NGOの言い分とユーカリ

コアラの餌で有名なユーカリは、白い幹と爽やかな薄緑色の木で、見て楽しい木です。
タイの地方に行けば当たり前に見ることができる木です。

タイ全土で見ることができますが、特に東北タイではきれいに植林された木を多く見ることができます。

20070106212557.jpg
植林されたユーカリ

このユーカリ、環境の劣悪な場所でも育つとあって、環境保全・改善の切り札として植林される事例が多くなっています。しかも、生長が飛躍的に早いのが特徴です。日本人の自分などは、「木は数十年数百年かかって育つ」と思っていたのですが、ユーカリは5年もすれば『けっこうな大木』になります。10年もたてば『すごい大木』です。そのため、植林→伐採(販売;主にパルプに利用)→再植林 の経済原則にのっっとた「持続可能な森林再生」の切り札的にも思われ多く植えられて来ました。

ところが、このユーカリ植林が、「環境破壊」として多くのNGOなどから非難されています。「ユーカリは毒性が強く他の作物を育たなくする」などの理由でです。


ところが、実はそれらのほとんどの批判は的を得たものではありません。
もちろん、ユーカリはそれだけ急激に大きくなるため土地の養分や水分を多く利用するのも事実です。
また、以前から(法律的には違法として)住んでいた住民を退去し(経済林である)ユーカリを植林したり、自然林を伐採してユーカリを植林する、、、そのようなことに対しては、批判の余地はありますが。

ただし、降水量が少なかったり土中の塩分が強く他の作物が育たない場所にユーカリを植える、キャッサバやサトウキビなどに代えて森林率のあがるユーカリを植える、そのようなことは持続可能な緑化を図る上で有用です。

このブログでは基本的にはNGOに好意的なのですが、一方で一面的な見方しかできないNGOも多いことは踏まえている必要があります。
(政府機関は別の意味で、一面的な見方しかできないケースも多いのだが)


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://okui.blog77.fc2.com/tb.php/275-16a288a7