生きたまま売っている魚、貝、、、、

20061209225747.jpg


ウナギ、雷魚、ナマズ、スズキなどの魚類。生きたまま売っています。

さすがタイ人、食べ物にうるさい。「新鮮な魚を売っている」と思いきや、貝類や亀まで売っている。

亀をどうやって食べるのだろう?


。。。。。。

ボケは、このくらいにして、

もちろん、これらの魚や貝、亀は放魚用です。

放魚とは、生き物を放してやることによって、徳を積む(タンブン)をすることです。放魚ポイントはいろいろありますが、自分がよく行く(注1)のは、KurumKasem道路のチャオプラヤー側との突き当たり(Tewet桟橋近く)です。何軒もの放魚の店があります。

ウナギを放つとお金が儲かる。
雷魚は、、、、

と魚毎に効能がある。それに、生まれた曜日(注2)との組み合わせで、何の魚を何匹かが決まってくる。

そして、お金を払い、おまじない(店で紙に書いたものを用意してくれている)を読んだと、店の裏手からボトボトと放魚する。

魚は、いいが、貝は一カ所でうだっているのではないかと思うが、まあ言われたとおりドボドボと放魚するのです。


注1;「よく行く」というより「タイ人に連行されて行く」というのが正しい。
注2;タイで生活すると、自分の生まれた曜日は、誕生日と同じくらい必要です。調べておかないとタイで生活できません。

20061209225736.jpg
放魚屋さん。こんな感じです。
何を願うのかを相談し、目的に応じた魚を買います。



そして、その結果、、、、

20061209225805.jpg
魚がウジャウジャ状態になります。
(これは、チャオプラヤー川です。養殖しているわけではありません。)



20061209225724.jpg
テーウェート桟橋。

タイのウナギはウナギでない

誰から、「タイのウナギは田ウナギ」と聞いていたのでそのまま書きましたが、ちょっと、調べてみると、田ウナギはウナギとは別のもののようです。

http://fishing-forum.org/zukan/mashtml/M000615_1.htm

タイのウナギは田ウナギではあるがウナギではない。

が正解のようなです。
[ 2007/08/15 23:55 ] [ 編集 ]

納得!

放魚用の魚を食べても別に問題ないんですね。勉強になりました。
田ウナギって言葉自体が日本語で聞いてもよくわからないですが、田んぼの用水路とかににょろにょろ住んでるイメージなんでしょうかね。ありがとうございます。
[ 2007/08/10 20:20 ] [ 編集 ]

続き

黄色い細長いのはうなぎですか?私は知り合いに「そのうなぎみたいのは雷魚だよ」といわれとても混乱しています。教えてください。

ウナギです(タイ語;プラライ)。厳密に言えば田ウナギという小さくて細いウナギです。タイ人はブツ切りにして煮て食べますが、旨くありません。一度自分でかば焼きにしましたが、喰える物ではありませんでした。雷魚(タイ語;プラチョン)は白身の魚です。ハーブで煮たり(プラチョンペッサ)や塩焼きしたりするとメッチャウマイです。でも、淡水魚の臭みもあるので料理方法によっては不味かったします。
[ 2007/08/04 20:19 ] [ 編集 ]

rarappina さん!いらっしゃい



あれは放魚しているから魚がうじゃうじゃいるんですか?私はパンの耳をまいてよってきたのだと思ったのですが・・・。

筆者の知る限り、「そう」とも言えます。ただ、パンを魚にあげるのは、それ自体が放魚とおなじく「徳を積む行為」なので、遊びであげているわけではないようです。また、同時にその魚をとってはいけません。魚の養殖池では魚泥棒が横行しますが、寺の近くでは魚は盗まれません。
[ 2007/08/04 20:15 ] [ 編集 ]

放魚

あれは放魚しているから魚がうじゃうじゃいるんですか?私はパンの耳をまいてよってきたのだと思ったのですが・・・。
黄色い細長いのはうなぎですか?私は知り合いに「そのうなぎみたいのは雷魚だよ」といわれとても混乱しています。教えてください。
[ 2007/08/01 18:01 ] [ 編集 ]

えっ。カメを食った? やるなあ。
自分は実はゲテモンが苦手です。
(何をゲテモンというかは自分の主観です。ソムタムパラや竹のムシ、蟻の卵はゲテモンではありませんが、カエルやカメはゲテモンです。(笑)
[ 2006/12/11 22:56 ] [ 編集 ]

カメ食べましたよ~

カメ食べました。。。あのタイのお寺のそばで放流用に売っているようなもの。淡水の日本で言うところのクサガメのような種類のものです。タイではなく、カンボジアのメコン川のほとりで先月食べました。生姜を入れて醤油で煮込んだような感じでした。産む直前の卵は殻が付いていて、まだ生まれないものは黄身だけ(卵巣の状態?)の状態でいくつも入っていました。あとは内臓が。。。ちょっと辛かったです。。。
[ 2006/12/10 23:15 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://okui.blog77.fc2.com/tb.php/234-a7a5a229