青年海外協力隊の要請背景調査票がおかしい?

現役の青年海外協力隊員の持つ不満の多くは、「要請背景調査票(協力隊員に要請されている業務内容を記載したもの)に書かれていることと実際に現地に行ってみた内容が違う」ではないでしょうか?
大昔(ピラミッドの時代 自分が協力隊員の時代)からずっと言われ続けています。自分がそう言っていたので間違いありません。

昔の話をすると嫌われそうですが、いくら「要請背景調査票がおかしい」といっても、最近は昔に比べるとそれでも「マシ」だとおもいます。

「忙しいのに、いちいち調査なんかしてられない。想像力を豊かに働かせて要請背景調査票を作るんだ」と言っていた協力隊関係者も昔はあります。
冗談だったのか、本気だったのか定かではありませんが。
「コンピューター指導の隊員が行ったらコンピューターがなかった」
くらいは普通で、
「水泳を指導する隊員が現地に行ったらプールがなかった。」
「コンピュータのシステムエンジニアが要請されていたはずが、現地に行ったら、要請されているのは電気システムのエンジニアだった」
などなど、すごい状態を見聞きしたことがあります。

それに比べれば、最近は、まだかわいい間違いではないかと思います。

それにも関わらず、最近は、より「要請背景調査票がおかしい」と言われているような気がします。

昔は、協力隊員は「何もないところ、何も体制の無いところから、一から仕事の体制を作って仕事をしていくんだ」という雰囲気はありました。

協力隊初期の、大先輩隊員は、良きにつけ・悪きにつけ、「すごい」人たちが多いような気がします。
要請背景調査票などハナから気にしていない人も多かったのだろうと思います。
「受け入れ体制が何にもなくても、なんとかやってやろう」そういう気構えのある、相当特殊な人たちが当時の協力隊員の標準ではなかったかと思います。協力隊が「はじめての海外」という人も多く、相当の覚悟を持って来ていたことも理由のひとつでしょう。
ところが、最近は海外に行くことが普通になって、「タイには旅行で来たことがあります」
という人も多くなってきました。なにより、普通の人が協力隊員として気軽に参加できるようになってきました。
(それは、良いことだったと思っています)

しかし、普通の人にとっては、経験的にも能力的にも「なにもわからず、なにもないところから、一人で体制から作っていくなど考えられない」のが文字通り「普通」です。
当たり前ですよね。たとえば30歳で会社を立ち上げた経験と会社をつぶした経験がある人は、それなりに経験があり、ちっとやそってではビビらないと思いますが、そんな経験のなる人は「普通の人」と言いませんね。
だって、例えば日本でボロ会社があったとして、そこに1人で乗り込んで、立て直すことのできる若い人ってどれくらいいます? 協力隊員には、体制がメチャクチャの、しかも海外の現場で、一人で乗り込んで仕事を求められるのです。

協力隊員の配属先に着任しても、発展途上国には、仕事を行うバックアップ体制はそこにはないのです。バックアップ体制を一人で作ることから仕事を始めなければならないのです。(だから発展途上国なのです)
もちろん、そんな環境では普通の人は日本で思っていたような仕事や成果ができません。でも、「自分に能力がない」とは言いたくないものだから、「要請背景調査がおかしい」となるのです。
「自分には、ボロボロの組織を立て直し、仕事を作る体制作りからはじめて、仕事をやり遂げる能力がないので、仕事ができません」ではなく、「自分の仕事がうまくいかないのは、要請調査票がおかしいからです」と言い訳になっているのではないでしょうか?

自分自身を思い直すと、(当時は意識していませんでしたが)少なくとも自分はそうでした。 苦笑

真の問題は、「要請背景調査がおかしい」のではなく「活動を効果的に行えない(行いにくい)」ことなのではないかと思いますが、どうですか?

もちろん、本当におかしい調査票というのもあるでしょうし、そういった調査の精度向上をJICAは努力する必要があると思います。但し、その目的は「効果的な活動を隊員が行える」ことであって、「要請背景調査票の精度をむやみにあげる」ことではないと思います。「隊員の配属先のビデオ撮影して、要請背景調査票に添付する」などの意見もあるようですが、確かにビデオがないよりあったほうがいいと思いますが、物事の本質はそれで解決しないように思います。
もし、私がJICAで要請背景調査を行う立場なら、限られた時間を有効に活用するためには、ビデオ撮影するより、もっと別の仕事をしたいと思います。

協力隊員が現地に行って、「思っていたこと」と違った。要請背景調査票がおかしかった。

そうしたときに、「要請背景調査票がおかしいから仕事ができない」との言い訳が許されるのは、個人的にはせいぜい半年、1年だと思います。

それ以上たったら、「おかしいのも現実」です。「現実の中で、現実的解を見つけるのは、協力隊に限らず、どんな仕事でも求められますよね」

であれば、 「要請背景調査票がおかしいから仕事ができない」ではなく、「おかしな要請背景調査票を前提として、どう仕事をするか」に気持ちを切り替えるのが必要だと思います。

というか、多くの協力隊員は、愚痴はいいつつも、気持ちを切り替えて頑張って仕事をしているのだと思います。

ERIKOさん

>要請内容も大事だけど、行きたい国で決めちゃえば!と軽く言われましたww

の真意はわからないけど、「人が関係しない純粋な技術」であれば専門的な適合や準備が必要なのだろうけど、現地の人と一緒に行うのであれば、そこには異なる文化・習慣・システム・価値観があります。現地でそこから始めるしかないのです。そういう意味では、予断をもたず白紙から始めた方が良いのは賛成です。

ただ、「行きたい国」に行くのは良いのですが、「その行きたい国はこんな国だ」との予断もしない方がよいと思います。ちなみに、今までこのブログのどこかに書いたことがあるが、私はタイを「大嫌い」→「好き」→「大嫌い」→「好き」との経過をたどって今にいたっています。/さくらぎちょう
[ 2009/11/08 11:49 ] [ 編集 ]

21年秋募集者です。説明会で希望派遣国で迷っていると相談したところ、要請内容も大事だけど、行きたい国で決めちゃえば!と軽く言われましたww
きっとその要因内容を重視するのもいいけど、という意見は、この日記の内容が元だったのかなぁーと思いました。
う~ん!!!!!!!
行く前にこの日記を読めて良かったです!
[ 2009/11/07 12:14 ] [ 編集 ]

私も思います。

私は、18-3次隊で参加する者です。
職種は、家畜飼育でフィリピンに派遣予定です。
私も要請背景調査票は、おかしいと思っています。
まだ、派遣前ですが、職種を経験していた側からすると
調査票を書いた人は、多分、あまり家畜飼育の事を知らない
と思いました。
でも、別にそんなことは、気にしていません。
現地に行って自分が出来ることからやっていけばいいかなと
考えています。
逆にどれくらい、調査票とギャップがあるかを楽しみにしているくらいです。そんな私は、あまいですか?
[ 2006/12/26 23:48 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://okui.blog77.fc2.com/tb.php/219-54ddde2c