効率的な海外援助活動のためには、

自分のルーツは、実はメーカでのエンジニアです。
そのため、現在国際協力をメーカでの経験とダブらせてしまいます。

自分がかって在籍した会社では、「事業責任は技術にあり」と言われ、技術者は製品設計のみならず事業全体について責任を負うべきと教育されました。
(営業部門では、「事業責任は営業にあり」と言われていたかも知れません。笑)

製品は、ほとんどはディーラ経由で販売店でエンドユーザに販売します。量販店(ヨドバシカメラなど)には、直接商品卸しますが。
いずれにしろ、メーカはディーラ経由あるいは販売店経由でエンドユーザと向き合っています。つまり、メーカの営業・販促活動は主にディーラと向き合っているのです。
つまり、ディーラ(あるいは販売店)が自社の商品をより多く売ってもらうようにするのが、メーカの営業の仕事です。
メーカにとって、競争力のある商品というのは、「ディーラがより多く売ってくれる商品(売り方)」です。そういう仕事をいつもメーカはしているのです。

でも、あらためて考えると、本来は、「エンドユーザがより魅力を感じて買う商品(売り方)」が重要なのではないでしょうか。

「ディーラがより多く売ってくれる商品(および売り方)」と「エンドユーザがより魅力を感じて買う商品(および売り方)」
一見同じように聞こえるかも知れませんが、商品開発上大きな違いがあります。

そんなとき、メーカの技術者は原点にもどって、「エンドユーザに聞け」「顧客(=エンドユーザ至上主義)」などとエンドユーザの声に耳を傾けて商品開発・販売戦略にフィードバックするのです。



すいません、ごくごく簡単ですが、特殊なメーカの事情を書いたのは、国際協力の現状とダブって感じることがあるからです。

つまり、デーラは各国政府です。、エンドユーザは住民などの裨益者です。デーラなしではメーカが成り立たないように、各国政府無しに各国で活動をできません。けれど、今までの多くのプロジェクトは、「ディーラ経由で販売していた(=各区政府経由で裨益者にいきわたる活動をしていた)」「デーラ経由でエンドユーザの声を聞いていた(=各国政府経由で、裨益者の声を聞いていた)」といえると思います。

ただし、「本当にディーラの言うことが正しいのか。ディーラがエンドユーザのニーズを反映しているのか?」を常に検証し、直接エンドユーザとコミュニケーションすることが必要ではないかと思うのです。
(「エンドユーザの声」と「ディーラがいうエンドユーザの声」は相当違います)

各国政府を軽視しようとしているわけでありません。でも、「各国政府のいうニーズ」と「裨益者のいうニーズ」が相当食い違う可能性があるのを前提にして、プロジェクトデザインをすべきだと思います。

なお、一般的にいえば開発途上国の公務員の業務へのコミットメントは非常に低いと思います。自分の利益・自分たちの利益が超最優先で業務をしているケースは少なくありません。まあ、誰でも多少はあると思うのですが、自分の経験上、NGOや一般企業社員と比べると公務員の業務へのコミットメントは低いと感じます。
(一般企業勤務のタイ人の友人、あるいは一般企業から公務員に転身したタイ人の友人の多くが同意見です)

「自分あるいは自分たちの利益の最優先」と「裨益者利益の最優先(=)」で議論をしてかみ合うはずがありません。

であれば、プロジェクトデザイン上、

「『公務員が』、プロジェクト目標・エンパワーメント・人間の安全保障の考え方を十分理解して、プロジェクトにとりこむ」

ということに多大な期待をせずに、

「『公務員が』、プロジェクト目標・エンパワーメント・人間の安全保障の考え方を多少理解した程度でも構わない」

のアサンプションで、プロジェクト目標を達成できるようなプロジェクトデザインの方がやりやすいのではないかと思います。

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://okui.blog77.fc2.com/tb.php/118-eb0a4310