ミャンマーでバードウォッチング

ヤンゴンでの休日といえば、



あんまりやることがない。



しょうがないので、

チャリンコでツーリングしたり、
ミャンマーでサイクリング

ヤンゴン市内を散歩したり、
ヤンゴンの細道

ジョギングしたり、
ヤンゴンのジョギングコース


どんどん健康的!!になっていくミャンマー生活なのでした!


11411804_10207420354737231_2895540322060031995_o_R_201508262252110f5.jpg
でも、自転車で転倒して肩の骨にひびが、、、、、、


危険でないミャンマーの休日として、
最近はバードウォッチングをはじめました。


プレゼンテーション1_R

いろいろ行っているのだが、一番お手軽でお気に入りは、インヤー湖畔のインヤーレイクホテル付近


高級ホテルですが、広大な敷地は快適にバードウォッチングができます。

高級ホテルといっても、ロビーバーで水一杯飲むだけだと100円ですみます。
  ↑
貧乏臭いのでなく、健康志向なのよ! 光線を発せるのは、
バードウォッチングなどのアウトドア派の特権です。


ちなみに、ジョギングでもこのホテルを良く利用します。
ジョギングスタイルでは、
汗びっしょりで100円の水を頼んでも顰蹙なしです! (多分)


高級ホテルでのリラックスとバードウォッチングの一石二鳥の休日です。


ホテル敷地の、


P7040199_R.jpg
こんなところや、


IMG_9415_R.jpg
こんなところがバードウォッチングポイントです。



この地点で見た鳥の紹介をざっとしてみます。

インドハッカムクドリ:東南アジアどこでも見かけるので、まず写真を撮る練習です

カワウ:いつ行ってもインヤー湖にいます。 湖で魚をとっていますが、こうやって大群で日向ぼっこをしていたりもします。
     これも写真をとる練習に最適!

アジアマミハウチワドリ:湖畔でちょこまか餌の昆虫を探しています。

シマキンパラ:湖沿いのj湿原をうろうろしています。

コウヨウジャク:やはり湖沿いのj湿原をうろうろしています。

アジアレンカク:水辺付近で飛んだり止まったりしています。

ハチクイ:「森の妖精」と呼ばれるレインボー色の美しい鳥です。

アオショウビン:カワセミの仲間です。青い美しい羽根です。湖にダイブして魚を捕る様子がみれます。

などなどなど、、、、、

写真は整理中ですので、今度紹介します。



ちなみに、使っているカメラはオリンパスのSP-100EE

プレゼンテーション2_R

なんと50倍ズーム!! しかも、強力な手ぶれ補正で手持ち撮影!!
照準器付きなので、簡単に鳥を捉えることができる。

それでいて値段は2万円強!!!

すごいカメラです、このカメラは。

 


11403122_10207352161512443_9122731452613410908_n_R_20150827205807ebb.jpg
実はこのカメラ、娘に買ってあげたカメラです。
短期間でメキメキカメラの腕が上達しています。  ← 親ばか!



ミャンマーのバードウォッチングは、こちらもどうぞ!
ヤンゴンのバードウォッチング:モーヨンジー湿地
[ 2015/08/27 18:43 ] 番外編 ミャンマー  | TB(-) | CM(0)