我が家の ガラクタ 宝物 その4 宋胡録(スンコロク)

宋胡録(スンコロク)とは、12世紀から15世紀頃にタイ北部スコタイ・サワンカローク・シーチャナライを中心に作られた陶磁器。千利休が愛用したことで有名です。

その価値は数十万円から百万円を超すものもある。
スコタイやサワンカローク付近では、明らかにニセモノとわかるものから、それらしいニセモノ、よくできたニセモノまで、様々なニセモノが売られている。

ところが、作者が持っているのは、正真正銘の本物(注)の宋胡録(スンコロク)です。


注;作者が本物と信じる理由
1.スコタイ付近では、旧家にスンコロク焼きがごろごろ保管されている。旧家の住民によると、「昔は遺跡にゴロゴロしており、ひろってきた」とのこと。ただし、住民にだまされた可能性は否定できない。

2.陶磁器の専門家が我が家を訪問したときに見てもらうと、「本人が本物と思っていたら、それでいいんじゃない?」と、お墨付きをもらった。

3.20年前にスコタイの旧家から、一個「数百バーツ」と、(当時の作者にとっては)超大金で買い受けた。こんなに高いのは本物に違いない。

4.夢で、「本物」とお告げがあった。





宋胡録(スンコロク)の説明;
http://www.weblio.jp/content/%E5%AE%8B%E8%83%A1%E7%A6%84

関連記事;
シーサッチャナライ遺跡

「Dream Cafe」掛け値なし本物のアンティークレストラン




作者の宋胡録その1 この蒼さがなんともいえぬ風合い

20061214211230.jpg
作者の宋胡録その2 眺めているだけで幸せな気分


すんころく

すんころく ですかあ。
見た感じ、あたたかそうで素敵です。
さくらぎちょうさんが見て、もって、口にあてて、気持ちがよければそれはそれで本物なんじゃないでしょうか。
要は気に入るか気に入らないかですよ。
いいなあ。しかも二個も!
私の友人が すんころく をひとつもっていて、お気に入りの御猪口にしているそうです。

私の唯一のガラクタ、ニセモノぎりぎりの古代ガラスのネックレスをもっていますが、見てて、ほっとするので、まあいいや…。と、どちらでもよくなっています。


[ 2007/09/30 21:11 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://okui.blog77.fc2.com/tb.php/240-393d91d8