのストーリーではない。

ドタバタに見えながらじっくり味わい深いところが、この映画の凄さです。

#でも、本当にタイ映画は奥が深い。 日本の映画が「わかり易さ」を追求して浅い映画になっているのに対して、タイ映画の深いメッセージ性は光ります。


タイで急速に広がっている「上流階級のフリ」への強烈な警告と私はみました。


ストーリー展開に多少無理があるのはお愛嬌です(笑)


主演女優はアイス、前作の「ATMエラー(わたし的には「ATMエラーック」と訳したい)」で、「ムチャクチャ気の強い、でもかわいい」強烈な女性を演じ気になる女優です。
今回はそのキャラは封印して「教育のある中の上の女性」という普通のキャラ。 そういえば、この監督は「リトルコメディアン」でも、個性的なポーラーを「普通の美人女医」として描いていたし。メート監督の本質はこっちの方かも。
わたし的には相当オススメの映画です。

ちなみに、不粋を承知でこの映画のタイトルを説明すると、
I FINE .... THANK YOU .. LOVE YOU
のI FINE はもちろん"I'm"FINE"をかけています。
・「正しい英語でない」というのが1つの意味
そしてもうひとつは、「ไอ้ควาย(アイファイ)」とかけて「お前は水牛」との意味ですね。 水牛は愚か者だけど実は、、、、の意味!
(ちなみに、これをタイ人に言ったら喧嘩になるので注意してね!)

言葉遊びだけでなく、メッセージも加える、、、、
いいなあこのタイのセンス、
というかメート監督が好きなジョークの気がします。

スポンサーサイト

異変が続々!! 【定点観測】バンコクのクリスマスツリー2014


毎年恒例のバンコクのクリスマスツリーのレポートです。
2006年から開始してきているので、
今年で 9年連続! の、
レポートです。

過去9年間のバンコクのクリスマスツリーはこちらをどうぞ;
[【定点観測】バンコクのクリスマスツリー ]


その間には、インド洋大津波ありいの、タイ大洪水ありいーの、クーデターありーの、バンコク同時爆弾多発テロありーの、バンコク占拠ありーの、、、、、

タイのクリスマスは結構トラブルばっかりです。


でも、今年は特に何事も大事件はない平和なクリスマス・お正月を迎えられそうです。

というか、タイは事実上の軍事政権状態なのですね、今は。

「何事もない!」なんて言ってられないのですが、、、
街中だけみるとあまりに平和なのです。

人通りも結構多く、幸せそうなカップル、友人、家族たちが街をあるいています。
こっちまで幸せな気分になれます。

ところが、そんなバンコクに異変が!!!!








異変 その1!!  エンポリアム前が!!!

DSC02391.jpg
バンコクのクリスマスの風物詩 エンポリアム前のツリーがなくなりました。



DSC05738_R.jpg
こちらは去年までのエンポリアム前の様子です。

今まで多少のモデルチェンジをしつつ基本はエンジェルのツリーは変わらず、安心感とともに、どこが変わった見つけるマニアティックな楽しみがあったエンポリアム前。

それが工事中でツリーは全くなしです。

スクンビット百景:エンポリアム2(エム カルティエ)のペデストリアンデッキ
この工事が続いています。


といっても、エンポリアムの営業自体は続いているのだから、それなりに頑張ってツリってくれれば嬉しかったのですが、
チト残念です。

でも、来年の復活に期待したいところです。


DSC00319_R.jpg
これは去年までの入り口をはいったところの様子。

DSC02395.jpg
これは今年!

エンポリアムは今年は全くやる気がありません!!


エンポリウム前のツリーの変遷はこちらも;
【定点観測】バンコクのクリスマスツリー2010(予告編);エンポリウム前の変遷




異変 その2!!  パリチャート プラザのツリー競演が!!!


フォーシーズンホテルのパリチャート プラザでは毎年若手デザイナーによるクリスマスツリーの競演がなされていました。


DSC05361_R.jpg
こんなツリーが何十も展示されていました。


DSC02490_R.jpg
パリチャートプラザ、フォーシーズンホテルに隣接するオシャレなショッピングセンターです。
ベンチも置かれて、『無料で』豪華な気分になれるので、愛用しています。


DSC02486_R.jpg
このあたりに展示されていたのですが、、、、、今年はありません。



異変 その3!!  セントラルワードのアトリアムのツリーが!!!

セントラルワールド前は、アジア最大のツリーがあり、
バンコクのクリスマスポイントとしては絶対はずせません。

実は、セントラルワールドの中のアトリアムにも、屋内としては最大規模のツリーがあり、
隠れたツリーポイントとなっていました。

DSC00309 (1)_R
カメラに入りきらない大きさで目を楽しませてくれます。


DSC02439_R.jpg
今年はここも無くなった!!!

と思ったら、上を見上げると吊り下がっていました。 
というか、この程度では、満足できません。
チト残念なツリーです。


ちなみに、今年もセントラル・ワールド前は健在です。



DSC02494_R.jpg
やっぱりこれを見ないとバンコクのクリスマスははじまりません。



DSC02497_R.jpg
毎年テーマが変わるのですが、今年はスヌーピー大集合!


DSC02435_R.jpg
圧巻はやっぱり夜ですよね。 最近はどこでもLED照明で色が変化します。




それでは、他のポイントを一気に紹介




サイアム パラゴン前 

バンコクのクリスマスポイントして欠かせないパラゴンですが、



DSC02465_R.jpg
実はツリーはあんまりパットはしないのですね。
オープン当初はぶれましたが、ここ最近はこのパターンです。
悪く言えばマンネリもある気がします。



DSC02471_R.jpg
でも、総合的な演出としては結構いいかんじ。



DSC02456_R.jpg
入り口をはいったあたりは毎年シックにまとめられています。



DSC02451_R.jpg
こちらも、やっぱり綺麗のは夜ですね。



アマリンプラザ前 

バンコクの中心、ラプラソン交差点にありながら、いまいちパッとしないアマリンプラザ。
(昔ここに、そごうがあったなんて、もう誰も覚えていない)

が、クリスマスはずっと頑張り続けています。


DSC02477_R.jpg
少しずつテーマを変えながら頑張るあまりンプラザ前


DSC02407_R.jpg
夜景は特に楽しくなってきます。



DSC02478_R.jpg
一時期はアマリンプラザ横のツリーも1本になりましたが、
今は2本が復活しています。


ペニンシュラプザラ前 

ここも以前はバンコクを代表するショッピングセンターであり、
バンコクの代表的クリスマスポイントでした。

最近は、かなり寂れてきてしまい、クリスマスの装飾も相当地味です。
が、意地をみせてなんとか頑張ってくれています。
ぜひこれからも頑張ってほしいのでした。


DSC02480_R.jpg
基本的には同じパターンですが、少しずつお金のかけかたが少なくなっている、、、、


DSC02419_R.jpg
夜の華やかさはいい感じ。

でも、来る人は確実に減っています。 逆に穴場になるのか、、、、


フォーシーズン ホテル前 

フォーシーズンになるまえ、リージェントホテルの時代から頑固に変わりません。


クイズ!  
でも、一度だけ、少し変わりました。 さて、いつでしょう?   

答え:
[【定点観測】バンコクのクリスマスツリー ]で調べてください!


DSC02482_R.jpg


DSC02416_R.jpg




インターコンチネンタル ホテル前 



20061223225039.jpg
以前はこんな感じでした。


その後改装などで、ツリーがなくなったり、場所が変わったり、、、、


そして、いまはしっくり落ち着いてきました。
このまま、バンコクの伝統として残って欲しいですね。


DSC02403_R.jpg
今年のインターコンチネンタルホテル前です。



DSC02502_R_2014121412535065b.jpg
昼間に見ると、、、まあ普通の風景です。





全体的には、人出は例年よりも多い気がしますが、
その割にはちょっと地味目のクリスマスツリーのきがします。

経済の変調が伝えられますが、、、、そのせいでしょうか?

ヤンゴンの市内バスの乗り方(完全マスター)


ヤンゴンに来て最初のストレスは、

バスの乗り方がわからない!


鉄道は路線が限られているし、他には公共交通機関はない。
タクシーは結構高い。

#タクシーは日本よりは安いが、タイよりは2~3割高のイメージです。
  近くでも1500チャット(≒150円)、10kmくらいタクシーに乗ると、
 3000チャット(≒300円)から5000チャット(≒500円)くらいすぐにかかる。

出して出せない金額ではないが、毎日のことだし、何よりミャンマーの人が日給3000チャットだとか5000チャットだとか聞いているので、「そんな贅沢とてもできない」という気分。

そんなわけで、

基本は「歩き」と「路線バス」で頑張っています。


#ちなみに、タクシーを借り切ると、1時間4000チャット(400円くらい)で
 むしろバンコクより割安なのです。
 なぜでしょう?




が、バスへの乗車ですが結構ハードルが高い!

1)どこに行くのかわからない
2)料金がいくらかわからない

ので、ついつい怯んでしまう。

路線番号が「ミャンマー数字」で書かれているので、「とにかくミャンマー数字は覚えるように」との助言をもらったが、、、、



ミャンマー数字


覚えました! 

でも、、、番号を書いていない市内バスもある!!!

お金を払おうとすると、100チャット(≒10円)の時があれば200チャット(≒20円)のときがある。

距離かと思えば、そうとは限らないようだ!

ボラれているのかとも思ったが、そうでもないようだ!




今回は、
試行錯誤で調べたミャンマーの路線バスの乗り方を完全解説します!

 ↑
間違いがあるかもしれない!! 
 ↑
いつもどおり

間違いコメント、補足などあればぜひ教えてください。









1 DSC01780_R
これは典型的なヤンゴンの市バスですね。

【1】が路線番号。
ミャンマー数字で「174」と書かれています。
これが読めなきゃいけないので、ミャンマー数字は必須なのです。

ちなみに、路線番号「174」の読み方は、日本語的にいえば「一・七・四」
でも、路線番号「74」だったら、「七・四」でなく「七十四」
路線番号「104」だっtら、「一・ゼロ・四」ではなく、「百四」
バス路線の数字の発音の仕方は流儀がいっぱいで複雑です。


【2】は「行き先」 と思うでしょう!!?
ところ、これは行き先ではありません。
これは、バス会社の名前。
なんで、バス会社の名前がこんな目立っているんだあ???
ちなみに、これは「パラミ」と読みます。
ところが、英語アルファベットで書けば「パヤミ:PAYAMI」。
ミャンマー語、例外がムチャクチャ多くて勉強するのがしんどい。

【3】は行き先
行きたい場所の綴りを覚えておけば、目的地にいくかどかこれで判断できます。

#バンコクでバスに乗るときも私は番号は覚えていません。
 バスに書いている行き先をみて、目的地に行くバスかどうかわかります。
 そこはバンコクのバスと共通しています。



3 DSC01782_R
こちらは別のバス。基本的には同じです。
【2】はやっぱりバス会社名が目立っています。
【3】は路線番号
そして、
【1】はバス会社のロゴで

しかし、


行き先がどこにも書いていない!!!!


どうやって行き先がわかるのか???


ミャンマー人に聞きました!

→ 人に聞く!

それしか方法がないそうです。
ところが、新たなスマホ用ソフトがでました。


YGN Buses
YGN Buses(ヤンゴン バス)
これで、路線番号がわかれば行き先がわかります。



4 DSC01784_R
【1】はやっぱりバス会社のロゴです
この会社は、「アティパティ」という会社です。


【2】は路線番号、、、、、 番号がない!!!
このアティパティという会社は路線が「色」で決まっています。

このバスは、「白色路線!」

確かに、ミャンマー数字を知らなくても良いのですが、、、、、

いろんな標記が混在しているのはどうなのか?

単に算用数字で書けばすむだけではないのか?

謎が多いミャンマーのバスです。




7 DSC01837_R
これも、数字のないアティパティのバスです。
でも、
【1】ここに数字「1」と書かれています

が、これは路線番号ではありません。
(では何の番号なのか? ミャンマー人に聞きましたが、、、、不明です)


【2】ちなみにこのバスは「黄色路線」バスです




5 DSC01781_R
かなりバスの表示がわかってきたと思います、、、、、
でも、まだ重要情報が、、、、、

【1】これは路線番号「333」
ミャンマー数字さえ読めれば簡単です

【2】これは会社名
(厳密にいえば「会社名」ではないのですが、まあよしとしましょう)


【3】「アトゥ(特別)」と書かれています
何が「特別」なのか?
・車両が特別(エアコンとか?)????
・座席が特別????
・サービスが特別(飲み物が出るとか?)????
・速度が特別(停車数が違うとか?)????

答えは、、、、


・値段が特別!!!!


通常のバスは100チャット(≒10円)なのですが、特別バスは200チャット(≒20円)です。
値段が高い理由は??????
ミャンマー人に聞きましたが、わかりません。
とにかく単に値段が高いだけのようです。


#ちなみに、100チャットのバスでも長距離では200チャットとなる場合があります。



6 DSC01832_R
このバスを見ると、ミャンマーのバスの難解さが際立っています。


【1】行き先を書いています
【2】行き先を書いています
【3】行き先を書いています

では、どこに行くのか?????

どうも【3】が正しいようです。
どうやって、「【3】が正しい」とわかるのか?

また、ミャンマー人に聞きました。

 なんとなく!


もうコメントしようがありません。






9ADSC01836_R.jpg
こちらは、一番最初に紹介した「パラミ」のバス会社のバス待機場。
ヤンゴンの街中でたまにみます。当然ながら、「パラミ」と書いたバスだらけですね。


ちなみにヤンゴンには、

9 DSC01855_R
こんなバスや、

DSC01842_R.jpg
こんなバス、



8 DSC01808_R
こんなバスも走っています、、、、、、

料金は基本的に普通のバスと同じ100チャットです。





すいません。

「完全マスター」にはまだ程遠いのですが、、、、、今後もっと頑張ります。


ミャンマー関係情報は、こちらもどうぞ。
カテゴリー [番外編 ミャンマー  ]





[ 2014/12/06 15:51 ] 番外編 ミャンマー  | TB(0) | CM(2)

タイ映画から学ぶタイ社会


「上を向いて歩こうよ、涙がこぼれないように♪♪」

「上を向いて歩こう」、高度成長期のヒット曲です。

辛い時も苦しい時も泣かないのが男だ!

と、家でも学校でも、病院で注射をされるときも、「泣くな」と強制されました。

#そのころ、女の子は、「戦略的に泣く」を学んでいました。
  、、、、、、ように思える!(笑)



中森明菜の
「飾りじゃないのよ涙は」
は衝撃でした。

「私は泣いたことがない♪♪♪」

一生懸命やる」や「根性」ではなく、
ちょっとハスに生きることがカッコイイ生き方であった時代だったのでしょう。
バブル時代の話です。

#ちなみにこの「飾りじゃないのよ涙は」作詞作曲井上陽水です



そして、今年のももいろクローバーZのヒット曲といえば、

泣いてもいいんだよ

やっと、泣きたいときに泣ける時代になってきたのですね。



この映像はももクロZの「泣いてもいいんだよ 父の日バージョン


実にショウムないビデオ! 泣かそう泣かそう! とあざとい!
こういう白々しい演出いやだ!

でも、、、、、、泣いちゃう。




ちなみこちらは、
「普通のお父さんが欲しかった、、、、、、」
との、タイの生命保険会社のCM。

こっちの方も泣けてきます。

ちなみに、もう気づいていると思いますが、、、、
今日12月5日は、父の日です。 タイでは。


話が脱線してきました。
 ↑
いつもどおり!!



ヒット曲で見る世相!

って、たまに耳にするけど。


結局自分のストーリーを勝手に曲に当てはめているだけ。

世の中には、山ほどヒット曲があるのだかから、

適当に「あとづけ」で意味をつければおしまい。





すいません、



私も、タイ映画で語るタイの世相を語ってみます!


#まだ、中森明菜をひきずっています。




実はこのネタ、いろんな私のリアルなプレゼンで使っているネタです。
その時のテーマによって内容は微妙に違うのですが。

でも、テーマで共通しているのは、映画とは全く関係ないこと!!

前フリとして使っています。


タイ映画1
田舎教師(クルーバンノーク:ครูบ้านนอก)、
私が初めてみたタイ映画です。 タイに行く前にタイ語の先生がビデオを見せてくれたのですが、
とんでもない田舎! 正義が通じない無力感!
タイに行きたくないと思ったりしました。

正義とはなにか? 貧しさの中で力強く生きるすばらしさをタイの人々に想起させると共に社会への問題意識を強烈に喚起させる映画でした。

田舎教師に関しては、
タイ人のイメージする日本人女性
でも書きましたので参考に。




タイ映画2
絵の裏側(カンランパープ:ข้างหลังภาพ)、
海外ロケの走りの映画です。といいつつ、ロケもセットもこのころはまだチープでした。
この宴会のシーンはシラパコン大学ナコンパトムキャンパスで撮影されましたね。
ストーリーは日本に留学した若者と高貴な人の奥さんの許されない恋の悲恋物語。
ハンカチを持たず見ないでください」のキャッチフレーズで大ヒットしました。

高貴な人の奥さんに思いをよせる若者。それを拒否する奥さん。
奥さんの心の葛藤に気が付かず、他の人と結婚する若者!
やっぱり男は何にもわかっていない! ← タイのあちこちでそんなツッコミが!!

「大好き! 嫌い!」 そんな単純な恋愛モノが主流だったタイで
(「クーカム」なんかその典型)
こんな微妙な心の動きの映画が大ヒットしたとの意味でマイルストンでした。

クーカムに関しては、
ヌーナーのクーカム
も参考に。


タイ映画3
セックスフォン(SexPhone)、
なんとも刺激的なタイトルです。 でも、アダルト映画ではありません。
当時人気絶頂のバンドのD2Bのビームとポーラーの主演。
それまで主演女優といえば、「美人で性格がよい女性」があたりまえ。
このポーラーは、(美人ではあるが)「気が短く怒りっぽい、それでいてさみしがりや」という等身大の女性を演じました。
この映画はオーストラリアロケをしていますが、このころから海外ロケも当たり前ですね。

でも、ポーラー可愛かったなあ。 
ちなみに、今はポーラーは香港を拠点に国際派女優として活躍中です。



タイ映画4
ぼくの恋人(フェーンチャン:แฟนฉัน)
タイのメガヒット! 子供の頃の田舎の思い出と初恋
昔は、タイのいたるところが田舎で、「田舎が当たり前!」だったのが、
だんだん都会で暮らすタイ人が増えてきて、
子供時代の田舎での自分とダブらせたタイ人が多かったのでしょう。
タイの高度成長期ならではの映画です。

ホームステイの村おこし;プライポンパン村
北への旅 2;山岳少数民族ホームスティの村
南への旅2;草木染めと清流ハイキング
で書いたように田舎体験をもとめてホームステイするタイ人が増えていることもこのような流れなのかもしれません。

それに、この映画のレベルが高かった!
タイの総合エンターティメント企業グラミー(GRAMMY)の設立した映画会社GTHはそれまでの映画とは一線を画したレベルの高い映画を量産したはしりでもあったのですよね。


 タイ映画5
タイ映画5-1
バンコク トラフィック ラブストーリー(รถไฟฟ้า-มาหานะเธอ)、
この映画は本当に面白かった。
タイはこうだ! とか少しタイわかった日本人が、「自分の経験で」断定的に話すことがるのですが、
わたし的にはたいがいが、「そうかな??」と思ってします。
現在のタイを学ぶ教科書としても最適ですね。
この映画のことは、
タイ女性のオトコへのアタック方法;バンコク トラフィック ラブ ストーリー
でも詳しく書いたりしました。






タイ映画6
タイ映画7
「懐かしの小学校 ラブストーリー -本当の教育- 」 (キットゥン ウィタヤー)
タイ映画:『愛しのゴースト』と『先生の日記』
で何度も書いています。 
「またか!」と思わないでください。

先生の日記との邦題で日本でも公開された映画、
本当にすばらしい映画ですこの映画。

欲しいものはお金や物質ではない。
(昔は欲しかった)

欲しいものは見かけ上の愛や友情でもない。
(昔は愛や友情が欲しかった)

欲しいのは、共感!

がメッセージの映画です。

このような映画がタイでもでたんだ! という驚きもあり、
猛烈な共感をかんじました。

過去に日本人1名の環境で仕事をした経験が共感を強くしたのかもしれませんが。



すいません、強引にタイ映画をタイ社会に結びつけました。

でも、当たらずも遠からずとも思ったりするのですが。



その他、このブログのタイ映画カテゴリーは、
カテゴリー [タイの映画 ]
こちらもどうぞ。

[ 2014/12/04 23:55 ] タイの映画 | TB(0) | CM(0)















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。