最近NHKが面白い

最近NHKが面白いと思いませんか?

いわゆるNHK臭さ(=上からの視線・正義からの視線)ではなく、

つながるテレビ@ヒューマン
テレビの限界はあるのかも知れないが、インターネット(ブログ)を使って、普通の人の視線がかなりはいっているのが面白い。相撲の解説に世紀魔Ⅱのデーモン小暮が来るのなんかその典型例。その道のプロ(=相撲取りOB)ではなく、素人であるがマニアの世紀魔Ⅱの解説が面白い。かといって、サッカーワールドカップやオリンピックの時のように、ろくすっぽサッカーの知識のないタレントを採用しているわけでもないし。

熱中時間
「オタク」に注目した番組。 自分のオタクの定義は、「生産性とは関係なく、物事に熱中する」こと。 生産性とは別次元にあるオタクに日を当てた、こんな番組を待っていた。


サラリーマンNEO

なんといっていいか判らぬお笑い。古典落語や笑点など優等生の笑いではなく、民放のどたばたでもない新鮮な笑いがとってもいい。
日本のサラリーマンを強烈に皮肉り、笑いの中に考えさせられます。


NHKスペシャルワーキングプア

これは、NHKらしいといえばNHKらしいのですが。「現代の貧困」をあらためて考えさせられました。
[ 2006/11/11 22:51 ] その他:その他 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://okui.blog77.fc2.com/tb.php/172-1bd64638