セクハラ次官とタイの陰謀

なんか私はあえて地雷源に突き進む性格で、、、、

財務省福田次官のセクハラ問題、違和感だらけなんですよね。

私が直接知っている(と見栄をはってしまいましたが、「会ったことがある」が正しい)高官でセクハラ系疑惑に巻き込まれた人が実は3人もいます。

一人は福祉省(当時)事務次官で省職員との不倫疑惑、一人は保健省(当時)事務次官で事務次官室での省職員との性行為疑惑(盗撮映像付き)、一人は教育省事務次官補でバスの中での痴漢疑惑。

実はタイではこんな疑惑は珍しくなく、本当のこともあれば権力闘争で陥れられることもあるようです。

本当の真実まではわかりませんが、第三者調査委員会による調査の結果、

1つ目のケースでは失脚、
2つ目のケースでは無実が判明(盗撮映像は偽物)、
3つ目は失脚でした。

3つ目の場合は被害者に不自然なところが多かったのですが、「被害者保護」を叫ぶ世論(とされるもの)に押されたとも言われています。
(また、その世論は反事務次官補の陰謀によって作られたとも言われています。真実はわかりません)

ここで言いたいのは、タイでは、
疑惑があれば、「一旦」その職務を仮に解く。
その後調査の結果、無実であれば復帰、無実でなければ処分となること。


今回の違和感;
・もちろん(財務省の調査方法:名乗り出てください)や麻生財務大臣の発言には大きな違和感
→でも、実は「世の中のオジサンにはきっとその違和感がわからないのだろうな、「双方の言い分をきちんと聞いた上で判断スべき」と思っているオジサンは多いのだろうな」と思いながら、そのような意見がでてこない(違和感が判らない人が黙っている)違和感
・でも、以前から繰り返しセクハラを受けている記者を二人きりで取材させつづけたテレビ局への大きな違和感
・さらにいえば、被害者が「社会正義の仮面をかぶった私怨」が絶対ないと言い切れるのかの違和感
(ここは大地雷原で「立場のある人」は絶対書けないことですよね。立場のない私だから書けました(笑))
・セクハラ撲滅と権力闘争(「安倍辞めろ」など)を結びつける行動への違和感
(「大臣が辞めなければ審議に応じない」はよくわからない。9割9部9厘、黒でしょうが(笑)、それでも「調査をしないまま処分」ってやめて欲しいなあ)

すいません、かなり勇気を振り絞って書きました。(笑)

言いたいのは、
1)被害者保護が最優先
2)でも、セクハラ被害とされるものには、陰謀もかなりある事実(セクハラ加害者とされる人の人権も守らなければならない)
3)権力闘争とセクハラ被害を結びつけるのはやめてくれ!
4)「辞めろ、辞める必要はない」ではなく、タイのように「疑惑の時点で一旦職務をといて、第三者の調査後に正式な処分を決定」することによって、被害者保護、加害者とされる人の人権配慮、権力闘争との結びつけをなくす、いずれもできるのではないかなあ。


ちなみに、パワハラもかなり同じ構造と思うのですが、、、
[ 2018/04/21 10:10 ] タイ政治・経済:その他 | TB(-) | CM(1)

主犯はテレ朝では?

記事のネタ欲しさにおじさんを勘違いさせてしまった行為も男性に対するセクハラですよね?
女性記者もやりたくてやったのでは無いでしょうが、やらせたテレ朝が主犯だと思いますよ。
[ 2018/05/03 23:59 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する