タイのアウトドアライフ・自然国立公園(ゲンガチャン国立公園とタイ最大の吊り橋)

犬と一緒の旅行 ペッブリ編 で、ペッブリのホテルを紹介しましたが、そのうちひとつは、ケンガチャン(Kaengkrachan)自然国立公園にあります。

この自然国立公園ですが、タイ政府の環境省(Ministry of Natural Resources and Environment)、国立公園局(National Park, Wildlife and Plant Conservation Department )が管理をしています。実は自然国立公園(=森林・野生生物保護)は、以前は「農業省」の管轄だったのですが、2002年の省庁改編後に環境省の管轄になりました。これは、野生動物や森林は利用する(農業省)ものから、保護する(環境省)への名実共に転換といえるものでした。
ちなみに日本では環境省(=国立公園の保護・管理)、農林水産省(=野生動物・森林の保護)と担当省庁がまたがっています。

横道にそれましたが、この国立公園局は多くのバンガローを所有しています。タイでの離島例えばシュミラン諸島やスリン諸島などは民間の宿泊施設がありませんので、必然的に国立公園局のバンガローなどに宿泊することになります。カオヤイ国立公園など観光地になっている場所では民間のリゾート施設が数多くあるのですが、一等地は国立公園局のバンガローしかありません。

また、国立公園局ではエコツーリズムや環境教育にも力を入れており、キャンプ・トレッキング・バードウォッチング・ラフティング・カヌーなどのガイド・レンタルなども行って。バンガローへの宿泊は、豪華ではありませんが、快適な宿泊ができ、なかなか頑張っていると思うのでした。

で、そんな自然国立公園での宿泊や各種手配などのポータルサイトが、国立公園局のウェブサイト( http://www.dnp.go.th/parkreserve/nature.asp?lg=2 )です。

英語版も含めて非常に充実しています。タイでのアウトドアライフをするならば、絶対にはずせないサイトです。



20070527231117.jpg
ゲンガチャン国立公園ビジターセンターから。タイ最大の自然国立公園らしい。そんなところはともかく、高原の湖でのんびりキャンプやバンガローでの宿泊はなかなか良さそう。



20070527231126.jpg
カヤックを楽しんでいる人たちもいる。


20070527231134.jpg
人が渡る吊り橋としてタイ最大、、、かも知れない。筆者の知る限り最大です。 「もっと長い吊り橋があるよ」という人があれば教えてください。吊り橋の向こう側は島となっており国立公園局のバンガローがあります。



20070527231141.jpg
近くの船乗り場。こちらは国立公園局は関係ないが。500バーツほどで近くをまわってくれる

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://okui.blog77.fc2.com/tb.php/394-b0fb7c91