レトロで寂しくわびしい素敵な市場

ここは自分の中の穴場。 書きたくないが、、、大サービスで書こう。

MotorWayをチョンブリに向かいチャチュンサオへ行く降り口で降りて、ラッカバン方向へ戻ったところ。

そこに、タラット リム ナム 100ビー (意訳;100年以上古い川沿い市場)があります。ウェブサイトを探したが、まともなサイトが、日本語・英語はおろかタイ語のものもありません。一応、かろうじて
タイ政府観光庁のタイ語サイトに記事がありました。タイ語ですが、参考に。

なお、このタイ政府官公庁のウェブサイトは、日本語・英語・その他もろもろの言語があるのですが、充実度はタイ語がダントツです。辞書片手にタイ語を見ましょう。

なお、タイ語を読むときはタイのニュース・新聞;タイ語で読むを使うと便利です。


ここは、運河沿いに開けた中国人の村。が、悲しいくらいに寂れている。かっては栄えたんだなあ、との名残の中でわびしさと、それでも古い物を残そうとする努力とOTOP(一村一品運動)とが混ざり合って、不思議な感じです。

特にお勧めは、わびしいレトロな床屋と何十年も前からじいさんがやっているコーヒー屋さんです。



ChachunsaoMapTalat100P_R.jpg
場所;赤い★印です。Motorwayのチャチュンサオ降り口が一番近い




talad100P1_R.jpg
運河沿いに木造の家が並んでいる。


talad100p2_R.jpg
うれしくなる、レトロな床屋。超オススメ


GSC_0150_R.jpg
じいさんが昔からやっているレトロなコーヒーショップ。ここで、エスプッレッソを頼むヤツはたわけ者。ここでは、タイ コーヒー。

大ブレーク

夏の大空さん、久しぶりです。
そうですね、水上マーケットは結構どこも大ブレークのようですね。大勢のタイ人で賑わっています。ちょっと残念なような気もします。
[ 2010/12/08 21:33 ] [ 編集 ]

おおにぎわい

ここ、行きました。
記事を書かれたのは4年前ですね、私が行ったのは今年です。
土曜日だったせいか、大賑わいでした。
タイ人が多く訪れるようになったみたいですね。
バスで行きましたが、
「タラート クローンスワン 100(ヌンロイ ピー)」という看板がかかっていました。
このコーヒーショップの男性、元気でお仕事されてました。また行きたいです。 
[ 2010/12/03 12:36 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://okui.blog77.fc2.com/tb.php/155-4248392b