スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

デイトレードで儲ける

株っていえば、

事業を行う会社に株主が事業資金を提供する。
それが株だと昔ならいました。

事業を行うためには、人・モノ・カネが必要ですが、そのカネを提供するのが「株を買う」ということだし、そのカネを使って事業を行って利益があがったら、その利益の一部を株主に還元する。
そういう仕組みだとならいました。

筆者にもできる非常にわかりやすい説明です。



でも、

デイトレーダーとはどういう仕事なのでしょう?
よく理解できないのだが、
株が少し下がったら買って、
株が少し上がったら株を売る。

そんなことを繰り返して利益を上げているらしい。
(損をしている人も大勢いるらしいが)


全く理解できない。

工場でものを作ったり、サービスを提供したり、そんな事業を行うことでお金を儲けるなら理解できるのだが、なぜ株の売買をするだけで儲けることができるのか?
なんら生産的なことはしていないのに、なぜお金が儲かるのかさっぱりわかりません。
もうかったお金はどこからきたのでしょう?

誰か教えて!!

そんなわけで、筆者は、(今のところ)根本的なところで理解できないデートレードなど行う気は全く思わないのでした。

株式の売買で儲けようとするのは、どこか間違っていると思います。

(もしかしたら、筆者が頭が悪いだけかもしれません、誰か、本当に教えて!)
[ 2007/05/05 02:43 ] その他:その他 | TB(0) | CM(1)

デイトレーダー

元準大手証券営業マンです。いつも楽しく拝読させて頂いております。もうタイへ来て10年ですが、私なりにデイトレーダーの疑問にお答えいたします。
①なぜお金が儲かるか?儲かったお金はどこからくるのか?
 株式市場でA銘柄を100円で買って110円で売ったと仮定すると10円の利益です。(諸経費・税金は考 慮しない)
 銀行・生保・損保・証券・事業会社等は潤沢な自己資金を保有しています。
 因みに、為替市場・商品市場等他の運用先多数あり。
 簡単に言うと保有資金を銀行預金では利息が期待できません。
 そこで、デイトレーダーと言われる株式のプロが超目先での売買を仕事にしています。
 因みに、国債に代表される債券市場でも、同様のデイトレーダーが銀行・生保・損保・証券会社等で働いて います。
 ② 株式の売買で儲けるのはどこか間違っている。
 法人の場合で説明しますと、特に資金を運用する必要のある銀行・生保・損保等は勿論中長期のスタンスで の資金運用がメインです。(特に国債やドル建て債券など)ただし、運用資金の一部を短期的売買で運用し  ている訳ですが、間違いと言われることは考え方の違いとしか言いようがないです。
 短期の売買により短期的に株価が上がり過ぎたり下がり過ぎることも良くあります。
 しかし、世界のどの株式市場などにも個人や法人のデイトレーダーが存在していることは間違いないと思い ます。
 
[ 2013/04/28 14:41 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://okui.blog77.fc2.com/tb.php/372-4dd8fee1

















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。