スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

村の開発においてリーダー育成は有効か? その2

村の開発においてリーダー育成は有効か? に対する京王線さんのコメントです。

リーダー育成アプローチは確かにエリート(つまり開発ワーカーの言葉が理解できる人)の育成になりやすいと思います。それがいいか悪いかは別として、開発ワーカーは一生その地域にコミットしていかれないので、地元でリーダーを育てます(育成したと思ったら、海外に行っちゃうというケースはアフリカでは多々みられますが、、)。

活性化に成功している村を見ると、自分の経験では間違いなく強力なリーダーがいると思います。そういう意味ではリーダー育成は重要です。ただし、そのリーダーが理念にすぐれた立派な人かといえば、そうとは限りません。
結局、「なんのための村の活性化活動か?」という根本的な問題にいきつきます。強力なリーダーの指導のもと現金収入源活動を行なった結果、確かに村のGDPは向上したが、格差は広がった。格差が広がることにより、社会的貧困が発生するのです。

「隣も向いも、うちも貧乏だ」と「隣も向いも貧乏でないが、うちだけ貧乏だ」のどちらが辛いかは明らかです。

援助機関は「村のGDPの向上」を成果の指標とするのでしょうが。
それが村の幸せなのか?、、、、非常に疑問を持っています。

それであれば、リーダーにフォーカスするよりも、村の中の真の弱者にフォーカスをあげていくアプローチの方が村人の幸せに近いのではないかというのが自分の考えです。
実はこの考えのもとがあります。それは障害当事者運動のIL(Indipendent Living)運動です。かって、「重度障害者へのアプローチは効率的でない。できるところ(軽度の障害者)、つまり成果が見えやすいところから取り組んでいく」ようなところがあったと思います。それに対してIL運動では、重度の障害者からアプローチしていくことにより大きな成果をあげてきました。
自分は村・コミュニティの開発においても同じことがいえるのではないかと考えています。

さくらぎちょうさんの差別地区住民や障害者の例はモットモですが、そのエンパワーメントレベルが既存の権力構造を破壊するまでに及ばない時は受け入れられると思います。しかし、そのエンパワーメントレベルが既存の権力構造に脅威を与えるようになると(それが真のエンパワーメントだと思う)、既存の権力者達から復讐されるのです。
よって、本当の弱者を縁パワーするのであれば、そこら辺を留意しなければなりません。
よく女性のエンパワーメントプロジェクトで、女性が成功し始めると、男性のイジメが始まり、レイプなどの見せしめが始まったりするのです。


なるほど。弱者が弱者であるうちは強者は寛容であるが、弱者がエンパワーされて強者になろうとすると、迫害をうけるということですね。
なんとなくわかります。もっとマクロの世界でもいえているかもしれませんね。自分の周りでも直面しているように思えます。
女性のエンパワーメントをずっと見てきた京王線さんの言葉ですので重いと思います。

誤解を招く書き方だったかもしれませんが、「格差」をすべて否定しているわけではありません。
また、このブログは自他とも認める超マイナーなブログで、そのブログでの意見発表ですので。

漫画は、「亀有公園前派出所」と「課長島耕作」「ゴルゴ13」しか読みません。西原理恵子は知りません。インターネットで探してみましたが、「友人の黒人アメリカ人の語っていたスラムで生活」がどのような描写をしているかわかりませんでした。
時間のあるときに教えてください。

京王線さんも、東南アジア→南アジア→アフリカから南米ですか? 
[ 2006/11/26 00:07 ] [ 編集 ]

しつこい応酬ですみませんが、

皆が貧乏の方が、辛くないけど、構造的な理由で貧乏から這い上がれないのはおかしいと思うのです。人間の能力に格差があるように、貧富の格差も自然に生じてくると思うので、程度にもよりますが、格差は出てもいいと思うのです。
話は変わりますが、西原理恵子の「ぼくんち」と「女の子ものがたり」という漫画を読んだことがありますか?この漫画を読んで、友人の黒人アメリカ人の語っていたスラムで生活とソックリじゃんと思ったのでした。機会があったら感想をお聞かせください。

あと、もし南米で協力隊(村落)の募集があったら教えてください。行きたいのです。
[ 2006/11/24 17:12 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://okui.blog77.fc2.com/tb.php/200-2a33c196

















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。