裏バンコク

雑誌を見ていると、日本では裏横浜なるものが流行っているそうです。
駅前のビル群ではなく、その裏の方にポツポツある個性的でおしゃれなレストランのことを指すそうです。

おしゃれなレストランは縁がないので関係ないのですが、『裏横浜』のネーミングがとってもはまりました。

とっても怪しそうで楽しそうな響きです。そう思いませんか?(うちの女房は『思わない』と断言しています)

そこで、パチリで裏バンコクです。裏横浜とは意味が異なりますが、バンコクで怪しげでお気に入りの面白い場所を、とりあえず3カ所書きます。
手抜きで地図までは書いていないので、具体的な場所を知りたい人は、直接問い合わせてください。
・スクンビット ソイ10からルンピニー公園までの遊歩道
 ソイ10の奥のタバコ工場からルンピニー公園まで延々と続く遊歩道(自転車道)。臭い運河、庶民的な家を越えて続きます。途中で子供の遊具がおいてあったりサッカーをしていたり。バンコク観察にはとってもおすすめです。なお、自分が行くときは、タバコ工場側から、工場敷地内に車を止めて歩いていきます。
ちなみに、タバコ工場は移転が予定されていますが、その後現在のベンジャシリ公園やシリキットコンベンションセンターとつながる巨大公園・文化ゾーンとなることが計画されています。そのときには、この遊歩道はベンジャシリ公園とルンピニー公園をつなぐ遊歩道となって回遊性を高めることになります。楽しみです。


・スクンビット道路 ソイ49の牧場/屠殺場/モスリム村/渡し船
バンコクのど真ん中のソイ49で牛が放し飼いしているのを見た人は多いと思います。
49の奥にはイスラム村があります。センセープ運河添いにはイスラムが多く住んでいますが、ここは特に有名です。そして、イスラム村では屠殺が行われているのも普通ですが、ここはスクンビットの住宅街なので、はじめてみたときは驚きです。また、この付近の入り組んだ路地やセンセープ運河のケーブル渡し船などバンコクの下町を堪能できるポイントです。

・パーパデーンのフェリー
ちょっと、遠いのですが、クロントイからオールドレールウエイ道路をまっすぐ行ってチャオプラヤ川に曲がるとフェリー乗り場に着きます。そこは、車が20台ほど乗れるフェリーがひっきりなしに通っています。着くのは対岸のパパデンです。パーパデーンからは高速道路スックサワ出入口が近く、逆ルートでも楽しめます。
タイではフェリーがあちこちに残っていますし、一番小さなフェリーは車1台乗るだけのものもあります。 が、バンコク近郊ではここだけだと思います。
でも、現在外環状の橋を架けている工事中ですので、それができるとなくなるのかも? 行くなら今のうちですよ。
ちなみに、オールドレールウエイ道路も私の好きな道です。川に沿っているので、途中で船が見えますし、名前が楽しいですね。

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://okui.blog77.fc2.com/tb.php/16-a1912a37