横浜で2480円でふぐ ざんまい

私は大阪の田舎出身なのですが、
子どものころ、たまに家族で難波などに出かけると、

大人のおもちゃ


という看板をみかけた。

「大人のおもちゃってなあに?」

と母親に尋ねると、

「なんやろなあ? 店に行って聞いてみようか?」

といった途端、父親がいきなり不機嫌そうに、

「子どもが大人のことに興味をもつんじゃない!」

と一蹴されてしまいました。


----------

私は大阪の田舎出身なのですが、
子どものころ、たまに家族で難波などに出かけると、

てっちり

とか

てっさ

とかの看板を見かけることがよくありました。


てっちりってなあに?  てっさってなあに?

と素朴な疑問を父母に向けると、、、、、

子どもがそんなこと知らんでいい!!!


父母が口をそろえて言いました。


「値段が高い」ということは、危険なことだと大きくなって知りました。

※子どもと回転寿司に行く時には、全皿100円のところに行きます。
  皿の色によって値段が違う店は危険です。

-------------


てっちりやてっさといったふぐ料理を出す店で「とらふぐ亭」という店があります。
東京一番フーズという会社が展開する店だそうで、
美味しいとらふぐをそんなに高く食べることができる店だそうです。


といっても、コースが6000円とかする、、、、


ところが、あったのです。庶民でもちょっと無理をすればふぐを腹いっぱい食べることができる店が。



IMG_4239 - コピー_R
まずはお通し。 お通しだけで、ふぐの煮こごり、ふぐの味噌和え、煮物。
早速ふぐつくしです。


IMG_4241_R.jpg
ふぐのさらだも量たっぷり。


IMG_4243_R.jpg
てっさ(うす造り)です。 知り合いのふぐの料理人が、「ふぐはいかに薄く切るかが料理人のうで」と言っていました。
「薄く切った方が美味しい」という話ではなく、いかに材料費を安くするかという話だそうです。
ここのてっさ、決して薄くない! ふぐがふんだんに使われています。


IMG_4245_R.jpg
そして、てっちり(ふぐ鍋)。この量ははんぱじゃない。


そして、最後は雑炊にデザートまでついて一人2480円は大満足です。
ちなみに4人で行って(3人前しか注文しなくても嫌な顔はしませんでした)



生まれてはじめてのフグ!!! でした。


ふぐよし総本店
桜木町駅徒歩3分


横浜市中区野毛町3丁目110−1 カスタリア桜木町 1F
電話: 045-251-2929


ちなみに、このふぐよし総本店ですが、なんと運営会社は東京一番フーズ。
そうです、最初に書いた「とらふぐ亭」を展開する会社なのでした。