今年の初詣;プッタモントンの謎

我が家の最近の初詣は、プッタモントンである。

今年もプッタモントンに初詣に行ってきた。

プッタモントンは以前に、プッタモントン公園&大仏 に書いたように、タイの仏教の聖地だけあって、なんとなくご利益がありそうだから。

で、この記事を書こうと思って、ウィキペディア(Wikipedia)を調べたら、とんでもないことがわかった。

プッタモントンとは、「Phutta Monthon」と書く。
ところが、タイ語での「PH」の音は「B」の発音と限りなく似ている。
同様に「TH」や「TT」は「D」。そして、「L」はタイ語では「N」に変化する。(「オリエンタル」が「オリエンテン」になる)
つまり、「Phutta Monthon」は「Budda Mondol」そして、「Buddha Mandala」、、、、つまり、「ブッダ マンダラ(仏陀 曼荼羅)」のタイ語発音がプッタモントンだそうです。

40ヘクタールの広大な公園自体がマンダラになっているのでした。
スケールがでかい。今日はじめて知りました。

そんなわけで、今年のお初詣は、例年に増してご利益のあるものとなりました。



20070103220531.jpg
プッタモントンのシンボルの大仏



20070103220548.jpg
広大な敷地です。40ヘクタール。敷地がマンダラとは知らなかった。



20070103220605.jpg
お坊さんに読経してもらい、聖水を振りかけてもらいます。



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://okui.blog77.fc2.com/tb.php/272-7964945f