古家を買います

タイは古くから最高級材のチーク(Teak)が自生していました。
加工後の変形が少なく、虫がつきにくく、また適度な油分のため乾燥がしにくく、手入れも楽です。

タイの古い家のほとんどはチーク材で作られています。

ところが、過剰伐採によりその数はどんどん姿を消していきました。
昔にタイを訪れた人は、国道沿いのはげ山が続く様子を見たことでしょう。その結果、森林伐採禁止法が施行され、人工林以外の森林伐採を一切禁止しました。
もちろん、チークも例外でなく、植樹を行った木のみが合法的(注)に流通することになりました。が、チークの植樹実績は10年程度で、タイ産として流通しているチーク材は、いわゆる間伐材となります。いくら最高級材のチークといってもそんな若い間伐材では、価値は少ないようです。

やっぱり、最高級のチーク材は年齢を重ねたものを、伐採後さらに長く寝かせたもののようです。


(注)非合法的に盗伐は、森林伐採禁止法施行以降も広く行われ、取り締まりが厳しくなってからは、ミャンマー・ラオス・カンボジアでの盗伐がタイ国境から多く流入しました。作者も盗伐材を実際に何度も見ています。


実は、そういう最高級材が、タイで合法的にあるのです。

20061216104116.jpg

20061216104127.jpg



これが、伐採後長い時間寝かされた木材です。
寝かされるといっても、家屋の材木としてです。

つまり、古い家(高級チーク材がふんだんに使われている)を解体し、その材木を使って家を建てたり、あるいは家具を作ったりします。


20061216104027.jpg
「木造の古屋買います」の看板です。
[ 2006/12/16 13:00 ] タイ政治・経済:経済 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://okui.blog77.fc2.com/tb.php/243-947c0ad4